「もしかして今年は厄年?」、「なんだか最近うまくいかないことばかりだけど、これってもしかして厄年の前兆?」というように、自分の厄年が何時なのか?2020年は自分は厄年なのか?など厄年に関して気になる方にオススメのページです。

こちらのページでは、完全無料であなたの生年月日から自動の厄年計算で今年が厄年なのか?

いつ厄年になるのか?

前厄・本厄・後厄の過ごし方など鑑定いたします。

またこちらのページの下のコラムでは、前厄・本厄・後厄で起こりえる事や注意点などを紹介します。

厄年でも注意点を知っておけば良い運勢をつかむことができますよ!

完全無料であなたの生年月日から自動の厄年計算で今年が厄年なのか?いつ厄年になるのか?前厄・本厄・後厄の過ごし方などを占う

女性 男性
0
https://micane.jp/fortune-badyear-calculation-result1,https://micane.jp/fortune-badyear-calculation-result2,https://micane.jp/fortune-badyear-calculation-result3,https://micane.jp/fortune-badyear-calculation-result4,https://micane.jp/fortune-badyear-calculation-result5,
https://micane.jp/fortune-badyear-calculation-result6,https://micane.jp/fortune-badyear-calculation-result7,https://micane.jp/fortune-badyear-calculation-result8,https://micane.jp/fortune-badyear-calculation-result9,
5
4

どんな風に乗り越えればいい?前厄・本厄・後厄で起こりえる事や注意点などについて

厄年とはいわゆる人生の節目に起こり、その時期は体調の変化や心のバランスなどが変わる時期とされています。

厄年の本厄は男性なら「25歳」、「42歳」、「61歳」、女性なら「19歳」、「33歳」、「37歳」がそれにあたり、前厄、後厄は実年齢から数えて、プラスマイナス1〜2歳に当たります。

前厄や後厄の解釈は地域や個人によって違い、「厄年と同じように慎重に行動するべき」と考える人もいれば、「本厄のみを気をつけて、それほど気にすることはない」というようにさまざまです。

今回は前厄・本厄。後厄で起こり得ることやその注意点についてご紹介します。

知らないよりも知っていることでスムーズに厄年の期間を乗り越えることができるでしょう。

前厄で起こり得ること

「前厄」は本厄の前の年に当たり、一般的には本厄の次に悪い年と言われています。

本厄を前にして少しづつ体調や心の状態に変化がきたす年になります。

いつもと同じように過ごしていたのに、急に疲れやすくなったり、理由もないのにイライラしたり、悲しい気持ちになるなど、変化は人それぞれの出方をするかもしれませんが、心身のバランスが崩れやすいことで突発的な事故や怪我に注意をしなければなりません。

また離婚や訴訟などに巻き込まれやすく、大元の人間関係も何かとトラブルが起こりやすく慎重に行動しなければなりません。

特に、人間関係に関してはいろいろな面で問題が生じやすく、誤解を受けることもあるかもしれません。

しかし、悪いことだけではなく、直感が冴える年なので、ひらめきや良いアイデアが与えらえ、それを具体化することもできるでしょう。

何かと目立つので人前に立つ機会も多くなります。

前厄での注意点

心身に変化が起こると、どうしても身の回りに注意がいかなくなってしまうことで、ちょっとした事故や怪我などをしやすくなり、また大切なものを紛失したり、盗難などに会いやすいので、しっかりと気持ちを持っておくことが大切です。

また人間関係にいろいろな側面が生じやすいので、出会いや別れなどが起こされやすく、そのために感情の起伏も激しくなるでしょう。

特に噂話などに乗ってしまうと後々に人間関係に亀裂が入りやすくなるので、あまり調子に乗って話すことをしないほうが無難でしょう。

また大きな買い物やローン返済などでは出費が重なり自分で首を絞めてしまうことも起こりやすいので、金銭感覚をしっかりと持つことも大切です。

本厄で起こり得ること

様々な面でうまく立ち行かなくなる時期なので、災難に見舞われやすく、また自分の力ではどうすることもできないくらい大変なことが起きやすい年です。

厄年という観念が生まれた背景には、昔の人は短命でこの年に多くの人が亡くなったということもありますが、心身の変化が起こりやすく、重篤に体調に異変が起こることを意味しています。

またそれぞれ男女別に厄年の年齢を見てみると、結婚をしたり、子どもができたり、仕事などで大きな責任を任せられるというように人生の転機を迎える時期です。

環境が変化することで自分のペースを作っていくのに困難が生じやすかったり、バランスを崩しやすい時期だと考えると良いでしょう。

また、自分が気をつけていたとしても多くの場合、人間関係や社会環境なども影響し、トラブルが起こりやすく、それも重大な何かが起きやすい年です。

本厄での注意点

厄年なので絶対にやってはいけないということはありませんが、できるなら人生を大きく変化させるような重大な決断はこの時期は避けたほうが無難です。

引越し、出産、転職、起業、結婚、自宅を建築すること、新しく何かを始めることなどはできる限り控え、準備の期間をしっかりと持つことが大切です。

決してそれをやってはいけないというわけではありませんが、感情が先走っていないかどうかをきちんと見据えたり、準備をして整える時期とすれば乗り越えやすくなるでしょう。

また心身の変化が生じやすいのであまり無理をせず、自分のペースで過ごすことを心がけたり、人間関係も大きく広げるというよりは信頼できる相手との関係を深めることを意識すると良いでしょう。

後厄で起こり得ること

本厄の時期が過ぎると続いて後厄に入ります。

本厄と同じように、何か悪いことが起こると考える人もいればそれほど気にしなくてもいいというように考え方は様々です。

しかし本厄が終わったからといってすぐに本調子が出てくるわけではなく、徐々にペースを取り戻していく助走期間でもあります。

本厄の影響が残るため、病気やけがなどのトラブルやアクシデントには注意を払わなければなりません。

しかし運気は徐々に回復してくるので、あまり考えすぎすにポジティブ思考でいることや、希望を失わないことなどが大切になります。

後厄での注意点

「後厄だから」ということで自分の行動を縮小したり制限をしてしまうと、逆にチャンスを逃してしまう場合もあるかもしれません。

一番辛い時期は過ぎているので、楽観的にポジティブ思考でいるほうが運がむきやすくなることも事実です。

自分の体調の変化に気を向けながら、徐々に気持ちを外に向けたり、人間関係を広げ、社会との接点を持ち始めるのに最適です。

いきなりトップギアで走るよりは、徐々にペースをあげることを意識すれば問題はありません。

スポンサーリンク

占い師 聖子のワンポイントアドバイス

聖子
やっぱり厄年って無視できないものよね?

変わり目を迎える時期だから慎重になることが大切なの。

人間は年をとるから、いつまでも若い頃と同じというわけにもいかないし、年齢によってふさわしい過ごし方があるので、それに抗わないということが厄年を乗り切る秘訣といってもいいかもしれないわ?

心配なら厄払いをすることも良い方法


厄年はできるだけおとなしく過ごすということで大抵は乗り切ることができますが、そうもいってはいられない、あるいはすぐになんとかしたいという場合に効果があるのは厄払いをすることです。

自分が住んでいる地域に祀られている氏神さまにお参りをして厄払いをしてもらうことも念頭に置いておくといいでしょう。

どこにそれがあるのかは神社庁に問い合わせをすれば教えてくれますので、利用するのもいいでしょう。

また厄年だからこそ自分と向き合うこともできる時期ですので、良い過ごし方をして自分を知る機会にするといいでしょう。

スポンサーリンク
micane公式LINE@で占い師がアナタを個別鑑定!

micaneの占いは楽しんで頂けましたか?

「micaneのあの占い師に個別鑑定をしてもらいたい…。」

「もっと無料の占いを試して見たい…。」

「鑑定結果で悩みをなくして幸せになる方法を知りたい…。」

こんな方は、micane公式LINE@に是非ご登録下さい!

micane公式LINE@ではmicaneで活躍する占い師の中から選抜された5名の先生に個別鑑定依頼ができると共に、定期的におすすめの占いを配信致します!

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事