彼と別れて一ヶ月経ちました、今元彼は一体何を考え、何をしているのかと気になりますよね?

こちらでは無料のタロット占いで別れて一ヶ月の元彼の気持ちや復縁の可能性を鑑定すると共に

別れて1週間・2週間・3週間、一ヶ月、三ヶ月、半年と別れた後の期間別の男性心理の写り方を細かく紹介するのでじっくりと読んで参考にして下さいね。

別れて1ヶ月の元彼の気持ちや復縁の可能性を占う

nvt:カードにタッチすると占いがはじまります。:お好きなところでカードを止めてください。:カード展開中...:お好きなカードをタッチしてください。:結果ページを表示します。
結果1
結果2
結果3
タロット占い

別れた後の期間別の男性心理の移り変わり方

別れて1週間の男性心理

別れて1週間、あなたからの連絡も入らなくなって、自由になったとお一人様の時間を満喫している期間です。男性は基本的に自由を求める性質があるので開放感に浸っている時間だと言えるでしょう。

彼からすれば訪れた自由の時間をさぁ、満喫するぞ!と気合を入れている期間だという事です。自由に飲み会に参加出来る。友人と遊びに出かける事が出来る。文句を言ってくる彼女も居ないし!という開放感にどっぷりと浸っている状態だと言えるでしょう。

別れて2週間の男性心理

恋人という縛りがやっとなくなった事を実感し、まだあなたとの事を思い出す事は無いでしょう。あったとしても別れた直後の「あいつのあんな所が嫌だったんだよ」「別れた原因はあっちにあるんだから俺は悪くないし」と別れた理由を自己正当化しているのもこの時期だと言えます。

まだ別れた原因によってはあなたに対して嫌悪感を抱いている時期だとも言えるでしょう。その勢いで新しい女性からのアプローチが来たら直ぐに乗りかねない危険な時期とも言えます。気持ちの切り替えが早い男性と言うよりも「あの子よりもずっとこの子の方が良いだろうから付き合ってみるかな、別れたばかりだし」という理由で深く考えずにお付き合いを開始しかねません。

敢えてあなたの事を考えないようにするための、気持ちから逃げる事による防衛本能から来る衝動と言えるでしょう。今まで我慢していたことを開放して遊び尽くすのにも飽きてくる頃です、遊ぶのが当たり前になって来て心に余裕が生まれる時期でもあります

別れて3週間の男性心理

そろそろ別れた自由というテンションの高さが治まってくる時期です。別れたあなたへの嫌悪感も薄れてきます。次第に楽しかったことを思い出すようにもなる様にもなりますが、まだ一人という自由が気楽という時期でもあります。

あなたと別れた反動で新しい彼女を作ろうという衝動も収まり、もうちょっと一人で居ても良いかな?何かと気楽だしなと思う時期でもあります。そろそろあなたが居ない、連絡も頻繁ではないし、デートの約束も何も無いという2週間目頃から生まれてた心の余裕から、逆に今の自分に違和感を覚え居心地が悪くなって来る時期だとも言えます。

別れて1ヶ月の男性心理

別れて1ヶ月…やっと彼は別れたという事実を実感します「記念日がそろそろだな…そういえば別れたんだった」と一般女性よりも遅めに実感するのが男性心理という物です。

そろそろあなたの事を思い出して「あの頃は楽しかったな」と思う事もあるでしょうが、まだまだ一人という、恋人が居ない柵の無い期間を楽しみたいという心とやっと湧いてきたあなたが居ないという喪失感に揺れやすい時期だと言えるでしょう。

良く男性はフォルダ保存で恋愛をすると言いますが、今やっとあなたの事が彼の中で過去の恋愛というフォルダに分けられてしまいこまれた時期になります、そこからあなたとの良い思い出をそっと取り出して見つめる期間に入ったと言えるでしょう。

そこから一人が良いという気持ちと喪失感に揺れている心が、喪失感の方に傾き、思い出フォルダを眺めては悲しみにくれるという時期に入ったのです。あなたに新しい彼氏が出来たのか、自分の事はもう好きじゃなくなったのか。どうして連絡が来ないのかという不安や悲しみをやっと実感して考えて過ごすようになります。とはいえ、自分から連絡するのはプライドが邪魔して連絡が取れないというジレンマにも陥っている時期でしょう。

まだ思い出しても「ここが嫌だったんだけれどもな」とも思う事があり完全に昇華しきれていない部分もあるでしょうが、思い出に変わって来ている時期にさしかかっているので嫌だった部分よりも良かった部分をより一層思い出し、懐かしむ時期に入ったと言えます。

また、徐々に別れた直後に感じていたあなたへの嫌悪感が消えてくる時期でもあります。完全に消えたという訳では無く、懐かしむ気持ちの方が強いというだけですが、2週間目までや別れた直後に感じていたあなたへの嫌悪や怒り、悲しみが薄れて来ているとも言えるでしょう。

別れて3ヶ月の男性心理

ようやくこの時期になって1ヶ月頃感じ始めて居た喪失感にどっぷりと浸る時期になります。遅すぎると女性からからすると感じられるかもしれませんが、男性がこの心理に浸るようになるまでここまで時間が掛かるという事です。

過去の思い出フォルダからあなたの事を思い出して良い部分だけを見つめて過ごすようになるのです。あなたからも連絡は来ないし、どうしているかも解らない。別れる時には「ここが嫌だった」「ここが不満だった」というモヤモヤとしていた気持ちも和らいできて「あの頃は良かったな」「彼女もあんなに良いところがあった」とあなたの良かった所をばかりを思い出す様にもなって来るのです。

特にこれからの季節クリスマスなどのイベント事や長期休暇などがこの時期に当たったりすると「一緒に過ごす人が居ないと寂しいぞ」というぼっち感を感じ、周りのカップルが眩しく見える様になって来ます。人恋しさと寂しさを現実的に実感し今ある自由よりも付き合っていた頃の充実感が恋しくなって来る時期でもあります。急激に孤独感が押し寄せるようになって来て、あなたの存在の大きさを実感する様になってきたとも言えます。

彼女が新しく出来ていない場合「そろそろ新しい恋でもはじめようかな…?」という気分にもなって来る時期です。失恋という傷から癒え、別れとやっと向き合える様になったこの時期に次の恋へと向かう心の準備が出来る様になったと言えるでしょう。

また、この時期になってやっと別れたあなたの事を冷静に見つめる事が出来る様にもなります。付き合っていた頃から持っていた「あの子はああいう所がある」「こういう人間だ」という考えが付き合っていたからこそ存在していた考え方や偏った見方をしなくなり、フラットな気持ちで改めて見つめる事が出来る様になるのです。固執していた考えがようやく無くなる時期だと言えるでしょう。

別れて半年以降の男性心理

半年経って新しい彼女も出来ていない場合「本当に別れて正解だったのか?」と改めて自分を振り返るようになります。それまで「俺は別れた事を後悔していない」と自分に言い聞かせていた、自分と別れを正当化させていたプライドが軟化して、改めてあなたとの事を思い出し「こんな俺でもあの子は理解してくれてたんだな」「こんな俺を理解してくれる人が欲しいな」と本格的にパートナー探しに乗り出す事となります。

別れてすぐに感じてきた感情や葛藤を落ち着いて考えられる様になり、その苦しみを一人で乗り越えてきた事に気付く事によって「傍で支えてくれる人が欲しい」と感じるようになるのです。半年間の間仕事やプライベートで疲れてきた自分を、傷ついたり不安定になって来る時がやって来る時、その時に誰かに隣に居てほしいと考えるのです。

これは今までの一時的な彼女がほしいと望むリバウンド的な物では無く、本格的に恋愛する準備が整ってきたという事になるでしょう。その時にふっとあなたの事を思い出す時があるかもしれません。その時はもう既に過去の確執は彼の中では消え失せ、あなたの事は過去のフォルダに綺麗に収まっている状態でしょう。

占い師 風守 涼のワンポイントアドバイス

風守 涼

個人差はそれぞれありますが、大体の心の移り変わりというのはこういった形で変わってきます。本来一人が好きだったという男性でしたら、お一人様期間をかなり延長させる事でしょうし、恋愛気質な男性でしたら2週間目の段階で新しい彼女を作って居る可能性も高いのです。

あなたの別れた元彼はどんな性質の方でしたか?あくまでもこの例は目安ですので、元彼の性格によってまた違う事となるでしょう。男女の失恋後の期間の過ごし方の差にも驚かれたかもしれません。それだけ差は大きいのです。心のあり方の本質が違うので仕方が無い事ですが、今の元彼がどんな心境でいるかの参考となれば幸いです。

男性ならではの心境の変化を理解し復縁を目指しましょう


元彼が未だにあなたに対して別れた時の感情を引きずっている様では復縁もままなりません。きっと復縁を申し込んでも上手く行かない事でしょう。逆に彼があなたに対して懐かしみ、また愛おしく思っているならば復縁は上手く行く筈です。

男性ならではの心の強さや弱さ、プライドを上手く理解して復縁に持ち込む必要があるのです。あなたが一番辛い時に元彼は自由を満喫している事に理不尽さを覚えるかもしれませんが、冷却期間の過ごし方は人それぞれですので一概に彼を責める訳にはいかないでしょう。彼は彼なりの方法で失恋から立ち直ろうとしているだけなのです。あなた自身もそこを理解しつつ自分磨きに励んでいきましょう、復縁の道は閉ざされてはいないのです。

女性とは違う男性ならではの傾向や特徴を理解する事で復縁は近くなります。いつがチャンスなのか、どんなアプローチ方法が効果的なのか、あなたと彼の状況と良く照らし合わせてどう動いたら効果的に復縁出来るのか見極める必要があると言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事