タロット占いで正義のカードを引いた時に、いったいどんな意味を持っているのか、知りたいという方は多いと思います。

特に相手の気持ちをあらわす位置や恋愛占いでこのカードが出てきた場合、相手はどういう気持ちで、恋愛ではどんな事が起こるのでしょうか?

また、タロットカードは正位置か逆位置かによっても意味が変わり、複雑な読み方をすることができます。

占い師にリーディングしてもらう時に、自分も意味がわかっていると、占い結果への理解が深まります。

そこで今回は、タロット占いで正義のカードを引いた時の意味や相手の気持ち、恋愛面の意味、そして未来で起こることを順に解説いたします。

それでは、正義のカードが持つ意味を見ていきましょう。

正義の意味

正義正位置の意味

一人の人物が、石造りの神殿の中で、厳格な面持ちで腰掛けています。

この人は右手で剣を掲げ、左には天秤を持ち、いかなる時も正しい判断を下す強い決意に身を引き締めています。

そのため、表情は厳しく、威厳のある態度を見せていますが、とても誠実で信頼できる人物です。

そんな正義の正位置が意味するのは、「公正な判断力」です。

正義に描かれている人物が剣と天秤を持ち、厳しい表情を浮かべているように、このカードが出てきたら、偏ることなく正しい判断をしなさい、という暗示です。

あなたにはその判断を下すための判断力も決意も備わっており、時に自分にとって厳しい結果となろうとも、きちんと判断することができます。

その判断は物事を良い方向へと導き、成功するという、ポジティブな意味を持っています。

正義逆位置の意味

一人の人物が、冷たい石造りの神殿で、偉そうにふんぞり返っています。

この人は右手で高らかに剣を掲げ、左手には天秤を持っていますが、剣はなまくら刀で、天秤は目盛りがあっておらず、正しく測ることができません。

威厳のある態度を見せていますが、厳しい表情は見せかけであり、自分の裁量で判定を変えるような信用ならない人物です。

そんな正義の逆位置が意味するのは、「目盛りの狂った測り」です。

逆位置で出てきた正義の人物が、自分に都合の良い判定を下そうと目論んでいるように、このカードが出てきたら、正しい判断をくだすことができず、謝った道に進む暗示です。

あなたは今、正常な判断力や倫理観を忘れ、自分が少しでも楽したり得したりできるように、人を出し抜くことばかりに気を取られており、正しい判断することができません。

その間違った判断は、物事を悪い方向へと導き、失敗すると予感させる、ネガティブな意味を持っています。

正義の相手の気持ち

正義正位置の相手の気持ち

相手の気持ちをあらわす位置に正義の正位置が出てくると、あなたは物事に対して誠実で公正な人物であり、信頼して物事を進めることができると相手が感じていることをあらわします。

まさに相手はあなたの「公正な判断力」を高く評価しており、その人間関係も、分別のある中立公正な間柄でいたいと感じています。

特に、医者や弁護士など、正しい判断力を必要とするポジションについている場合、信頼性が高いことを意味しています。

また、水平になった天秤のごとく、どちらかの意見に偏ることなくバランスが取れることを意味しています。

そんな厳格さと信頼が備わった、ポジティブな感情を読み取ることができます。

正義逆位置の相手の気持ち

相手の気持ちをあらわす位置に正義の逆位置が出てくると、あなたは物事に対して不誠実で忖度しかねない人物であり、とても信頼して物事を進めることができる相手ではないと感じています。

まさにあなたはその時の裁量で物事を決めるような油断ならない人物であり、その人間関係も、嘘や不正が重なって巻き添えを食ってしまう危険さえあると感じています。

特に、医者や弁護士など、正しい判断力を必要とするポジションについている場合、信頼性が疑わしく、頼りにならないと感じていることを意味します。

また、天秤のバランスがとれないように、どちらかの意見に偏る危険があることを意味しています。

そんな公平性が疑わしいネガティブな感情を読み取ることができます。

正義の恋愛面の意味

正義正位置の恋愛面の意味

正義の正位置が恋愛占いで出てくると、その恋は正式に認められた、結婚を前提としたお付き合いになる可能性を秘めていることを意味します。

互いを思いやり、バランスがとれているので、どちらかの尻に敷かれて支配される心配はありません。

縁談はスムーズに進みます。

信頼できる上司や親戚などから紹介されたお見合いから恋愛が始まることもあります。

これからも互いを思いやる気持ちを持ち、お互い様の関係を築いていくようにすれば、上手く釣り合ったお付き合いができるとタロットカードは伝えています。

正義逆位置の恋愛面の意味

正義の逆位置が恋愛占いで出てくると、その恋は周囲から認められない、道ならぬ恋になる可能性を秘めていることを意味します。

縁談は不都合な事態が起こって思うように進まず、破綻になる恐れがあります。

また、思いやりに欠けた愛のない関係になって、喧嘩が絶えなくなることもあります。

互いを思いやることができず、一方の望みだけが叶うような、バランスがとれていない不倫関係を意味することもあります。

互いを思いやる気持ちを持って、相手の助けになろうとする誠実さを示さなければ、付き合いは上手くいかないと、タロットカードは伝えています。

正義の未来で起こる事

正義正位置の未来で起こる事

正義の正位置が未来をあらわす位置に出てくると、偏ることなく正しい判断ができ、その結果、成功が待ち受けていることをあらわします。

今、重要な判断を迫られている人は、正しい選択をして成功し、周囲からも誠実さを認められて信頼を集めることになります。

また、判断に迷っている人は、このカードが出てきたら、自分が得することよりも、理性的に考えて判断することで、良い展開になっていきます。

自然と正しい選択を選びとることができる「公正な判断力」を持っているので、思い切って決断してみてください。

その結果、ポジティブな未来が待っていると、タロットカードは伝えています。

正義逆位置の未来で起こる事

正義の逆位置が未来をあらわす位置に出てくると、自分や味方にとって有利に働くことを優先するあまり、正しい判断ができず、その結果、失敗することをあらわします。

今、重要な判断を迫られている人は、誤った選択をして失敗し、あなたの忖度によって周囲から失望されて、信頼を失う危険を示しています。

また、判断に迷っている人は、このカードが出てきたら、理性よりも損得勘定で考えてしまい、正しい判断を下すことができず、今後、悪い展開になっていきます。

「目盛りの狂った測り」で物事を判断していては、都合良く判断をコロコロ変えるようになり、その先にはあなたの言動の信頼を失ってしまう、大きな痛手が待っています。

結果として、ネガティブな未来が待っていると、タロットカードは伝えています。

占い師 愛のワンポイントアドバイス

きりの良い数字の運命の輪を経た先の正義のカードには、1が重なっています。旅半ばとなり新しい局面を迎えたこの段階では、愚者の無責任で自由な雰囲気を脱して、強い意志と厳しさを感じさせる段階に来ているということなのでしょうか。物事にいつも誠実でいたい、正しくありたいと思う気持ちは誰しも持っています。でも、常に正しくあるということは難しいものですよね。正義が正位置で出てきたら、特に誠実に、正しい判断を下すように心がけて!あなたの判断が良い結果に繋がります。でも、逆位置で出た時は、特に注意。物事を見る目が曇っていて、正しい判断が下せないかも。その時何がベストなのかを判断するのって難しいですよね。迷った時は、心の善の部分に聞いてみて。占ってもらう時や自分で占う時にもし正義のカードが出てきたら、ぜひ参考にしてみてくださいね!!

まとめ

正義のカードは、「公正な判断力」を意味しており、その判断は物事を良い方向へと導き、成功するという、ポジティブな行動や感情をあらわしています。

誠実さを心がけて、判断しましょう。

あなたの決断は正しく、きっと良い結果が待ち受けています。

しかし、正義が逆位置で出てしまうと、「目盛りの狂った測り」を意味し、間違った判断が、物事を悪い方向へと導き、失敗するから判断には注意せよ、と警鐘を鳴らします。

自分本意な考え方は、結果的にあなたを悪い状況へと追い込みます。

理性と誠実を心がけて、正義の人物のように特に厳格な意思を持って判断してください。

いずれにしろ、タロット占いで正義が出てきたら、そのテーマに対して判断を下す時であると伝えています。

物事を決断する時の参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事