占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。

ウィズコロナの時代、そして今年2021年は新たな時代の幕開けです!

大きな時代の動きがある時は、人々の運命も大きく変わりやすい転換期と言えます。

運命の転換期に未来への幸せのヒントを掴みたいのなら、今年2021年の運気もわかるフューチャーオラクルカードを試してみてください。

あなたの運命が今日、今この時から変わり始めます!

※20歳未満はご利用できません

「戌年生まれの性格を教えて欲しい」「いぬ年の特徴を知りたい!」「戌年と相性の良い干支はどれになるの?」と気になっているあなた。

戌年(いぬ年)生まれの基本性格や恋愛傾向など、干支にある特徴をピックアップして、それぞれご紹介します。

生まれた干支によって、傾向や特徴が変わり、あなただけが持つ考え方や人との関わり方があるのです。

自分の特徴を知ることで、対人関係を円滑に進める方法を見つけ出せたり、恋愛で上手くいかなくて悩んでいたことが解消されたりと、良い結果に繋がる可能性が秘められています。

戌年の特徴を知り、自分のことに関して、さらに理解を深めていきましょう。

目次

戌年(いぬ年)生まれの男性の基本性格は「堅実で真面目」

戌年生まれの男性の基本性格は、堅実で真面目です。

真面目な性格の人が多くいる干支ですが、あなたは堅実で物事をしっかりと組み立てていくタイプ。

男性だと、考えるよりも、先に行動を取る、周囲に合わせて自分の意見を通さないことが多くあります。

しかし、戌年男性は、確実に成功できる方法などを自分できちんと見つけ出し、その後に行動を起こすのです。

リスクを抱えることが嫌で、失敗は極力避けたいものだと考えています。

出来るだけ、確実なやり方、考え方を編み出すので、周囲からは慕われやすいタイプで、人気者です。

「この人に付いていくと、しっかりとしているから安心できる」「あの人の丁寧で真面目な行動が、自分の学びになる」と考える人も多くいます。

真面目過ぎる考えに、自分自身でさえも「もうちょっと上手く、臨機応変に出来ないものかな」と悩む瞬間も。

しかし、あなたの誠実で真面目な性格が、周囲を安心させ、人との繋がりを広げていくのです。

スポンサーリンク

戌年(いぬ年)生まれの女性の基本性格は「面倒見がよく人付き合いも得意」

戌年生まれの女性の基本性格は、面倒見がよく、人付き合いも得意だということ。

人と接することが大好きなあなたは、相手に頼まれなくても、お世話をしたくて、困っている人を見れば「私がやってあげる」「何か私に出来ることであれば、やらせてほしい」と、他人を助けたくなります。

一度でも困っている状況の人を見てしまうと、何もせずに素知らぬ顔は出来ません。

だからこそ、一度お世話をした後でも、「最近は、どう?」「困っている事はない?」と期間が空いたとしても、相手を気遣う事ができます。

相手側からすれば、その場だけの心配ではなく、時間が経っても気にかけてくれる人が居てくれると感じるだけで嬉しいもの。

あなたは小さな出会いから始まった相手でも大事にでき、関係を保つための心掛けも忘れません。

「私が面倒を見てあげている」という考えの中で行動するのではなく、「何か手助け出来ることがあれば」という思いやりの精神です。

また、人付き合いが得意で、上手いのも戌年女性の基本性格に挙げられること。

人との関わりを大事なものとし、目の前にいる相手との楽しい時間を共有したい思いが強くあります。

自分が苦手なことよりも、得意な方法で人との距離感や接し方を詰めていくため、あなたなりの交友関係を維持する楽しさがあるのです。

新しい人との出会いが訪れた時、あなたが前に出て、アピールしてしまうのも、「早く仲良くなりたい」と相手に対して感じているから。

性格が真逆の相手だとしても、人の心を掴むためにあなたは他人に尽くすこと、自分を犠牲にしてでも関わりをしっかり保とうとします。

人付き合いの仕方を、人によって変えているからこそ、相手が喜びを感じられ、あなたを受け入れられるのです。

スポンサーリンク

戌年(いぬ年)生まれの性格は「協調性のある働き者」

困難な状況でも立ち向かう精神力がある

戌年生まれの性格は、協調性のある働き者で、困難な状況でも立ち向かう精神力があります。

苦しい状況が目の前で起こった時、人はどうしてもその物事から逃げ出したり、理由を付けて避けたりするもの。

しかし、自分にとって苦しい状況ほど、あなたはエネルギーに満ち溢れ、勇気や気力が湧き出ます。

「どうやっても成功しないし、もう後がないだろうな」と感じる状況でも、絶対に気持ちが腐ることはありません。

周りの人たちがマイナスな感情を抱く中で、あなただけが前向きな気持ちで、挑もうとすることが多くあります。

自分の気持ちをしっかりと前向きにさせるための努力を行うのです。

「これまでやってきた経験があるから、大丈夫」「失敗を恐れても、成功は手に出来ないから」と自分に何度も言い聞かせ、強い精神力を維持出来ている人。

あなたにとっては、当たり前の行いでも、気持ちを前向きに向かわせる状況を作るのは簡単にできることではありません。

自分を信じ、周囲の人のことも信用していなければ出来ない事。

少しでも、マイナスの感情を抱くと、心は弱ってしまい、苦しい状況に飲み込まれてしまうのです。

困難な状況に立ちはだかっている時ほど、戌年生まれの方の強さに周りが引っ張られます。

協調性があるので、相手に合わせて言葉を掛けたり、自分勝手な行動で周りに余計な不安を与えたりしないよう、配慮出来るのも戌年生まれです。

正義感、忠誠心が強い

協調性がある働き者で、正義感、忠誠心が強いのも、戌年生まれの性格だと言えます。

人との輪を乱したくない気持ちが強くあるため、自分の意見ばかりを押し通すことはありません。

自分の中でしっかりとした思いがあったとしても、周囲の話を聞き、受け入れられる器の大きさがあるのです。

物事を進めていく中で、「この考え方が絶対に成功に近いやり方で、結果を出せる」と確信を持てた時、誰もが自分の意見を通したくなるもの。

しかし、あなたは協調性に欠けること、周りが困ってしまう、嫌な思いをさせてしまう状況は作りません。

自分の考えがある中でも、他人を尊重できるので、仕事では昇格しやすく、恋愛でも大事にされます。

正義感や忠誠心が強いのも、戌年生まれの方にある性格の特徴です。

尊敬している人に対しては、どのような状況でも相手に合わせようとする精神があります。

相手が間違ったことを言っていても、忠誠心から、あなたは首を横に振ることはありません。

また、正義感が強いため、尊敬している相手には、なかなか言えない言葉があったとしても、他の人に対しては、しっかりと自分の中で抱く思いを伝えられるのです。

自分の考えていること、感じたことも含め、きちんと相手へと伝える行動に意味があると思っています。

「自分の考えが、あの人には否定されるかもしれない」と思う瞬間があっても、伝えない状況に苛立ちを覚え、ストレスを抱える原因になることも。

上手く伝えようとする気持ちはなく、論理的に言葉を並べてしまう傾向があるのも確かです。

正義感が強いため、人としての礼儀やルールに、特に厳しい干支だと言えます。

意思の強さがある

戌年生まれの性格は、協調性のある働き者で意思の強さがあるのです。

物事に対する考え方もそうですが、あなたは「自分がどうあるべきか」「職場で自分の任されている事は何か」とはっきりとした答えを出そうとします。

何事も考えを深く巡らせるため、中途半端な気持ちでは行動ができません。

「何をすれば良いの?」という状況を最も嫌い、「目的は何なのか」などを知った上で、行動を起こしたい気持ちが強くあります。

意思が強いので、自分の考えを貫き通そうとする場面もあり、融通の利かない人だと思われることも。

ただ、あなたにとって意味のない行動は最小限にしたくて、「時間の無駄」「必要のない作業」だと感じてしまうものには、感情を抑えられなくなり、独断でその場から立ち去ってしまうこともあるのです。

普段は協調性を大事にしている戌年生まれですが、意味のないものには理解を示せず、分かろうとする気持ちもありません。

「たまに冷たいと感じてしまう瞬間があるから、どうしてもあの人を怖いと思ってしまう」という周りの声は少なくありません。

自分の考えをしっかりと持っているからこそ、何も生み出せないものには、容赦なく突っ込む傾向があります。

難なくこなせることが第一ですが、自分が巻き込まれ、他の人も加わっている以上、何も言葉を吐かずに我慢する状況は間違いだと感じるのです。

周りの人がなかなか口に出せない内容も、あなたが「間違っている」と感じれば、相手が誰であっても話をしようとする、頼りがいのある人だと言えます。

戌年(いぬ年)生まれの特徴は「面倒見がよく、世渡り上手」

人のお世話をするのが大好き

戌年生まれの特徴は、面倒見がよく、世渡り上手で人のお世話をすることが大好きです。

人に頼られるほど、自分の存在を受け入れてもらえていると感じ、寄ってきてくれる相手を可愛がりたくなります。

あなたの方から積極的に相手のためになる行動を起こすことがあるのです。

しかし、相手の方からの「この仕事が分からなくて、どうすれば上手くいきますか?」といった単純な会話でさえも、あなたにとっては大事な事。

自分に聞きに来てくれた相手に対しては、満足してもらえるまで付き合おうとします。

あなたの方から相手を突き放すことはなく、一度でも自分の元に来てくれた人に対しては、「いつまで経っても可愛い」と思えるのです。

一度関わりを持てば、その後からは自分が面倒を見たくなるので、お世話することが多くあります。

相手が望んでいなくても、あなたの中では「何をやっているのかな」と気になって仕方がないので、いつも目を掛ける存在として大事にするのです。

美味しいお店を見つければ連れて行ってあげたくて、良い物を発見した時は「これ良いから使ってみて」などと、良いものほど、共有したくなります。

見返りを一切求めないあなただからこそ、相手も気兼ねなく付いていくことが出来るのです。

「可愛がってもらえているな」という感覚を、相手は気付きやすく、周囲に居る人たちも、あなたが特別目を掛けている人に対して「ずるいな」「良いな」と反応を見せます。

人のお世話をすることは好きですが、あなたも心を通わせなければ出来ないもの。

都合のいい時だけ頼ってくる相手などは苦手です。

安全志向で心配性

面倒見がよく、世渡り上手ですが、安全志向で心配性なのも、戌年生まれの特徴だと言えます。

人との付き合い方が上手く、どの環境でも相手を見て立ち回ることができるので、対人関係に苦労したことはあまりない干支です。

しかし、人との関わり方に悩むことはなくても、戌年はとにかく心配性。

初めての事や何も情報のない状態で挑む瞬間は、不安で堪らないのです。

不安を感じた時、まず最初に考えるのが、「安全な方法は何が挙げられるのか」「どうすれば危険な目に遭わず、リスクを抑えられるのか」などを考えます。

極度の心配性だからこそ、どんどん安全志向が高まっていくのです。

若い頃には考えなかったはずの、思考転換をするようになっていると、年齢を重ねてから自分が安全志向になっている思考の変化に気付く人も多くいます。

「失敗したくない」「どうすればこのモヤモヤとした不安な気持ちが解消できるの」と何度も悩んできたから、自分で安全に進めていくための考え方にシフトチェンジするのです。

いつまでも悩んでいる方が、胸が苦しく、何も手につかない悪循環を引き寄せてしまうので、確実な方法と考え抜くという性格が表に出てくるようになります。

もともと安全志向な面を持ち合わせているのですが、若い頃には不安な気持ちにメンタルが押しつぶされていたので、自分の特徴が隠されていることの方が多い戌年生まれ。

安全策を考えられるようになってからは、物事への挑み方も、気持ちの向かわせ方も変わってきているので、小さくても自分に自信を持てます。

忍耐力がある

戌年生まれの特徴は、忍耐力があることです。

我慢強さ、強い精神力の持続など、苦しい状況ほど、あなたは力を発揮できます。

「早くこの結婚生活から逃げ出して、自由になりたい」と感じても、自分から相手に離婚を突きつけることは少ないのです。

究極の選択として、大きな決断をするものだと考えているので、「自分が耐えていれば状況が変わる」と耐え抜こうとします。

忍耐力があり、目の前の状況に自分だけが我慢していたとしても、周りを一切責めないのも、戌年生まれの長所です。

人のせいにする事を嫌うので、自分が耐えている状況は、自分自身のためだと考えます。

我慢強さがあるからこそ、他人に対して優しく出来たり、人の気持ちを汲んで接することができたりと、良い方向に影響が出ていることも確かです。

ただ、大事な選択を逃すことが多いのも事実。

転職したくても、出来る限り耐えようとするので、「うちの会社に来ない?」と職場を変えたいと思っているタイミングで誘われても、環境を変える方向には考えが至りません。

自分の目の前に立ちはだかっている状況から逃げるような気がして、周囲の視線や「逃げたな」などと、周りに思われることを避けたくなるのです。

自分の過ごしやすい環境を手に入れるためには、我慢し続けることがすべて正解とはならないので、信頼できる相手へ相談するなどして、あなたでは見えてこない状況を他人の目でアドバイスとしてもらうようにしましょう。

忍耐力の強さが良い面として出てくる機会も多くありますが、時に悪い方向に進んでしまう瞬間もあるので注意してください。

また、忍耐力があればストレスを抱えにくい、とはなりません。

戌年生まれの方は、ストレスを抱え込みやすいタイプなので、辛い時は感情を表に出すなど、自分の気持ちを吐き出す努力をしましょう。

戌年(いぬ年)生まれの恋愛傾向は「好きな人に尽くすが晩婚傾向」

嫉妬深い

戌年生まれの恋愛傾向は、好きな人に尽くすが晩婚傾向であり、嫉妬深いことです。

好きな人が他の異性と仲良くするだけでも、「どうして私だけを見てくれないの?」と相手に嫉妬する気持ちが芽生えます。

一度でも、好きな人に嫉妬心を抱けば、徐々に気持ちが大きくなり、態度として相手の前で出してしまう瞬間があるのです。

嫉妬するのが悪いことではありませんが、恋愛感情が大きくなり、妬いているのかさえ分からなくなるほど感情的になる一面があります。

好きな人ができると、自分の気持ちが分からなくなり、相手にどのような態度を取ればいいのか、どう伝えることが正解なのかが分かりません。

自分で考えても答えが出ないから、態度として相手に嫌な思いをさせる行動を取ってしまいます。

恋人が自分以外の異性と楽しそうに話している現場を目撃してしまえば、約束しているデートをすっぽかしたり、連絡を無視したりなど。

自分の感情を言葉にして上手く伝えられないため、嫉妬してしまうと、恋愛関係が破綻してしまうことが多くあります。

嫉妬する気持ちが芽生えるのは、それだけ相手を想い、好きだからこそ抱く感情。

相手を縛り付けるものだという考えを無くすと、あなたの想いを上手く好きな人に伝えられるようになります。

嫉妬しないという事はできないので、やきもちを妬いた後にどう行動するのかを徐々に相手を見ながら変えていきましょう。

相手への気配りが上手

戌年生まれは、好きな人に尽くすため、相手への気配りが上手だということが恋愛傾向に挙げられます。

恋人関係に至れば、自分の抱く感情のままに相手に向けて行動を起こせてしまうのです。

あなたは、異性を好きになると、自分のことよりも相手がどう感じてくれているのかを第一に考える傾向があるので、常にアンテナを張っている状態。

相手の表情が変わる、声色が違うと判断すれば、あなたの方も態度を変えます。

相手が落ち込んでいる時、何もなかったように接する人もいますが、戌年生まれの方はさり気なく気配りをするタイプ。

そっとしておきたい気持ちは抱くけど、「やっぱり放っておけない」と考えるので、同じ空間に居ながら、距離を置くように座り、相手をしっかり見ようとするのです。

「今日は元気がなさそうだから、また次に会える時にしよう」とは言えません。

相手がいつも通りではない状況ほど、放っておけず、「私が何か役に立てたら」と感じます。

大きな行動は起こしませんが、そばに居るだけでも良いから、同じ空間に居ようとするのが、戌年の恋愛傾向です。

また、好きな人の気持ちを汲むことを率先して行うので、気配り上手で、嫌味のない行動ができます。

自然な流れで相手の求めているものを差し出すなど、言葉がなくても、連携出来ているような特別な空気感が出せるのです。

好きな人のことだから、相手をよく見て、自分が求められている以上の事をしたくなります。

相手にとって鬱陶しいものとはならず、心地良い気配りになっているからこそ、関係を円満に保てるのです。

一途に一人の相手を愛することができる

晩婚傾向にある戌年生まれの恋愛は、一途に一人の相手を愛せること。

戌年生まれの方は、干支の中でも晩婚傾向があり、結婚が遅いと言われています。

あなたが恋愛に向いていないという理由ではなく、相手を大事にするからこそ、結婚の時期をよくよく考えてしまうのです。

タイミングを考えるよりも、相手と自分の将来だから、適当な思考で人生を決められず、より慎重になります。

「収入が安定するまでは結婚しない方がいいのかな」「マイホームを購入する資金がある程度貯まるまでは」「結婚してから苦労はしたくない」という気持ちがあるから。

結婚が恋愛にある最終的なゴールだからこそ、あなたは相手の将来を考え、自分のことでもしっかりと悩み、後回しにしてしまうのです。

決断力に欠けているのではなく、「相手を安心させる」「二人で幸せを一緒に感じる」という気持ちが人一倍強くあります。

男性であれば、プロポーズができなかったり、女性であれば、婚約を「今はまだできない」と断ったりなど。

ただ、好きになると一途で一人の人を愛することができるので、プロポーズが上手くいかなくても、そこで恋愛感情が切れることはありません。

また、一途なので浮気とも無縁で、「良いな」と感じる瞬間があっても、行動に移すことはないので、戌年を恋愛相手に持つと安心できます。

好きな人を裏切る行為、大事な相手を悲しませることはしないので、幸せを実感できるのです。

もちろん相手が浮気をしてしまった時、あなたは好きな人でも許せなくなり、信用できないため、破局を選択します。

自分ができない行動だからこそ、相手がやっている事が理解できず、許すことすらできなくなるのです。

戌年(いぬ年)生まれと各干支との相性

戌年と子年は「傷つきやすい相手に優しく接することが鍵」

戌年と子年の相性は、傷つきやすい相手に優しく接することが鍵となります。

あなたのストレートな発言によって相手は、心を痛めてしまう瞬間があるのです。

それでも相手はあなたとの関係を断たないように努力してくれるので、優しく接する意識を持つことが重要だと言えます。

相手に合わせて言葉を紡ぐことも大切ですが、自分の意見を言いたくなった時、否定はしないこと。

また、話題を切り替えるのも方法の一つなので、良く相手を見て合った方法を見つけましょう。

戌年と丑年は「相手の態度に我慢することも多いが、理解できると仲を深められる」

相手の態度に我慢することも多いのが、戌年と丑年の相性です。

相手は上手く立ち回る方法を知っているため、あなたは、その特徴に嫌な気持ちばかりが増します。

しかし、相手の嫌なところばかり見ていると、関係を築くことはできないので、あの人の行動を理解するために、少しでも気になったことを聞くようにしましょう。

あなたが聞いてきてくれることで、相手は徐々に心を開き始め、埋まらなかった距離が簡単に縮まります。

戌年と寅年は「気の合う相手なので常に一緒にいる可能性も」

戌年と寅年の相性は、気の合う相手なので常に一緒にいる可能性があるのです。

二人が揃えば、周囲が間に入ってこれないほどの良い雰囲気を醸し出します。

お互いでも「気が合う」と感じられているので、二人の時間は楽しむことに一生懸命になるのです。

会えば長時間一緒に居たり、暇さえあれば連絡を取り合ったり、会いに行ったりする非常に相性の良い干支となります。

戌年と卯年は「良い所を引き出せる相手との関わりを大切にすること」

戌年と卯年は良い所を引き出せる相手との関わりを大切にすることが、二人の相性には大切です。

お互いに悪い部分が目に付く機会もあり、良い所を引き出せる相性。

短所を相手が補ってくれるのではなく、あなたの長所を卯年が引き立ててくれるのです。

戌年と辰年は「価値観が合わないので不仲になる時期も」

価値観が合わないので不仲になる時期もあるのが、戌年と辰年の相性。

考え方も行動も似ていない二人なので、価値観が違って当然です。

ただ、価値観が違うことから、お互いに距離を置くようになることも少なくありません。

不仲の時期は何度も訪れますが、時間がいつも解決してくれるので、焦って仲を修復しようとせず、タイミングをしっかり見ましょう。

戌年と巳年は「あなたの方が相手を気にかけ行動できる」

戌年と巳年の相性は、あなたの方が相手を気にかけるように行動します。

相手の表情や態度をいつも気にしてしまうあなたは、巳年の表情を無視することができません。

理由は、繊細な部分を持つ相手だと、気付いているから。

人を傷付けることをしたくないと思う、あなたの性格なので、いつの間にか相手を気にかけるばかりとなります。

ただ、徐々に仲が深まり「守ってあげたい」と思える相手になる可能性があるので大事にしましょう。

戌年と午年は「一緒に居ると楽しくて、徐々に気を許せる相手」

戌年と午年の相性は、一緒に居ると楽しくて、徐々に気を許せる相手となります。

お互いに二人の時間がただ楽しくて、一緒に居ようとする機会を設けているのですが、回数を重ねるたびに、関係性は順調に進展していくのです。

楽しいだけの関係から、自分をさらけ出せる相手になるので、大切な存在の一人に挙げられます。

戌年と未年は「お互いに頑固なのでしっかりと話し合えるのかが重要」

戌年と未年の相性は、お互いに頑固なのでしっかりと話し合えるのかが重要です。

頑固者同士、一切引かないという瞬間が多々あります。

相手の話を聞くことなく、自分の意見を通そうとする両者は、冷静に話し合う機会が相性を左右するのです。

しっかり話し合えれば、その場は感情的になったとしても、後に引きません。

戌年と申年は「友達関係として良い相性」

友達関係として良い相性となるのが、戌年と申年。

何でも気軽に話せるので、異性だとしても恋愛関係になるのは難しく、友達止まりで終わってしまう可能性も。

話しやすい相手だからこそ、言い過ぎてしまったり、お節介になってしまったりと、お互いに行動します。

戌年と酉年は「相手の行動にストレスを抱えやすいので距離を上手に取ること」

戌年と酉年の相性は、相手の行動にストレスを抱えやすいので距離を上手く取るようにしましょう。

自分勝手な相手の行動に、あなたはストレスを溜めます。

相手に話す事もできず、自分の中だけで溜め込むので、少しずつ気持ちが離れ、関係が疎遠になることも。

言いたい事をすべて話すのではなく、良い距離感でお互いに刺激し合わないように上手く間を取ってください。

戌年と戌年は「相手の話を真剣に聞こうとする意識を持ち、関わると上手くいく」

相手の話を真剣に聞こうとする意識を持ち、戌年と戌年が関わると上手くいきます。

同じ特徴を持つ二人なので、自分のことよりも相手を優先しすぎる部分が出てくるのです。

ただ、適当に相手の話を聞き流していることが多いので、注意しましょう。

真剣に話を聞いている態度が相手の信頼を高め、あなたを頼ってくれるように変わるので、関係を築きたいのであれば、真面目に聞くことが大切です。

戌年と亥年は「真面目で誠実な両者なのでステップアップするには良い協力関係に」

戌年と亥年の相性は、真面目で誠実な両者なのでステップアップするには、良い協力関係になれます。

目標などを掲げ、両者が遠慮せずに協力できる仲になると、大きな成果を一緒に挙げられます。

基本的な性格が似ている事から、相手を信頼するまでに時間は要さず、関係の進展も早い方だと言えるのです。

戌年(いぬ年)は何歳?【2020年・2021年・2022年の年齢早見表】

干支と十二支の違いについて、一般的に2020年はねずみ年、2021年はうし年と言うのが干支ですが、干支とは十干と十二支を合わせた十干十二支の略なのでねずみ年、うし年というのは正確には十二支となります。

十干は甲(きのえ)、乙(きのと)、丙(ひのえ)、丁(ひのと)、戊(つちのえ)、己(つちのと)。庚(かのえ)、辛(かのと)、壬(みずのえ)、癸(みずのと)の10つ。

十二支はご存じのように、ねずみ年、うし年・・・と12つ。

この十干と十二支を順番に組み合わせて60つとなる分類が干支となります。

下記の年齢早見表では生まれ年別の60種類の中のあなたの干支もわかりますので、そちらからさらに詳しい運気や性格などを参考にしてみてください。

西暦 元号 十二支 干支 年齢(2020年) 年齢(2021年) 年齢(2022年)
2018年 平成30年 戌(いぬ) 戊戌(つちのえいぬ) 2歳 3歳 4歳
2006年 平成18年 戌(いぬ) 丙戌(ひのえいぬ) 14歳 15歳 16歳
1994年 平成6年 戌(いぬ) 甲戌(きのえいぬ) 26歳 27歳 28歳
1982年 昭和57年 戌(いぬ) 壬戌(みずのえいぬ) 38歳 39歳 40歳
1970年 昭和45年 戌(いぬ) 庚戌(かのえいぬ) 50歳 51歳 52歳
1958年 昭和33年 戌(いぬ) 戊戌(つちのえいぬ) 62歳 63歳 64歳
1946年 昭和21年 戌(いぬ) 丙戌(ひのえいぬ) 74歳 75歳 76歳
1934年 昭和9年 戌(いぬ) 甲戌(きのえいぬ) 86歳 87歳 88歳

戌年(いぬ年)の2021年の運勢

2021年干支占いまとめは画像をクリック!

占い師 MIYUKIのワンポイントアドバイス

MIYUKI

戌年生まれの方は、真面目で正義感が強く、忠誠心や誠実さなどが特徴にあり、トラブルの少ない干支。

自分にも厳しいできすが、他人にも向けられる精神力の強さを持っているので、人生でのステップアップを叶えられる力を持っているのです。

いつの間にか、自分の元へと舞い込んでくる状況も考えられます。

大きな成果を挙げられる物事がストレスにだけは気を付け、信念を忘れず、突き進んでいきましょう。

未来が好転する?衝撃の占い【フューチャーオラクルカード】



こちらの記事を読んであなたの悩みや不安はなくなりましたか?

もしも、「まだ不安がある…」「悩みがまだ消えない…」というのなら、当サイトおすすめのオラクル鑑定士「鳳条先生(ほうじょうせんせい)」の未来が好転するフューチャーオラクルカードをお試しください。

※20歳以下はご利用できません。
鑑定結果や診断結果でアナタの悩みは解消しましたか?

鑑定結果や診断結果であなたの悩みは解決しましたか?

もしも、少しでも不安や悩みがあるのなら、こちらのLINE@に友達追加して頂くと、あなたの悩みの種類やオーラの色から、更に詳しい鑑定結果を悩みや不安の解消法と共にお送り致します。

あなたの不安や悩みを必ず解消致しますので、LINE@へのお友達追加お待ちしております。

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事