占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。このページを訪れてくださったあなたへ、今一番必要なことについてお話するわね。

ウィズコロナになり少しずつ前に進もうとする経済や社会、世界中の人々が昔とは違う「変化」や「前進」にチャレンジしようとしています。

そんな中、私もあなたも今まででとは違う「変化」や「前進」が必要なのは言うまでもない事。

2022年になり、時代の流れの速さは過去の何倍にもなり光の速さになっています。その中で必要な

『変化』と『前進』

この2つが出来なければ、時代の流れに置いて行かれ二度と追いつけなくなってしまうかもしれません。

でも大丈夫。安心してください。

あなたに必要な「変化」と「前進」を知る為の、神の言葉を伝えるカードである『復縁の母』を試してみてください。

神の声を聞けば、時代を味方につけて真の願い、真の幸せを実現させる確かな方法がわかります。

心を開き、真実を受け入れれば、運命は必ずあなたに微笑みます!【今よりも遅い時はない!】この言葉を胸にあなたが幸せになる為の「変化」と「前進」の方法を手に入れましょう!

※20歳未満はご利用できません

オーラという個性を生かせば人生がより良くなり、なりたい自分になれます。

こちらではオーラがピンク色の人のスピリチュアルな意味や、特徴や性格、恋愛観、適職・向いてる仕事や運勢をお伝えします。

オーラカラーをクリアにする方法や、なりたい自分になれる補色オーラ、相性が良い悪いオーラの色や、芸能人まで余すことなくご紹介致します。

目次

オーラがピンク色のスピリチュアルな意味


オーラとは身体から発している波動のことで実際に目に見えるものではありませんが、スピリチュアル的にはそれぞれオーラを持っていて、そのオーラの色によって特徴や性格も違うとされています。

ピンク色には愛情と献身という意味があります。

見た目にも可愛らしく、女の子や女子をイメージさせるカラーで、心根が素直で純情、そしてロマンティストなので、見ている人に安心感や幸せを与えます。

ピンク色のオーラを持つ人は、その愛情深さや献身力をもとに行動をするという特徴があります。

また幸福感に関しては他のオーラカラーの人よりも大きく感じるということも。

包み込むような愛情を持ち、それを周りの人たちに与え、安心感や癒やしを与えることができます。

ピンク色のオーラが持つ意味は、「愛情」、「献身」、「優しさ」、「保護」、「センス」、「カリスマ」、「衝動」などの意味があります。

ピンク色のオーラは第5チャクラと深く関わるエネルギーで、身体的には心臓と神経系を司ります。

スポンサーリンク

オーラがピンク色の特徴や性格

女性らしさがある

まさしくピンク色は女性を象徴するカラーで、とても優しく柔らかな雰囲気を持っています。

これは男性でも同様でどちらかというと女性よりの雰囲気で優しさが前面に現れていることが多いでしょう。

またピンク色は温かくすべてを包むこむような愛のエネルギーを持っていて、そのオーラをまとう人がそばにいるだけで、場をほっとさせたり和やかな雰囲気になります。

さらに手先が器用で料理も上手、整理整頓好きで掃除もきちんとするなど家庭的なことも得意なので、いわゆる女性らしいというイメージをそのままピンク色のオーラを持つ人に当てはめることができます。

運気そのものが良い

ピンク色のオーラを持つ人の特に特徴的なところは、他の色のオーラの人と比べると抜群に運気が高いということです。

一定水準ですべての運気が高いのですが、本人はあまりそれを意識することがありません。

またちょっとしたことでも気にしすぎてしまうこともあり、運気が高いということにまるで気が付きません。

人から見ればどうでもいいような問題を相当気に病んでしまうということもありますが、結果的にはなんとかなっているというのも運気の高さのなせるワザと言ってもいいでしょう。

また運気が高いのは常に愛のエネルギーが放出されていて、自然と人にそれを分け与えているので、それが回り回って自分のところに返ってきているということも。

明るい気持ちで笑顔でいれば運気をキープできるでしょう。

安心感がある

ほんわかした雰囲気で、どちらかというとかよわいところもありますが、不思議と安定感があり、まわりを安心させる癒やしの力を持っています。

何よりも聞く力と人の気持ちに対しての共感能力が高く、その反応も素晴らしいので、ピンク色のオーラを持つ人に相談をすると親身になってくれて、さらに「大丈夫だよ」ということで、その人を心から安心させるようなパワーがあります。

誰かの傷ついた心に寄り添うことでさらにその持ち前の愛情のエネルギーは強まっていきます。

人を癒す力を持っている

天性とも言える癒やしの力があり、自然とピンク色のオーラを持つ人との関わりがあると、あらゆるものが癒やされていきます。

心が傷ついたとしてもその気持ちを話しているだけでなんだか元気が出てきたり、心の傷が癒やされていくという経験をするでしょう。

ただピンク色のオーラを持つ人は自分が持っているその素晴らしい力を認識することはあまりありません。

むしろ、その人のためになることを一生懸命やっているだけなので、技術的にどこをどのようにして癒やしているのかはよく分かっていませんし、言語化することもむずかしいでしょう。

また人から信頼されるので人気が高くどんどん人が集まってきますが、中にはエナジーヴァンパイアのように、癒やしの力を吸い取ろうとするような人も来てしまうので、しっかりと自分の心をガードする必要もあります。

感受性が優れている

共感能力が高く、またいろいろな人の気持ちがダイレクトに自分の心の中に入ってくるので感受性が人並み以上に優れています。

そのために非常に感情が豊かで、喜怒哀楽もかなり激しいでしょう。

また自他共に認める泣き虫で、ちょっとしたことで涙が出てきてしまいます。

感動的な映画を見ると主人公の気持ちがスッと自分の中に入ってくることも。

感情そのものを主観として味わうということがあり、そこに自分と他者との境界線がとても低いためです。

また多くの感情を経験することで人間性がどんどん成長していきますが、感じたことなどを書き記したり、詩を書いたり、なにかの芸術作品として表現するなどアウトプットをすることも大切です。

インプットが多い分、アウトプットをするというバランスに気をつけるといいでしょう。

可愛いものが大好き

ピンクといえば「可愛い色」の代表格ですが、ピンク色のオーラを持つ人は実際に可愛いものが大好きで、ファッションや小物、インテリアに至るまで誰から見ても可愛らしさを感じさせるものを好みます。

雑貨屋さんに行くことも好きだったり、お気に入りのキャラクターグッズを集めることも大好きです。

またピンク色そのものを身につけることも好きで、気分が高揚したり、実際に運気が上がる作用もありますので、ここぞというときにはファッションに取り入れるのもおすすめです。

直感力がある

じっくりと論理的に考えたり、物事を構築することはあまり得意ではありません。

しかし感覚的にとても優れているので、パッと何かを見て瞬時に理解することができます。

その根拠は、というとよく分かってはいません。

ピンク色のオーラの人にとっては、「感じる」ということが判断や決断の最も大きな基準になっています。

何かを選択するのもこの直感によるところが大きく、「よくわからないけど、なんとなくこっちがいい」と思うものを選びますが、運気の良さもあるので、その判断はあまり間違ってしまうことはありません。

もっと自分の直感力に自信を持つことで、自分自身に対しても揺るぎない自信を持つこともできるようになるでしょう。

夢見がちなロマンティスト

ピンク色のオーラを持つ人は想像することが大好きで、自分の心の中にもう一つ違う世界を持っています。

自分だけのファンタジーの世界、誰にも邪魔されることのない世界があります。

ロマンティストで空想好きなので、一人になるとあれこれと想像の世界に身を投じます。

少し行き過ぎてしまうと妄想になりがちで、現実の世界とのすり合わせがうまくいかないところもあるかもしれませんが、その世界があるからこそピンク色のオーラを持つ人は自分を守ることもできます。

直感力の鋭さ、そして感受性の高さからあらゆるものを感じ取る能力があり、それが独特の世界観を作り出しています。

「こうなればいいな」という世界で満足感を得ることもできるのです。

誰に対しても平等で公平に接する

優しく、どのようなことも受容する気質を持っているので誰に対しても優劣をつけずに平等、公平に接することができます。

その優しい雰囲気に惹かれて多くの人が集まるので人気も高いでしょう。

またコミュニケーションをすることも好きなので、自然と人の輪の中心にいる場合も多いのですが、羨ましがられたり、嫉妬されてしまうこともしばしばあります。

嫌われているとわかるとそれを気にしすぎてしまい、自己否定的になったり、控えめになってしまうこともありますが、あえて突っぱねるという強さを持っている方がいいかもしれません。

気配り・心配りの天才

人の喜ぶ顔を見るのが好きなので、誰かと会うときにはなにかしらプレゼントを持っていくことを好みます。

ちょっとした気配りや心配りをすることも多く、それが無理なくできてしまいます。

そんな気遣いから自然と「いい人だな」「優しい人だな」という意識を人に与えることができます。

またプレゼントなどを選ぶときも、相手は何が嬉しいかということを基準に考えるので、非常に喜ばれるでしょう。

いわゆる「お返し」などを期待せず、与えることだけが目的ですが、与えることが多くなれば、受け取ることも多くなります。

物であれ、愛情ある言葉であれ、人生の中でたくさんのものを受け取ります。

子供と動物が好き

ピンク色のオーラを持つ人は成長してもどこか子どもや動物と心を通い合わせることができます。

子どもや動物などの無邪気な姿を見ていると非常にホッとするということもあるでしょう。

また子どもや動物からもその優しさが伝わるので、好かれやすいという特徴もあります。

野良猫に話しかけたらついてきてしまった、という経験も多くあるかもしれません。

またストレスなどがたまったときには、動物の動画などを見ると心底癒やされることも。

その適性を生かして、子どもや動物と関わる仕事をするのもいいでしょう。

たとえ言葉がわからない動物でも、接しているとダイレクトにその動物の気持ちが伝わります。

繊細でかなり傷つきやすい

あらゆることに敏感で、共感能力も長けているのでデリケートで傷つきやすいこともあります。

ちょっとした一言がぐさっと心に刺さってしまうことも多く、なかなか気持ちを切り替えることができません。

また自分のことではない悲しいニュースなども敏感に反応してしまうので、エンパス的な性質を持っている可能性も。

ある面では意識的にシャットアウトすることも大切です。

自然にしているとどんどん良いものも悪いものも自分の中に取り込んでしまうようなところがあるので気をつけなければなりません。

人生を通してこのような気持ちのコントロールや情報に対してのスタンスなどのとり方が課題になります。

変化や意外性がある

ピンク色のオーラを持つ人は割と人生のアップダウンを経験することが多いでしょう。

常に安定していたい、穏やかに暮らしたいと思う反面、出来事が次から次に立ち起こってきて、それに対処しなければいけないことも。

また自分では普通にしていても、人から見るとイメージと違っていて「意外だね」と言われるような趣味を持っていることも。

ピンク色のオーラを持つ人と変化や意外性は実は切っても切り離すことができないもので、このようなことを経験するのは大切な成長をするため、そして人間性をさらに深くするために起こされています。

わがままに振る舞うところもある

率直な感情表現や「こうなりたい」という意識の強さがあり、それが噛み合わないことでわがままになってしまうところもあるでしょう。

ある面では短所にもなり、自分の感覚や好みに従って行動してしまうわがままさが際立つところもあります。

そのために相手のアドバイスを聞かないこともあり、頑固なこだわりで自分なりのやりかたを突き通してしまうことも。

また好きな人や安心できる人の前では、依存性も強くなってしまうので気をつけなければなりません。

幼さが抜けない

思いやりや優しい配慮をすることができますが、どこか幼さやあどけなさが残ります。

これは素直さや純粋さともつながりますが、年齢を重ねてもまるで少女のような部分があり、独特の魅力を作り出しています。

また周りの人からすればピンク色のオーラを持つ人は守ってあげなければいけない存在として受け止められます。

異性であれば、かなり男気の強いタイプから好かれることも多く、結果的にピンク色のオーラを持つ人に人生を捧げ、尽くすことになります。

自らが尽くすことが大好きなピンク色のオーラを持つ人ですが、それ以上に誰かから尽くされることにもなっている不思議な連関性があります。

スポンサーリンク

オーラがピンク色の人の恋愛観

ピンクのキャンドル

思わせぶりに思われてしまう

ソフトで優しく誰にでも平等に接し、どんな人でも献身的になってしまうところがあるので、異性からは「自分のこと、好きなんだ」と思わせてしまうことや、勘違いされてしまうことが多々あります。

同性からはそのようなピンク色のオーラを持つ人は、誰にでもいい顔をしてぶりっこしていると思われたり、交際相手からすると誰にでも優しくすることで不安感を抱かせてしまう場合もあります。

ストーカー被害などに合う確率もかなり高くなります。

同情心から恋愛が始まる場合もある

完璧な相手を好むよりも少しダメなところがある人を愛してしまう傾向もあるでしょう。

これはピンク色のオーラを持つ人がもともと困っている人を放っておけない優しさがあり、また「自分がなんとかしたい」というような心意気の持ち主なので、人から見ると「なんでこの人を選んだの?」と思うようなタイプでも、好きになってしまうと冷静に見つめることができません。

未熟さや同情心からの恋愛でトラブルに巻き込まれたりすることもあります。

クールな相手は苦手

ピンク色のオーラを持つ人はとことん相手に愛情を注ぎます。

また同様に相手からの反応があってこそですが、相手によってはどんなに愛情を注いでも、クールな反応をされたり、「好き」という気持ちを伝えてくれないなど、予想するような行動に相手が出てくれない場合、かなり落ち込んでしまいます。

まるでこの世の終わりのような感覚になってしまい、どうすればいいかわからなくなってしまいます。

相手に合わせすぎてしまうことで自分らしさを失ってしまうことも。

恋愛をすると周りが見えなくなる

恋愛することはピンク色のオーラを持つ人にとっては原動力の根源です。

それがあるからこそキラキラとオーラが輝きだします。

また愛したい愛されたいという思いが両方とも強いので、何は差し置いても恋愛が一番になってしまい、夢中になりすぎて他のことが見えなくなってしまうことも。

仕事などではミスを連発したり、食事なども胸が痛くなって食べることができなくなるほどの切なさなどを覚え、どんどん痩せたり、または睡眠時間も少なくなるなど何かとバランスを崩しやすくなってしまうことも。

また恋人との時間が一番大切で友人や家族などの関係が疎かになることもよくあります。

相手の言動を深堀りしすぎる

好きな人ができると、その人に集中してしまいがちなので、相手のちいさな言動を見落とすことはありません。

そのためにいちいち相手の言葉や行動にとらわれすぎてしまい、気にしすぎてしまうこともあります。

「なんだか今日は表情が暗かった」ということがあれば、「もしかしたらわたしは嫌われているのかも・・」とぜんぜん根拠もない発想につながってしまうこともあり、自分で作った思い込みに支配されてしまうことも。

そのうちにストレスがたまり、ある日、大爆発して相手に感情をぶつけてしまうこともあります。

オーラがピンク色の人の適職・向いている仕事

保育士

子ども好きなので、子どもと接する仕事は大きなパワーを充電することに繋がります。

人から見れば、面倒くさいと思うようなことも、子どもを単に子供扱いするのではなく、きちんとその子が自分の力でできるように教えたり、時間をかけてサポートをしながらできるようにするなど、素晴らしい才能を発揮します。

またきちんと叱るときには叱るので、子ども好きといっても猫可愛がりすることはありません。

メイクアップアーティスト

クリエイティブなセンスと美意識が高いので、その人の持っているものをさらに美しくすることに才能があります。

またカラーセンスなどもあるので、直感的にその人が何色を身につけると魅力的になるかということも見抜きます。

人とのコミュニケーションも好きなので、そのすべての要素があるメイクアップアーティストは特定の顧客がつくなど人気のアーティストになるでしょう。

セラピスト

癒やしの力があり、また聞く力も持っているので、セラピスト的な働きをするのも才能があります。

マッサージ師やアロマセラピストなど直接人の体に触れるセラピストでもいいですし、話を聞いて共感し、一緒に解決方法を見出していくというカウンセラーでもいいでしょう。癒やしを与える業界全般に才能があります。

ただ、女性だけの職場や人間関係がきつい職場だと精神的に疲れやすくなってしまうので、どのような環境で働くかも重要になります。

ネイリスト

手先が器用で美的センスと可愛いもの好き、また特にキラキラ光るラインストーンも大好きなのでネイルアーティストとして活躍することもいいでしょう。

技術を身に着け、働くようになれば、人柄の良さ、話やすさ、すばらしい技術の提供で、どんどん顧客を増やし、独立開業することも夢ではありません。

また個人経営すれば、煩わしい人間関係に悩まされることはないので、好きなように仕事を発展させていくことができます。

また趣味が仕事になるので、仕事のストレスも感じないでしょう。

サロン経営

特に美容系や癒やし系など、ピンク色のオーラを持つ人が得意とする分野での経営は素晴らしい業績を残せるでしょう。

ただその場合はこれまでの経験が物をいうようになります。

大手のサロンでの就業経験、経営者としての勉強など身につけることは多くありますが、気遣いの丁寧さ、美的センスの鋭さもあり、またビジネスパートナーにも恵まれますので、サロン経営者として働くこともふさわしいでしょう。

オーラがピンク色の人の運勢

総合運

ピンク色のオーラを持つ人の人生の大きなテーマは愛することです。

そしてそれは恋愛だけではなく、最終的には自分を愛せるかどうかが何よりも大切なことになります。

ピンク色のオーラを持つ人は、あまり自分に自信を持つことができません。

「これでいいのかな」というように躊躇する気持ちを常に抱えていて、漠然とした不安を持っているのです。

そしてそれが大きくなると自分を否定したり、嫌悪感すら持つようになってしまいます。

そのような気持ちを払拭すべく、他者を愛すること、献身的になることをし、愛情を与えます。

しかしいちばん大切なことは自分を愛することです。自分を大切にすること、愛するからこそ、他者を愛することができます。

自分を見つめずに、他者だけに愛そうとしてもそれは無理が来てしまい、やがては終わりがきてしまいます。

また無意識に自分と向き合わずにいるために他者を愛することにより逃げていることも。

ピンク色のオーラを持つ人の運勢は決して悪くありません。

運気の良し悪しで言えば、他のオーラの人よりもかなりいい方です。

しかしそれに気が付かずに、自分は不幸なんだと思い込んだり、悲劇の主人公になりきってしまう場合もあります。

大切なのは運気の良いことをもっと有効的に使うこと、感謝の気持を持ち、人生に向き合っていくことです。

また人生の中で大きな変化も度々経験しますが、そんな中でも愛することを基準に行動するといいでしょう。

ピンク色のオーラを持つ人は時として、愛されることを望みますが、それは最終目的ではありません。

愛することによって幸せな人生は完成するということを忘れずにいてください。

金運

かなり運気的に恵まれているので、生活するのには不自由がなく特にお金に困ることはないほどの強力な運気の持ち主です。

また愛情深く笑顔で人に接することで、それがどんどん金運の良さにつながっていくほどですが、自分の外見にこだわりがあり、おしゃれをすることも大好きなので散財してしまうこともあります。

可愛いものを手に入れたい欲求はなかなか抑えることができないので、小さな金額なものでも塵も積もれば山となるで、後先考えずにお金を使ってしまうことも。

また結婚をすると、精神的に大きな安定感を得られ、家族のためにお金を使うことを第一にし、また節約することに喜びを覚えるようにもなるので、金運は安定していき、安定的に貯蓄をすることもできます。

健康運

安定していればとても良い健康運ですが、人からの気を受けてしまうことも多く、ちょっとした一言に大きく傷ついてしまう繊細な心を持っています。

またそのようなときには、いつまでもネガティブな気持ちを自分で変えることができず、悶々としてしまったり、同じ考えがぐるぐると頭の中でループしてしまうようなところもあります。

メンタル面でのゆらぎが自然と体調に現れることも多いので、風邪を引きやすくなったり、胃腸が痛くなったりと何かと小さな不調を感じることも多くあります。

ストレスも貯めてしまいやすいので、無理をする前に調節したり、健康を過信しすぎない心がけが大切です。

オーラがピンク色の人が濁りがちな自分をオーラカラーをクリアにする方法

オーラがピンク色の人がなりたい自分になれる補色は「グリーン」

ピンクとグリーンは自然界でも切っても切れない相性です。

ピンクのお花が咲くのは、グリーンの葉っぱや茎があるからこそで、ある面ではピンク色のオーラを持つ人が自分を輝かせるためには、グリーンの力を必要とします。

これは例えば、ピンク色のオーラがときに行き過ぎてしまうところがあります。

可愛さがあまって自己中心的になったり甘えや依存性が出てきてしまうこと、感情的で幼い行動を取ってしまいそうになるとき、補色のグリーンは自然と調和や調整をする働きをし、良い方向にピンク色のオーラを持つ人を導いてくれるでしょう。

主観が強すぎれば客観性を与えてくれたり、感情をセーブするような働きをします。

オーラがピンク色の人と相性が良いのはオーラが「ピンク」、「白」の人

ピンク

同じピンク色のオーラを持つ人とは気質が似ていて心根がとても優しく、全てを包むこむような温かさを持っています。

そのためにお互いが安心して心を開き、くつろぐことができます。

またマイナス点を指摘することなく、上手に合わせてくれるでしょう。

いろいろなことを楽しめる関係です。

特に趣味などが一致していれば、かなり盛り上がり会話にも事欠かないでしょう。

同様にオレンジ色のオーラやパステルカラーのオーラを持つ人とも高相性です。

白い色のオーラを持つ人もオレンジ同様、包むこむような温かさを持っています。

また白いのオーラを持つ人は精神的に自立していたり、依存傾向が少ないため、大人の雰囲気を持っています。

ピンク色のオーラを持つ人からすれば、お兄さん・お姉さん的な感覚で頼りにしたり、甘えられる存在です。

そんなとき白い色のオーラを持つ人は甘えん坊のピンクのオーラの人を上手にリードして正しい方向に導いてくれるでしょう。

オーラがピンク色の人と相性が悪いのはオーラが「グレー」、「黄緑」の人

グレー

グレーのオーラを持つ人は、物事をはっきりすることがあまり好きではなく、ピンク色のオーラを持つ人からすれば、何を考えているか全くわからないので、自然と不安感や恐怖心を持ち、苦手意識を持ちます。

掴みどころのなさから自分がどのように接したらいいのかわからなくなってしまうでしょう。

黄緑

基本的な価値観が全く違うので、話していても会話に行き詰まってしまいます。

そんなときかなり焦るのはピンク色のオーラを持つ人で、「自分が悪いのではないか」と思いこんでしまいます。

また黄緑色のオーラを持つ人からすれば、ピンク色のオーラを持っている人は、何かに付けてすぐ甘えようとしているように見え、単なるぶりっ子して得をしようとしているように見えてしまいます。

どちらかが我慢して合わせない限りはまるで接点がない相性です。

オーラがピンク色の芸能人

中居正広

高橋一生

バナナマン日村

エクザイル TAKAHIRO

安達祐実

篠原涼子

上戸彩

藤原紀香

ローラ

鷲尾伶菜

はるな愛

林家ぺー・パー子

占い師 聖子のワンポイントアドバイス

聖子
ピンク色のオーラを持つ人は愛情が大きく、それを周りの人も与えることができるの。

それは無条件の愛で、すごく純粋で尊いもの。だけどその分傷ついたりすることも多いの。

大切なのは、今の自分で大丈夫と思うこと。

相手に合わせすぎずに、自分を大切にすることを心がけてね。

あなたの生まれ持ったあなたが不思議なオーラ診断はこちら【真実のオーラカラーがわかります】

オーラの色の意味14種類の性質や特徴はこちら

【期間限定】全ての人を幸せに導く運勢診断


こちらを最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

もしも仕事や恋愛やお金は健康の事などで少しでも悩んでいるのなら【運勢診断】の占いを初回無料でプレゼントします!

運勢診断では今、あなたが抱えている悩みが近いうちに解決するのか占います。

仕事、恋愛、人生…など、あなたが抱えている悩みを解決し、充実したライフスタイルを送りましょう!

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【運勢診断】を初回無料でプレゼントします! 片思いのあの人や、彼氏や夫との事も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

鑑定結果や診断結果でアナタの悩みは解消しましたか?

鑑定結果や診断結果であなたの悩みは解決しましたか?

もしも、少しでも不安や悩みがあるのなら、こちらのLINE@に友達追加して頂くと、あなたの悩みの種類やオーラの色から、更に詳しい鑑定結果を悩みや不安の解消法と共にお送り致します。

あなたの不安や悩みを必ず解消致しますので、LINE@へのお友達追加お待ちしております。

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事