「もし、あの人と結婚したらどんな感じなんだろう?」と、気になるあの人との結婚の相性が気になっていませんか?

こちらでは良く当たると評判の無料の姓名判断で二人の結婚の相性を占うと共に、結婚後の相性が良い二人の特徴、悪い二人の特徴といった夫婦の特徴をお届けします。

ズバリ!姓名判断で二人の結婚相性を占う

女性 男性
女性 男性
1
https://micane.jp/renai-onomancy-marriage-result1,https://micane.jp/renai-onomancy-marriage-result2,https://micane.jp/renai-onomancy-marriage-result3,https://micane.jp/renai-onomancy-marriage-result4,https://micane.jp/renai-onomancy-marriage-result5,
https://micane.jp/renai-onomancy-marriage-result6,https://micane.jp/renai-onomancy-marriage-result7,https://micane.jp/renai-onomancy-marriage-result8,https://micane.jp/renai-onomancy-marriage-result9,
5
4

結婚には相性が関係あるの?

結婚は愛する男女が一生涯を共に歩み、家族を形成し、子孫を作り、健康な時も病気の時もお互いに支え合い生きていくことです。

でも、いざ結婚すると乗り越えなければならない様々な状況も起こります。

結婚を後悔する女性は、なんと50%以上もいるのです!

結婚してもずっとラブラブでいられる秘訣はあるのでしょうか?

また、元々の相性の良し悪しはどのくらい結婚生活に関係するのでしょうか?

結婚後の相性の良い特徴と、悪い特徴をチェックしてみましょう。

結婚後の相性が良い二人の特徴

結婚後もずっとラブラブでいられる良い相性の特徴とはどんなものなのでしょうか?

一緒にいて気を使わない

結婚は日常生活を共にするものです。

なので、たとえ妻が化粧をしていなくても、夫がオナラをしようとも、ある意味、自然体でいられるということがとても大切です。

結婚前にお付き合いをしているときは、綺麗に着飾り、美しくいられる努力もできますが、結婚となると、朝から着飾り、化粧をバッチリ決め、最高の自分でいることがとても難しいと言えるでしょう。

それよりも、ありのままの自分でいられることがとても大切なのです。

結婚の相性が良いとは、ありのままの自分でいられることと、相手もそれを受け入れ、お互いが自然体でいられることがとても大切です。

価値観が合う

結婚して、とても大切なものはお互いの価値観や金銭的な感覚が合うということです。

これは二人の生活の基盤となるものだからです。

結婚することは家族になることで、今までは個人的な問題でも、結婚すると家族の問題となります。

ですから、同じ価値観や考え方であることはとても大切です。

そうでないと、家族が別々の方向になり、理解し合うことができず、崩壊してしまう可能性すらあるのです。

「結婚は遊びではない」と言われるのも、この価値観の違いをいかに乗り越えていくのかという難しさから生まれた言葉なのです。

価値観が合うかどうかは、結婚前に二人でいろいろな話をすることがよいでしょう。

時には政治について、宗教についてなど、なかなか人にはできない話をすることも、お互いの考え方を理解する上でとても大切なポイントとなります。

自分自身の価値観がはっきりわかれば相性の良し悪しも自ずと見えてくるでしょう。

食べ物の好みが合う

たとえば、「好きなラーメンは何?」という質問を受けたとしましょう。

その時に自分が好きなラーメンを答えると思いますが、その時に同じ答えをするとしたら、基本的な相性はとてもいいと言えるでしょう。

食べ物の好みはそれぞれの育ってきた家庭環境に大きく影響をされます。

あまりにも好き嫌いがある相手だとすれば、食べ物を作る時にも神経を使わなくてはなりませんし、外食をするときもお互いの好みが合っていれば、すぐにどこで食べるかを決められることができますが、そうでなければどちらかが我慢をしなければならないでしょう。

生きていく上で食べることは命を維持するためには欠かせないことですので、この相性が合うかどうかは非常に重要なことだと言えるでしょう。

ケンカをしても仲直りできる

どんなに愛し合っていたとしても、相性が良くても、違う人間ですし、体調や気持ちが優れないときもあります。

そんなときはイライラしますし、きつい一言を言ってしまうこともあるでしょう。

小さなきっかけからケンカへと発展することは必ずあります。

しかし、ケンカをしても必ず仲直りができるというのが相性の良い証拠でもあります。

ケンカをしても、きちんと謝ることができることや、話し合いによって解決をすることができるというのが相性の良い夫婦の特徴です。

ケンカする事は必ずしも悪いことではありません。

お互いが本音を包み隠さず述べているという正直な関係を築いている証拠でもあります。

ケンカしてもきちんと解決することができれば、絆はさらに深まっていくでしょう。

深い愛情を感じているか

結局のところ、相性の良さを根底から支えているのは「愛情」なのです。

人間は若いままではありませんし、病気をしたり、大きなけがをするときもあります。

あるいはいろいろな状況で幸せが壊されてしまうこともあるかもしれません。

誰しも人間はベストな状況ではいられないのです。

そんなピンチの時に、相手を愛していく事、支え合っていくことができるという深い愛情を相手に感じているかどうかというのが一番大切な事です。

相性はもともとあるものではなく、作っていくものでもあります。

その時に相手を深く愛する気持ちがあればどんな困難も乗り越えていくことができるでしょう。

結婚後の相性が悪い二人の特徴

夫婦関係やそれぞれの人生がうまくいっているときは幸せを得やすいですが、どちらかに問題が起こったときは夫婦の関係もうまくいかないときもあります。

逆に結婚の相性が悪い特徴はどんなものなのでしょうか?

またそれを乗り越えることはできるのでしょうか?

セックスの相性が合わない

どんなに仲の良い夫婦でも、性生活がうまくいかなければ真の相性の良さを得られることはできません。

またどちらかが性生活に我慢をしていることが続けばストレスとなり、他の異性に愛情を求めてしまうケースもあります。

またどうしてもパートナーの性癖を受け入れられない場合も同様です。

それは相手に大きな心の傷を与えることにも繋がります。

心のつながりも重要ですが、体のつながりもとても重要です。

この二つが組み合わさって相性も形成されていきますので、基本的にはセックスの相性が悪ければ相性はいいと言えません。

休日の過ごし方が別

仕事の休みの休日は趣味などの時間に使う場合も多いと思います。

なかなか二人で過ごすことも年月が長くなればなるほど難しいかもしれません。

また、多趣味の人であれば休日は趣味に出かけてしまうことも多くなるでしょう。

あるいは会社の接待なども多くあり、家族と過ごすことも難しいかもしれません。

あまりにも休日に家族や夫婦で過ごせない時間があるとしたらすれ違いの原因になってしまうことも避けられません。

趣味に時間を費やしたいのもあるかもしれませんが、家族や夫婦と過ごし時間も配慮しなければ大きな溝が生まれやすくなります。

見たいテレビ番組が違う

家ではゆっくりテレビを見て過ごす夫婦も多いと思いますが、見たい番組が違うというのは元々の相性の良し悪しと大きく関係する部分です。

どちらかがお笑い番組が好きで毎日見ているけど、もう一方はお笑いなどが大嫌い、あるいはドキュメンタリーやドラマが見たい場合などはストレスが大きくなってしまいます。

解決策としては家に2台テレビがあれば良いのだと思いますが、感想をシェアしあうこともできずにいると、そのうちに話す会話もなくなってしまうかもしれません。

結婚前にある程度、相手の好きなテレビ番組の趣向などを知る必要があるでしょう。

相手の家族を受け入れられない

結婚すると相手のご家族の家を訪れたり、正月やお盆などに帰省する機会も多くなります。

その際に相手方のご両親との仲の良さというのが非常に大切です。

いわゆる嫁、姑の関係が悪いということが結果として夫婦間の関係に亀裂が入ってしまう場合が多くあります。

育ってきた家庭環境に馴染めないということや、自分が相手の家族に受け入れてもらえないというのも、元々の相性の悪さに関係するところでもあります。

尊敬できない

一時期の愛情の盛り上がりで結婚したけれども、一緒に生活する上で、「こんな人間だったんだ」と気づいてがっかりする場合もあります。

恋愛感情はやがて冷めていき、次第に人間的な深い愛情に変化するものです。

その際に必要なのが「尊敬心」です。

相手に尊敬できる部分があるか・ないかということは結婚の相性を大きく左右します。

尊敬心が全くないとするなら、その関係はやがて悲しい結末を迎えてしまう場合もあります。

「この部分は嫌だけど、ここは尊敬できる」ということがあれば、元々の相性を超えて人間的な深い信頼関係を作ることができるでしょう。

占い師 聖子のワンポイントアドバイス

聖子
結婚はとても長い期間、相手と時間を共に過ごします。

結婚式の式文では「健やかなときも、病めるときも愛し合いますか?」という言葉が聞かれます。

そして結婚する二人にも問いますし、結婚式に来てくれた会衆にも同意を得ます。

これって、実は「契約の儀式」なんですね。

そう、結婚は契約なんです。契約である以上、ルールが必要で、それを守り、お互いを信頼しながら作っていくという関係なんですね。

元々は他人同士ですから、全てを知るというのは難しいかもしれません。

相性の良し悪しを超えて、関係を作っていくというのが結婚の醍醐味なんですね。

結婚は相性の良し悪しだけで決まるものではない

結婚は元々の相性だけで決まるものではありません。

相性を乗り越えて「二人で作る」ものです。

結婚した二人が愛情を持ち、お互いを信頼し、尊敬し、家族として社会生活を作っていくものです。

どんなに相性が良くても悪くても、お互いが認め合い、話し合いをして歩んでいく関係です。

それができれば素敵な結婚生活を送れることは間違いありません!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事