元カレとどうしても復縁したい。

「あの時こうしていれば別れずに済んだかもしれない」

「あの人よりも良い男はやっぱり居ない…」

など、1度は別れたけれども、未練が残り、時が経っても恋心が忘れられず復縁したいと思って居るあなた。

別れた理由は様々あったかと思いますが、どんなカップルでも関係を再構築出来る可能性はあります。

なぜならどんな別れの状況や原因だったとしても、自分にメリットがあるとお互いが判断すれば再構築に踏み切る事が出来るからです。

ただし、よりを戻す、再構築というものは一歩間違えると、復縁のチャンスが減っていき手詰まりの状態に陥ってなかなか難しくなってしまうもの。

よりを戻す為に悩んでいるあなたの為に、復縁から関係の再構築が成功するまでのお役立ちポイントを紹介します。

また、無料のタロット占いで、元カレの今の気持ちやよりを戻す可能性、方法を鑑定します。

元カレの今の気持ちや、よりを戻す方法を占う

nvt:カードにタッチすると占いがはじまります。:お好きなところでカードを止めてください。:カード展開中...:お好きなカードをタッチしてください。:結果ページを表示します。
結果1
結果2
結果3
タロット占い

基本的な復縁への流れ

復縁への流れ
別れ⇒冷却期間⇒連絡⇒デート⇒再構築。が基本の流れですね。当たり前の事ですが、再構築までの流れというのは「普通の恋愛のプロセス」と大差ありません。

問題は期間の問題です。

冷却期間から連絡に至るまでが、まずあなたの元カレの中での立場の回復を。デートする段階で恋愛対象という事になるのですが。

大体の冷却期間は長く見積もって半年を目安としましょう。

その間にどういう行動を取れば元カレとよりを戻す時に引かれないか説明していきます。

「うざい」と思われる言動や行動、3つの項目

ウザいと思われる三つの項目

別れた直後から不自然に連絡をする・再構築を迫る

別れた直後は誰しも「距離を置きたい」と思っています。そうでなければまず、別れ話が出てこないでしょう。

そんな心境の時に頻繁な連絡が来ると鬱陶しく思われてしまいます。気持ちが少しでも残っていたかもしれないのに、それが原因で完全に心が離れてしまう可能性が高くなってしまいます。

付き合っていた時と全く同じ距離感で接してくる

「別れた」のですから彼女ヅラするのは辞めましょう。けじめがつけられない関係を引きずるだらしない女性だと幻滅されてしまいます。

あくまで「知人」もしくは「女友達」として接する事が肝心です

恋愛は二人でするもの「冷静な事態の把握」を

「かわいそうな自分アピール」を気付かない内にやっていませんか?「自分が全て悪かった」「もっとあなたを大切にするから、謝るから」と自分でも気付かない内に酔ってしまっていると

元カレから見れば、自分の事しか見えていないんだな、という感想を抱いてしまいます。

これら3つの事をやってしまうと元カレの気持ちは完全に冷め切ってしまいます。冷却期間が永遠の別れの節目になってしまうのです。

別れの原因によって冷却期間の調整を

冷却期間中
双方に原因がある軽い喧嘩から、どちらかの浮気という深刻なパターンまで様々ありますが、両方に別れた責任があり、お互いに謝り易いのならば半年という期間を待つ必要も無く、お互いの頭が冷えるまで冷却期間を置く事です。

逆に片方に別れた責任があり、心象も最悪という浮気といった場合は半年以上を必要とするかもしれません。

一番難しいのはお互いにときめきを感じなくなった場合です。この場合の冷却期間はランダムですが「お互いが恋しくなった時」が冷却期間の脱却時期でしょう

元カレが復縁を願っている時の態度

元カレの態度
勿論、よりを戻すのを願っているのはあなただけではないかもしれません。ここでは元カレが望んでいる時の態度を紹介してみます

「仕事忙しい?」「最近どう?」とあなたの現状を知りたがる

誰だって忙しい時に復縁の話を持ちかけられてもそれどころじゃないと突っぱねてしまいかねません。

復縁したいからこそ、あなたの余裕のある時を狙って、チャンスを伺っていると考えられます。逆に復縁を考えていないなら連絡すらしてこない筈です。

そんな時は素直になって今の状況を伝えましょう。忙しいならばいつごろなら暇になると予定を伝えると彼も動きやすい筈です。

弱音を吐いたり、色々と相談を持ちかけてくる

普通の男性なら気軽に他人に弱音を吐いたり相談をもちかけたりはせず、一人で解決しようとする事が多いでしょう

ですが、あなたにそんな話題を振って来るという事は「癒してくれる相手」「愚痴れる相手」として甘えているのです。

「甘える事が出来る特別な存在」としてあなたを評価しているという事です。

連絡やデートのお誘いが頻繁にやって来る

頻繁に連絡をしてきたり、デートのお誘いをしてくるのは、あなたとの復縁を早くしたいからこそ、積極的に行動しているのです。

そのデートで簡単にセックスしてしまうのはNGですが別れ際に次のお誘いがあれば、もう復縁したいと言っているのと同じ事。

あなたも忙しくない限りは、頻繁に彼の行動に応える事です。その代わり、あなたからは頻繁に連絡をしない方が元カレはあなたを追いかけてくる事でしょう

それだけ彼から誘ってくるという事は期待大なのです。

占い師 風守 涼のワンポイントアドバイス

風守 涼

さてそんな冷却期間の過ごし方ですが、元カレの感情が落ち着くまで待っている間は、会うのは当然NGですし、連絡もNGです。

嫌な気分をぶり返されてしまったら、更に嫌いという悪循環に陥るからです

例えるならば、嫌いな人と毎日顔を合わせていれば嫌なままです。

ですがずっと会わないで嫌いを通り超えて知らない人にまでなった人と顔を合わせてみたら実は良い所があったんだな、と思ったりする事はありませんか?

その心理と同じで冷却期間という時間をしっかりと取る事で元カレも気持ちをリセットする事が出来るのです。

どうせならその冷却時間は自分磨きに使ってみましょう。別れた直後のすがりたくなる気持ちを抑えて、別れの原因を克服した事が伝わると次の再構築に向かって動きやすくなりますし

成長したあなたを見せる事によって、あなたの魅力をもう一度彼にアピールしやすくなります。

復縁するにはどんな行動を具体的に起こせば良い?

具体的な方法
どのような行動を取れば「よりを戻したいな」と思ってもらえるでしょうか。冷却期間を過ごした後に取るべきポイントを纏めてみます

タイミングを見失わないで連絡を取る

一番解りやすいタイミングは誕生日です、次に落ち込んでいる時に傍に居たりと色々ですが、しかるべき冷却期間を置いた後、SNSやLINEで偶然を装い、声をかけてみる事です

LINEで普通に「久しぶり」と近況を聞いてみたり、元カレに恋愛感情を伴わない真剣な「相談」を持ちかけてみたりと頼る事もポイントが高いです。相談した時や頼った時は復縁を匂わさず素直に感謝の気持ちを伝えてみましょう

こうして元カレが自然に思える口実を作ってアプローチしてみる事も大切です。

アプローチの際アピールすべきは頑張ったという努力

勿論。冷却期間の間に「変わった」という事実は大切です。

それ以上に元カレに訴えかけるべきポイントは、どのように努力したか、というプロセスです。

しつこくアピールするのはNGですが、どんな日々を送ってこれだけ頑張ったんだよ、という努力は元カレの目線からあなたを再評価する際大きなプラスとなります。

どれだけ真剣に想っているかを1度の告白で決める

冷却期間をお互いに別々の生活で過ごした後に告白してみましょう。別れた直後ではその場の繋ぎとめにしか受け取って貰えませんが、しつこくしても男性側は引いてしまうので、告白の後「私はいつまでも待っています」という受身のスタンスを示すのが大切です。

復縁は計画を立てて実行を

計画をしっかりと立てて

復縁したいからといって、冷却期間をおかず闇雲に行動するのではなく、自分を磨き、客観的に相手と自分の関係性を整理すると復縁の可能性は高くなります。

焦りは禁物です。入念な計画がキーとなるのです

あなたの復縁計画がうまくいくことを祈っています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事