「彼は一体何を考えてるの?」、「もうどうしても許せない!」などと最近彼とケンカをしてしまい、2人の関係が悪くなっていませんか?

また、ケンカをした彼の今の気持ちが気になっていませんか?

こちらのページは無料のタロット占いでケンカをしてしまった彼の今の気持ちやどうすれば仲直りできるかを鑑定すると共に、こちらのページの下のコラムでは、彼氏とケンカしてしまった後に上手に仲直りする方法を紹介します。

無料のタロット占いでケンカをしてしまった彼の今の気持ちと2人が仲直りできるかどうかを占う

nvt:カードにタッチすると占いがはじまります。:お好きなところでカードを止めてください。:カード展開中...:お好きなカードをタッチしてください。:結果ページを表示します。
結果1
結果2
結果3
タロット占い

彼氏とケンカしても上手に仲直りするとっておきの方法


彼氏とケンカしてしまったけど、どうやって仲直りすればいいか悩んでいませんか?

どんなに彼氏に腹がたったとしても、やっぱり彼氏のことが好きな気持ちがあれば仲直りをしたくなるものです。

そもそもカップルの間のケンカは、気心が知れて、お互いがよくわかってきた頃に不満が噴出するものです。

相手に気遣ってばかりの付き合い始めの時はケンカなどなかったかもしれません。

ケンカをするというのは、自分を出しても相手に嫌われることがないという確信があるからこそ。

決して悪いことばかりではないのです。またケンカをすることでお互いの気持ちをよく理解することができたり、相手がどんなことに嫌がるのかということもわかるようになります。

ケンカを通して彼ともっと仲良くなることを目指せればいいですね。

自分から謝る

ケンカをしたら「自分は悪くない!悪いのは彼の方だ!」と彼から謝るまで許さないという気持ちがあると思います。

どう考えても、原因は自分ではなく彼の側にあると思う時でも、なかなか彼は謝ってくれずストレスが溜まってしまうということがあるかもしれません。

男性は年齢を重ねても子どもっぽいところがあり、またとてもプライドが高いので、悪いのは彼だったとしても意固地になって絶対に謝らないということがあるかもしれません。

それが長続きするとお互いに意地を張り合うことに疲れてしまい、別れる・・なんてことも。

小さなプライドや意地のために彼と別れるなんて本当に無意味なことですよね?

それならば、2人がケンカしたときのことを思い出し、「自分も言いすぎたかなあ」と思うようであれば、まずは自分から謝ることを心がけるといいでしょう。

あなたから謝ることで、アドバンテージを取ることができますし、彼からも「俺も悪かった」と謝ってくれることでしょう。

負けるが勝ちを目指しましょう!

メールやラインを上手に利用する

ケンカした後ほど、相手から連絡がくるかどうか待ってしまうことがよくあると思います。

まだかまだかと携帯やスマホをついついチェックしてしまい、連絡がないとますますがっかりきてしまう・・なんていうこともあるかもしれません。

こんな時は思い切って自分から連絡をしましょう。

でも注意しなければならないのは、ダラダラと書いたり、ケンカの原因や理由を述べたりするのは逆効果なので避けるようにしましょう。

ケンカについてのことはとても繊細なことなので会った時に話すようにしましょう。

あなたから彼にメールするのであれば、「ごめんなさい。大好き」とただ一言だけ伝えるのが効果的です。

この短い分には謝罪の気持ちと、彼への愛情が込められているからです。

彼もこの言葉を見て、返信をくれるのは間違いなしです。

適度な冷却期間を大切にする

「自分が悪くないのに、謝るのはちょっと・・」と思うこともありますよね?

そんな時は適度な距離をとったり、自分の気持ちに整理をつけるための冷却期間を持つことも大切です。

ケンカしてしまった原因は様々でしょうけれども、それは今後もまた起こる可能性がとても高いと思う場合は、今度どうしたら解決できるのか、本当に彼のことが好きなのか、これからの2人の未来はどうなのか?ということを1人になって考えなければなりません。

ケンカしてすぐに彼と会ってしまうと、またケンカの続きになってしまうこともあるかもしれませんし、ますますお互いが感情的になれば取り返しのつかないことにもなってしまうかもしれません。

自分も彼も冷静になって、物事を見つめるためにはしばらく距離を置いて、1人でゆっくり考えることを大切にしましょう。

この際、自分から彼へメールするのは控えた方がいいでしょう。

あなたからの連絡がないことで彼に少し心配させるくらいの方が効果的です。

客観的になり、ケンカの原因を分析する

なぜ彼とケンカになってしまったのか、その原因はなんだったのかということを深く見つめ直すことも大切です。

ただ感情的になって泣いたり怒ったりするのは主体的な行動ですが、客観的な行動とはあたかもケンカしたことについて、どこか他人がしているように捉え、冷静に「ここはこうした方がいい」というように分析することが大切です。

客観的な分析は事実をありのままに捉え、冷静な判断を促します。

主観的な判断は自分をいい意味でも悪い意味でも正当化しようとする働きがあり、その場合はどちらも自分を正当化し相手を責めるので問題解決には至らないのです。

ケンカの原因を客観的に捉えると、彼がどんなことを言ったら傷ついてしまうのか、あるいは怒るのかというように彼の地雷を知ることにもつながります。

ケンカを繰り返さないためにも原因をちゃんと客観的に分析すれば今後ケンカの回数を大きく減らすことができるでしょう。

2人の関係を前向きに捉えるからこそ、ケンカの原因をきちんと客観的に分析しましょう。

素直な気持ちで彼の言い分を聞く

ある程度、ケンカした日から時間が経過すると、お互いが冷静になって考えることができます。

やはりその後には今後どうするかということも含め、彼ときちんと話をすることがあるでしょう。

その時に大切なことは、「素直な気持ちで彼の話を聞く態度」です。

言い訳をしたり、彼の話を遮って自分の意見をいうのではなく、きちんと彼の話に耳を傾けることを心がけると良いでしょう。

この態度を身につけると、彼の態度も驚くほど柔らかくなることがあります。

冷静に相手の話を聞き、相手を丸ごと受け入れることを目指すと良いでしょう。

占い師 聖子のワンポイントアドバイス

聖子
ケンカはある程度長く付き合っていたらどんなカップルにもあるものよ?

「ケンカしたことがない」という人たちもいるけど、どちらかが抑圧して我慢していたり、力の差があったりする。

基本的に喧嘩ができるというのは対等で、空気の通りが良いからこそ起こりえるものだということも忘れないでいるといいわね。

喧嘩するほど仲が良いってことわざは、喧嘩するほど2人は信頼関係が築けているということでもあるのよ。

好きかどうかが今後の2人の関係を決める


どんなに仲の良いカップルでもケンカはするものです。

しかし、ケンカをしたあとにどうそれを乗り越えるのかが2人の今後を左右すると言ってもいいでしょう。

あなたが彼のことを好きで、大切だと思う気持ち、彼もまた然りですが、2人の愛情があれば、どんなケンカでも乗り越え、きちんと解決することができるでしょう。

ケンカした後は、感情的になりますがある程度気持ちがクールダウンしたら自分の彼への愛情を確認してみましょう。

相手が大切だからこそ、しなければならない次の行動がはっきりと見えてくるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事