あなたのことを大切に思っています。

不倫していた彼に振られた…冷めた彼の気持ちを取り戻すには?

あなたが引いたタロットは、女帝の正位置です。

別れた彼はあなたの未来を心配しています。

彼はあなたのことを大切に思っています。

彼は、あなたの未来を心配しています。出会ったときは若かったあなたですが、月日が経つにつれてあなたも年を取っていますよね。

彼はあなたの結婚について心配をしています。彼自身は既に結婚しているのであなたと結婚することはできません。

でも、一般的な女性の幸せとして結婚はするべきだと思っています。少しでも良い人と結婚して幸せになって欲しいというのが彼の願いです。

付き合い始めた頃から思い続けていましたが、あなたとの恋愛に本気になるにつれて2人の関係を続けることがあなたにとって良くないことだと思い始めました。

彼自身は、あなたの結婚のことを考えるくらい長くあなたと付き合うと思っていなかったようです。

徐々に2人の関係が深まるにつれて、あなたの結婚について考えるようになりました。少しでも若い方があなたにとって有利な結婚ができると思っています。

だからこそ、1番若くて美しいときにあなたのことを手放そうと思いました。嫌いだからじゃなく、幸せになって欲しいからの選択です。

今、あなたの手を離せば自分よりあなたを幸せにしてくれる若くて良い男性と結婚することができると彼は思っています。

自分の娘が大きくなるにつれて気づいたのでしょう。あなたは彼の大切な彼女である以前に誰かの大切なお嬢さんなのです。

そのことに気づいてしまってから、あなたとの恋愛に罪悪感を感じてしまうようになってしまいました。

あなたは、彼から急に別れを告げられて辛かったと思います。特に彼もきちんと理由を説明せずにあなたに別れを告げているので余計に辛いでしょう。

ただ、彼は自分が恨まれてもあなたが幸せになれるなら自分が身を引くことは良いことであると思っています。

そして、自分があなたと別れようと思った理由をあなたに正直に告げると別れを受け入れてくれないこともわかっています。

あなたのことを想って身を引いた彼の気持ちも考えてみましょう。

占い師 秋桜のワンポイントアドバイス

秋桜
別れた不倫の彼は、あなたのことを思ってあなたに別れを告げています。彼の自己満足で鹿ありませんが最良の選択ができたと思っています。

彼はあなたのことを嫌いになった訳ではありません。彼の価値観の中でのあなたの幸せのために別れたのです。

なので、復縁の可能性はあるはずですよ。彼は、自分の娘にあなたを重ね合わせて、今の状況はまずいと思ったのでしょう。

まだ、間に合う段階で別れることであなたに結婚もできる素敵な男性と出会ってほしいと思ったのでしょう。

彼は自分の基準での幸せをあなたに押し付けているだけですよね。本当にあなたは幸せですか?
違いますよね。あなたにとって幸せなのは結婚をするということでなく彼と一緒にいることです。

どんなに高収入の高スペックの男性が現れても彼よりあなたのことを幸せにしてくれる人はいないのではないでしょうか?

恋愛はスペックでするものじゃないのですよね。あなたは、どうしても彼じゃないとだめなのですよね。

復縁を望むのであれば、あなたの思っていることを彼に伝えてみましょう。彼の考える普通の幸せでなく、あなたの幸せを伝えましょう。

彼は、自分が結婚することができないのも別れた理由の1つです。結婚が幸せの唯一の形じゃないと彼には伝えないとわかりません。

このまま彼と付き合い続けることは、結婚は諦めたということになるかもしれません。でも、そのことを乗り越える自信があるなら復縁に向けて頑張ってみましょう。

あなたの運が良ければ彼と奥さんが離婚してあなたと結婚することもあるかもしれません。復縁のきっかけはあなたの気持ちを伝えることから始まります。

思っていることを彼に伝えてみましょう。

【期間限定・9月30日(日曜)迄】恋愛の事で悩んでいるアナタへ

こちらの鑑定結果を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「もっと、詳しく占ってみたい!」

こんな感じならば、通常1500円の【恋と運命の真実】の占いを無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【恋と運命の真実】を無料でプレゼントします! 片思いのあの人や不倫している彼氏の事も無料で診断できます♪

※20歳未満はご利用できません。