意外にも、手作りが効果を発揮する

バレンタインを成功させる方法は?チョコをもらった時の彼の気持ちは?

[自分の生年月日]生まれで[自分の血液型]のあなたと、[相手の生年月日]生まれで[相手の血液型]のお相手様の鑑定結果をお伝えしますね。

バレンタインデーを成功させるためには、気合いの入った手作りチョコや工夫の凝らしたラッピングなど、典型的な方法が彼の心に響きます。

「手作りなんて、重いだけじゃない?」と最近は敬遠されがちな方法だからこそ、あえて効力を発揮するのです。

彼の生年月日と血液型から見る、彼の恋愛傾向は、意外にも亭主関白なタイプで、一度好きになった女性はとことん守り、愛し抜くという一本気なタイプです。

付き合う前から女性に求める理想像が高いことや、恋人になるための条件がはっきりしているところがあります。

また付き合うと未来の結婚なども考えるので、美味しい料理を作ってくれるということや家庭的な雰囲気の女性に惹かれる傾向があるでしょう。

胃袋で彼の心をつかむような古風の方法がかなり効果的でしょう。

どんなものでも手作りのものを渡すということを意識すると、二人の仲がさらに深まるでしょう。

何か手作りのものをで彼に渡すと、彼は「この女性なら結婚してもこんな風なものを作ってくれるんだろうな」という気持ちになりますので、女性的で家庭的な雰囲気を目指すと良い結果が得られるでしょう!

注意点としては、女性らしくない行動などを彼は嫌います。

ガサツな行動や、不清潔な印象は嫌悪感を与えてしまうので、あくまでも女性らしく優しい雰囲気でいることを目指しましょう。

では、この占いの詳しい結果を見ていきましょう。

あなたの気持ちが、バレンタインデーで成就しますように!

女性の深い気持ちを受け入れることができる男性

今どき、手作りなんて重い印象を与えてしまうということで、最も避けられている方法でもあります。

手作りのチョコレートや手編みのマフラーなど、そこに思いが込められているからこそ、敬遠されがちになっていますが、彼の場合はこんな深い気持ちが心を動かすのです。

彼はかなり男気が強く、好きになった女性を守り、愛することができる人です。

恋愛より結婚向きの男性だと言えるでしょう。

彼は女性の深い思いやりや愛情を受け止めたいという気持ち、また真っ向から受け止めることができる、最近では希少価値の高い男性でもあるのです。

そんな男性と出会ったのですから、バレンタインデーにはあなたの手作りの何かをプレゼントするということで彼の気持ちを一気に惹きつけてしまうことができるでしょう。

意外にもそんな古典的な方法が彼に心に刺さるのです。

彼が求めているのは一途な愛情、自分を大切にしてくれる相手なのですから、自分が彼の欲求を満たすことができる存在だということを手作りのものを作ることによって、アピールすることが大切です。

また渡すときも、典型的に「好きです」という一言が刺さります。

彼はそんな古典的な方法で自分に告白をしてくれる女性を、心底大切にしたいと思うでしょう。

また恋愛関係を経て、結婚にも至る可能性が高いので、彼に告白をする場合は、未来のことも前提にしておくということが大切です。

なんとなくいいかな、という程度では彼との付き合いはうまく行きませんので、本気で好きな場合にだけ、バレンタインデーを利用するということを忘れずにいてください。

占い師 聖子のワンポイントアドバイス

聖子
今時珍しい、男気のあるタイプの男性ね。

でも、生涯にわたって幸せを味わうことができるはず。

彼のそんな魅力に気づいたのも、あなたの女性としての感覚が鋭いというか、素晴らしいことでもあるわね。

勝ち組になれるはずよ?

だからこそ、彼にふさわしい女性となることが大切なのよ。

手始めにこのバレンタインデーを利用してあなたの料理の腕前を彼に知ってもらうことを目指すといいわね。

【期間限定・2月24日(日曜)迄】恋愛や未来の事で悩んでいるアナタへ

こちらの鑑定結果を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛や未来への悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「もっと、詳しく占ってみたい!」

こんな感じならば、通常1500円の【恋と運命の真実】の占いを無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【恋と運命の真実】を無料でプレゼントします! 片思いのあの人や不倫している彼氏の事も無料で診断できます♪

※20歳未満はご利用できません。