「自分の人生、これからどうなるの?」、「わたしの運命ってどんなものなんだろう?」とふと、自分の人生がどんなものか考えていませんか?

そんな人生鑑定占いをお探しの方にオススメのページです。

こちらのページでは、あなたの名前をもとにあなたの「宿命」「運命」「使命」を無料の姓名判断で鑑定いたします。

またこのページの下のコラムでは、自分でも気が付かない自分の本質を知る方法も紹介します。

よく当たると評判の人生鑑定占いです!

是非お試しください。

人生鑑定占いで「宿命」「運命」「使命」を無料で占う

女性 男性
https://micane.jp/fortune-onomancy-life-appraisal-result1,https://micane.jp/fortune-onomancy-life-appraisal-result2,https://micane.jp/fortune-onomancy-life-appraisal-result3,https://micane.jp/fortune-onomancy-life-appraisal-result4,https://micane.jp/fortune-onomancy-life-appraisal-result5,
https://micane.jp/fortune-onomancy-life-appraisal-result6,https://micane.jp/fortune-onomancy-life-appraisal-result7,https://micane.jp/fortune-onomancy-life-appraisal-result8,https://micane.jp/fortune-onomancy-life-appraisal-result9,
5
4

本当のわたしって?自分でも気が付かない自分の本質を知る方法


自分って一体どんな存在なんだろう?あるいは自分の好きなことってなんだろう?

自分に向いている仕事ってどんなものなのだろう?

本当にこのままでいいの?と考えてしまうことがあるかもしれません。

これからの人生をただなんとなく生きるのではなく、もっとより良いものにするために、また幸せを手に入れるためには、意識的に人生を生きる必要があります。

そのためには、自分が一体どんな本質を持っているのかということや、自分でも気づいていない自分の姿を知ることが大切です。

自分でも気がつかない自分の本質を知れば、人生のあらゆる出来事につまづいてしまう前に、より良い方向を選び取ることもできるようになります。

そんな自分の本質を知る方法を教えます。今よりももっと幸せになるためには、自分自身をよく知ることが何よりも大切になります。

これまでの人生でワクワクしたことを思い出してみる

これまでの人生の歩みの中で、自分が何をしていたときにワクワクした気持ちを感じていたでしょうか?

ワクワクする気持ちは「好き」という気持ちと深く繋がっています。

これといって思い浮かばない場合は、いくつかの質問をしますので、それによって記憶を呼び覚ましてみましょう。

「幼稚園の頃になりたかったものは?」。

「小学校卒業までにワクワクしていたことは何?」。

「中学生時代にどんなことが好きだった?」。

「高校生時代にハマっていたものは何?」。

「大学生、専門学生時代に集中して取り組んでいたことは何?」。

「社会人になってからどんな夢を持っている?」。

これらのことは自分がワクワクしたり、好きだと感じるものを思い出してみましょう。

そして、紙に書き出してみてください。

さらに、そこから今も続けていることと今はやっていないことに分けてみましょう。

これにより、自分がどんなことが好きなのかということがわかります。

また今はもうやっていないことに目を向け、なぜやらなくなってしまったのかを整理してみましょう。

もしやめてしまった理由が続けたかったのに受験などが理由で諦めたり、だれかの発言に影響されてやらなくなってしまったということがあれば、人生のどこかでもう一度トライするきっかけもつかめるようになります。

自分が好きなことをしているときが、一番自分を輝かせたり、喜ばせたりすることに繋がります。

それにより自分をより深く理解し、本質そのものを知ることができるでしょう。

時間を忘れて夢中になる活動や仕事はどんなもの?

今、生活している中で、どんなことをしている時間が一番時間が短いと感じるでしょうか?

人間は好きなことをしていると時間が短く感じ、あまり得意ではないこと、嫌なことをしている時ほど時間が長く経つと感じます。

時間自体は同じ単位で刻まれているのに、自分の好き嫌いで感じ方が変わっていきます。

例えば、好きな人と過ごしている時間はあっという間だということを誰しも感じることがあるでしょう。

現在の自分の暮らしの中で、どんなことををしているときが一番時間が早くすぎると感じているでしょうか?

また、報酬や残業などを度外視して、没頭してしまうことがありますか?

時間が早くすぎるというのはそれだけ自分が集中的に取り組んでいるということで、時間を忘れてしまうほど没頭できるものです。

それにより自分がどんなことが好きなのかということが良くわかります。

人の評価を気にせずに、自分がやりたいこと、自分のために楽しめること、忙しい時間を絞り出してみても自分がやりたいことは何かを考えてみましょう。

そこに自分の本質が現れているのです。

これまでの人生の中で忘れられない体験は何?

時間が経過しても、いつまでも鮮明に思い起こすことができる記憶は、自分の本質を形作っているもの、あるいは自分の価値観そのものを形成するものになります。

その思い出がたとえ良くないものだとしても、その出来事が自分にどのような課題や学びをもたらしたのか、それ以降に自分はどんな変化を辿ってきたのかを振り返ることで、自分にとってその出来事がどのような意味を持つのかということを知ることができます。

記憶は自分自身を形成し、内面に深く影響を与えるので、様々な人生の体験や忘れられない出来事の積み重ねが自分の本質を形成すると言っても過言ではありません。

また人生で何か大きな決断をすることもあると思います。

大きな選択ではなくても、常に人間は何かを選び、何かを選ばないことにより自分の人生の歩みを進めてきているのです。

例えば、就職先が2つあったけど、どちらを選ぶかということや、二人の異性からアプローチをされ、どちらかを選ぶなど、その選択肢は様々なもので、何かを選ばざるを得ません。

また大きな決断を選択した時、何か自分にとって重要で忘れられない体験をしたことと繋がっていることもあります。

自分が素直な気持ちでそれを選択したならば、その決断を選ぶ理由になったものを考えると、自分自身の本質的な部分を知ることができるでしょう。

何かを選ぶ時、そして選ばないときには必ず理由が存在します。

その理由を考えてみると自分の本質そのものに触れることができるのです。

占い師 聖子のワンポイントアドバイス

聖子
「自分の本質」っていうと、抽象的でわかりにくいかもしれないけれど、「自分そのもの」と言ってもいいかもしれないわね。

でも自分が自分のことを全て理解しているわけではないのよ?

自分を知るためには4つの窓があるということを心理学では言うの。

「ジョハリの窓」というんだけど、一つは「自分も他人も知っている自分」。

これは自分の良い部分ね。

二つめは「自分は知っているけど他人が知らない自分」。

自分だけが知っている自分の秘密のことね。

三つめは「自分は知らないけれど、他人が知っている自分」。

これは自分の無意識のクセなどにもつながるわね。

そして四つめは「自分も他人も知らない自分」。

まだ未知の部分でこれから開発されてくるところね。

自分自身の本質はこんな四つの窓で作られているというのも面白い考えよね。

一つ目の「自分も他人も知っている自分」の姿を前面に出していくことで、仕事や人間関係もスムースになると言われているわ?

自分の良い部分を知って伸ばして行くことで、ほかの3つの窓もバランスが取れてくるのよ。

そんな成長がさらに自分の本質を明確にすると言われているわ。

もしあなたの命があと1年なら何をしたいですか?


自分の本質を知るのに一番的確なのがこの質問です。

年数のところは3年や5年などスパンを変えてもいいでしょう。

もし本当にあと数年だとしたら、自分は真剣に何をしたいと思うのかを具体的に考えてみましょう。

誰しもやがて死を迎えるものです。

その時に「良い人生だった」と思えるのは、自分が好きなことやりたいこと、成し遂げたいことを達成したからこそ言えるのです。

そのことと自分の本質は密接に繋がっています。

あと、数年の命なら自分は何をするのかということを考えると自分の知らなかった自分の本質と出会えるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事