占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。

ウィズコロナの時代、そして来年2021年は新たな時代の幕開けです!

大きな時代の動きがある時は、人々の運命も大きく変わりやすい転換期と言えます。

運命の転換期に未来への幸せのヒントを掴みたいのなら、来年2021年の運気もわかる神秘のタロットカードを試してみてください。

あなたの運命が今日、今この時から変わり始めます!

※20歳未満はご利用できません

「へび年はどういった性格の人が多いの?」「巳年生まれとの相性を見て欲しい」「へび年との付き合い方に苦戦しているから、基本的な性格や特徴を早く知りたい」と巳年について知りたいと思っているあなた。

干支の6番目となる巳年(へび年)生まれについて、男女別での基本性格から他の生まれ年の方との相性までをご紹介します。

基本性格を知るというのは、「分かる」「そうかもしれない」と感じられる点があるだけで、自分の事でも相手のことだとしても、理解する努力を行っている行動です。

巳年の性格について知ることで、へび年生まれにしかない長所や短所を見つけ、大事な人との関係を上手く保つ為の参考にしてください。

基本性格だけでなく、特徴や恋愛傾向、他の干支との相性までお伝えしますので、自分、または相手にスポットライトを当て、しっかりと知る努力を行いましょう。

目次

巳年(へび年)生まれの男性の基本性格は「現実主義者で用意周到」

巳年生まれの男性の基本性格は、現実主義者で用意周到です。

何事も現実的に考え、理想で物事を語ることはありません。

「夢見るほど、苦しいものとなる」という考えの持ち主なので、目の前の現実を第一に受け止め、そこから物事を捉えようとします。

「こうなりたいな」という希望は抱いても、今の自分に可能性が少しでもあるのかと考えるため、無理な野望は抱きません。

周囲からは、向上心がないように思われますが、実は用意周到で、計画して着実に成果を挙げる事が出来るタイプです。

以前に「俺には叶えられない」と諦めたことでも、計画をしっかりと練った上で、着実に成果を上げたのち、もう一度改めて希望を抱き挑戦します。

向上心がないのではなく、現実的な思考から「今の段階で自分が遂げられること」を優先するので、高望みは最初からしません。

高い目標のために小さな積み重ねを何度も徹底して行い、努力が出来るへび年なので、一度「無理かな」と感じたものでも、再度挑戦する気持ちの強さを持ちます。

ただ、現実主義の考えが強いため、「面白みに欠ける」と周囲に思われてしまうこともあるのです。

スポンサーリンク

巳年(へび年)生まれの女性の基本性格は「信念を貫き通す精神力の持ち主」

巳年生まれの女性の基本性格、それは信念を貫き通す精神力の持ち主。

自分の中では揺るがない信念が秘められているのです。

他人に理解されようとアピールすることもなく、ただ自分の中だけで秘めているという人も少なくありません。

信念があるからこそ、逆境ともなる最悪の状態が訪れても、一人で立ち向かう精神力の強さがあるのです。

あなたの中で許せるものと、受け入れられないものは明確で、日常生活の中でも色々なものを見て選別します。

他の人に自分の信念を押し付けることはせず、内に秘めているので、周囲から「楽観的過ぎない?」と見られることも多くあるのです。

「何も考えていなさそう」「ちゃんと考えているの?」と周りから何気なく吐き出される言葉に傷つく出来事もありますが、基本的に相手にしないのもへび年の女性。

芯が強いため、他人に流され、自分とは真逆の意見に方向転換させることはありません。

そのため、巳年の性格に「面白くない」「可愛くない」と感じる同性が多くいるのも確かです。

人に合わせることに重きを置かないので、知らないうちに対立関係になっていることも。

あなたは、内側に秘めるだけでなく、言葉にすれば相手も理解してくれるので、素直に気持ちを伝える努力も対人関係を築くためには必要な事だと言えます。

スポンサーリンク

巳年(へび年)生まれの性格は「秘密主義でこだわりが強い」

小さなことに神経質になる

巳年生まれの性格は、秘密主義でこだわりが強いため、小さなことにも神経質になります。

他人の口から吐き出された言葉やちょっとした行動に疑問を抱きやすく、自分が理解出来ないものとなると、いつまでも頭を悩ませるのです。

周囲の人に対して気にならな出来事が起こった時、巳年のあなたは目の前の状況が心の中で引っ掛かり、モヤモヤします。

ちょっとの違和感や自分の行動の出来の悪さにも苦しむので、他人の行動に悩まされるばかりではありません。

誰も気にしないような所まで神経質になり、目を向けて気にしてしまうので、「細かすぎる」「着眼点が違う」と言われることも多いのです。

人と見ている場所が違ったとしても、あなたの中では大きく見えるものなので、自分の中で気持ちがスッキリするまで手を掛けてしまうことも。

神経質な巳年は、繊細であるからこそ、様々なところを気にかける傾向があります。

「自分が仕事をするスペースだけは誰にも触られたくない」「この場所だけは綺麗でなければ落ち着かない」などと、自分なりのルールを持っているということです。

どの場所も綺麗である必要はないし、へび年のあなたも常に完璧の状態を求めているわけではありません。

ただ、「ここの自分の場所だけは」という部分がありますが、そこに共感する気持ちは求めないので、あなたの中だけで気にします。

計画を立てて行動する

秘密主義でこだわりも強いため、計画を立てて行動するのが、巳年生まれの性格です。

自分の中でこだわりを強く持つ干支である巳年は、行動を起こす時には、必ずと言っていいほど計画を立てます。

計画を立てなければ不安で仕方なく、「9時に待ち合わせだから、何時までにどこまでの作業を終わらせておくべき?」と事前にシュミレーションすることも。

たまにしかない約束だけではなく、毎日のサイクルの中でも、「何時にこれをする」という行動を細かく決めている人も多くいるのです。

会社に出勤するために家を出る時間、食事する時間など、自分の中で毎日計画を立てて生活します。

しかし、計画通りに行かなかった時、ストレスを感じてしまうため、巳年の方が焦って行動を行っているときは、「上手くいっていないのかな」と周囲に感じ取られてしまうのです。

計画通りに行えることが他人にとって正解とはならなくても、あなたは決めたことを守りたいので、ストレスを抱えます。

一度の失敗でも「どうして」と原因を追求する癖があるので、自分の中で納得できる答えが見つかるまでは気持ちが落ち着きません。

旅行なども、無計画に行くことの出来ないタイプで、下調べをしっかりとして、無駄にならない時間の使い方をしようと心掛けます。

一人旅が楽しいと感じるのは、相手に合わせる必要がないため、その分抱えるストレスも減るからです。

あなたは自分が計画通りに進められないことに苛立つだけでなく、誰かが守れなくても気分が落ちてしまいます。

「どうして約束の時間に間に合わないの?」「人を待たせている時間、何も感じないのかな」と、自分にはなかなか出来ない事だから、苛立ちを募らることも。

計画性を重視して行動を行い、一番無駄が少なく、様々な景色を見られるのはへび年の性格が持つ良い面です。

本心を全て出し切ることは苦手

巳年生まれの性格は、本心を全て出し切ることが苦手な、秘密主義でこだわりの強いところがあります。

あなたは完全に心を許すまでに時間が掛かり、相手に合わせて自分を見せていくことも出来ません。

「あの人は、自分にここまで話してくれたから、私も話してみよう」と思う事は出来ず、自分は自分であり、他人は他人です。

相手がどれだけ秘密にしている内情を話してくれても、へび年のあなたは自分の内に秘めたものをさらけ出すことはありません。

自分の事に関しては、超が付くほどの秘密主義で、仲の良い相手であろうと慕っている人だとしても、本心を全て出し切ることはないのです。

一部分は伝えたとしても、半分以上は自分の中にしまい込んだまま。

なかなか自分の思いを吐き出せる場所がなくて、苦しくなることも多くありますが、人に伝えて悪い状況に物事が進むよりかは、「自分が黙っていれば」と思うタイプです。

感情的になった時に、やっと全てを吐き出せるタイミングは来るのですが、それも相手によって線引きする傾向があるので、あなたの本心を全て知っている人は、ごく僅か。

最も多いのが、恋愛相手にしか本音を吐き出せない人で、長期間恋人の存在がいないと、精神のバランスが崩れて、何も起こっていないのに辛くなってきたり、感情をコントロールできなかったりと上手くいかないこともあります。

恋人以外に信頼できる相手を見つけるのも一つですが、相手によって「この話は出来る」と分けてみると、もっと気持ちを楽に生活が送れるようになるのです。

巳年(へび年)生まれの特徴は「探求心が強い」

気になるものへの執着心が強い

巳年生まれの特徴は、探求心があり、気になるものへの執着心が強いことが挙げられます。

あなたが好きなものや興味を抱くものに対しては、執着してしまうのです。

興味をそそられるものに気持ちが持っていかれると、日常の中心がその物事になってしまうこともあり得ます。

気になるものが出来た時は、これまでの自分の流れよりも、一点だけを見つめ、目の前にあるものに完全に心が持っていかれるため、正常な判断が出来なくなるのです。

執着して気になるものを徹底的に知ることは良いですが、自分の感情をコントロール出来ずに、苦しむ人も多くいます。

楽しく生活を送りたいのに、「あの事が気になって仕方がない」と頭の中をずっと気になているものが巡っているため、集中できない状況に身を置き、失敗してしまうことが何度となく訪れ、その度に落ち込むことに。

へび年の執着は、仕事での物事や対人関係だけでなく、恋愛にも起こるため、気になることや人が現れると、生活に大きな影響をもたらすきっかけになります。

自分自身のことだけでなく、人と人との関わり方にも意識が向いてしまうので、一度気になると自分の中で抱く疑問が解消されなければ、ずっと気になったままです。

「納得できるまで突き詰めたい」という精神と、「気になるから探っていきたい」という好奇心から来るので、あなたの中で落ち着かない気持ちが膨れ上がります。

少しの変化にも敏感に反応する

少しの変化にも敏感に反応し、探求心が強いのが、巳年生まれの特徴です。

ちょっとした変化にも敏感に気付き、あなたは気になり始めます。

ちょっと物の配置が変わっているだけで、「何かが違う」と感じ、その原因を追求しなければずっと気になったままの状態でいることも少なくありません。

物だけでなく、人との関わりの中で相手の反応の違いや空気感を悟って、あなたが率先して動くことも多くあるのです。

いつもの調子ではない相手が目の前にいる状況で、そのままそっとしてあげること、反対に話を聞いてあげることも出来ます。

会話の中で相手の反応を見逃さずに「今、嫌な気分になっただろうな」と感じれば、あなたがフォローする言葉を掛けたり、話題を切り替えたりすることも。

変化に敏感であるからこそ、人との関わりを重視するところもあり、周囲に「そこまで気を遣わなくても良い」と言われても、お節介だと思われてもやってしまう行動があります。

気の合わない相手を同じ場所で一緒に作業させないように段取りしたり、人前で話すことを苦手としている人を裏方に回したりと、人を見て適所を見つけてあげたい気持ちが強くあるのです。

「自分だけが良ければ、それでいい」という考えではないため、自分の大事にしたい人との関わりに対しては、より変化に敏感になり、そこで自分自身が出来ることを見つけようとします。

あなたが変化に敏感な部分があるため、周囲に余計な行動をされると感情的になることも。

ここで、へび年の計画性が出てきて、「こういう風に物事の進み方を持っていきたかったのに」と相手の気持ちを汲み取って行動を起こそうとしても、周りの人が入ってくることで自分の思い通りに行かなくなる場面では、苛立ちます。

変化に対応する中でも、計画性を持っているので、自分の行動にそぐわない相手とのやり取りに疲れを感じてしまうのです。

ただ、巳年の方は、周囲の変化に気付き、それに対応するために考えを巡らせる傾向があるので、人のためにも一生懸命になれる一面もあります。

競争心を秘め毒舌な一面も

巳年生まれの特徴は、探求心が強く、競争心を秘め、毒舌な一面もあるのです。

競争心が強いだけではなく、どのような内容でも「負けたくない」「どっちが上手く出来ているのかな」と心の中でだけ、競っている部分があります。

「あの人よりも私の方が彼と仲良くできている」と感じると、嬉しくなり、さらに負けたくない気持ちを強くするのです。

それが好きな人だと限定されるものではなく、その場に居る相手であれば誰でも構いません。

常に自分が一番でいたくて、誰にも負けたくないのです。

根っからの負けず嫌いなので、競争心が何事においても強く表れるのですが、へび年の良いところは自分の中だけで隠してしまえるという部分。

感情をむき出しにすることなく、その場をやり過ごせます。

ただ、仲間内になれば愚痴を吐き出すことも当然ありますので、その時は相手を傷つけないように注意しましょう。

また、思ったことをストレートに言い放ってしまう特徴もあり、気になった事は黙っていられません。

場所や状況は確認するのですが、いつまでも自分の中だけに思い留めておくことは出来ないのです。

相手の性格や特徴も考慮したい気持ちは持つのですが、結局は自分の持っているものでしか分からないため、言い過ぎてしまい失敗してしまうことも。

言葉がストレートなので、相手に嫌な気持ちを抱かせることも多く、毒舌の特徴から周囲の人が離れて行ってしまうこともあるのです。

巳年(へび年)生まれの恋愛傾向は「些細なことも敏感になりやすい」

独占欲が強い

巳年生まれの恋愛傾向は、些細なことも敏感になりやすく、独占欲が強いのだと言えます。

恋愛感情を抱くとへび年の方は、「私だけを見ていて欲しい」と思わずにはいられません。

好きな相手だからこそ、他の異性に目移りするような状況を自分自身が作りたくなくて、相手を縛り付けてしまうような行動や言葉を吐き出すこともあります。

「私以外の女性と連絡を取らないで」という事もあれば、不安になった時は「一緒に居て欲しい」と言葉にすることも。

独占して相手を縛り付ける状況だけを望まないのですが、恋愛になると自分に自信が持てずに、自由に行動する人の気持ちが分からなくなる瞬間があります。

あなたの独占欲は強く、自分が好きな人に縛られる状況を苦だとは感じないからこそ、束縛を嫌う相手の気持ちが分からなくなるのです。

好きになったら相手を早く独占したいため、恋愛感情を抱くと、即行動に移す人が多くいます。

なかなか恥ずかしさでアプローチ出来ないとしても、好きな人の近くに居るようにしたり、大人数で遊ぶ計画を立てたりと、何かしらのアクションは起こすのです。

巳年の方は、自分の感情に素直になれるので、好きな人の気持ちばかりを優先して、消極的な行動しか取らないということはありません。

好きだから「一緒に居たい」と感じ、話したいから「彼を誘ってみる」と単純な行動を起こします。

恋人関係になれば、その想いが独占欲に変わり、「好きだから私と一緒に居れば良いじゃん」と思うようになるのです。

一度好きになると一途

一度好きになると一途なのが、巳年生まれの恋愛傾向だと言えます。

へび年の方は、恋愛感情に真っすぐで、一度好きになると、とことん気持ちが強くなっていくタイプです。

「気持ちが重たすぎる」と言われてしまうこともありますが、それはあなたがそれだけ相手の事を好きだから仕方のないこと。

もちろん浮気をすることにも抵抗があり、実際に浮気関係を持ったとしても、恋人への罪悪感を抱きます。

何度も同じ相手と浮気関係を持たないのは、一人の人を一途に想っているからです。

好きな気持ちはあるけど、たまには他の異性と遊びたくなる思いが出てくるのは仕方なく、時期が過ぎれば、浮気もしません。

巳年の方は、相手に浮気をされてしまうと、許すことができないのも事実です。

自分は経験として浮気する相手の気持ちを理解出来る立場にいるのですが、好きな人が他の異性と関係を持ったと知った時点で、恋愛関係を切ってしまう人もいます。

一途に相手を思うからこそ、浮気の事実を受け入れることができず、苦しんでしまうのです。

好きだけど、どうしても相手を許すことができなくて、別れを選択する人も多くいますし、浮気後に関係を続けていても、心のどこかで疑ってしまっている自分を嫌になることも。

一人の人しか見えなくなるため、気持ちの落胆が激しいだけ、行動も大胆になります。

一途なので、別れた後に復縁を願う人が多いのも、実は巳年生まれです。

一緒に楽しむことを重要視する

巳年生まれの恋愛傾向、それは一緒に楽しむことを重要視すること。

好きな人とどの関係性であっても、あなたは「楽しい」と思える状況を一番に望みたくなります。

「笑って一緒に居られたら良い」「楽しく結婚生活を送れる相手が理想」と考える人が多いのは、巳年の恋愛傾向だからです。

恋愛する相手に求める内容に、「楽しい人」「面白い人」とありきたりな条件を挙げる巳年生まれですが、実はあなたの中で最も大事にしている部分でもあります。

「もっと大事なこともあるよ?」と恋愛経験豊富な人にアドバイスをされても、あなたの中では、笑って一緒に過ごせる相手を一番に望んでいて、同じ空間に居ながら「つまらない」と感じる人との恋愛はしたくありません。

楽しくないのが、つまらない恋愛とはならないのですが、巳年はお互いに笑い合って楽しい状況を作り上げることに幸せを感じます。

欲を言えば、「苦しい時でも場を和ませてくれる相手」「楽しい雰囲気を一生懸命作ってくれる相手」に気持ちを持っていかれることも多く、あなたが異性に惹かれる最大のポイントです。

自分だけが「楽しい」と感じても、それはあなたが願っているものではないから、同じことに笑い合える人、一緒に行動しようとしてくれる相手であることも重要となります。

一人の時間ももちろん必要としますが、一緒に居られる時間は二人の共有している時として、楽しく過ごすことを心掛けているのです。

何事も楽しんでくれる人、小さな失敗をしても一緒に笑ってくれる人、楽しい事のために時間を費やしてくれる人など。

当たり前のことのような条件ですが、あなたにとっては欠かせない第一条件となり、非常に重要なものだと考えられるのです。

好きな人との時間だから楽しい時間を送りたいので、自分のマイナスな感情を伝えないこともあり、我慢してしまうタイプでもあります。

巳年(へび年)生まれと各干支との相性

巳年と子年は「お互いの価値観の違いを楽しめる」

巳年と子年の相性は、お互いの価値観の違いを楽しめることです。

価値観が全く違う者同士、お互いに刺激し合って良い関係性を築けるということも少なくありません。

自分にはない感覚を相手が持っているため、そこから学べることは多くあるのです。

その気持ちを双方が大事に出来ると、より相性が高まり、関係性が長く続きます。

巳年と丑年は「努力できる干支同士なので協力すると良い結果を招く」

努力できる干支同士なので協力すると良い結果を招く、巳年と丑年の相性です。

どちらも努力することを苦とは思わず、自ら立ち上がってでも地道に頑張り続けることができます。

だからこそ、お互いに一つの目標に向かい、協力することが出来ると、大きな結果を引き寄せられるのです。

巳年と寅年は「イライラする相手になるので深入りしない方が楽」

巳年と寅年の相性は、イライラする相手になるので深入りしない方が楽だということ。

意識していても、近寄ればイライラしてしまう相手なので、最低限の距離感を維持することが重要です。

仕事関係での出会いも多くあるので、あまり相手に深入りせず、自分のやるべき事に集中し、寅年の悪い面を気にしないようにしましょう。

あなたは気になると相手に吐き出してしまう傾向があるので、意識して関係を維持することを忘れないでください。

巳年と卯年は「恋愛では浮気する相手の行動を許せない」

巳年と卯年の相性は、恋愛で浮気する相手の行動を許せません。

相手が浮気をしているつもりはなくても、あなたが「怪しい」と思ってしまう瞬間があります。

証拠がなくても、空気感で決めつけてしまうのは止めましょう。

ただ、浮気防止の言葉を言っても相手には伝わらないので、心を広く持つことが卯年と付き合うには大切。

最終的には「必ず戻ってくる」という強い気持ちを持ち、自分を磨き続けると、あの人はあなたの元に戻ってくるのです。

巳年と辰年は「尊敬できる相手であなたの方が慕う抜群の相性」

尊敬できる相手で、あなたの方が慕うことになる抜群の相性が、巳年と辰年。

お互いに尊敬出来る仲ではありますが、あなたの方が相手を慕う気持ちが強く、「真似をしよう」「良いところは盗もう」と目指す存在になります。

一緒にいることでさらに努力出来る相手なので、どの関係性であっても上手くいく干支同士です。

巳年と巳年は「ライバル視さえしなければ良好な関係を築ける」

巳年と巳年の相性は、ライバル視さえしなければ良好な関係を築けます。

もともと競争心の強い巳年同士なので、相手をライバル視してしまうと、良好な関係とは程遠いものになるのです。

ただ、相手を受け入れ、自分と重ねることなく見ていけば、良き友人、恋人、パートナーへと関係を進展させられます。

巳年と午年は「リーダーシップのある二人ですが、相手に先導してもらうと上手くいく」

巳年と午年の相性は、リーダーシップのある二人ですが、相手に先導してもらうと上手くいくのです。

互いに周囲を引っ張っていく行動力もあり、先頭に立って物事を進めていくタイプですが、午年の相手を前にした時は、あなたが一歩下がり、フォローする立ち位置を意識してください。

相手が先導することで周囲の様子をよく見渡せるので、あなたは午年をしっかりとサポートして最高のタッグを組みましょう。

巳年と未年は「相性は良いけれど相手に心を許すことができず苦戦する」

相性は良いけれど、相手に心を許すことができずに苦戦するのが、巳年と未年です。

バッチリと合う相性なのですが、あなたが相手に心を開くことが出来ず、気持ちが不安定のまま付き合うことになります。

相手はあなたを信用し、一緒に居てくれるからこそ、自分が行動出来ない事に苦しさを感じるようになるのです。

全てを吐き出さなくても、少しでも話すことが出来れば、気持ちの余裕は変わってきますので、ちょっとずつ努力してみましょう。

巳年と申年は「互いの強みも弱点も受け入れられると進展できる」

巳年と申年の相性は、互いの強みも弱点も受け入れられると進展できます。

弱点ほど相手に見せたくないと思ってしまうのが、特に巳年のあなたです。

申年を相手にすると強みとなる部分も弱点も上手く伝えられません。

強がってしまうことが多くあるので、お互いが弱点も強みも受け止め合う事を目標に関係を持つと、これまでの状況から一変し、疑いではなく、信頼を築けます。

巳年と酉年は「協力関係になりやすいので大きな目標を掲げると良い」

巳年と酉年の相性は、協力関係になりやすいので大きな目標を掲げると良いのです。

大きな目標をお互いが掲げ、同じスタートラインから向かえると、なお良し。

敵対心を持たない相性なので、協力する精神がお互いに強く、アドバイスも言い合え、信頼関係を結べるだけでなく、大切な存在だと改めて認識できます。

巳年と戌年は「真面目な相手に惹かれる」

真面目な相手に惹かれる相性なのが、巳年と戌年です。

戌年の相手の真面目な考え方や行動に好感を持ち、あなたは信用できる存在として関係を進展させるための努力を行います。

あなた自身も真面目ですが、相手の考え方に共感できる部分がたくさんあり、同じ気持ちで物事に向き合える姿勢に居心地の良さを感じられるのです。

巳年と亥年は「相性が良くなく直接関わるほど苛立ちを隠せない」

巳年と亥年は、相性が良くなく、直接関わるほど苛立ちを隠せません。

相性が合わないため、直接的に関わるとお互いに言いたいことを言い合い、収拾がつかなくなるほど荒れます。

お互いにストレートに言葉を吐くので、感情的になり、顔を合わすたびに口論になることも。

ただ、冷静に相手の話を聞くことができれば、気持ちは伝わり、高い目標に向かって良い関係性を築けますので、平常心を心掛けましょう。

巳年(へび年)は何歳?【2020年・2021年・2022年の年齢早見表】

干支と十二支の違いについて、一般的に2020年はねずみ年、2021年はうし年と言うのが干支ですが、干支とは十干と十二支を合わせた十干十二支の略なのでねずみ年、うし年というのは正確には十二支となります。

十干は甲(きのえ)、乙(きのと)、丙(ひのえ)、丁(ひのと)、戊(つちのえ)、己(つちのと)。庚(かのえ)、辛(かのと)、壬(みずのえ)、癸(みずのと)の10つ。

十二支はご存じのように、ねずみ年、うし年・・・と12つ。

この十干と十二支を順番に組み合わせて60つとなる分類が干支となります。

下記の年齢早見表では生まれ年別の60種類の中のあなたの干支もわかりますので、そちらからさらに詳しい運気や性格などを参考にしてみてください。

西暦 元号 十二支 干支 年齢(2020年) 年齢(2021年) 年齢(2022年)
2013年 平成25年 巳(み) 癸巳(みずのとみ) 7歳 8歳 9歳
2001年 平成13年 巳(み) 辛巳(かのとみ) 19歳 20歳 21歳
1989年 平成元年 巳(み) 己巳(つちのとみ) 31歳 32歳 33歳
1977年 昭和52年 巳(み) 丁巳(ひととみ) 43歳 44歳 45歳
1965年 昭和40年 巳(み) 乙巳(きのとみ) 55歳 56歳 57歳
1953年 昭和28年 巳(み) 癸巳(みずのとみ) 67歳 68歳 69歳
1941年 昭和16年 巳(み) 辛巳(かのとみ) 79歳 80歳 81歳
1929年 昭和4年 巳(み) 己巳(つちのとみ) 91歳 92歳 93歳

巳年(へび年)の2021年の運勢

占い師 MIYUKIのワンポイントアドバイス

MIYUKI

巳年生まれの方は、秘密事の多い、自分の気持ちに素直な性格です。

伝えたい気持ちを行動に移す努力もあり、気になることは興味本位でも関わる様子を見せます。

積極性に欠ける姿も見せますが、信念を持っているため、どのような会話をしても自分の意思を伝えられる良い面を持ち合わせているのです。

対人関係を円滑にするためには、自分の感情だけでなく、相手の気持ちを汲み取ることで成長できる場面も多くありますので、少しの心掛けから人との関わりをさらに大事なものにしましょう。

未来が好転する?衝撃の占い【フューチャーオラクルカード】



こちらの記事を読んであなたの悩みや不安はなくなりましたか?

もしも、「まだ不安がある…」「悩みがまだ消えない…」というのなら、当サイトおすすめのオラクル鑑定士「鳳条先生(ほうじょうせんせい)」の未来が好転するフューチャーオラクルカードをお試しください。

鑑定結果や診断結果でアナタの悩みは解消しましたか?

鑑定結果や診断結果であなたの悩みは解決しましたか?

もしも、少しでも不安や悩みがあるのなら、こちらのLINE@に友達追加して頂くと、あなたの悩みの種類やオーラの色から、更に詳しい鑑定結果を悩みや不安の解消法と共にお送り致します。

あなたの不安や悩みを必ず解消致しますので、LINE@へのお友達追加お待ちしております。

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事