「あの人は自分のこと、いったいどう思っているんだろう?」、「好きなのかな、それともなんとも思っていないの?」というように好きな人のあなたへの本音が気になりませんか?

こちらの占いではあなたと彼の生年月日(誕生日)と血液型から好きな人のあなたへの本音を完全無料で鑑定します。

またこちらのページの下のコラムでは、好きな人のあなたへの本音をこっそり知れる魔法の質問も紹介します。

グッドクエスチョンは、好きな人の本音をはっきりと知ることができるのです!

よく当たると評判の無料占いなので是非試してみてくださいね!

完全無料であなたと彼の生年月日(誕生日)と血液型から好きな人のあなたへの本音を占う

女性 男性
A型 B型 O型 AB型
女性 男性
A型 B型 O型 AB型
1
https://micane.jp/renai-birthday-true-intention-result1,https://micane.jp/renai-birthday-true-intention-result2,https://micane.jp/renai-birthday-true-intention-result3,https://micane.jp/renai-birthday-true-intention-result4,https://micane.jp/renai-birthday-true-intention-result5,
https://micane.jp/renai-birthday-true-intention-result6,https://micane.jp/renai-birthday-true-intention-result7,https://micane.jp/renai-birthday-true-intention-result8,https://micane.jp/renai-birthday-true-intention-result9,
5
4

知るのが怖いくらい?好きな相手の本音がわかる魔法の質問

人間のコミュニケーションの多くは、会話をすることで成り立っています。

なので、相手の本音を知るためには、良い質問をするということがとても効果的です。

それにより相手の心の中の気持ちや言葉を無意識に引き出すことができますし、また良い質問はそれだけで相手に好印象を与えることもできるのです。

そんな好きな相手の本音がわかる魔法も質問をこっそり教えちゃいます!

「はい」「いいえ」で答えられる質問をしないこと

たとえば、「バナナが好き?」と聞いたら「はい」か「いいえ」で答えることがあると思います。

でもそれだけでは相手の本音まで聞き出せるものではありません。

「はい」か「いいえ」で答えられる質問は「クローズ質問(閉じた質問)」と呼ばれ、スピーディーに内容の詳細を明確にしたいときに用いられる方法です。

でも、もともと口数の少ない人や、今はまだあまり親しくないけれど、これからもっと近くなりたいという関係には、「はい」、「いいえ」だけで会話が終わってしまい、なんだかそれだけでコミュニケーションが途切れてしまったように感じられるかもしれません。

会話のきっかけとしては「○○が好き?」とクローズ質問で始めても良いのですが、その後に、「どんなところが好き?」というように自由に、具体的に話してもらうことを目的にすると良いでしょう。

これが「オープン質問(開かれた質問)」と呼ばれます。

オープン質問は、「はい」、「いいえ」だけで答えられるものではなく、具体的に相手の言葉で説明を必要とします。

それにより答える側の相手の自由度が増すので、相手の気持ちや本音を知るとっかかりができるので、質問をするときは「オープン質問」をすることで親密なコミュニケーションを取ることができるようになります。

この方法は、質問に答える側にストレスはかかりませんが、質問する側が質問を上手にコントロールしないと時間がかかりすぎたり、論点がずれてしまうこともあるので、上手に質問することが大切です。

またクロース質問で会話が滞ってきたら、オープン質問に切り替えたり、オープン質問で話が長くなってきたら、クローズ質問するなどこの二つの上手に組み合わせると良いでしょう。

また相手からしても「自分の話をじっくり聞いてもらった」という満足感が大きくなるので、あなたに対して好印象を与えることも可能になります。

彼の今もっとも関心のあることや興味について聞いてみる

もっと相手と深い関係になりたいと思うなら、相手が今もっとも興味や関心のあることについて質問するのが効果的です。

「最近どんなことにハマったの?」という質問は、さりげなく、また気軽にできる良い質問で、さらに「はい」、「いいえ」で答えることができないものなので、相手の本音を聞くことができるでしょう。

また好意があると感じさせることもないので、自然に受け止められやすい質問です。

この質問の答えで、相手がどんなことが好きなのかという趣味に関すること、仕事が好きなのかどうかや、一つのことに集中するタイプか、多くのことに同時に興味を持つタイプか、ニュースや社会問題に関心があるかどうかなど相手がどんなタイプかをざっくりと知ることができるので、今後の話を合わせやすくなるきっかけを掴みやすくなる質問です。

子どもの頃の質問をする

子どもの頃のエピソードを質問することは、相手の人間性やどんな環境で育ってきたかということが色濃く反映されるものです。

「小さい頃ってどんな子どもだったの?」とか「子ども時代にやってしまった一番最悪な思い出ってどんなこと?」というように、相手の小さい頃の話を聞くのが効果的です。

それにより、相手の生まれ持っている気質が見えてくるでしょう。

いたずらっ子だったことをアピールして見せたり、昔から優等生タイプで道を踏み外すことがなかったことを話たりと、生まれ持っている相手の気質を知ることができます。

これにより、どんな性格が基本的にあるのかということが明確になるでしょう。

感動した映画、音楽、マンガ、本などのエンターテイメントについて質問する

なかなか本音を出さない相手でも、自分が深く感動したエンターテイメントについて質問をすることで、話が盛り上がる傾向があります。

最も感動した作品を知ることで、心の在り方や、どんなジャンルや傾向が好きなのかがわかります。

ドキュメンタリーなどの実話に感動するタイプなのか、それとも恋愛映画が好きなのかというように相手の趣味や趣向を知ることで、自分との共通点を探すこともできるでしょう。

逆に「最もつまらないと感じた作品はどんなもの?」というように苦手なものや嫌いなものを質問するのもいいでしょう。

動物が好きかどうかの質問

動物を飼う経験があったり、動物が好きだということは、面倒見がよく優しくてお世話をすることが好きという特性があり、また動物が好きな人は子どもが好きという傾向もあるので、これにより結婚に向いているかどうかということも知ることができます。

また好きな動物を尋ねることで相手の深層心理を探ってみるのも良いでしょう。

動物の質問はかなり話が広がりやすく、相手との会話に詰まったときなどにさりげなく話題にすると話が一気に盛り上がります。

どんなアルバイトをしてきたか?

学生時代にどんなアルバイトをしたかとか、一番最初にしたアルバイトの話などをすることで、相手の仕事に対する姿勢や、どんな仕事が好きなのか、あるいは苦手なのかということが明確にわかるでしょう。

仕事をするということは全てが100%楽しいというわけではなく、いろいろな経験を積んだり、大変な経験もあるはずです。

その中で何を学んだのかということを知ることで、相手の価値観などをうかがい知ることができるのです。

占い師 聖子のワンポイントアドバイス

聖子
良い質問は相手の心の中をさらけ出させてしまうような強い力があるのよ。

占い師もそうだけど、心理カウンセラーなどの対人関係に関する仕事って、みんな質問上手なの。

良い質問をすることで、相手を知ることもできるし、その上で良いアドバイスなどをしているのね。

だからこそ、質問をすることで相手の本音を聞くことができるのよ。

また質問は相手とのコミュニケーションそのものだから、より深く相手との絆が深まるので一石二鳥ね!

ダイレクトに恋愛に関する話をしないことも一つの方法


どんな女性が好みなのかということを芸能人に例えて聞く質問がありますが、これが以外に答えにくいものだったり、「あ、もしかして自分に好意があるのかも?」と悟られてしまう質問でもあります。

まだ好意があるとはっきりさせたくない場合は、好みの異性のタイプや好きな芸能人などの話をするのはなるべく避けたほうがいいかもしれません。

それまでに様々なオープン質問をして相手の本音がわかってからでも良いでしょう。

micane公式LINE@で占い師がアナタを個別鑑定!

micaneの占いは楽しんで頂けましたか?

「micaneのあの占い師に個別鑑定をしてもらいたい…。」

「もっと無料の占いを試して見たい…。」

「鑑定結果で悩みをなくして幸せになる方法を知りたい…。」

こんな方は、micane公式LINE@に是非ご登録下さい!

micane公式LINE@ではmicaneで活躍する占い師の中から選抜された5名の先生に個別鑑定依頼ができると共に、定期的におすすめの占いを配信致します!

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事