彼は仕事で問題が発生してしまったようです。

別れた不倫相手が忘れられない…復縁できる?


あなたが引いたタロットは、皇帝の逆位置です。

別れた不倫の彼は、仕事においてトラブルがあったのであなたとの別れを選んでしまったようです。

彼は仕事を大切に思っています。

彼は、あなたと別れた時期に仕事でトラブルがあってあなたに別れを告げてしまったようです。

彼は、何よりも仕事を大切にしています。仕事が忙しくなってきて、あなたの相手をすることができなくなることがわかっていたのでしょう。

あなたのことは愛しているのですが、彼の優先順位が仕事で成功することなのであなたより仕事を選んでしまいました。

あなたに魅力がない訳でも嫌いになった訳でもないので、その部分に対しては安心しておきましょう。

また、不倫が会社の人にバレそうになったので一旦別れを告げたのかもしれません。会社で出世することを生きがいにしている彼にとって不倫がバレてしまうことは大打撃です。

しばらく別れて距離を取って、ほとぼりが冷めたときにあなたにも気持ちが残っていたらもう1回付き合うのも悪くないと思っていますよ。

この予定通りに進むと思っているのは仕事がよくできる彼の悪いクセです。しばらく経ったあとのあなたの気持ちを決め付けるのも酷い話ですよね。

ただ、彼の脳内スケジュール通りにあなたとの恋愛が含まれているだけあってあなたのことは忘れられないのです。

酷い話ですが彼を愛しているのであれば、彼の脳内スケジュール通りに動いた方が良いでしょう。

占い師 秋桜のワンポイントアドバイス

秋桜
仕事で出世をするために生きているといっても良いくらいの彼と復縁する可能性を高めるには彼の仕事を認めてあげることが大切です。

認めると言ってもあなたが彼の出世を采配する立場でないのであれば、なるべく仕事の邪魔にならないようにしましょう。

残業や休日出勤でデートの頻度が減っても笑顔で許してあげることが大事です。いくら愛している女性であっても彼の仕事を否定した時から彼にとって敵になってしまいます。

彼に敵認定されないように仕事と自分を比べるような発言は辞めておきましょう。もし、彼よりあなたの方が出世している立場であればその部分も気に入らないのかもしれません。

同じ会社や取引先でもない場合は、あなたの仕事のことはできるだけ黙っておくことをおすすめします。

仕事命の彼にとっては自分の彼女の方が出世しているという事実は受け入れがたいことだからです。

彼女の仕事なんて直接的に仕事の付き合いがない限りバレるものでもないので、適当に話しておく方が良いです。

彼にはあなたと付き合うことに対して何か利点があるように見せた方が良いです。こういう彼については、損得勘定で女性との付き合いを決めることも多いです。

仕事で得する関係であれば、間違いなく復縁も可能です。彼自身から復縁を匂わせてくるはずですよ。

でも、残念ながら仕事での利点は見込めなさそうにない場合は彼の唯一の癒しの場所になりましょう。

責められたり、愚痴やわがままを言われることを彼は損と受け止めます。仕事人間の彼は今までも女性や家庭を省みないことを理由にトラブルを起こしているはずです。

普通の男性なら彼女のわがままを可愛いと受け入れたりしますが、この彼には無理です。なので、奥さんとの家庭も冷め切ってしまっているのではないでしょうか?

なかなか仕事優先を受け入れる女性はいないものです。もしかしたら、仕事の出世に有利になるから決めた結婚なのかもしれません。

不倫をしていることは自分の欲望を優先させているからですが、出世の邪魔になる場合は簡単に切り捨てようとします。

簡単な話、彼が気持ちよく過ごすことができる女性が好きなのです。なので、彼を気持ちよくさせるようにしてみましょう。

最後に彼が目標にたどり着いたときに横にいる彼女になりましょう。その時は、損得抜きで付き合ってくれますよ。

【期間限定・8月19日(日曜)迄】恋愛の事で悩んでいるアナタへ

こちらの鑑定結果を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「もっと、詳しく占ってみたい!」

こんな感じならば、通常1500円の【恋と運命の真実】の占いを無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【恋と運命の真実】を無料でプレゼントします! 片思いのあの人や不倫している彼氏の事も無料で診断できます♪

※20歳未満はご利用できません。