占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。

ウィズコロナの時代、そして今年2021年は新たな時代の幕開けです!

大きな時代の動きがある時は、人々の運命も大きく変わりやすい転換期と言えます。

運命の転換期に未来への幸せのヒントを掴みたいのなら、今年2021年の運気もわかるフューチャーオラクルカードを試してみてください。

あなたの運命が今日、今この時から変わり始めます!

※20歳未満はご利用できません

「酉年には、どういった特徴があるのか興味がある」「私の干支の性格って、どんな感じなの?」「酉年生まれの人の変わった恋愛傾向ってあったりする?」と酉年生まれの特徴が気になっているあなた。

酉年(とり年)生まれが持つ、基本性格や他の干支との相性などをそれぞれご紹介します。

特徴や性格は、干支ごとで異なる結果となりますので、あなたが自分をより知るための参考にするのも良し、好きな人を理解するための手段として、上手に活用することも出来るのです。

基本性格については、男女別でご紹介しますので、性別の違いにある特徴を知るのも、相手や自分を理解するためには欠かせないもの。

また、恋愛傾向や相性といった、他の人との関わりの中での自分を知り、さらに人間関係を円滑に進めるための参考にしましょう。

目次

酉年(とり年)生まれの男性の基本性格は「思い切った行動が出来るリーダー的存在」

酉年生まれの男性の基本性格は、思い切った行動が出来るリーダー的存在です。

行動力や決断力があり、周囲を見渡し、相手のことも自分のことも同時進行で考えられるので、物事で先頭に立ち、周りの人を引っ張る役をかって出ます。

あなたは、自分の考えに対して不安を感じ、「どうしようかな?」と迷いの中から出てこれなくなる状況はほとんどありません。

自分の行動に対しては、常に考えを巡らせながら色々とアイディアを持ち出し、次々に展開していく状況を好みます。

迷っている状況で物事が全く進められないほど、苛立ちが募るので、「考えるよりも行動を起こしたい」と思うのです。

「その考え良いじゃん、何か変わってくるかも」と思えるアイディアはとにかくやってみるという精神なので、「失敗したら…」「上手くいかなかったら…」と先に心配事を並べたりはしません。

酉年生まれの男性は、チャレンジ精神があるので、思い切りの良さと行動が早いことで、周囲を先導しているのです。

ただ、自分のやりたいようにやっている状況でも、流れの中で「リーダーやってね」と言われることが実際に多くあるため、苦痛に感じる瞬間もあります。

自らが好んでいるわけではなく、周りとの連携を計った上で推薦されてリーダーをやっているで、自分の意思とは関係がないため苦しくもなるのです。

好きなように出来る状況は「楽しい」と前向きに捉えられるのですが、周囲からの期待などを背負うことは苦手だと言えます。

スポンサーリンク

酉年(とり年)生まれの女性の基本性格は「理想が高いのでしっかり考え、努力する」

酉年生まれの女性の基本性格は、理想が高いのでしっかりと考え、努力できることです。

恋愛事だけでなく、あなたはどのような物事に対しても、自分の思い描くビジョンがしっかりとあり、叶えるための努力は怠りません。

「ここまで自分はいけるはず」と思えば、言葉だけでなく、行動も伴ったものへと変化させていく行動力のある人。

理想を掲げることは良いのですが、気持ちの強さから、時々周囲の状況が見えなくなってしまう瞬間があります。

他の人が助言してくれた言葉が入ってこない、あなたの為にとサポートしてくれている人の意図を理解出来ていないことも。

あなたの中での理想が高すぎるがゆえに、最も見なければならない現実を蔑ろにしてしまう状況もあります。

ただ、気持ちを冷静に保てている時は、自分の理想に少しでも近付くための努力を欠かさず、人一倍学ぼうとする姿勢があるのです。

意識の高さから、物怖じせず誰とでも分け隔てなく会話が出来るという強みも持っています。

スポンサーリンク

酉年(とり年)生まれの性格は「プライドが高い完璧主義者」

出来ることは怠らない

酉年生まれの性格は、プライドが高い完璧主義者なので、自分で出来ることは怠りません。

他人から自分がどう見られているのかを最も気にする傾向があるのが、酉年生まれであり、人から「出来ていない」「どうして頑張らなかったの?」と言われることを嫌います。

自分自身で決めたスタイルがあるだけでなく、その中でも人からどのように見られるのか、何を思われているのかを気にし、見下される行為は許せません。

プライドが高いため、「あの人よりも劣っている」「私だけが出来ていない気がする」などという状況が許せないので、自分で出来る努力は怠らないのです。

可能性が秘められていることに気付かされた時、「本当に役立つかは分からないから、取り合えず様子を見よう」という場面でも、あなたなりに自分が力を尽くせるところまではやってしまいます。

「結果、必要なかった」という判断だったとしても、何も行動を起こさずに、「どうしよう」「他の人の方が有利になってしまうのかもな」と考えることの方が苦痛でなりません。

完璧主義者なので、自分が苦手なことになる時間を忘れるほど何度も調べ、挑戦してみたり、良い案がないのかと周囲に頼ったりもできます。

「出来ない」ではなく、「成功させる」意思を強く持つので、結果もついてきやすく、成功者やとんとん拍子で出世する人が多くいるのです。

あなたはプライドの高さから出来ないまま放置することはないため、陰で地道に努力を重ねます。

「人に見られたくない」という思いがあるので、自宅に帰ってから夜な夜な考える、検索してみる、休日に一人でやってみるなど、周囲が見ていないことろで努力しているのです。

頭の回転が速い

プライドが高い完璧主義者なので、頭の回転も速いのが、酉年生まれの性格だと言えます。

学力的な問題ではなく、周囲の状況を汲み取ること、物事を円滑に進めるための方法を模索する時などの、決められたルールがない状況で頭の回転の速さが際立つのです。

何から手を付ければ良いのか分からない状態だとしても、まず出来ることから始め、そこから徐々に順序立てていく傾向があります。

考えるよりも行動するタイプなので、この特徴が物事がスムーズに進むための行いに繋がっているということです。

頭の回転が速いため、良い方向に進めるための方法を思いつきやすく、トラブルが起こりえる状況がある時も、事前に対処する術を考えます。

用意周到とも言え、要領の良さが兼ね備わっているので、周囲があなたの動きに感激することも。

普段、自分の行動を中心として動いているからこそ、大事な時や大きな物事に向かう時に頼れる存在として、あなたを慕ってくれる人も少なくありません。

頭の回転が速いことで周囲が思いつかない内容、きちんと答えや可能性のあるものを引き出し、対処します。

酉年生まれのような人材が一人いると、職場では頼れる存在として重宝されるのです。

ただ、恋愛に関しては、頭が良いため、相手の言葉を聞き入れないことも出てきます。

自分の考えがすべて正しいと考えるのではなく、相手の話にも耳を傾け、アドバイスとしてしっかり聞き入れるようにすると、さらに恋愛を順調に進められるのです。

負けず嫌いの精神が強い

酉年生まれの性格は、負けず嫌いの精神が強い、プライドの高さと完璧主義者なところが挙げられます。

プライドが高く、完璧主義者と聞くだけでも、「言葉の一つ一つを大事にしていそうだから、気難しい人なんだろうな」「付き合うには心構えをしておかないとトラブルの元になりそうで怖いな」と思われやすいのです。

あなたのプライドの高さや何事にも完璧を求めてしまうのは、もともと負けず嫌いであるから。

「勉強でもスポーツでも負けたくない」「他の人よりも自分が劣っている事実を受け入れる方が、恥ずかしくて、難しいと思ってしまう」など、あなたの苦手とすることに対しても、他人に負けたくはありません。

だからこそ、人に負けないための努力は欠かしませんし、自分に厳しい一面もあります。

「ここまでは出来るようにならないと休めない」などと、自分を追い込む瞬間が多くあるのです。

あなたの負けず嫌いは、誰かの視線に向けて頑張るものではなく、すべて自分のためだということ。

自分が納得出来ないから頑張るし、負けて、劣っていると感じる方が、辛くなるから、周りの何倍も努力しようと思えます。

精神力の強さがあるからこそ、一人でも戦える根性があり、あなたの長所だと言えるのです。

周りと比べた時に、自分が劣っている事に気付けば、やる気を失くすことや諦めの気持ちを抱いてもおかしくありません。

しかし、あなたは「負けたくない」と感じるほど、内側からエネルギーが湧き出てきて、自分の想像を超える結果を招くことだってあります。

気持ちの強さだけで、真剣に打ち込んでいるため、達成感もあり、それらが自信となり、他の物事にも良い影響を与えているのです。

酉年(とり年)生まれの特徴は「行動力がある先導者」

きちんと計画を立て、行動する

きちんと計画を立てながら行動力も備わっている、先導者だと言えるのが、酉年生まれの特徴。

自分の中でプランをしっかり頭の中で組み立てているのが、酉年生まれ。

あなたは計画を立て、その通りに物事を進めることを第一優先とするため、どのような状況に陥る可能性があるのかまでを考えます。

起こるのかも分からないトラブルなどを予測して、計画の中に組み込むほどの完璧主義者です。

また、計画を立てるだけでは終わらず、自分で考えた内容を即行動に移せるのが、あなたの魅力の一つ。

あなたは、計画を立てる最中に、すでに頭の中では細かく想像しているので、体を動かすまでに時間を掛けることがありません。

きちんと詳細なプランを組み立てることが出来た時、確実な方法で物事を着実に進め、無駄のない動きを見せます。

周囲があなたに付いて行くのを「もう大変だから、一緒にやりたくない」とは感じず、考えている内容が詳細に記されているからこそ、周りが率先して協力してくれるのです。

あなたが頼まなくても、いつの間にか自分の周りに人が集まっているのは、計画を組むことでの信頼や安心、行動力から見える尊敬があります。

どのような状況でも先導しているように見られますが、それは、あなたが一度頭の中で想像しているため、しっかりと計画や望んでいる事が叩きこまれているから。

想像のないままでは、作業に滞りが起きた時、その先に目指すところが見えなくなるから、あなたは必ず自分の中で最初から最後までしっかりと計画を組み、シュミレーションまでする真面目な部分があります。

自分の利益を最優先に考える

行動力がある先導者ですが、自分の利益を最優先に考えてしまうのが、酉年生まれの特徴です。

積極的に行動することの多いあなたですが、時に自分の都合の良いように周囲を振り回すこともあります。

一緒に動いているはずなのに、途中から「自分の利益にするには」という考えばかりが巡り、結果をすべてあなたの得になるようにと方向転換させることも。

物事を始める時点と、途中の段階では、あなたの気持ちの向かい方が大きくズレてしまっているケースがあるのも事実です。

周囲が戸惑うのも仕方なく、「結果を確実に出すためにここまでこだわってきたのに」と、あなたの方向転換によって、これまで大事にしてきたものが打ち砕かれます。

あなたにとっては、自分だけが上手くいく状況が整えられれば問題はないのです。

周囲の混乱した様子、悔しそうな表情を浮かべている状況も、気にすることはありません。

人がどう思っているのかではなく、結果が全てであるからこそ、あなたは物事への気持ちの向かわせ方がはっきりとし、何を目的としているのかさえ分かっていれば、周りの様子は気にも留めないのです。

しかし、あなたが反対に相手の都合に付き合わされた時、悔しくて堪らず、「絶対に見返してやる」という気持ちを抱くことも。

他人から自分を都合よく使われるのは嫌いますが、あなたが利益を出すためであれば、手段を選ばない方法を選択する可能性があるので、親しい人には利己主義な方法は行わないように注意しましょう。

目の前のことに心を持っていかれる瞬間があるので、一時だけの気持ちの揺れ動きから相手を騙すことにもなります。

仲の良い友人にやってしまうと、修復不可能となり、絶縁状態を招く危険性があるからこそ、関係性に注意しながら行動を起こしてください。

余計な言葉を吐き出すことが多い

酉年生まれの特徴は、先導者として行動力はありますが、余計な言葉を吐き出すことが多くあります。

心の中で思っている気持ちを素直に吐き出す瞬間もあるのですが、感情に任せて余計な言葉まで相手に言ってしまう場面が多々あるのです。

「余計なことまで言ってしまったかもしれないな…」「相手の機嫌を損ねてしまう言い方をしてしまった…」と、あなた自身が反省することも多々あります。

本当は言いたいことではないはずなのに、勢いに任せて「つい」「うっかり」と、相手の気持ちを考えずに吐き出してしまうのです。

素直に褒める言葉だけ掛けてあげられたら良いのに、「でも、こういう悪い癖が出てたから」と、相手にとって良い気分で会話を終わらせることができません。

あなたからしてみれば、それほど悪い事を言っているつもりはなくても、伝え方次第で、相手の心情は変わります。

「余計な一言が無ければ、素直に喜べたのに」「あの人は、一言多いから勿体ない」と思われがちです。

しかし、はっきりと思っていることを言葉に出して相手に伝えられるのは、決して悪いばかりとは捉えなくても良いもの。

あなたは、後に後悔することになっても、言えなかった状況を自分の中で感じると、大きなストレスになってしまうので、吐き出すことで自身の心を整理しています。

きつい言葉を言ってしまうケースもありますが、自分の心の中だけで留めず、相手に直接伝えられえるのは、あなたの良いところです。

本人がいないところで悪口は言わないので、はっきりしている性格であり、捉え方によっては付き合いやすいとも言えます。

酉年(とり年)生まれの恋愛傾向は「好きになるとマメで相手に合わせられる」

恋多き人

酉年生まれの恋愛傾向は、好きになるとマメで相手にも合わせられる、恋多き人です。

好きな人ができると、相手のために自分の生活の中心を恋人にするほど、恋愛感情に素直に行動します。

好きな人が自分にどのような行動をしてくれているのかではなく、「好き」と思えば、あなたの方が相手に合わせるのです。

好きになると感情のままに行動し、一途に思われるやすいですが、実は恋愛にあっさりしている部分もあります。

もともとの性格で、常に理想を掲げているので、恋愛でも異性の少しでも良いところを見ると「かっこいい」「理想的」「紳士」などと感じ、いつの間にか目で追っているということも。

好きになるための条件は必要なく、「初めて」「こういう人が理想」と感じられる部分を見るだけで、恋に落ちてしまうのです。

たとえ恋人がいたとしても、他の異性に恋心を抱くこともあります。

ただ、酉年生まれの方は、自分が器用ではないことを理解しているため、浮気や二股などはしません。

一人の相手しか見れないので、同時進行での恋愛は進めらないから、「好きなのかな」と自分の想いがはっきりとしない間は苦しいものとなります。

好きなのか、ただ憧れを抱いてるのかは紙一重なので、自分の気持ちに整理がつくまで恋人と会わないという判断をする人も。

好きな恋人がいても、しっかりと周囲の異性を見ているので、心変わりすることも多くあり、恋多き人になるのです。

ドラマや映画のような恋愛を望む

好きになるとマメで相手に合わせられ、ドラマや映画のような恋愛を望む傾向にあるのが、酉年生まれ。

「ロマンチスト」「恋愛に重きを置いている」と言われているのが、あなたです。

まだ、表には出さず、自分の中で隠しているという人も少なくありません。

「本当は彼中心に物事を考えたいのに…でも、嫌われたくもないから」と言えずに、自分の感情を隠しながら、好きな人との関係を保っている人もいます。

甘々な恋愛を望み、典型的な純愛を夢見ているため、映画やドラマのワンシーンで出てくるようなシチュエーションや言葉には弱いのです。

「素敵」と思えると、さらに愛情度が増し、自分に向けてくれる行動が愛の深さであると考えている人がたくさんいます。

「好きだから出来る行動」「好きだから言える言葉」などと、好きという感情を抱いていれば、恐れるものは何もないと思ってしまう瞬間があるのです。

それが、連絡のマメさや予定を空ける行動に繋がり、恋愛が自分の生活の中心になります。

あなた自身はあまり意識はしていませんが、周りから見れば「ちょっと相手の予定に合わせすぎじゃないの?しっかりしないと」「もっと一人の時間を作った方が良いと思うんだけど…自分を見失う可能性もあるよ?」と言われてしまうことも。

ただ、あなたは自分の恋愛観に対して、他の人に何と言われようと聞く耳を持ちません。

憧れている景色が、映画やドラマのようなロマンチックなものであるから、二人の世界に入っていたい気持ちでいっぱいです。

相手に尽くし、尽くされるほど、幸福を感じるので、自分なりの恋愛を貫き通したいのだと言えます。

理想は常に高く掲げている

酉年生まれの恋愛傾向が、理想は常に高く掲げているので、好きになるとマメで相手に合わせられるのです。

自分の中で高い理想を掲げていると、相手にだけ求めることが出来なくなります。

相手に求める以上、自分も好きな人のために尽くす気持ちと、行動がなければ成り立ちません。

理想を高く掲げるあなただからこそ、相手に合わせようという気持ちがあり、自分のことを後回しにしてでも、好きな人のために行動します。

恋人に求めるものが毎回同じものではないからこそ、あなたは全力で恋愛を楽しみ、相手が喜んでくれる状況を作り出そうと必死になれるのです。

恋人が変わると、あなたの理想も変化し、求めることも、尽くす内容も違ってきます。

酉年生まれの方は特に、元カレや元カノと比較することがないので、目の前にいる恋人以外は、理想の中に含まれません。

「元カレが紳士的だったから、今の彼氏にも求めたい」とは思えないのです。

好きな人の性格や特徴を理解しようとする気持ちがあるため、あなたが求めることは、二人の間で築かれていく愛情の中で育まれるもの。

そこに他人が入る隙はないので、恋人からしても嫌な気持ちにはなりません。

「愛されているな」と感じるので、酉年生まれの恋愛は上手くいきやすい傾向にあります。

付き合う期間が短くても、印象的に残る恋愛だと、数多く挙げられるのです。

酉年生まれの方にとっては当たり前の行動でも、周囲から見ればなかなか出来ないことの方が多くあります。

また、結婚するとパートナーへの気遣いを怠らず、自分が好意で時間やルールを合わせていけるという人。

無理に相手に合わせている状況ではないから、ストレスを抱え込まず、円満な夫婦生活を長く続けられるのです。

酉年(とり年)生まれと各干支との相性

酉年と子年は「行動力があるので目標を掲げると確実な成果を生み出せる」

酉年と子年の相性は、行動力があるので目標を掲げると確実な成果を生み出せます。

相性が良く、お互いに自分の意思によって行動を起こせるタイプなので、二人で決めた目標に力を尽くしていくと、知らぬ間に絆が深まっていくのです。

特別な行動を起こさなくても、きっかけさえあれば、急接近できますので、早く仲良くなりたい相手とは、夢を語り合ったり、仕事で頑張りたいことを言い合ったり、約束を交わしてみましょう。

酉年と丑年は「あなたの行動に理解を示してくれる相手」

あなたの行動に理解を示してくれる相手となるのが、丑年。

積極的な両者ですが、相手はあなたの行動に対して、そっと見守ってくれるタイプ。

最初からお互いに違う方向を向いてしまう、意見が食い違い口論になることもありません。

相手の優しさを感じた時は、感謝の気持ちを忘れず、見守ってくれている丑年を大事な存在として大切にしてください。

酉年と寅年は「お互いの譲れないものを認め合えると良好な関係を築ける」

酉年と寅年の相性は、お互いの譲れないものを認め合えると良好な関係を築けます。

自分の中で譲れないものや考え方は必ずあり、その思いを「分かってくれるはず」と思わずに思いっきり相手にぶつけましょう。

話すほど、お互いに認め合える仲なので、好きなことを言い合う時間が訪れても心配する必要はありません。

ただ、本音で語り合わなければ仲は深まらないので要注意です。

酉年と卯年は「お互いにムキになってしまうので冷静な心掛けが重要」

お互いにムキになってしまうので冷静な心掛けが重要となるのが、酉年と卯年の相性。

内に秘めている感情が、あなたに向かって怒りをあらわにすることも。

ただ、あなたに心を許したい気持ちの裏返しでもあるので、相手の態度にムキになり、冷静さを見失わないようにしましょう。

酉年と辰年は「お互いの良し悪しを良い方向へと転換出来る相性の良さを持つ」

酉年と辰年は、お互いの良し悪しを、良い方向へと方向転換出来る相性の良さを持ちます。

良いところも悪いところも、お互いが自然と受け入れられるという、相性抜群となる両者。

お互いが相手のために言葉に出さない、助言するなどのタイミングも抜群なので、なかなか気付きにくいものですが、大きな物事の後には、強い絆で結ばれている結果が待っています。

酉年と巳年は「協力関係になると互いに高め合う事ができる」

協力関係になると互いに高め合う事ができるのが、酉年と巳年です。

第一段階で「この人とは協力する仲」だと意識している方が、関係を上手く築きやすい相手。

「どうやって仲良くなろうか」と考えるよりも、相手が相談してくるタイミング、あなたが助けを求める状況から、関係に大きな変化が訪れますので、そこから親密になります。

二人だけの秘密事などを共有出来るほどの仲になることもあるのです。

酉年と午年は「ハッキリとした性格同士なのでぶつかり合いますが長期の付き合いもできる」

酉年と午年の相性は、ハッキリした性格同士なので、ぶつかり合いますが長期的な付き合いも出来ます。

関係が深まっていない時期は、互いに不満を抱えますが、ぶつかり合った分だけ、相性が良くなる相手です。

疎遠や犬猿の仲になることはなく、まさに逆で、どんどんお互いに距離を縮めていくようになり、唯一無二の存在として大事にします。

酉年と未年は「相手の優しさに救われる」

相手の優しさに救われるのが、酉年と未年の相性です。

相手の優しさに完全に甘えてしまうあなたは、心の拠り所として未年を求めます。

特に恋愛関係として発展しやすく、ゴールインするカップルも多くいるのです。

あなたが素直に感情を吐き出せ、弱い部分を見せられる相手なので、仕事関係というより、親友や恋人など進展できる関係が上手くいきます。

酉年と申年は「自由を求めるお互いに興味関心がなくなることも」

酉年と申年の相性は、自由を求めるお互いに興味関心がなくなることも少なくありません。

互いに好き放題やってしまうので、どちらかが相手を見て、立ち止まるということすらないのです。

しかし、悪い相性ではないのですが、興味や関心が薄れやすいので、自由ばかりを相手に与えていると、関係性が崩れるので注意しましょう。

酉年と酉年は「喧嘩が絶えずストレスを抱えやすい相手」

酉年と酉年の相性は、喧嘩が絶えず、ストレスを抱えやすい相手です。

同じ干支、何もかもが自分と重なり、次第に嫌気が差してきます。

相手の気持ちが分かり、行動に理解を示せるからこそ、言葉に出して言えず、ストレスが溜まるのです。

言葉は出なくても、態度だけは表に出てしまうので、お互い意見を言い合って結末を迎えるような喧嘩ではなく、モヤモヤした感情が続く冷戦が絶えないことも。

理由を告げられると、関係は良い方向に向かうので、酉年の相手には、素直になることを忘れないようにしてください。

酉年と戌年は「最も相性が悪く、あなたが不快に感じる事の方が多い」

最も相性が悪く、あなたが不快に感じる事が多くあるのが戌年。

言葉一つ、行動一つ、どれをとっても、あなたの気に障るようなことを相手はしてきます。

しかし、相手は良かれと思ってやってきているので、あなたが戌年の思いや考えを素直に聞くことが大切です。

相手の話を聞けば、良好な関係を築けるきっかけを見つけ出せます。

酉年と亥年は「感情的になりやすい瞬間が多くあるので仲が深まるまでは第三者を介入させること」

酉年と亥年の相性は、感情的になりやすい瞬間が多くあるので、仲が深まるまでは第三者を介入させましょう。

自分の感情に素直な両者にとっては、最も避けたい相手であり、弱い部分を見せたくない人。

あなたは相手に自分を強く見せようとする部分もあるので、余計に感情的になってしまうのです。

関係がしっかりと結べるまでは、第三者を二人の間に介入すると、バランスを保て、一方的な思い込みで行動を起こさなくなります。

酉年(とり年)は何歳?【2020年・2021年・2022年の年齢早見表】

干支と十二支の違いについて、一般的に2020年はねずみ年、2021年はうし年と言うのが干支ですが、干支とは十干と十二支を合わせた十干十二支の略なのでねずみ年、うし年というのは正確には十二支となります。

十干は甲(きのえ)、乙(きのと)、丙(ひのえ)、丁(ひのと)、戊(つちのえ)、己(つちのと)。庚(かのえ)、辛(かのと)、壬(みずのえ)、癸(みずのと)の10つ。

十二支はご存じのように、ねずみ年、うし年・・・と12つ。

この十干と十二支を順番に組み合わせて60つとなる分類が干支となります。

下記の年齢早見表では生まれ年別の60種類の中のあなたの干支もわかりますので、そちらからさらに詳しい運気や性格などを参考にしてみてください。

西暦 元号 十二支 干支 年齢(2020年) 年齢(2021年) 年齢(2022年)
2017年 平成29年 酉(とり) 丁酉(ひのととり) 3歳 4歳 5歳
2005年 平成17年 酉(とり) 乙酉(きのととり) 15歳 16歳 17歳
1993年 平成5年 酉(とり) 癸酉(みずのととり) 27歳 28歳 29歳
1981年 昭和56年 酉(とり) 辛酉(かのととり) 39歳 40歳 41歳
1969年 昭和44年 酉(とり) 己酉(つちのととり) 51歳 52歳 53歳
1957年 昭和32年 酉(とり) 丁酉(ひのととり) 63歳 64歳 65歳
1945年 昭和20年 酉(とり) 乙酉(きのととり) 75歳 76歳 77歳

酉年(とり年)の2021年の運勢

2021年干支占いまとめは画像をクリック!

占い師 MIYUKIのワンポイントアドバイス

MIYUKI

酉年生まれは、思い切った決断や行動が自分の意思で行える、リーダーシップの出来る人です。

あなたのいる場所では、物事がスムーズに進むという状況も少なくありません。

大事な場面では必要とされる傾向があるので、周囲から嫉妬されることも多くあります。

周囲を気にしていないから、自分の魅力をさらに高めることができているので、人の態度でやりたいことを見失わないように、あなたなりに意識し、出来る努力を重ねていきましょう。

未来が好転する?衝撃の占い【フューチャーオラクルカード】



こちらの記事を読んであなたの悩みや不安はなくなりましたか?

もしも、「まだ不安がある…」「悩みがまだ消えない…」というのなら、当サイトおすすめのオラクル鑑定士「鳳条先生(ほうじょうせんせい)」の未来が好転するフューチャーオラクルカードをお試しください。

※20歳以下はご利用できません。
鑑定結果や診断結果でアナタの悩みは解消しましたか?

鑑定結果や診断結果であなたの悩みは解決しましたか?

もしも、少しでも不安や悩みがあるのなら、こちらのLINE@に友達追加して頂くと、あなたの悩みの種類やオーラの色から、更に詳しい鑑定結果を悩みや不安の解消法と共にお送り致します。

あなたの不安や悩みを必ず解消致しますので、LINE@へのお友達追加お待ちしております。

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事