占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。

緊急事態宣言もついに3回目…本当に心身ともに辛いと思われる方も多いと思います…でもやまない雨はありません…!いつか晴れ渡り心に大きな虹がかかるはずです…!

2021年は風の時代となり、人々の運命も大きく変わりやすい転換期と言えます。

運命の転換期に未来への幸せのヒントを掴みたいのなら、オラクルカードを試してみてください。

あなたの運命が今日、今この時から変わり始めます!

※20歳未満はご利用できません

「亥年の性格ってどんな感じ?」「亥年の相手と上手く付き合う方法は、どうすれば知ることが出来るの?」「亥年生まれの彼の恋愛傾向を早く教えて欲しい!」と亥年生まれに興味を抱いているあなた。

亥年(いのしし年)の基本性格や特徴、他の干支との相性をお伝えします。

干支の最後となる、亥年の男性がどのような基本性格なのかを、また女性との違いがあるのかも見比べて、あなたと付き合う人との参考にしてください。

干支が示す、あなたの特徴や恋愛でやってしまう傾向など、日々の生活でよく目にする内容も多くありますので、いのしし年のことを熟知していきましょう。

あなたの対人関係をより良くするためにも、性格や特徴は欠かせないものとなります。

亥年の方にとって、自分に隠されている部分に気付けるものが出てくるので、新たな発見も期待できるはずです。

目次

亥年(いのしし年)生まれの男性の基本性格は「正直者で男気がある」

正直者で男気があるのが、亥年生まれの男性の基本性格です。

自分に嘘を付けないのは、亥年の大きな特徴ですが、他人に対しても、常に正直者でいます。

上手く相手に合わせておけば良い場面でも、自分の気持ちをはっきりと伝えてしまい、言わなくてもいい言葉まで出てしまうことも。

自分の心の中には存在しない感情を吐き出すことはできず、どのような状況でも正直に伝えてしまうので敵を作りやすいのも事実です。

意見が合わない人が出てくるのは当然ですが、あなたも頑固なので自分から引くことはありません。

ただ、自分の気持ちを伝えて、そこで終わらないところは、あなたの性格にある特徴であり、長所です。

あなたは、自分の放った言葉に対しての責任感が非常に強くあるタイプ。

行動力もあり、積極的に物事に向かっていく姿勢もあるので、男気に溢れています。

あなたに付いていけば、刺激的な状況や雰囲気を見られるのも事実としてあるので、「一緒にいて楽しい」と周囲を思わせられるのです。

責任感が強くなると、自分の思っている通りに動けなくなる人が多い中で、あなたは迷うことなく突き進めます。

年下や女性に対しては、「相手にお金を出させてはいけない」と自分の中で、「男として」という意識が強いのも亥年男性です。

スポンサーリンク

亥年(いのしし年)生まれの女性の基本性格は「素直に表現するが、輪を大事にする精神も強い」

亥年生まれの女性の基本性格は、素直に表現するが、輪を大事にする精神が強くあります。

自分に素直であることは、亥年男性にも言えること。

しかし、亥年男性と違って、亥年女性は素直な表現をしますが、その後の行動も大事にします。

「意見が合わないのであれば、仕方ないから」と相手を突き放すことはしません。

人との繋がりを大事にしたい思いが強く、自分の気持ちを相手に素直に伝えて、理解してくれない人がいたとしても、その後にまで引きずることはないのです。

「私の思いはきちんと伝えられた」と思えれば、満足し、良い雰囲気で輪を作る状況を率先して行います。

人と関わることが大好きで、コミュニケーション能力も高い亥年女性は、素直さも強くありますが、対人関係を悪化させる行動は滅多に取りません。

ただ、相手が輪を乱すようなことをすれば、容赦なく突き放します。

輪の中では、中心人物になることはありませんが、陰で動くのが亥年で、リーダーを支える存在になっているのです。

仲間内の中での相談役であったり、意見をまとめたりなど、先頭に立つことはなくても、自然と周りが寄ってきます。

スポンサーリンク

亥年(いのしし年)生まれの性格は「芯が強く、表裏がない」

言いたいことは常にストレート

亥年生まれは、芯が強く、表裏のない性格なので、言いたいことは常にストレートです。

自分の感情を隠すことが苦手で、黙っている状況で我慢し続けることも出来ません。

言いたいことは、相手に対してはっきりと伝え、自分の考えや感じた思いはストレートに、誰かを介すことなく、直接言ってしまうのです。

そのため、対人関係でトラブルになりやすいタイプで、状況ごとで、あなたが相手に対して態度を変えることもありません。

「この場だけは上手くやり切れたら、良い方向に話を持っていってくれるかもしれない」などと、相手の状況を見て、自分の態度をコロコロ変えることも出来ないのです。

自分の感情にストレートなので、「もう付き合う気のない相手」となれば、一切目も合わさないということも。

反対に仲が深まりつつある相手とは、楽しい時間を過ごすために、あなたも一生懸命盛り上げようとします。

相手や周りにいる人の顔色を窺って、自分の行いを変えられるほど、器用な性格ではありません。

どちらかと言えば、態度を見れば感情が読み取れるほど、分かりやすい性格です。

どれだけ仲が良くても、言いたい事ははっきりと伝えるので、メンタルの弱い人が相手となると、あなたの元から去っていく場合も。

あなたの周りが自然と気の強い人ばかりになっているのは、自分の行動で自然と環境を作り上げているからです。

素直に伝えても、最終的には仲良く居られる人があなたの周りには残るので、一生の付き合いとして一緒にいる可能性が高いのだと言えます。

自己主張が強い

芯が強く、表裏がないうえ、自己主張が強いのが、亥年生まれの性格です。

自分を売り出す方法をよく分かっているあなたは、「あの人には、私はこういう資格があることを伝えると上手くいくだろうな」などと、他人との会話を聞きながら、考えます。

他人との会話を参考にし、自分に置き換えて考え、自己主張に繋げられるのです。

何気ない会話でさえ、自分のものにしようとする部分があるので、話題性があるのも事実。

人の話を聞くこともできますが、すぐに自分のものにしようと、話題をすり替えてしまう賢さがあります。

自己主張が強いので、自分の事が話したくて、聞いてほしくて堪りません。

初対面の相手に限らず、何度も顔を合わせて来ている人やどんな状況でも話題は自分のことです。

表裏がないので、相手によって自分を見せる度合いを変えることもできないですし、自己主張を忘れることもありません。

どの人にも同じように接し、誰に対しても同じ会話が出来てしまうので、自分を隠すことは苦手です。

自己主張が強いので、自分の弱い部分や他人に見せたくない姿を多く持っているのも確かで、「相手に知られたくない」と思うほど、あなたは良い面だけを人に見せようとします。

あなたの中で、目標などが大きくある状況だと、特に、自分の主張をしつこい程にやってしまうのです。

「自分の話ばっかりで、うるさいな」と相手に感じられることもありますが、あなたが自己主張して掴めている成果はいくつもあるので、ここで辞める必要はありません。

自分自身に良い状況をもたらすために、大事な行動だと考えているのです。

真っすぐなので無邪気な一面も

亥年生まれの性格は、芯が強く、表裏がなく、真っすぐなので無邪気な一面があることです。

素直過ぎる性格は、人を傷付けてしまうこと、周囲と意見が合わずに孤独を感じてしまう瞬間が多くあるもの。

素直に表現できることが良い事ばかりでも、悪い事ばかりでもありません。

特に亥年生まれは、感情にストレートなので、自分に嘘がつけず、胸を張っている部分と、悩んでしまうところが大きく分かれているのです。

しかし、自分の感情に素直でも亥年生まれの特徴として「無邪気」という部分があります。

感情に素直だからこそ、無邪気に楽しめることもあるのです。

自分の感情のままに表情を変え、行動していく部分を見ていると、淡々と生活しているあなたの様子だけしか見る機会のない人からすれば、「意外な一面」だと感じられることも。

素直さがあるから、純粋に物事に打ち込めます。

無邪気なので、行動に関する深い考えはなく、自分の思ったままに好きなことをしているのです。

ただ、知らないうちに迷惑を掛けたり、傷付けてしまったりもありますが、基本的にあなたの無邪気さで許されます。

人は無邪気になると口数も増え、表情も変わってきますので、周囲もあなたの分かりやすい変化に気付くのです。

素直にやっている行動でも、悪気なく人を傷付けてしまった場合は、どのような状況であっても、きちんと謝りましょう。

素直に謝ることが出来るので、大きなトラブルを引き寄せない干支だと言えます。

自分の気持ちをはっきりと伝えられるので、「悪いことをしたかな」と感じると、すぐに面と向かって、言葉に出すことができるのです。

亥年(いのしし年)生まれの特徴は「深い仲にある人を大事にする」

家族思い

亥年生まれの特徴は、深い仲にある人を大事にするので、家族思いだということ。

自分と親交のある人やお世話になっている人を大事にしようと、いつも気にかけているのが亥年です。

相手の誕生日や記念日だという日には、必ずと言っていいほど、お祝いやプレゼントを渡します。

ただ、家族にだけはそれ以上の特別な気持ちがあり、何があっても第一優先として裏切らない相手です。

どれだけ辛く、苦しい目に遭って、「もう一緒に居る事の方が辛い」と感じても、なかなか家族と離れることはできません。

悪い状態の時だけでなく、楽しい場所や新しく出来たスポットがあれば、「家族で行こう」と考えます。

また、年齢を重ねれば、家族との距離感が出来てしまうのですが、亥年生まれの方は、実家に頻繁に帰ったり、家族旅行などを行きたがったりもするのです。

家族が自分の中で第一だと考える人も多く、両親や兄弟のことになると、感情的になる場面も多くあります。

「私が救ってあげないといけない」と思うことがあり、家族の中で苦しんでいる人がいれば、力を注ぎたくなるのです。

それだけ、家族のことをよく見ていて、愛情のあるあなたですから、自分が結婚した時に「家族ばっかり優先しないで欲しい」と奥さんや旦那さんに言われてしまうことも。

ただ、あなたにとっては、どちらも家族なので、徐々に築き上げることで愛情が高まるため、仲が悪くなることはありません。

奥さんと一緒に行動すると、より夫婦仲が上手くいきますので、単独行動は極力避けましょう。

家族との繋がりを大事にするので、理解してくれないパートナーとは一緒になれません。

亥年の家族思いの一面を理解し、見守ってくれる人と一緒になれると、自分の守りたいものを見失わずにいられます。

態度や言葉が分かりやすい

態度や言葉が分かりやすいのが、亥年生まれの特徴です。

あなたは、感情を心の中だけで留めておくことはできません。

自分の機嫌の悪い時には、誰にも近寄ろうとせず、避けるように行動することがあります。

自分の性格を理解しているから、「今は上手く笑えないから」「今、話してしまったら傷付けそうだから」と、相手を気遣い、行動する様子があるのです。

亥年のあなたは、自分を守るための行動は基本的に行わず、常に誰かのことを考え、態度や表情に表し、遠慮します。

自分のことであれば、直接言いたい事を言って終わり。

ですが、大事な人を傷付けたくないし、変に気を遣わせたくないからこそ、その場を避けたり、輪に入らなかったりと、いつもとは違った行動を取ります。

態度の分かりやすさを理解して、戻ってくるタイミングまでジッと待ってくれる人も多くいる中でも、大抵、親友や恋人などの深い関係に進展していく相手です。

ただ、あなたの態度に苛立ちを募らせる人もいます。

「自分の態度で周りを振り回さないで」などと、言ってくる人も少なくありません。

「周りの人にとっては、機嫌の悪い自分と一緒にいない方が平和だ」と思っているので、自分の選択は正しいものであり、他人の意見で態度を変えることはありません。

自分のことを理解してくれている人がいるという状況が嬉しいのです。

また、自分の感情が収まった時、大事な人に対しては「さっきは、ごめんね。」と素直に謝り、行動の理由を説明することがあります。

嘘偽りない性格なので、付き合いやすい人が多くいるのも事実なのです。

気持ちを切り替えるスピードが早い

亥年生まれの特徴は、気持ちを切り替えるスピードが早いこと。

喜怒哀楽は、日常生活の中に常にあり、苦しい状況ばかりが立て続けに起こることもあれば、良い事と悪いことが短いスパンで訪れる機会もあります。

「ショック」「本当に最悪」「もう立ち直れない」という言葉が出た時、気持ちが下がってしまうのは仕方のないこと。

反対に良い事があった時も、感動を忘れられなくて、気持ちが浮ついている状況が続くこともあります。

亥年の特徴は、どのような感情であれ、気持ちの切り替えが早いということです。

気持ちが落ちても、立ち直るまでに時間が早く、浮ついたままの心で長時間ずっとふわふわとした心情ではいられません。

どれだけショックな出来事があっても、自分の中で気持ちを切り替えるスイッチは早めに押し、いつまでも一定の場所で悩み続けることはないのです。

時間が待ってくれないように、目の前で起こることもどんどん進んでいき、亥年生まれの方は、それに合わせて自分の気持ちを整理します。

もう変えられない結果だとすれば、そこで立ち止まることはしませんし、次なる目標をすぐにでも掲げたいタイプです。

もっと言えば、「叶えられなかった」という結果になっても、休んでいる時間を勿体ないと思い、次から次へと状況が変化しているところに辿り着きたい気持ちがあります。

「負けたくない」という気持ちもありますが、「出来ることがあるならば、全力でやり遂げたい」という精神が強いのでクヨクヨしている暇はありません。

感情のコントロールが上手いのではなく、自分が今やるべき事や次に何をするべきかを理解しているからこそ出来る行動だと言えます。

亥年(いのしし年)生まれの恋愛傾向は「猪突猛進そのもの」

周囲が見えなくなる

亥年生まれの恋愛傾向は、猪突猛進そのもので、周囲が見えなくなることです。

好きな人が出来れば、「私をどうアピールすれば、彼はこっちを向いてくれるのかな」と考える人は多くいます。

しかし、亥年の方は、いくつもを同時に考え、好きな人のためにしか行動を起こせなくなるのです。

好きな人がいるから、自分がどう行動するべきなのか、相手が望んでいることが分かれば、合わせることもします。

恋人関係に至れば、ずっと一緒にいたい気持ちも強く、相手の状況を理解して、自分が我慢するだけという状況は苦手です。

「好きなら一緒に居て」「大事だと思うなら、もっと二人の時間を作って」と、自分の気持ちばかりを相手に伝えてしまう傾向があります。

恋愛に関しては、普段のさっぱりとした性格から一変し、相手に依存しているようにも感じ取れる行動をしてしまうのです。

ただ、亥年に関しては、相手に依存することはありません。

好きな気持ちがある間は、周囲にどれだけ反対されても、二人の時間を大事にしようとします。

自分のやりたい事に手を回せないほど、恋愛に夢中になってしまうことも。

付き合っている期間が長くなれば、お互いに求めることも変化していきますので、結婚した後からは、亥年が相手だと上手くいきやすいのです。

恋愛では、ドキドキする感覚が第一優先だけど、結婚して子供ができた時、家族や生計を守ることを怠らず、愛情がいつまで経っても薄れることはありません。

結婚後に寂しい思いをせず、自分の思うままに行動を起こしていれば、幸せを掴みとれる可能性が高くあります。

好きな人の前で背伸びをしてしまう

猪突猛進そのもので、好きな人の前では背伸びをしてしまうのが、亥年生まれの恋愛傾向です。

好きになれば「好き」といつでも、一生懸命に自分の感情をストレートに恋愛を進めます。

相手の気持ちがどうであっても、取り合えず自分の思いを伝えていくことに熱中するタイプ。

しかし、好きな人を前にすると、自分の行動が違う方向に進んでしまっていることも少なくありません。

「絶対に好きな人を振り向かせたい」という思いの強さから、自分を良く見せようとしてしまうのです。

ただ、亥年生まれの方は、絶対的な自信を恋愛で抱くことができません。

どこか不安で、自分のここは悪いところで、などと冷静に分析できるから、自信のなさが表にも出てしまいます。

だからこそ、好きな人を前にすると、そんな自分を払拭したくて、つい背伸びをしてしまうのです。

金欠なのに「今日は全部奢るから、好きなだけ食べて」と言ったり、苦手な物事でも「私、得意だから任せてくれたら良いよ」と言い放ってしまったり。

相手に向かって言った後で「どうしよう」と悩むことになるのです。

それでも自分の言った言葉には責任を持つので、得意分野でなくても、必ずやり遂げてみせます。

恋愛に関しては、自信がなく、好きな人の気持ちを動かすことも「私に本当にできるのかな」と不安を感じているほど。

消極的な考えが頭の中にあるからこそ、好きな人の前で大きな態度を取ってしまったり、背伸びしてしまったりと、大きく出てしまうのです。

恋愛の駆け引きは苦手

亥年生まれの恋愛傾向は、恋愛の駆け引きが苦手な猪突猛進そのものだと言えます。

恋愛で駆け引きしてくる相手の気持ちを理解できないのが亥年です。

あなたの気を引くために、相手が色々な方法で、仕掛けてくる行動も、見たままの状況だけを素直に受け入れる傾向があります。

あなた自身は駆け引きが出来なくて、気持ちのままに行動することしか出来ません。

駆け引きの中には、好きな人の気持ちを複雑な心情にさせ、自分のことを必要としてくれる状況にまで持っていくことがあります。

しかし、相手を騙しているような感覚に陥るあなたは、駆け引きをしたい気持ちが募っても、実際に行動を起こすことは出来ません。

駆け引きさえできれば、恋愛の進展も早く進む可能性があるのですが、なかなか行動にはできず、自分の感情をストレートに表現することしかできないため、「どうして上手くいかないの」と頭を悩ます瞬間も。

ただ、あなたがやりたい事は積極的に行うので、愛情表現は豊かで、相手にとっても、嬉しいものとなります。

猪突猛進そのものなので、自分が感じている事のまま行動するので、好きな人と話したい時は、直接向かう度胸があるのです。

なかなか好きな人が振り向いてくれない状況でも、自分の力でどうにかして相手の気持ちに変化をもたらそうと努力する姿は、周囲が見ても健気で応援したくなるもの。

そのため、周りにあなたの恋を応援してくれている人が何人もいる環境が作られるのです。

恋愛での駆け引きは苦手でも、自分の気持ちに嘘はつけないので、しっかりと相手を見て行動を起こし、納得のできる方法で挑み続けます。

「好き」とストレートに感情を吐き出す瞬間も多く、告白などというアクションを起こしていなくても、自然と言葉が出てしまうことが多くあるのです。

亥年(いのしし年)生まれと各干支との相性

亥年と子年は「本音を吐かない相手にどう接すれば良いのか分からずストレスになる」

亥年と子年の相性は、本音を吐かない相手にどう接すれば良いのか分からず、ストレスになります。

相手が本音を吐き出してくれないため、あなたが頭を抱えることも。

自分が素直に感情を吐き出すだけあって、子年の考えていることが分かりません。

自分一人で悩み続けるのではなく、少しずつ話し合う機会を設ける努力を継続させましょう。

亥年と丑年は「真逆の性格なので相性を高めるには二人きりでの会話を」

真逆の性格なので、相性を高めるには二人きりでの会話が重要となる、亥年と丑年。

性格は真反対で、猪突猛進のあなたと、考えてから行動を起こす相手です。

二人で話をしっかりとすれば、お互いに感じている違いを埋めることができます。

性格が違うことで「相手のことを理解するのは面倒だな、私に合わせてくれれば良いのに」と感じても、話し合うことで良い刺激を受け合えるのです。

亥年と寅年は「お互いのプライドの高さに共感でき、そこから意気投合する可能性がある」

亥年と寅年の相性は、お互いのプライドの高さに共感できます。

意気投合するまでに時間が掛からないので、お互いを意識して行動するほど、あなたにとっても大事な存在の一人として、関係を深められる相手になるのです。

プライドが高い者同士、引っ掛かる言葉や行動が同じなので、考えること、気付くこともタイミングが一緒で、気の合う相手となります。

亥年と卯年は「相手があなたの良さを教えてくれる」

相手があなたの良さを教えてくれるというのが、卯年と亥年の相性です。

あなたの性格を熟知しようと、亥年の行動や言葉から、色々な考え方を持ってくれます。

悪い所だけに目を付けるのではなく、長所となる良い部分を見つけ、あなたの魅力を最も引き出してくれる相手です。

亥年と辰年は「仕事仲間として唯一のパートナーとなる」

亥年と辰年の相性は、仕事仲間として唯一のパートナーになれます。

「私の言っている事を細かく話さなくても、いつも理解してくれている」と感じられる相手。

一から十まで、事細かに話さなくても理解してくれる相手になるので、仕事の面では絶対的に信頼をおける存在です。

仕事ではベストパートナーになりますが、恋愛では言いたい事をはっきり伝え合ってしまうので喧嘩が絶えなくなる可能性大です。

自分の気持ちだけでなく、相手の思いを汲み取る努力をすれば、徐々に信頼関係を築けます。

亥年と巳年は「合わない二人なので、相手が一歩ずつでも寄ってきてくれるのを待つ方が良い」

亥年と巳年の相性は、合わない二人なので、相手が一歩ずつでも寄ってきてくれるのを待ちましょう。

基本的に二人の性格は合いません。

相手があなたに付いていけず、離れていく瞬間が多くあるので、追いかけても良い返事はなかなか受け取れないのです。

しかし、時間が立ち、相手の気持ちが変われば、巳年の方から寄ってくるので、そのタイミングまでジッと待つことが重要。

あなたから行動を起こしてしまうと、相手の気持ちの変化を受け取れず、なかなか仲良くなれないので注意しましょう。

亥年と午年は「行動力のある干支同士なので言動に注意すると良好に」

亥年と午年の相性は、行動力のある干支同士なので言動に注意すると良好な関係を築けます。

お互いに自分の考えでしっかりと行動を起こせるので、悩む時間も少なく、人の意見ばかりに頼る状況はありません。

そのため、お互いの行動の早さに良い印象を与えられ、どんどん距離を縮めていくことができます。

亥年と未年は「相手があなたを理解しようと努力してくれるので大事にしましょう」

相手があなたを理解しようと努力してくれるので大事にする心掛けが必要なのが、亥年と未年の相性です。

あなたを理解するために、陰で努力をしてくれるのが、未年。

あなたが何も気を遣わなくても、相手が亥年に合わせようと動き、どの関係性であっても理解してくれようとするので、上手くいきます。

亥年と申年は「あなたの行動を邪魔してくる相手なのですべてを出さなくても良い」

亥年と申年の相性は、あなたの行動を邪魔してくる存在となります。

あなたが相手にすべてをさらけ出すことで、申年は、亥年の行動を止めようとすることも少なくありません。

相手に邪魔されないためには、大事な部分ほど、自分の中でだけ秘めるようにしましょう。

亥年と酉年は「何事にも相性抜群となり二人の気持ちが揃えばどんな状況も乗り越えられる」

亥年と酉年の相性は、何事も相性抜群なので、どんな状況も乗り越えられます。

相性の良い組み合わせなので、二人の気持ちをお互いに理解できる状況が訪れた時、力を合わせることが出来るのです。

相手の話をしっかり聞き入れることが重要なので、常に頭に入れておくなどの意識した行動を心掛けてください。

亥年と戌年は「我慢強い両者はお互いに気が合う仲だと感じ始める」

我慢強い両者はお互いに気が合う仲だと感じ始めるのが、亥年と戌年の相性です。

我慢することが出来る両者にとって、「ここは前に出る必要がない」という場面を、理解できます。

一つの出来事に対して、自分の気持ちを優先するのか、または、我慢するのかによって結果が違ってくるのは当たり前です。

お互いに耐える度合いが同じだ判断できると、気持ちを共感できることも多くあるため、信頼が高まり関係性もしっかりと結べるのです。

亥年と亥年は「相手の事が分かるからこそ、悩むことも多い」

亥年と亥年の相性は、相手の事が分かるからこそ、悩むことが多いということ。

性格が同じだからこそ、相手の考えていることも、行動の意味でさえ自分と重なる部分がいくつもあるので、言葉を交わさなくても分かってしまうのです。

黙っておきたい事ばかりが増え、自分の中で溜め込むケースが増えます。

しかし、仲良くなりたい相手とは、理解し合える部分があったとしても、「あなたの言葉で聞きたい」と素直に伝えましょう。

話し合う事ができるようになると、よりお互いを頼れるようになります。

亥年(いのしし年)は何歳?【2020年・2021年・2022年の年齢早見表】

干支と十二支の違いについて、一般的に2020年はねずみ年、2021年はうし年と言うのが干支ですが、干支とは十干と十二支を合わせた十干十二支の略なのでねずみ年、うし年というのは正確には十二支となります。

十干は甲(きのえ)、乙(きのと)、丙(ひのえ)、丁(ひのと)、戊(つちのえ)、己(つちのと)。庚(かのえ)、辛(かのと)、壬(みずのえ)、癸(みずのと)の10つ。

十二支はご存じのように、ねずみ年、うし年・・・と12つ。

この十干と十二支を順番に組み合わせて60つとなる分類が干支となります。

下記の年齢早見表では生まれ年別の60種類の中のあなたの干支もわかりますので、そちらからさらに詳しい運気や性格などを参考にしてみてください。

西暦 元号 十二支 干支 年齢(2020年) 年齢(2021年) 年齢(2022年)
2019年 令和元年 亥(い) 己亥(つちのとい) 1歳 2歳 4歳
2007年 平成19年 亥(い) 丁亥(ひのとい) 13歳 14歳 15歳
1995年 平成7年 亥(い) 乙亥(きのとい) 25歳 26歳 26歳
1983年 昭和58年 亥(い) 癸亥(みずのとい) 37歳 38歳 37歳
1971年 昭和46年 亥(い) 辛亥(かのとい) 49歳 50歳 48歳
1959年 昭和34年 亥(い) 己亥(つちのとい) 61歳 62歳 59歳
1947年 昭和22年 亥(い) 丁亥(ひのとい) 73歳 74歳 70歳
1935年 昭和10年 亥(い) 乙亥(きのとい) 85歳 86歳 81歳

亥年(いのしし年)の2021年の運勢

2021年干支占いまとめは画像をクリック!

占い師 MIYUKIのワンポイントアドバイス

MIYUKI

「猪突猛進」のイメージが強い、亥年生まれの性格は、自分の抱く感情に直球で、周りの反応に合わせて、自分自身を見失うことのない干支です。

しっかりとした考え方があるというよりも、自分の考えに正直で、迷いのない行動が特徴だと言えます。

恋愛傾向を見るのが最も分かりやすく、好きな人のことしか脳内を支配していないのかと思うほど、夢中です。

それだけ本気で愛されるのは嬉しいことなので、あなたは自信を持ち、好きな人へのアピールをして成就を叶えましょう。

あなたを導く神秘のタロットカード【神秘のタロットカード】



私達を魅了し続ける占い、タロットカード。
現在、過去、未来等を占う事ができます。

神秘のタロットカードは身近な悩みから、将来の事まで、幅広く占える特別なカード。
さっそくあなただけのカードを選んで、幸せの扉を開きましょう。



※20歳未満はご利用できません。

鑑定結果や診断結果でアナタの悩みは解消しましたか?

鑑定結果や診断結果であなたの悩みは解決しましたか?

もしも、少しでも不安や悩みがあるのなら、こちらのLINE@に友達追加して頂くと、あなたの悩みの種類やオーラの色から、更に詳しい鑑定結果を悩みや不安の解消法と共にお送り致します。

あなたの不安や悩みを必ず解消致しますので、LINE@へのお友達追加お待ちしております。

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事