相手に委ねることを意識するとき

あなたの性格や恋愛傾向と運命は?

[結果テーブル]

あなたの日柱「[自分の日柱]」の特徴

[日柱の特徴]
あなたの日柱星(地支通変星)「[自分の通変星]」のキーワード
[通変星の特徴]

相手に委ねることを意識するとき

四柱推命であなたの性格や恋愛傾向・これからの運命などについての占いの結果ですが、まずはあなたの基本的な性格と恋愛傾向についてお伝えしましょう。

四柱推命からみるあなたの性格ですが、小さい頃から、人と人の狭間に立っていたり、人間の本質を見てしまう場面に遭遇することが多かったと思います。

特に愛情面に関してはとても敏感に反応してしまうことがあります。

これは与えられるべき愛情が十分に受け取ることができずにいた、あるいは辛い経験から自らが拒否してしまうようなことも関係しています。

その結果、自分よりも他者の考えや意見を優先にし、人を尊重することができるので、多くの人にはソフトな印象を与えますが、自分では何が本当の自分の想いなのかが分からないという事態も生んでしまいます。

年齢を経るにつれ、良い意味で他者と自分の関係性に良い距離感を持てるようになり、楽になる感覚を味わうことができるでしょう。

四柱推命から見る恋愛傾向ですが、相手から思いを打ち明けられ、お付き合いをするということに安心感を深く覚えるでしょう。

あなたから好きになる場合もありますが、どこか好きな男性に対しては内気になってしまったり、本心を見せることを恐れてしまう場合があります。

それではあなたのこれからの恋愛について、運命についてこの占いの結果を詳しく見ていきましょう。

自分の軸を整え、相手に委ねる運命

あなたのこれからの恋愛や運命についてですが、あなたが思う以上に良い運命に招かれています。

しかしあなた自身がこれまでのような、他者を優先しすぎるあまりに自分の考えがよくわからないという事態を解決しなければなりません。

あなたはとても優しく、人当たりも良いので周りに多くの人が集まり、また相談事なども多く聞く立場にありますが、あなた自身の心の声や感情をおろそかにしてしまうところもありました。

抑圧しながら他者に合わせるという傾向がありましたが、これからの運命を良い方向に引き寄せ、なおかつ運命的な出会いを求めるのであれば、他者の軸から自分の軸に戻すという作業が必要になります。

他者がどう考えるのかということに合わせるだけではなく、まず自分はどう思うのかということに軸足をおいて、そこで他者と対話するということを心がけましょう。

あまり議論をしたり、対話をするということはあなたにとって苦手意識があるかもしれません。

相手に合わせたほうがスムースに物事が運ぶということをあなたは経験的に知っているからです。

しかしこのペースのままでは、相手との真の出会いも遠ざけられてしまうのです。

あなた自身が自分の軸をしっかり作る上で運命の人との出会いがあります。

あなたの軸がしっかりしているからこそ、相手に身も心も委ね切るということができるようになり、真の幸せを手に入れることができるようになります。

まずあなた自身の心の声に正直になり、そこで他者とのすり合わせをするように心がけると良いでしょう。

占い師 聖子のワンポイントアドバイス

聖子
他者の軸から自分の軸に戻すということは、実はそんなに難しいことではないと思うの。

あなたの場合は「少し自分勝手かな?」と感じるくらいでちょうどいいのよ。

誰しも自分と他人は違うということを意識して、違うからこそ面白いと思えるようになるといいわね。

そんな距離感や違いこそが運命の出会いを導くものなのよ。

もうあなたの出会いはすぐそこまで来ているから、自分の軸を作るように心がけるといいわね。

他人がどう思うかではなくて、自分がどう思うか、どう感じるかという自分の心の声にまず耳を傾けてあげることが何よりも大切なことよ?

【期間限定・10月21日(日曜)迄】恋愛の事で悩んでいるアナタへ

こちらの鑑定結果を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「もっと、詳しく占ってみたい!」

こんな感じならば、通常1500円の【恋と運命の真実】の占いを無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【恋と運命の真実】を無料でプレゼントします! 片思いのあの人や不倫している彼氏の事も無料で診断できます♪

※20歳未満はご利用できません。