占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。

緊急事態宣言が解除されましたね!

大きな時代の動きがある時は、人々の運命も大きく変わりやすい転換期と言えます。

運命の転換期に未来への幸せのヒントを掴みたいのなら恋と運命の真実を試してみてください。

あなたの運命が今日、今この時から変わり始めます!

※20歳未満はご利用できません

「サイコパスでの男女の特徴の違いを教えてほしい」「サイコパスになる原因ってあるの?」「サイコパスの人を追い詰める撃退方法を詳しく知りたい」と思うあなた。

サイコパスの特徴に男と女で違いがあるのか、正しく見極めるために徹底的にご紹介します。

近年よく耳にする”サイコパス”があなたの身近にいる可能性は十分にあり得る事。

自分のサイコパスな部分で悩んでいる人も多く、なぜその症状が出てくるのか原因をお伝えします。

また、サイコパスを追い詰め、撃退する方法までご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

サイコパスが見極められるようになれば、自分自身の身を守ることができ、危険なことを逃れるための重要な行動になるのです。

他人が起こす行動だとしても、近くにいればあなたも共犯者なる未来や最悪の状況に巻き込まれる危険性も高まります。

あなた自身が判断できるように、男女それぞれの特徴や撃退方法を正しく認識し、理解することが大切です。

女性がサイコパスになる原因

先天的な脳の障害

女性がサイコパスになる原因には、先天的な脳の障害があることが挙げられます。

サイコパスには、先天的なものによる遺伝と、後天的に発症する経験から出てくるものがあるのです。

“反社会性パーソナリティー障害”と言われ、精神病を抱える人のことをサイコパスと言います。

脳の一部の能力が著しく低下していることで、異常が起きているとも言われているのです。

幼い頃から、誰かを計画的に操ることが上手かったり、感情的になりやすかったりという特徴を持つ人は、先天性でのサイコパスの可能性大となります。

しかし、先天性のサイコパスは、人の輪に溶け込むことが上手いため、見極めることが難しく、それがその人の個性だと感じる人が多くいるのが事実です。

子供の幼少期に感じることのなかった個性に、成長する段階で恐怖を感じる親も少なくありません。

「この子、変わってる」「人の気持ちに共感する心が欠けてる」と自分の子供を心配しても、他人の子に対しては感じる事がないため指摘されることがなく、サイコパスは大人になるまで普通に難なく生活が行えるのです。

幼少期に受けた虐待

幼少期に受けた虐待が原因でサイコパスになる女性がいます。

「怖い」「逃げ出したい」と人から与えられる恐怖を経験してきた人の中に、サイコパスになる人が何人もいるのです。

親や身内から恐怖心を常に植え付けられて育ってきたため、いつの間にか自分の感情を隠すこと、感じていることを表情に出さないことが染みついています。

暴力だけの虐待だけでなく、言葉により傷つけられてきた人もサイコパスになる高い可能性を秘めているのです。

虐待を受けていた過去があるということは、親にコントロールされながらの絶対的な服従がそこにあります。

虐待で肉体的に暴力を加え続けられた人は、幼少期ながらに「誰にも必要とされていない」「この世界から拒絶されている」と感じながら成長していくようにもなるもの。

そのため、人の気持ちに寄り添うことができず、自分の感情のままに行動を起こしてしまいます。

それが、大きな犯罪に発展することもあり、自分の感情が第一優先なため、感情的になったときには歯止めが利かなくなるのもサイコパスの特徴です。

愛情不足

女性がサイコパスになる原因の一つには、小さい頃に十分な愛情を与えられていないというものであり、それは時に精神病者になることがあります。

育児放棄やネグレクトなど、家庭環境が大きく関わるのがサイコパスの特徴です。

「幼少期の頃の親との思い出が全くない」「小さい時からずっと一人だった」という孤独を強く感じてきた人が反社会性パーソナリティー障害になりやすく、心に闇を抱えたままの状態で成長します。

幼い頃から愛情を十分に受けていない場合、そのまま愛を知らず大きくなるのです。

愛情を知らないため、人を騙したりや嘘をついたりしても平然としていられます。

「これが悪い事」と教えられていない上、誰の気持ちを汲み取ろうとする思いやりが育まれていないため、罪悪感などが欠如しているのです。

サイコパスになる人は、幼い頃に何度も両親への愛情を求めようと努力しています。

しかし、求めれば求めるほどそれは叶わず、存在自体を感じてもらえてはいません。

人に何かを求めることを諦めてしまっている、返ってこないと分かっているから、サイコパスの人は、自ら人を操る側に立つのです。

これ以上の苦しみを感じたくないから、人を騙し、操り、コントロールして自分が優位に立つことにこだわりを持つ人がたくさんいます。

孤独を感じ続けた過去がある

孤独を感じ続けた過去があることが原因で、サイコパスになることがあるのです。

「小さい頃には親の愛情を受けていたけど、大きくなるにつれ放置状態だった」「同じ家には住んでいる家族がいたけど、私だけはいつも一人で寂しかった」と徐々に孤独に押し潰されてしまった人もサイコパスになる原因を背負っています。

兄弟格差は珍しい事ではありません。

常にできる兄妹を持つことで、愛されず、見向きもされない人は多いのです。

家族内に誰か自分の味方をしてくれる人がいれば、サイコパスになる可能性は低かったものの、こういった家庭では徹底的に対象者を追い詰める傾向があります。

そのため、家族内で格差をつけられてしまうと、家族なのに「寂しい」「私だけどうして…」と感じてしまう思いが強くなり、徐々に孤独感が増してしまうのです。

「愛されたい」と願った日が過去にあるからこそ、成長するにつれ、感情の一部分の欠如が激しく起こります。

それは、相手の気持ちを感じることよりも、自分自身を最も大事にしようとすることです。

自分が一番になり、他人の考えや気持ちに共感することができません。

その特徴を持つ人は、過去に苦しい思いを何度もし、孤独の中で育ってきたことで、人の痛みを感じられないようになるのです。

スポンサーリンク

男性がサイコパスになる原因

脳の機能が正常ではなく欠落している

男性がサイコパスになる原因には、脳の機能が正常ではなく欠落しているから。

「あの人、考え方が普通じゃない」「とても変わっている人だな」と感じてしまう人が、あなたの身近にもいる可能性はあるのです。

サイコパスは、日本で男性が3%、女性が1%だと言われています。

日本にサイコパスの約150万人いるようです。

サイコパスの人の脳には、前頭前皮質と呼ばれる熱い認知、情動に関わる認知機能が乏しい状態であると言われています。

他者への同情ができず、共有しようとすることが欠落しているのです。

反対に冷たい認知である、理性的な認知機能が活発になります。

普通の人とは変わった脳を持つため、考えられることが限られている状態になるのです。

サイコパスの人は、計画的に冷酷な犯罪に手を染める人がたくさんいます。

相手の気持ちに同情できないため、その人の背景にどんなことがあるのか、どんな存在が隠されているのかを考えることができません。

犯罪の計画を始めた段階では、愛嬌よく人に好かれることもありますが、犯行に移るときには相手との思い出などが全て打ち消されます。

良心に欠け、相手を徹底的に攻撃し、それが誰かを深く傷つけていることだと認識している人はごく僅かです。

「たまに人が変わったように見える時がある」「愛想は良いけど、本心が全く見えない人がいる」という人が身近にいる場合は、気を付けて関わりを持つようにしましょう。

遺伝

男性がサイコパスになる原因には、遺伝であるDNAとの深い関係です。

「あの人は殺人犯の子供らしい」と避けてしまう人がいても仕方のない場合が多くあります。

サイコパスの脳を持つ人たちの間で生まれた遺伝子は、おそらくサイコパス由来である可能性が高いのです。

発育環境と遺伝子には、必ず深い関係があります。

サイコパスの人間から生まれた遺伝子は、その環境で育てられ、また、そのDNAが混じることで、両親と同じ傾向を辿る人が多くいるのです。

両親がサイコパスである場合、暴言や暴力が全くなかったという家庭は少なく、ほぼ肉体的、精神的な暴力的な被害を受けています。

社会的暴力を経験した人は、好戦的な戦士文化が形成されていくのです。

そのため、暴力的になる可能性が高くなります。

遺伝子の関係性が高く、それを受け継がれる可能性は十分にあるのです。

それが当たり前の環境で育つことで、「嫌だな」と幼少期に感じていても、成長するにつれ自分の力を持ち始めた時、一気にサイコパスの特徴が表れます。

何かをきっかけに「俺は人とは違うかもしれない」と感じる人も少なくありません。

しかし、自分の感情を抑えることが上手くできないため、衝動に駆られ、行動を起こしてしまうのです。

幼少期の辛い経験

幼少期に辛い経験を積み重ねてきている人は、サイコパスの男性にある一つの原因になります。

「毎日生きるだけで精一杯だった」「辛く苦い思い出しかない」という家庭環境で育ってきた人は、サイコパスになる傾向が高いのです。

サイコパスになる原因は、DNAなどの先天的なものと、幼い頃の経験から徐々にその特徴が出てくる人がいます。

サイコパスの特徴を表すのかどうかは、幼少期の純粋に何もかもを求めていた時期に、何を感じながら育つのかが重要です。

「ご飯は与えられたけど、愛情は一切なかった」という場合でも、その感情を知らないまま育つことで何か大事なことが欠如してしまいます。

必ずしも、幼い頃に辛い経験をした人がサイコパスの傾向があるとは限りません。

それは、幼少期に辛い経験を家庭内でしていたとしても、他の場所で気にかけてくれる人がいるなどすれば状況は変わってきます。

幼少期が重要なのは、脳が育成される段階であるからです。

その段階で様々な辛い事を経験してれば感情の欠如が起こっても仕方ありません。

大人のように逃げることができなければ、辛い状況の中でも必ず親などを純粋な心で求めるのです。

しかし、自分が抱いた感情は決して報われることなく、その反対に裏切られることの方が大半を占めます。

その環境下で育つことで、脳は正常に作られなくなり、サイコパスになるのです。

スポンサーリンク

サイコパスの女の特徴

目を合わせない

サイコパスの女の特徴には、目を合わせないという行動があります。

「あの人といつ話しても視線を合わせようとしてこない」「目を見て話すことできないのかな」と、視線が合わないと感じられる気持ち。

サイコパスの気質がある人は、コミュニケーションを取る中も、何も考えていないことがほとんどだと言われています。

普通の人であれば、「目を合わせずに会話をすることは失礼」「何を話題にしようかな」「目がずっと合っている状態は緊張するな」と様々なことを考えながらコミュニケーションを取るものです。

それは、自分だけでなく相手のことも考えながら自然に行えているから。

しかし、サイコパス気質の人は、そのようなあらゆることでの意識が欠けている状態です。

何も感じる事がなく、人に対しての興味すらありません。

また、人に全く関心がなく、人を人だとも思っていないサイコパスは大勢いますが、違うパターンもあります。

極度に人を怖がっている人は、意図的に視線を反らしているのです。

「あの人が何を考えているのか分からない」と疑心暗鬼になることで、視線を合わすことに恐怖心が強くなります。

異常に他人を怖がっている場合、肉体的に暴力を受けてきた環境が過去にある可能性が高いのです。

口が上手く、社交的

サイコパスの女性にある特徴は、口が上手く、社交的な人であると挙げられます。

反社会性パーソナリティー障害なのに、社交的で口が上手いというのは意外に感じますが、サイコパスは自信家であり、相手を良く見ることができるのです。

サイコパスの特徴は、自分に有益になるように物事を運ぶことを求めます。

そのためには、他人を上手く利用することがあるのです。

人が好きなわけではありませんが、社交的な一面を演じています。

自信を持っている人であるため、積極的に話すことが自然にできるのです。

相手をよく観察し、その人がどんな言葉を求めているのかが分かり、喜ばせることができます。

また、聞き上手であるサイコパスは、自分の欲しい情報を上手く聞き出していくことも得意としているのです。

そのため、「いつの間にかあんなことまで話してた…」「この人にこんな話までして大丈夫なのかな」と感じ、後悔している人も多く、サイコパスの言葉の巧みさに才能が隠されています。

感情の欠如があるため、どんな相手にも委縮せずに話しかけることができ、自分の世界にどんどん引き寄せていくことができるのです。

人を簡単に裏切るサイコパスは、嘘が上手く、当たり前のように会話に様々なことを盛り込んできます。

それは相手をコントロールするためであり、状況が変われば責任転嫁するためですから十分注意してください。

刺激を強く求める

刺激を強く求めるのは、サイコパスの女性が持つ特徴。

「どうしてあの人は良い環境にいたのに、わざわざ過酷な選択を下したのかな」「安定しているのに勿体ない」と職場や対人関係で感じたことがある人は少なくないはずです。

普通の人は、安定や幸せ、充実を求め、そこで得たものを簡単に壊したくないもの。

しかし、サイコパスにとっては安定こそ退屈に感じる原因であり、自分がどんな状況にあろうと刺激を求めたくなります。

安定した役職について、将来が見えた時には一気につまらなさを感じてしまい、他に興味を抱くようになるのです。

毎日同じサイクルで生活したり、人との付き合い方も一風変わったりしているところがあります。

どんどん新しい環境や出会いを求め、自分に刺激を与えてくれる場所を常に探しているのです。

また、サイコパスは生活の面だけで刺激を求めていません。

身体的にも強い刺激を求めるため、貧乏ゆすりなどの落ち着きのない行動が見られます。

何かを常に触り、いじるなど、行動に特徴が出ているもの。

「落ち着きないな」「集中できないのかな」「何かイライラしてるな」と思われやすく、それが癖のように出ている人は、要注意人物だと覚えておきましょう。

頭の回転が速い

サイコパスの女性にある特徴は、頭の回転が速く、人から頼られる人物であるというもの。

「仕事に関しての対応力は凄いな」「次にする行動を一瞬で判断できるのは尊敬する」という人が身近にいると憧れを抱く人も少なくありません。

サイコパスの特徴となるのは、実は自分の利益のためだけに頭をフル回転させているのかを正しく見極めることができます。

「なんでこの前はあんなにやる気だったのに、今回は何もしないの?」と確実に態度が違う場合にはサイコパスの可能性があるのです。

サイコパスの人は、自分の利益になることであれば、素早い頭の回転の速さを見せます。

その時には、思考力が優れ、一瞬で物事を的確に判断し、結果を引き寄せていくのです。

頭の回転の速さを持つサイコパス気質の人は、一つの物事に打ち込む仕事などでは、リーダーシップを取る人もいます。

自分の為になることであれば、積極的に行い、必ずその目標の為に全力を尽くそうとするのです。

誰かのためでなく、自分自身の為に素早く行動を起こしていることを忘れてはいけません。

「頼りになるな」と慕われることもあり、コミュニケーション能力も高いことで、中心人物になることも少なくないのです。

周囲とサイコパスの目指すことが一致したときには、評価の対象となり、人望も厚く、確実な評価を手にすることができます。

罪悪感を抱く事がない

サイコパスの女性にある特徴は、罪悪感を抱く事がなく、感情に左右されないところがあるという部分。

「あの人に指摘されることが怖い…」「人の感情がないのかと疑ってしまう瞬間がある」と感じたことがあったり、実際に経験したりしたことのある人が大勢います。

サイコパスの人は、「ちょっと言い過ぎてしまったかな」「悪い事してしまったな」と感じていません。

他人に興味がなく、相手の感情を読み取ることをしないため、自分が発した言葉によって誰かが傷ついているということも分かっていないのです。

何を言ったとしても罪悪感を抱く事がないため、嘘も簡単に突き通すことができます。

サイコパスの人は、自分に対して利益のあることだけに徹底するのです。

それだけに集中することができるため、周囲との掛け合いや相手のことを考えて流されることがありません。

そのため、「これだ」と感じたものには徹底的に行い、自分の為に行動を起こし、時には周囲を巻き込みながら利益を出そうとします。

情で流されることがないため、物事に見切りをつけることも早く、「自分には必要ないことだ」と感じると、すぐに手放すこともあるのです。

感情に左右されず物事を見通すことが出来るため、失敗が少ないのも特徴の一つになります。

共感性に欠ける

サイコパスの女性の特徴は、共感性に欠けるところが目立つというもの。

「人の気持ちを理解できないのかな」「あの人と話していると、どんどん自信がなくなってくる」と、共感されないことで不信感を抱く人もいます。

サイコパスの大きな特徴として男女問わず、人の感情を汲み取れず理解出来ないことが挙げられます。

常に考えにあるのは、いつも自分の事ばかりです。

相手のことを考え、言葉を選んだり、行動を起こしたりすることはありません。

そのため、「あの人冷たすぎる…」「この前と全然態度が違うじゃん」となかなか理解できない人もいます。

自分以外の立場にたって物事を考えることはなく、相槌で反応を示しても、それはコミュニケーションを欠かすことができない人に対して行う行動でもあるのです。

しかし、自分の用が終われば、今までの関係もゼロに戻り、また新しい目標に向けて進みます。

サイコパス気質の人は、自分の事だけで物事を考える、いわゆる自己中心的なタイプです。

人に流されることなく、きちんとした自分の望むことを理解し、そこに向かって一直線に進みます。

相手がサイコパスであると気付かない人は多く、「変わってるな」「執着しているな」と感じる程度で、それが精神病者の傾向というのは見極めにくいのです。

サイコパスの男の特徴

虚ろな目つき

サイコパスの男性の特徴は、虚ろな目つきをし、目に活力がない印象を受けというもの。

「やる気ないのかな」「楽しくないのかな」「何か抱えていそうな暗い感じ…」と第一印象で感じる人も少なくないのです。

目は、人と顔を合わせる中でも一番相手に与える印象の大きな場所になります。

サイコパスは、将来に望みを持たない人が多く、それが目に表れているのです。

話すと、普通に会話ができるのに、目だけで見ると「何か怖い」と感じることがあります。

未来に期待を抱けないサイコパスは、短期間での目標しか持ちません。

何十年後という未来を想像しないため、目からの活力が感じられないのです。

また、サイコパスは虚ろな目をしていても、ターゲットを見つけると瞳孔が開きます。

「この人を利用しよう」「騙そう」とターゲットを見つけた時には、表情や態度は一切変わらないものの、目にだけ変化が訪れるのです。

サイコパスに会った時には、あなたと話すことで気持ちが高ぶり、瞳孔が開いていなか見ることが最も大事な注意点になります。

瞳孔が開いたと感じた時には、早い段階で距離を取り、今後は関わらないようにすることが大切です。

サイコパスは、何を考えているのか全く読み取れず、普通の人とは違う感覚や思考の持ち主。

そのため、早く見切りをつけ、その場を去り、逃げることがあなたの身を守る行動に繋がります。

常にスリルを求める傾向がある

サイコパスの男性の特徴には、常にスリルを求める傾向と言えます。

サイコパスの男性は、ストレスに強く、あまり精神的に疲れを感じたり、心身にダメージを受けたりすることがありません。

それよりも、精神的に疲れることを望む傾向にあります。

「面倒臭いことになる…」と避けたいと感じる人が多いことにこそ、とことん相手を追い詰めるほど追求する精神があるのです。

どんな状況が目の前に訪れても、サイコパス気質の人は冷静でいられます。

その状況をどう切り抜けようかと焦るのではなく、そのスリルを楽しんでいる感覚を持つのです。

あえて自分からスリルを求める行動に走る人も少なくありません。

日常にある生活では物足りなさを感じてしまうため、違ったことが起こるとワクワクします。

どんな状況でも楽しめ、突破するために様々なことを冷静に考えられるので、これは長所にもなる部分です。

切羽詰まった時には、冷静に物事を考えられる人は必要不可欠。

その大事な存在になりやすく、周囲に求められる人でもあります。

コミュニケーション能力に優れている

サイコパスの特徴を持つ男性は、コミュニケーション能力が非常に優れている点です。

社交的で愛想が良いため、人が近寄り、懐くことも。

しかし、それはサイコパスが隠し持つ裏の顔ではなく、表の顔。

何も感じないサイコパスだからこそ、誰とでも仲良くなることができ、色々な視点に注目がいくため、会話の繰り広げ方が上手いのです。

「楽しい」「助かる」「嬉しい」と感じられやすく、それでも並べている会話は本心ではない言葉がたくさん並びます。

サイコパスは基本的に自分の考えを本音で話すことはありません。

今までの会話が全て社交辞令であり、作り話で嘘をつかれていることは珍しいことではないのです。

相手の気持ちを自分に惹かせるためであれば、どんな嘘も平然とつきます。

目標が達成したときに、あなたから離れていくのも早いもの。

利用できる人間はすべて自分の利益になるため、操ろうとします。

サイコパスがコミュニケーション能力が高いことで、人に慕われ、奉仕を受けることもあるのです。

それを「当然のことだ」と考えているのも、サイコパスの特徴。

誰かとの関わりを持つことは、必ず自分自身に利益があるからなのです。

相手の気持ちを考えることなく、それでいて自信家なサイコパスは、人を支配することが当たり前の考えとして脳内にあります。

人の行動をコントロールするのも、コミュニケーションを取ることで行えている才能であり、言葉巧みであることから出来ている能力です。

感情が表に出ない

サイコパスの男性は、感情が表に出ないという特徴があります。

「あの人は何を考えているのか、本当に分からない」「表情が変わらない彼は、いつもどんなことを考えているのかな」と不思議に感じる人も多いのです。

サイコパスは、目先の感情に左右されることがありません。

たとえ自分が深く傷ついたとしても、それに慣れていることで、表情に出し「誰かに気付いてほしい」と頼ることは絶対にないことです。

自分が抱えるものだけでなく、相手が相談してきたことに対しても、感情が揺らぐことはなく、気持ちを理解することが困難なこと。

どれだけ辛い状況である話をされたとしても、一切表情が変わることはなく、それ自体を「可哀想」「辛いんだろうな」と考えることすらありません。

脳の一部分の欠如により、感情が欠落しているため、どんな状況でも、どんなに酷い話を耳にしても心で感じる事は何一つないのです。

サイコパスは犯罪者に多いイメージを抱いている人がいます。

確かに犯罪者になる人も多く、それは確実な計画性をきちんと立てていることで成し遂げているのです。

どの過程でも表情を変えることがないため、「あの人危ないかも」と気付ける人が周囲にはいないことが多々あります。

表情を変えないだけでなく、自分の感情を素直に表すことがないため、何を考えているのか分からない、危険人物となるのです。

嘘をつくことに罪悪感を抱かない

嘘をつくことに罪悪感を抱かない男性は、サイコパスの特徴だと言えます。

サイコパスの男性は、利用できる人は、何にでもどんな状況でも使うのです。

男性は、女性を利用することが多く、それが恋愛関係に発展することも少なくありません。

しかし、サイコパスの男性自身が強い恋愛感情を抱くことは難しく、その相手を心の奥底から信用することは基本的にないのです。

それでも、自分自身が良い状況に行くことが出来るのであれば、いくらでも耳障りの良い言葉をかけ、相手の心を動かすために行動を起こします。

それでも感情が欠落しているサイコパスは、浮気を何度も繰り返す傾向も。

浮気をしたこと、嘘をついていることに罪悪感を抱かないため、何度も同じことを繰り返します。

浮気性の人の中には、サイコパス気質の男性がいる事実を覚えておきましょう。

罪悪感を抱かなくても、相手が求めている言葉が分かるため、恋愛関係でも浮気が許されるケースが多々あります。

人を見て、何を考えているのか、求めているのか見抜く力にずば抜けた能力を持つのです。

それは、自分自身の気持ちが状況や相手からの言葉で揺れ動かないことで、常に対象者の様子だけを直視でき、言葉や行動を起こすことができます。

その優れた才能を発揮できる男性は、罪悪感を抱かないだけでなく騙すことが当たり前の行動だとも言えるので注意しましょう。

サイコパスを追い詰める撃退方法【身近なサイコパスに悩んでいる人向け】

弱点は長期的な考えを持ち出すこと

サイコパスを追い詰める撃退方法は、弱点である長期的な考えを持ち出すことが挙げられます。

サイコパスは、長期的に物事を考えたり、見通したりすることができません。

苦手というよりも、その考えを持つことができないのです。

サイコパスは短期的にまた短絡的に物事を考え、その中で自分がどう行動すればいいのか、どんな人を利用しようかと考えます。

目に見えないものは弱点となり、未来を想像することもできないのです。

「目標を達成するために、こんな行動が必要」という計画は立てられるものの、その時の状況がどうなっているのか、そのためにはどうすれば良いのかと、すべてを理想で繋げていくことができません。

短期的な欲望に囚われているため、様々なことを話す中で必ず自ら墓穴を掘ることが出ます。

短期的なことは考えられても、想像で繋げていく長期的なものには上手く纏まりきらない部分がある、話題を深堀されると相手は困るということ。

恋人がサイコパスだと気づいた時には、この方法で長期的なことを意識させることを行うと、相手は苦しくなり自然と去ります。

距離を置く

身近なサイコパスに悩んでいる人は、距離を置くことを大事にしましょう。

家族の中にサイコパスがいる場合には、「距離を置くことは難しいんじゃないの?」と感じますが、毎日側にいる相手だからこそ、効果的です。

「考えていることが分からない」「怖いと感じる瞬間がある」という場合には、近くに居すぎることは、相手を刺激することになり兼ねません。

あなたが感じているということは、必ずサイコパスである本人も気付いているのです。

その時に、刺激をしてしまうことで関係悪化という軽いものではなく、心身にダメージを負う可能性も十分に考えられます。

何日間か家を空けてみたり、本人との生活における時間帯をずらしたりするなどしましょう。

しかし、あからさまに態度として出すことは危険です。

「俺の事を避けてるな」と感じられると、感情的になりどのような行動に起こすのかは想像できません。

家族や身内である身近な存在だからこそ、行動には十分に注意しながら距離を取るようにしましょう。

相手が詰め寄ってくることが減り、あなた以外の誰かにターゲットを作るまで待つ時間を設けてください。

一人ターゲットを見つけると、その目標を達成するまではあなたには戻りません。

発言の裏を必ず取る

発言の裏を必ず取ることが、サイコパスを追い詰める撃退方法。

サイコパスが近寄ってくるということは、あなたを騙し、利用しようとしている可能性が高いことを忘れてはいけません。

サイコパスが持つ才能には、相手の目や表情などを見て、抱えていることや状況を簡単に想像することができることを挙げられます。

そのため、「今は利用しやすい」「チャンスかもしれない」と感じた時に急接近することがあるのです。

身近な人であるからこそ、「信用されやすい」と考えていることも確か。

しかし、たくさんの情報量を握っているサイコパスでも、すべてを完璧にこなせる人はいません。

それを証拠にするためには、必ず裏を取っておく必要があります。

裏を取られてしまえば、そこで考えている計画に望みを抱かなくなり、ターゲットを変更するのです。

サイコパスは、誰か一人に永遠と執着するわけではありません。

どのパターンであってもすべて短期間に行います。

あなたが利用されることを避けたいのであれば、口達者なサイコパスでも言い逃れできない証拠を用意しましょう。

これは、自分を守るだけでなく、サイコパスである相手の行動を阻止していることでもあります。

相手の為にも裏を取り、危険なことに向かわないようにしてあげることも大事なことになるのです。

占い師 深雪のワンポイントアドバイス

深雪

サイコパスと言えば、犯罪者や悪質な手口を使った凶悪犯のイメージを抱く人も少なくありません。

サイコパスが身近にいれば、何かをきっかけにして恐怖を感じる事があります。

しかし、サイコパスは決して悪い事ばかりが目立つのではなく、苦しい状況を経験した人でもあるのです。

あなたがサイコパスに対して、どう対応するのかが自分の身を守るために大事なこと。

信用されることはなくても、見守ることはできますし、自分に危険が及ぶ可能性のある時には、いち早く距離を取ることを心掛けましょう。

サイコパスは精神病者であり、自分自身で感情を抑えきることはできません。

それを理解しようとするのか、しようとしないのかで、あなたの心構えや関わる人は必ず変わるのです。

男女それぞれにあるサイコパスの特徴を熟知し、あなたの未来を壊す人を認識する知識を持ち、大事な自分の人生を守るようにしましょう。

micane公式LINE@で占い師がアナタを個別鑑定!

micaneの占いは楽しんで頂けましたか?

「micaneのあの占い師に個別鑑定をしてもらいたい…。」

「もっと無料の占いを試して見たい…。」

「鑑定結果で悩みをなくして幸せになる方法を知りたい…。」

こんな方は、micane公式LINE@に是非ご登録下さい!

micane公式LINE@ではmicaneで活躍する占い師の中から選抜された5名の先生に個別鑑定依頼ができると共に、定期的におすすめの占いを配信致します!

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事