ダブル不倫(W不倫)をしていた相手と別れてしまって、今どん底にいて辛い気分にいるあなたへ。

心が廃墟となってしまった今、魂の抜け殻状態で何もする気になれない。

もうあんなに人を好きになれることはない。

だけどお相手と別れるより仕方のない結論だった。

でもこのタイミングでの決断は果たしてよかったのか、別れて正解だったのか。

誰にも聞けなくて悶々とする中、その答えを、今ここで明らかにしてみませんか。

こちらではダブル不倫(W不倫)相手との別れで今が丁度よい引き際だったのか、別れるのは正解だったのかを無料のタロット占いで鑑定すると共に、不倫の引き際を紹介します

ダブル不倫(W不倫)の別れは正解だったかを占う

nvt:カードにタッチすると占いがはじまります。:お好きなところでカードを止めてください。:カード展開中...:お好きなカードをタッチしてください。:結果ページを表示します。
結果1
結果2
結果3
タロット占い

別れて正解だった場合

あなたが今辛い思いをしているのだとしても、別れるのは正解だったといえる場合を上げてみますね。

お相手の人格を疑うようなことがあった場合

お相手のことは好きなんだけど、何か自分に対して気に障るような物言いがあったり、他人に対して冷酷な態度や言動を取るようなところがあったりした場合、これが「気のせい」で済まされることはあまりないと思います。

またお相手の家庭でお相手がしょっちゅう喧嘩や諍いを起こしていたようだと、やはり家庭内問題よりお相手の人格そのものに問題があったと言わざるを得ません。

こういう人に限って、ルックスがかなり良かったり、表情や仕草がセクシーだったり、母性が湧き出るくらい物憂げで儚い雰囲気があったりするものです。

まるで自分好みをそっくりそのまま絵に描いたような人だから、その分ちょっとした悪癖がものすごく気になり、それが葛藤となってしまってなかなか忘れることができないのかも知れませんよ。

見た目が人格全てを表せるものではありませんから。

お相手が執着してきた場合

そもそも自分の家庭がありながら、一方の家庭のある相手に執着心を持って接して来るというのは、なかなかできるものではないはずです。

よほど自分の家庭で相手にされていないためなのか、それとも、恋愛経験がもともと少なかったためなのか。

または人を愛することを本当に知らない未熟な人間なのかも知れません。

あなたにばかりやたらつきまとうお相手の置かれた背景はきっと、あまりに狭く、稚拙なものに違いありません。

大体、執着は熱烈な愛情などではありません。

先行きや周りの環境がどんどん悪くなっていくような気がした場合

お相手と付き合い出して、自分の調子がやたら悪くなったとか、自分の家族に色んな問題が次から次へ出て来たとか、あなただけでなくその周りの様子までおかしくなるということがあった場合、「何か」を警告していた可能性もあります。

また、お相手となかなかタイミングが合わず、会いたくてもなかなか会えない、会おうにもいつも邪魔ばかり入る、ドタキャンになるというのもそれです。

相手に直接的な原因がないとしても、タイミングの悪さは、結果的に見えない何かからあなたを救い出している出来事だったのかも知れません。

今がちょうど別れるのによい引き際だったと言える場合

別れるのにも、タイミングというものがあると思います。それを逃すと、とんでもない事態を招くことだって少なからずあります。それをいくつか上げてみますね。

お相手の家族にあなたとの不倫がばれてしまった場合

家庭があるのに他所で恋愛をするという行為は、やはり家庭に対する裏切り行為であるというのは決して否めません。

それが自分の家庭や家族にばれるということ自体が、あまりにも誠意のない行為だともいえるわけです。

ばれる引き金になったものが、それが本当に些細でつまらないことであったとしたら、まさにそうです。

携帯電話を家族に見られるようなところに無造作に置かれてあったり、アリバイ工作がいとも簡単にばれたり、二人の密会がお相手の近しい人に思いっきり目撃されていたり。ここまで無防備なら、きっとうまく隠し通すことも不可能だと思われます。

良識あるあなたは、そこからさっさと逃げてよかったわけです。

お相手があなたに本気でなかった場合

あなたがお相手を本気で好きなのに、お相手はどうやらそれほどでもないなと感じた時は丁度引き際なのかも知れませんね。

それがずっと続いて温度差がなかなか縮まりそうにない場合も。

もしかしたら他にも付き合っている女性がいるのかも知れないですし、あなたとは単なる遊びです。

単に「秘密の恋」というドキドキ感を家庭内で味わいたかっただけなのかも知れません。

またはあなたに本気になられると困ると感じて、最初から淡白に付き合っていたのかも知れませんね。

仮にあなたに離婚する意思がないのだとしても、付き合っていて真剣さを相手から感じられないのなら、もうその時点を引き際として別れて正解だと思います。

お相手を狙う独身女性がいるような場合

モテるお相手にこのような第三者が現れた場合は、辛いですし、苦痛だと思われます。

悔しいかも知れませんが、そのライバルの登場を引き際として、別れた方がいいかも知れません。

その人が独身だと不利にさせられるのはやはりあなた自身でしょう。

その人の執着や嫉妬心で、あなたの身辺に火の粉がかかるのは予想がつくのではありませんか。

そうなるとどんどん燃え広がり、あなたの家庭まで壊されかねないと思います。

そこで正当な主張ができるわけもありません。

あなたは何より自分自身とその立場をきちんと守らなければなりません。

あなたが疲れてしまった場合

恋愛って本来楽しいものなのに、やたら疲れてしまう、苛々してしまう。

好きなのにどうしても気持ちが暗くなってしまうというのであれば、別れて良かったといえるでしょう。

本来人を好きになるのは素晴らしいことなんです。

相手からたくさんの夢と励みをもらえるはずなのに、それがどうしてもできない、辛い。

そう感じてしまうのは、恐らくあなたが家庭の方をきちんと大切に考えているからでしょう。

同時に2つのことが本能的にできないからなんです。

そんな自分をどうか責めないで、本来いる場所で生き生きと生活していってほしいと思います。

占い師MEGUMIのワンポイントアドバイス

MEGUMI
人と出会うだけ、別れも同じくらいにあるわけよね。

好きなのに別れなければいけないのは確かに辛いことだけど、これを人生のステップアップに出来る人もいるわけよ。

長らく仕事と家庭にいた男性が、不倫をきっかけに大好きな野球を復活させて、子供たちと野球チームを結成し、コーチとして大活躍している人もいるし、不倫がきっかけで美容やおしゃれに気を遣うようになり、メイク関連のブログを立ち上げたりファッション業界に転職した女性もいる。

人の傷みが痛いほどわかるから、アロマセラピストやカウンセラーの資格を取った女性もいる。

自分たちの恋愛模様をモチーフに小説として応募したら思わず入選しちゃった人もいる。

寂しいのがきっかけで子犬を飼い始めたらそれがますます楽しくなっちゃった人もいるし、不倫によって家族の絆が一層深まった人だって現にいるのよ。

何も立ち直ろうとしてそうなったんじゃないのよ。

自分のいいところを相手に見せたい、ほめられたいという気持ちだって少なからずあったと思う。

でもね、本当は切なくてどうしようもない気持ちを少しでも忘れたいからそうするしかなかったんじゃないかしら。

そう思うと、愛って広げていくものだと思うの。

狭いところで委縮してしまうのではなくてね。

別れて悲しくて切なくて何もする気になれなくて、前向きになれない理由は山ほどあるのかも知れない。

でも時間が経てば傷はだんだん癒えていくもの。

家庭があるのに別の人を好きになったのなら、またそういう人がこれからも現れるかも知れないってことよ。

いつしか時が満ちたとき、またそのお相手と偶然どこかで再会することだってあるのかも知れない。

運命の人なんて一人や二人じゃないのよ。

自分の人生に好影響をもたらしてくれた人なら、結ばれなかったとしても本当に素晴らしい出会いだったっていえるんじゃないかしら。

それをいけないことだって最初から決めつけてるから、苦しい恋愛と結末になってしまうのかも知れないわよ。

主体性を大切にして下さいね。

いかがでしたか。

誰だって、いきなり苦しみや悲しみから立ち直れるものではないはずです。

別れてよかったのかどうなのか、どんなに誰かに聞いてみたところで、結局「あなたはこれからどうしたいわけ?」という疑問を投げつけられることでしょう。

それはお相手に戻って来てもらいたいということなのでしょうか。

それとももう一度、お相手との逢瀬の日々を楽しみたいということなのでしょうか。

砂時計をひっくり返すように、お相手と出会った頃に戻りたいということなのでしょうか。

何もかも捨てて、お相手と二人だけの世界にいきたいということなのでしょうか。

そこにあなた本来の主体性はあるのでしょうか。

お相手を自分のものにしたい、支配してしまいたいという自己本位な要求ばかり、寂しさの中に溢れ出てしまっているのかも知れません。

愛と支配は全然違います。

人を支配することなど誰にもできるわけがないのです。

またあなたが誰かに支配されることもできないのです。

純粋に恋を楽しみたいのなら、何もそのお相手でなくてもいい。

お相手が本当に好きなら、お相手の幸せを遠くから祈ることだってできるはず。

どうしても今の家庭が好きになれないのなら、もうリセットする方向に進んでもいい。

幸せは人に与えてもらうものではありません。

幸せは自分で感じるものなんです。

そこに気づくだけでも、あなたはこれからの人生を大切に、進みたい方向へもう進みだしていることでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事