もう、夫に愛情はない。

信じられるのは、彼との深い愛だけ。

愛情のない夫に妻という仮面をかぶりながら、不倫という暗闇の中でその重い仮面を外す。

暗闇で真実の愛を確かめ合うなんにてあまりにも苦しすぎる。

もう、こんな秘密の世界から二人で抜け出したい。

二人で太陽の光を浴びながら、天から祝福を受けたい。

夫と離婚してダブル不倫(W不倫)相手と再婚したいと思っていませんか?

こちらでは夫と離婚してダブル不倫(W不倫)相手と再婚できるかを彼とあなたの生年月日と血液型で占うと共に、ダブル不倫(W不倫)で夫と離婚し、再婚を目指すときの注意点を紹介します。

夫と離婚してダブル不倫(W不倫)相手と再婚できるかどうかを占う

女性 男性
A型 B型 O型 AB型
女性 男性
A型 B型 O型 AB型
1
https://micane.jp/furin-birthday-saikon-result1,https://micane.jp/furin-birthday-saikon-result2,https://micane.jp/furin-birthday-saikon-result3,https://micane.jp/furin-birthday-saikon-result4,https://micane.jp/furin-birthday-saikon-result5,
https://micane.jp/furin-birthday-saikon-result6,https://micane.jp/furin-birthday-saikon-result7,https://micane.jp/furin-birthday-saikon-result8,https://micane.jp/furin-birthday-saikon-result9,
5
4

夫と離婚して、ダブル不倫(W不倫)相手と再婚するために

まずは、離婚に至る前に、夫にどう離婚を切り出すかにもよります。

普通に夫婦生活をしていて、いきなりというわけには絶対にいきません。

それはあなたもよくわかっておられることでしょう。

何となく二人の波動がずれてきている、夫婦らしい会話もないどころか朝晩の挨拶もない。

お互いいつ家にいるのかもわからない、寝室も別々。

こうなったらもう潮時なのではありませんか。

これは意図的に出来るものでは決してありません。

ですが夫婦の絆が薄くなれば、徐々に、自然にそうなるものだと思います。

そしていよいよ行動を起こしてみて下さい。

夫との円満離婚を目指すこと

とにかく、離婚に時間をなるべくかけないことです。

夫に切り出す際は、きちんと二人きりの静かな場所で、淡々とした口調で話します。

「もう夫婦として未来に期待が持てなくなった」「私の妻としての役目はもう終わりにします」ということに尽きるのではないでしょうか。

夫は慌てるのか、愕然とするのか、納得をするのかわかりませんが。

もし夫が逆切れをするような性格なら、誰か立ち合いの人も囲んだ方がベターです。

そしてあなたがサインを済ませた離婚届を出し、協議離婚になるよう、進めて下さい。

親権をどうするか、きちんと話し合うこと

子供の親権については、お互い納得のいくまで冷静に話し合って下さい。

代理人を立ててでも、きちんと話し合う大事なことです。

夫にだって子供は自分の子供でもあるわけです。

子供とも過度に苦しませないように話し合い、子供の意見も必ず聞いてあげて下さい。

子供にとってはいつまでもあなた方がお父さん、お母さんなのですから。ご両親が離婚することで、やはり子供はとても傷つくのです。

未来ある子供に暗い影を落とすことはなるべく避けなくてはなりません。

双方の親にも納得してもらうこと

やはり自分たちだけの勝手な決断というわけにはいかないと思います。

子供がいるのなら、双方の親からしたらかけがえのない孫です。

そこを見て見ぬふりをして、義理の親と孫が疎遠になることだけはなるべく避けたいですよね。

話すのが無理なら、手紙を書いて伝えるとか。

なるだけ負担をかけずに誠意を尽くす方法はあると思います。

ただこれはもう事後報告である方がベターだと思われます。

書類を提出する前の話だと、お相手の親が何とか離婚を踏みとどまらせようと行動に出たり、息子である夫にやめるよう働きかけるか、親権を夫側に取り戻そうとするはずです。

不倫相手の離婚状況がどう進んでいるか探らないこと

不倫相手も離婚しなけれは、あなたと再婚はできないのですから、お相手がどういうふうに奥様と離婚をされるかどうか、あなたには自分のことと同様、とても気になるところでもあります。

ですが二兎追うものは一兎も得ずとも言います。

あなたはまず自分のご家庭をきちんと清算されることを第一に考えたらいいのです。

そして、密に連絡は取り合いたいところですが、ご家庭の決着がつくまでは、控えておいた方が無難だと思われます。

再婚の目途が着く前に、不倫相手の親にきちんと挨拶をすること

これは、一番のエネルギーを要することなのかも知れませんね。ですが、そこも絶対に避けて通れないことです。

いくらあなた方が喜んで結婚することになっても、そこで新しく家族になるという人もいるわけなんです。

せっかく結婚するのに、お相手の親御さん、兄弟、親戚関係を避けるように生活するようでは、結局不倫の恋愛とそう変わらない苦しみになることと思われます。

職場の人や友達には事後報告すること

ただでさえ、離婚や再婚は尋常ではないエネルギーを要するものです。

それを家族以外の人たちに極力相談は避けておいた方が無難かも知れません。

家族でない人たちにとって、他人のそういう話は、所詮他人事なのですから。

また大切な友達ほど余計な心配はかけるものではありません。

職場の人に名字が変わったことを告げるにも、タイミングを見計らった方がいいかも知れませんね。

これは仕事面に影響が出ることの予測はつくでしょう。

特に女性は…。

しばらく好奇の目にさらされる覚悟はありますか?

ダブル不倫(W不倫)で結ばれたことは絶対に誰にも明かさないこと

晴れて結婚して一緒になるのに、そのなれ初めまでわざわざ公言する必要など全くないことだといえます。

聞かれても「友達の紹介で」と言っておくのが絶対に無難です。

それ以上のことは、うまく交わせるくらいの度量をもってほしいと思いますね。

占い師MEGUMIのワンポイントアドバイス

MEGUMI
ダブル不倫(W不倫)相手といかに早く結婚したいのなら、とにかくご主人との円満離婚をすることのみね。

それは簡単に言うけど、決して簡単なことじゃないのよ。

ご主人は納得しているかしら。

以前から仲が悪かったのならまだしも、だからと言ってご主人がそれで首を縦にふるとは限らないのよね。

もし妻の不貞を疑われたら?

離婚に応じる代わりに高額な慰謝料を請求されたら?

そして夫婦のお子さんはどうするの。

誰が親権を持つ?

あなたが引き取るとして、子供が成人するまでの養育費は?

そこでいらないと言ったらかえって不自然になるわよ。

「誰か面倒を見てくれる相手がいるのか」ってなるわね。

あくまであなたが自分で養っていく姿勢を見せなくちゃ。

そして絶対に不倫相手の存在をちらつかせないことよ。

ご主人のご両親、あなたのご両親にもきちんと誠意を見せなきゃね。絶対に心配はかけられないもの。

そこで感情論になって大喧嘩、調停離婚に発展したら、もう早い再婚どころじゃなくなると思うの。

そうすればあなたの身辺も少しずつ明るみになってしまうわ。

大体感情論になること自体が、やはり覚悟が決まっていないという証明でもあるわけだもの。

全てを失う覚悟だっているかも知れない。

愛するお子さんをご主人に渡さないといけないことだってあるわ。

そうなったら、せめて月に一度くらいは会えるようにしないとね。

お子さんとの別れは本当に再婚出来る喜びを打ち消してしまうくらい辛いものよ。

そうなるといかに再婚までのハードルを少なくするかに掛かっているわね。

お金の面は慰謝料だの養育費だのなんだのいう前に、絶対に二人のお子さんが成人するまでは二人で折半してお金を出し合うこと。

お子さんを離婚、再婚の障害って考えては絶対にだめ。

何よりお子さんの幸せを一番に考えてのことよ。

全てに誠意を尽くして下さいね

いかがでしたか。

ダブル不倫(W不倫)にもいろいろな事情があると思います。

それと同じくらい、ご夫婦におかれた辛い事情もあります。

ただ単に「不倫相手を好きになったから」「旦那に飽きたから」なんていうものでは決してないと思うのです。

もちろんお相手と再婚できるかどうかは、ご夫婦に置かれた障害が少なければ少ないほど可能だといえます。

ご主人との離婚のこと、お子さんのこと、それに関わるお金のこと。ご主人に理解が見込めないのであれば、もうあなたがそれを全面的に請け負う形がいちばん誠意があるといえるわけです。

だってあなたはすぐにでもお相手と再婚したいわけでしょう。

円満な離婚に至る経緯を踏みながら、本当にお相手との再婚を急ぐべきなのかどうか、考え直すべきことでもあるかも知れません。

それは、何より誠意を尽くすことだと思います。

そしてあなた自身が何ものにも惑わされず、依存をしない自立心を持つことだと思えるのです。

それがきちんと出来たときに、同じようにまっさらな状態になったお相手が、あなたを迎えに来てくれることでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事