彼女の幼さに参ってしまうかも・・・

W不倫で彼女と一緒になるべき?妻のところへ戻るべき?

[自分の生年月日]生まれで[自分の血液型]のアナタと、[相手の生年月日]生まれで[相手の血液型]のお相手様の鑑定結果をお伝えします。

あなたのW不倫相手の彼女との生年月日と血液型による相性についてですが、まずあなたの基本的な性格を見てみましょう。

あなたはとても自立精神に優れていて、積極的に何事もチャレンジしていく気質を持っています。

何か戦士や騎士といった熱い志を兼ね備えているので、仕事もある程度スキルを身につけるとフリーランスとして開業したり、独立するなどして活躍するでしょう。

彼女ですが、もしかしたらあなたの年齢よりずっと若い女性かもしれません。

女性らしく感情が豊かなロマンティストでどこか守ってあげなければならないような面を持っています。

愛されることで安心感を得て、そこから人を愛するようになります。

結婚したら良い妻であり母親になるでしょう。

恋愛に夢を見るタイプでもあるので男性に理想を求める傾向もあります。

この占いの結果を詳しく見ていきましょう。

どちらの女性と一緒になった方があなたは幸せかを考える時

そろそろあなた自身が決断をすべき時が来ています。

二人の女性を愛することであなたは多くの喜びも苦悩も知り、それを背負い続けてきたのだと思います。

しかしこのままではもうあなたの限界がきているということはあなた自身も理解していることでしょう。

彼女との関係も相当深入りしてしまい、単なる一時期の欲望や恋心というものもひと段落するときを迎えました。

これからはあなたがどのように自分の人生を歩んでいきたいのかということを、立ち止まって考える時がきているのです。

どちらの女性に対してもあなたは感謝の気持ちを持っていますし、同じように愛しているのですが、もうそろそろ彼女との関係を隠し続けることに無理がきているかもしれません。

休日はお互いに家庭があるので会えないかもしれませんが、ふっと携帯を見れば着信があったり、ラインやメールなどが入っていて、かなり焦ったり、ごまかしたりすることが多くなっているのだと思います。

彼女とルールを決めたはずなのに、守ってくれないということもストレスになっているのかもしれません。

どこか、夢見ごこちの彼女にあなたは少し苛立ちを覚えていることも事実でしょう。

これからあなたはどうすればいいのかという判断の基準ですが、あなたの未来を考える時、どちらの女性と過ごした方があなたは幸せでしょうか。

より良い人生を形作ることができるでしょうか。今一度そのことに目を向けてしっかりと考える時がきています。

あなたの勇気ある決断に運命は味方してくれることでしょう。

占い師 聖子のワンポイントアドバイス

聖子
かなり無理がきているのだと思うわ・・。

ちょっと前まではそんな気持ちににはならなかったかもしれないわよね。

でもあなたも彼女も二人の愛情はかなり深まったという証拠でもあるわね。

隠すことすらままならなくなってしまったということがあるわね。

そして近しくなればなるほど、欠点にも目がいくようになるわ?

恋愛が始まった時は相手の良いところにばかり目がいくし、セックスも奥さんでは得られないような快感をあなたは初めて知ったかもしれない。

それは彼女も同じだけれども、深くなればなるほど欠点や相手の弱さを知ることにもなるわね。

それを受け入れて愛をこれからも育みたいのか、自らにタオルを投げるのか・・。

あなたの誠実な選択にかかっているのだと思うし、そこに運命の後押しが必ずあるから、自分がどうしたいのかということをちゃんと考える必要があるわ?

どちらの女性を選ぶにしてもあなたが本当に幸せで笑顔でい続けることができるということが何よりも大切な判断基準になる。

勇気と決断を持ってそろそろ決めていかなければならないということを忘れずにね。

【期間限定・8月19日(日曜)迄】恋愛の事で悩んでいるアナタへ

こちらの鑑定結果を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「もっと、詳しく占ってみたい!」

こんな感じならば、通常1500円の【恋と運命の真実】の占いを無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【恋と運命の真実】を無料でプレゼントします! 片思いのあの人や不倫している彼氏の事も無料で診断できます♪

※20歳未満はご利用できません。