彼と奥さんが出会う前であればあなたと結婚をしていたかもしれません。

出会うのが私の方が早かったら?彼と私は結婚していた?

[自分の生年月日]うまれで[自分の血液型]のあなたと[相手の生年月日]うまれで[相手の血液型]の彼は、彼が奥さんに出会う前であれば結婚をしていた可能性が高いです。今では夫婦仲は最悪であると聞いていたかもしれません。

確かに夫婦仲は良いとは言えません。でも、彼は奥さんと出会ってから結婚数年間は奥さんにぞっこんでした。

周りにキレイな女性などもたくさん存在していましたが、全く目に入らずに彼は奥さんのことばかり見ていましたよ。

奥さんのことを手に入れることで毎日が必死でした。なので、あなたがその場に登場しても残念ながら彼の目に留まらない可能性が高いです。

逆に言えば、現在のあなたが当時の彼の奥さんのようなのです。今の彼はあなたに対してわき目もふらずにぞっこんですよね。

あなたも愛されているとよくわかる行動が多いのではないでしょうか?当時は、奥さんに向けてその情熱を注いでいましたよ。

それを知るとまた1つ不安が出てきましたよね。奥さんにぞっこんであったのに今は何でもないところが気になるはずです。

お互いのすれ違いです。お互いに子供ができたりして、女性らしさ男性らしさを無くしていってしまったのでしょう。

男と女を感じなくなったから彼は不倫をしてしまったのです。なので、あなたは女性らしさをキープさえすれば彼にずっと愛してもらうことができます。

奥さんのように捨てられてしまうのではないか?ということは気にしなくても大丈夫ですよ。

今の彼は、あなたしか見ていないです。あなたにとっては今の方が心地良いのではないでしょうか?

たった1つ、彼が結婚をすることができないという状態であることを除けば過去に出会うよりも良い関係が築けている可能性が高いです。

占い師 秋桜のワンポイントアドバイス

秋桜
あなたは、彼と奥さんが出会う前に出会っていれば彼と結婚をすることもできましたよ。ただ、今のようなラブラブは難しかったかもしれません。

昔の彼は今より少し気が多い男性でありました。奥さんと出会ってから一筋になりましたよ。

誰かを初めて愛した瞬間であったのでしょう。彼の奥さんはキレイな人であったのかもしれません。

でも、強い人でもありました。彼がほかの女性と浮気のようなことをしても耐えていたのでしょう。

耐えて最後に別れようとしたときに奥さんがぽろっと泣いてしまったときに、初めて大切な女性を傷つけてはいけないということを彼は学んだのです。

あなたもそのように彼に学びを与えてあげることはできますか?また、一筋になるまでの彼の状態に耐えることはできますか?

きっと耐えることができると答えるでしょう。でも、耐えることができるのは今のあなたであって若い頃のあなたではありません。

不倫の恋愛によって色々と恋愛面で我慢をすることも覚えましたよね。その我慢が若い頃からできるのであれば、奥さんと出会う前であれば彼の本命になれたかもしれません。

ただ、奥さんと出会った彼は遊びの恋愛があっても本命は奥さんしか考えられなかったので難しかったでしょう。

今のあなたには強さや辛抱強さがあるので今のままのあなたが過去にタイムスリップしないと厳しいと思いますよ。

彼とあなたの関係は今のタイミングがちょうど良いのかもしれません。結婚そすることができないというのもタイミングの1つです。

彼とあなたは結婚をする必要がないのかもしれません。今のように縛られない関係を続けていく方が良いでしょう。

意外とあなたも縛られることが嫌いですよね。また、正式に付き合うと相手を独占してしまいたくなるタイプであると思います。

なので、今の距離感がぴったりなのかもしれません。ただ、過去は変えられなくても未来を変えることはできるのであなたが欲しい未来を掴めるように頑張りましょう。

【期間限定・4月28日(日曜)迄】恋愛や未来の事で悩んでいるアナタへ

こちらの鑑定結果を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛や未来への悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「もっと、詳しく占ってみたい!」

こんな感じならば、通常1500円の【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします! 片思いのあの人や不倫している彼氏の事も初回無料で診断できます♪

※20歳未満はご利用できません。