別れたのに忘れることが出来ない。

別れたことを激しく後悔している。

もう一度やり直したい…。

彼なしの生活など考えられない。

もう一度会いたい。

ダブル不倫(W不倫)の恋愛から別れてしまい復縁したいと悩んでいませんか?

こちらではダブル不倫(W不倫)の別れからの復縁の可能性を無料のタロット占いで鑑定すると共に、別れた後の彼の態度や行動から復活愛の可能性があるかどうか見極める方法を紹介します。

ダブル不倫(W不倫)の別れからの復縁の可能性を占う

nvt:カードにタッチすると占いがはじまります。:お好きなところでカードを止めてください。:カード展開中...:お好きなカードをタッチしてください。:結果ページを表示します。
結果1
結果2
結果3
タロット占い

復縁の可能性がある場合

どちらが別れを告げたかにも寄りますが、また交際が始まることがもし可能であるなら、どういうシチュエーションが予想されるか上げてみますね。

円満で別れた場合

どちらか一方が感情的になることなく、お互いの幸せを願ってお別れすることにした場合ですね。

納得のいくお別れの仕方だったということもあると思います。

これなら、しばらく時が経過した後、またどこかでお相手を見かけた場合、気軽に、そして自然に声を掛けやすいといえますよね。

忘れた頃にお相手から連絡があった場合

あなたが本当に、お相手をきちんと忘れたときに限ります。

家事や仕事に精を出して、ご家庭に幸せを見つけ出した頃、ふっと携帯にお相手からの着信歴が入っているかも知れません。

さあそこからあなたはどうするか、またドラマが始まりそうですね。

ただそれを期待するばかりに、お相手に自分を思い出させようと、自分の方から意図的にお相手の携帯電話にワン切りなどの着信歴を入れるのはお勧め出来ません。

相手のお誕生日に、自分たちの記念日に、わざわざそれを試す人も実際いるのです。

そんなことをすれば逆に相手は離れて行ってしまいます。

あなたからの復縁の願望と、その意図を、不自然なやり方でお相手に伝える必要があるのでしょうか。

あなたが完全にお相手のことを手放すことがまず大前提のことだといえます。

良い友達としてのつきあいが続いている場合

不倫だから完全にお別れしなければならないことはないと言えます。

元恋人とずっと良い友達関係を続けている人はいます。

お互いが過度に期待しなければ、それは可能なことかも知れませんし、お互いを取り巻く障害が少しでも少なくなれば、改めて復縁は期待できるかも知れません。

復縁しない場合

これはもう、お相手の面影すら全く見かけることのない状況だと言えますね。

誰の口からも、お相手に関する情報すら自分の耳に届いてこない。

そんな日々が1年以上続くのであれば、あなたの中のお相手はもう虚像にしか過ぎません。

お相手が復縁を考えていないということはどういうことなのか、いくつか考えられることを上げてみます。

一切あなたに連絡をしない、返事をしてこない

もう、お相手の方は、自分の人生を生きておられるのだと思います。

あなたがお相手に残した着信歴すら、消してしまっているのかも知れませんね。

「彼はいつも忙しいから、電話に出られないのだわ。きっと忙しくて忘れているんだわ」ということはまずないでしょう。

音信不通は、きっとお相手の意思によるものだと思われます。

それは自分のためでもあり、あなたのためを思ってのことかも知れません。

「時間を置いて連絡してみたら、きっと懐かしがってくれるわ」なんて、何年も月日を置いては一方的に電話をし続けているという実例もあるんです。

相手は一度も電話に出ることも掛け直すこともないまま。

時ばかり虚しく経過しているのに、当の本人はその分懐かしさも大きいだろうと信じきっているのです。

連絡が一切ないということ自体が、お相手のお返事なのです。

そうやって待ち続けて、自分の貴重な時間をずっと、虚像のお相手に捧げるのですか。

奥さんときちんとよりが戻っている

これは辛いですが、お相手の幸せを願ってあげなくてはなりません。

お相手は本来いるべき場所で、きちんと責任を果たしているわけです。

そこに愛があるかどうか、本当にうまくいっているのかどうかなど、今のあなたには確かめる術もないはずですよね。

復縁するような環境にない

あなたの想像を絶するようなことが、お相手の環境にあるのだということも考えられます。

きっとそれは奥さんと離婚できない理由と同じことだと思うのです。

  • 家族が入院した。
  • 親の介護が必要になった。
  • 子供が警察沙汰を起こした。
  • 自分自身に疾患が見つかった。
  • 家業を継ぐことになった。
  • お金がたくさん必要になった。

これらはある程度の年齢に来たら、誰にでも有り得ることなんです。

あなたやお相手がもし仮にこうなった場合、それでも会いたいって言えますか。

占い師MEGUMIのワンポイントアドバイス

MEGUMI
「復縁したい」っていう切ない思いの中に、快楽にどっぷり溺れたいっていう願望はないかしら。

もしそうだったら不倫の中毒から全く抜け出されていないようね。

これが進んでいくと破壊的な感覚になってしまうわけ。

人生全てが嫌になってしまうような投げやりな感覚。

多分今、仕事も家事も手に付かなくなっているんじゃないかしら。

それを完治するのは、本当にお相手と復縁することなのかしら。

中毒はある程度自分の努力次第で抜け出せるものだけど、麻薬症状と何ら変わらないところもあるわけ。

そういう苦しいときに、どんなに占ってみたって、ぴんと来るものはないんじゃないかしら。

それどころか占いの力ではどうにもならないかも知れないわ。

このような感覚からどうしても抜け出せず苦しいのなら、このまま家庭生活を健全に続けていけるのか考えた方がいいわね。

例えば、女性専門のカウンセリングを受けてみるとかね。

ご家族だって主婦のあなたがそういう鬱の状態なら、事情は知らなくても大変だと思うわ。

あなた自身もそれを隠し通していなければならないんでしょう。

大体鬱の状態になってしまっていること自体、自分を愛せない証拠だもの。

「あの人以外誰も愛せない、あの人以上の人なんてもういない」ということは、自分のことは全く愛せないって宣言してるようなものだもの。

そうして、快楽を共に出来る他の人を代用しても結局は同じこと。

そんな自分が死ぬほど大嫌いになるもの。

そしてリバウンドするみたいにお相手が恋しくなるばかり。

ますます孤独になるばかり。

でも本当に欲しいものは、孤独を埋めてくれるお相手ではなくて、孤独になる自分をまるごと愛せるあなた自身なんだけどね。

そこを掛け違えていないかしら。

「自分を自分で愛するなんて何だか痛々しくないですか」っていう人も確かにいるのよ。

自分に甘えを許すとか、よしよしと頭をなでるとかそういうことではなくて、本当の自分を理解するってことだと思うわけ。

「ま、しょうがないじゃん。そんなもんよ」って。

悩んでるとき、誰かにそう言われたら嬉しいじゃない。

そういってもらいたいじゃない。

それをあえて自分に認めてあげることよ。

人に言わせるんじゃなくてね。

まあお相手と復縁したい理由が、このような破壊レベルのものだったら、恐らく復縁の可能性は期待できないんじゃないかしら。

だって自分軸が全くないのに、人を幸せに出来ると思う?

「私を支えて」って別れた相手に言える?

やっぱりどんなことがあっても自分主体で生きる姿勢がなくちゃ。

時間の経過とともに、自分を取り戻した後、ふっと憑き物が取れたみたいに心が軽くなる場合があるのよ。

もし別れたお相手が本物の「ソウルメイト」と信じることが本当に出来るのなら、別れようと何しようと、楽に構えていられるはずよね。

どんなに時間がかかったとしても、またいつか再会して結ばれる約束が果たせるってことよね。

お相手は今長期の海外出張へ出かけてしまったのだ、それなら帰って来るのを楽しみにして待っていようと思えるんじゃないかしら。

「会いたい、会えない」で日々をいっぱいにしてしまうのではあまりにも苦しいから、いっそのこと積極的に待ってみることにしてみてはどうかしら。

そうすることでいったん全てを手放すのよ。

そして時の流れに任せるのよ。

季節はどんどん変わるけれど、いつかあなたが待つ赤信号の遠い向こうで、お相手が雑踏に紛れて立っているとしたら。

それが青になったら、あなたもお相手も歩き出す。

その時はっと立ち止まるかしら。

それとも気づかずそのまますれ違ってしまうかしら?

きっとそれが縁なのだと思うわ。

どうしてもお相手でなければならないのですか

いかがでしたか。

愛は引き寄せるものなんです。

もちろん復縁こそ愛なんです。

ただお相手は愛そのものではありません。

お相手は愛によってもたらされるものなのではありませんか。

執着や独占欲は決して愛ではありません。

そして愛は広げていくものです。

愛は狭く押しとどめることが出来ないかけがえのないものです。

お相手のことばかり考えているのは果たして愛なのでしょうか。

お相手がいなければあなたの愛はもたらされないのでしょうか。

あなたが本当に愛に溢れた人間であるなら、ご家族を始め、いろんな人を幸せに出来るわけです。

そして自分のことも幸せに出来る。

愛によってもたらされる恩恵はきっと想像をはるかに超えた愛なのです。

もしかしたら、あなたが本当に愛する人が、本当の愛を持ってあなたの前に現れるかも知れませんよ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事