現在の旦那さんへの愛情を捨てきることができない

W不倫で彼と一緒になるべき?旦那のところへ戻るべき?

[自分の生年月日]生まれで[自分の血液型]のアナタと、[相手の生年月日]生まれで[相手の血液型]のお相手様の鑑定結果をお伝えします。

あなたのW不倫相手の彼との生年月日と血液型による相性についてですが、まずあなたの基本的な性格を見てみましょう。

あなたはもともととても慎重で冷静な側面があります。

石橋を叩いて渡るというタイプですので、不倫をしたくてしたというのではありません。

たまたま自分が結婚していて相手も結婚していて出会ってしまったというようにこの出会いは大きく二人の運命を変えるようなものだったのです。

あなたの性格は客観的な視点を持ちながら、心が温かく困っている人を放っておくことができないというようにバランスのとれた人格です。

一方、W不倫相手の彼の基本的な性格ですが、とても真面目で几帳面なところがあります。

また、その分、本当に伝えたいことなどを自分の胸に押さえ込んでしまうというところもあります。

一見明るく社交的に見えますが、実は本人の自覚としては正反対の気質を持っていて疲労しやすいところもあるでしょう。

それでは詳しい占いの結果を見ていきましょう。

旦那さんへの愛が冷めたわけてはなく、二人の男性へ愛情を注ぐ

あなたは今、旦那さんもW不倫の彼もどちらも愛しており、どちらかを選択することが非常に困難な状況にあるのでしょう。

あなたの性格から見ても、どちらかを選び、どちらかを切り捨てるということはできないと思いますし、またあなた自身それを望んでいないと思うのです。

できるなら現状維持で旦那も彼も上手にやっていきたいというのがあなたの本音ではないでしょうか?

不倫関係を続けるのはとても労力を要しますが、もともと器用で時間配分や自己コントロールがあなたは上手なので、あなたがこれからも苦痛を覚えることがなく、このままの関係を継続させたいと思えば、長くその関係を維持できるでしょう。

あなたにとっては両方の男性が必要で、その両方からあなたは良いエネルギーを吸収し、自分の力にすることができるからです。

旦那さんも不倫相手の彼も同様で、あなたなしでは人生を安定させ、生きていくことができないでしょう。

単なる不倫というよりは、旦那さんも不倫相手の彼もあなたと出会う必要がありました。

またそれが数奇な運命だったとしても、あなたには二人の男性が必要なのです。

単なる「不倫」という事態を超えて、「出会い」だということを信じて、これからも関係を大切に築いていかれると良いでしょう。

占い師 聖子のワンポイントアドバイス

聖子
W不倫相手の彼との出会いは、特別なものだったと思うわ?利害関係や単なる欲求不満を解消するためというわけではないと思う。

また今の旦那さんとどちらかを選ぶということもできないと思うのよ。

あなたにとってはこの二人の男性との出会いは本当に重要で、運命でもあるから。

今の時点ではあなたの手でどちらかを選ぶということを決めなくてもいいと思うわ?

だけれども、やっぱり不倫は不倫だし、よくないんじゃないかしら?

なんて倫理観が働いてしまうと、一人にしなきゃと思うかもしれないけれど、あなたには二人とも本当の出会いだし、それは運命が出会わせてくれたのだから、現時点では自分でなんとかしようとしないほうがいいと思うわ?

何事も流れに身をまかせるということは本当に大切だし、いずれはなるようになるのだから。

あまり、「不倫している自分」を責めないという気持ちが大切ね。

あなたにとっては大切な出会いだし、学ぶこともたくさんあるし、何よりもあなたを真の女性として成長させてくれることでもあるから。

色々と考えることもあるだろうけれど、その一つ一つの営みを丁寧に取り組むことであなたと同じような思いをしている女性を心から励ます働きができるようになるわ。

【期間限定・11月25日(日曜)迄】恋愛の事で悩んでいるアナタへ

こちらの鑑定結果を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「もっと、詳しく占ってみたい!」

こんな感じならば、通常1500円の【恋と運命の真実】の占いを無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【恋と運命の真実】を無料でプレゼントします! 片思いのあの人や不倫している彼氏の事も無料で診断できます♪

※20歳未満はご利用できません。