不倫恋愛中の彼が、奥さんと自分の事、どちらを愛しているのだろう…なんて、悩んでいる女性はいませんか?

こちらでは、彼が奥さんとアナタ、どちらを愛しているのか、無料のタロット占いで鑑定すると共に、それを見抜く方法や、彼にするべき質問などをご紹介していきます。

彼は奥さんと私、どっちを愛していますか占う

nvt:カードにタッチすると占いがはじまります。:お好きなところでカードを止めてください。:カード展開中...:お好きなカードをタッチしてください。:結果ページを表示します。
結果1
結果2
結果3
タロット占い

男性はこの手の質問を恐れている

男性は、交際している女性から尋ねられる「◯◯と◯◯、どっちが大事?」といった類の質問を非常に恐れているフシがあります。

女性は、男性に対して、何かと何かを天秤にかけさせる質問が大好きで、その答によって満足感を得ようとする傾向があるのですが、…アナタにも心当たりはありますでしょうか?

「仕事と私、どっちが大事なの?」「友達と私、どっちを取るの?」という質問は、定番中の定番です。

さらに、不倫をしている男性にとって、最も脅威なのが「奥さんと私、どっちの方を愛してるの?」という質問です。

この質問に対して、彼が「もちろん、君だよ」「お前が一番だ」と言ってくれたら、その場では気持ちがスッとおさまったり、テンションが上がって有頂天になり、快感を得たりすることでしょう。

しかし、長期的に見ると、彼にこういった質問をぶつけてしまうのは、あまりメリットがないので、できれば控えておきましょう。

どちらの方が大事か…ということは、愚問でしかありませんし、こんな質問を繰り返していたら、「面倒臭い女だな…」と思われてしまうようになります。

どちらにも違う性質があり、それぞれが自分にとって大事であるからこそ、両方と関係を持っているのであって、確実にどちらか一方が大事であるとハッキリ決断ができるのなら、最初からそちらのみを選んでいるはずなのです。

彼に好感を持ってもらえる質問は?

どうせ、彼に質問をぶつけるなら、「奥さんと私、どっちが大事?」「奥さんと私の、どちらを愛してるの?」なんて質問をして、困らせてしまうのはやめましょう。

彼を困らせてしまうということは、すなわち結果的に、アナタが愛想を尽かされてしまうタイミングを早めてしまうということにもなりかねませんからね。

それでは一体、どういった質問をすれば、彼の愛情を確認でき、しかも、好感を持ってもらえるのでしょうか?

以下でご紹介していきますので、参考にしてみてください。

私のことどれくらい好き?

「◯◯と◯◯、どっちの方が好き?」というように、二択を迫るような質問は、彼にプレッシャしか与えないので、よろしくありません。

であれば、「私のこと、どれくらい好き?」というように、質問の仕方を変えるほうが、まだ健全であり、様々な答え方をすることが許される分、彼にも逃げ道を与えることができます。

「私のこと、どれくらい好きか、ガンダムで例えて!」とか「私のこと、どれくらい愛してるか、野球で例えて!」というように、彼が好きなものになぞらえるようにして、ちょっと大喜利っぽいような雰囲気で迫ってみるのはアリでしょう。

ノリのいい彼なら、笑いを交えて上手な返しを見せてくれるはずですし、場の雰囲気も盛り上がるはずです。

もっと早く出会ってたら結婚してた?

現在の時間軸で、奥さんと私、どっちの方が好きなのか…ということを問いかけられてしまうと、彼はただただ追い詰められてしまう形になります。

そうではなく、「もっと早く出会ってたら、私を選んでた?」というような問い掛け方をするようにしてみてください。

「たら・れば」の話であれば、彼の方も多少無責任になることができます。

よほど義理堅く、クソ真面目な性格でもない限り、おそらく彼は、アナタが満足できるような甘い返事をしてくれることと思われます。

「もちろん、君と結婚してたに決まってる」「もっと早く出会ってたら、そりゃお前を選んでたよ」という答を得ることができたら、それだけで当分は、心の安定を保持ことができるのではないでしょうか?

お互いにメリットばかり得られる質問というわけです。

一緒に暮らすとしたらどんな家に住みたい?

「私といつか結婚してくれる?」という質問だと直球過ぎますし、彼の方も自分の発言に責任が持てない…という思いから、口が重たくなってしまうことでしょう。

ですので、この場合も「たら・れば」で、仮定の話をするようにすれば、彼に甘い未来の話をさせることができます。

つまり「一緒に暮らしてくれる?」ではなく、「一緒に暮らすとしたら、どうする?」という話題を振るようにすれば良いのです。

本当に結婚するかどうかの部分はさておき、もし、結婚したら…という話をする、というのは、2人の仲を深める上で、非常に効果的です。

想像の中の2人は、おそらく常に仲良しで、理想的な暮らしをしていることでしょうから、これを彼の中にイメージとして先に植え付けておくということは、アナタにとって有利となるはずなのです。

「寝室は一緒がいい?それとも分けたい?」「お風呂は広い方がいい?」「マンションかな、一戸建てかな?」「飼うなら、犬?猫?」という話をした上で、想像の中なのですから、全て彼の言いなりになってあげましょう。

こんなにも俺が提案した条件を飲んでくれるんだ!ということを彼が感じてくれると、状況はさらに有利になるものと思われます。

彼の誕生日を独占することができたら…

彼が、奥さんと自分、どちらの方を愛しているのか、具体的な行動でもって、知りたい…試したい…ということなら、一年に一度、彼の誕生日を狙ってみてください。

クリスマスやお正月は、どうしても家族で過ごすイベントという意味合いが強いため、ここを狙うと不利になってしまう可能性が高まります。

しかし、彼が自分の誕生日をどう過ごすか、ということは、彼自身に選ぶ権利が与えられているのです。

この日のディナーを、家族に「仕事で遅くなる」なんて嘘をついて、アナタと一緒に過ごそうとしてくれたら…?

彼は確実に、奥さんよりも、アナタのことを愛していると言えるでしょう。

自分にとって大事な記念日を誰と過ごそうとするのか、ということは、単純にどれくらい好きでいてくれているのか、を計るバロメーターとなるわけです。

占い師minacoのワンポイントアドバイス「答が出ない問題もある」

minaco
以上、不倫相手の彼が、奥さんと私、どっちを愛していますか?という疑問を持ってしまった女性に向けて、お役に立ちそうな記事をお届けして参りました。

白黒ハッキリつけたがる性格の人は、自分が1番なのか、2番以下なのか、どうしても知りたい…という欲求を持ってしまいがちですが、世の中には、答が存在しない問題もあるということを忘れてはなりません。

男の子が2人いる母親に対し、長男と次男、どちらの方を愛していますか?という質問をするのは、酷ですよね?

また、カレーとラーメン、どちらの方が好きですか?と言われても、どちらも好きな人にとっては、「その日の気分次第かな…」ということになってくるわけで。

どちらの方を愛しているのか、ということを知りたがるのは、あまり有益なことであるとは言えません。

それよりは、彼にとって、必要としてもらえる部分をどんどん大きくしていけるよう、自分自身のありとあらゆる能力を高めていきましょう。

肉体的な魅力を感じているのは不倫相手の彼女の方だけれど、一緒に居て癒されるのはやっぱり嫁かな、というように思われてしまっているうちは、詰めが甘いです。

女性として魅力を感じるのも、一緒に居て癒されるのも、アナタの方だ…と思ってもらえるように、自分という存在を高みへ押し上げていってください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事