「本当に当たる恋愛占いってどこにあるの?」と絶対当たる恋愛占いを探している方はいませんか?こちらのページでは、あなたと彼の生年月日と血液型をもとに、最近密かなブームを呼んでいる完全無料の生年月日占いであの人の気持ちや本音を鑑定いたします。

こちらのページの下のコラムでは、これから彼があなたとどんな関係になっていきたいかということをさりげなく知る質問についてをご紹介します。

何気ない一言で彼の本音を知ることができる、心理学に基づいた効果的な質問で彼の気持ちを確かめて!

完全無料の生年月日占いであの人の気持ちや本音を占う

女性 男性
A型 B型 O型 AB型
女性 男性
A型 B型 O型 AB型
1
https://micane.jp/renai-birthday-absolutely-result1,https://micane.jp/renai-birthday-absolutely-result2,https://micane.jp/renai-birthday-absolutely-result3,https://micane.jp/renai-birthday-absolutely-result4,https://micane.jp/renai-birthday-absolutely-result5,
https://micane.jp/renai-birthday-absolutely-result6,https://micane.jp/renai-birthday-absolutely-result7,https://micane.jp/renai-birthday-absolutely-result8,https://micane.jp/renai-birthday-absolutely-result9,
5
4

悪用厳禁!彼があなたとどんな関係になりたいかを探る質問


「彼が一体どんな気持ちなのかわからない」、「好きなのか、そうでないかも全く彼の考えていることがわからない」などと、好きな男性の気持ちが全くわからずに不安を抱えてしまう女性はあなただけではなく、数多くいるのです。

彼の真意を確かめたいけれど、どんなことを聞けばいいのかわからないと言うこともありますよね。

また好きだからこそ、相手を不快な思いもさせたくないし、いまはまだ自分の気持ちを彼に知られたくないと言うように、いろいろな条件が重なるとますます彼の気持ちがわからなくなってしまう場合もあるでしょう。

こちらでは、彼があなたとどんな関係になりたいのかを探る、秘密の質問をお教えします。

心理学的にもとても有効な方法ですので、くれぐれも本当に好きな相手にだけお試しくださいませ。

「こんなところがステキだよね?」と彼の意外な部分を褒める

基本的に褒められて嫌な思いをする人はいないと言われています。

しかし、それだけでは彼の真意はどのようなものかを知ることはできません。

また彼のルックスが優れている場合は、「カッコイイ」とか「ステキ」と言う言葉は今までも多くの女性から言われている可能性があるので、人と同じような褒め方では彼の心に響くことはほとんどないでしょう。

それだけだと他の一般的な女性たちと変わりがないのであなたを印象付けることはできません。

それよりは、他の女性が褒めないようなところを褒めるということを心がけると効果的です。

意外性をつくことで印象をつけるということは、「あのときなんでこんなことを言ったんだろう?」と反芻したり、自分が魅力ではないと思っていることを指摘されると「自分はこんなところがあるんだな」と嬉しくなります。

褒めるということは他者から認められることで、難しい言葉では「承認」と言いますが、この承認の欲求を意外なところを指摘すれば彼の気持ちを惹きつけることができますし、彼は「この子は本当に自分のことを理解してくれている」と思わせることで、関係を大きく前進させることができるのです。

また、外見的な魅力を伝えるよりは、内面的な性格や魅力などを少し細かく褒めるとより効果的です。

他の女性が気づいていないところを褒めるということを心がけましょう。

もちろん、そのためにはあなたの普段からの観察の目を鍛えておくことも大切です。

「○○くんって彼女いるの?」とダイレクトクエスチョンで相手の気持ちを探る

ストレートな質問のことをダイレクトクエスチョンと言います。

ズバリ、彼女がいるかどうかというのは、ある男性を意識したときに一番気になるところでもありますよね。

なかなか聞きずらい質問ですが、それを質問する環境や状況などがピタリと合えば、とても自然に聞くことができますし、また自分の気持ちを彼に知られたくない時も上手にカモフラージュできる質問です。

例えば、2人きりの時に面と向かってこの質問をすることはとても勇気がいることですが、歩いていたり、作業をしていたり、何か他の行動をしているときにダイレクトクエスチョンをすると、すんなりと本音を聞くことが可能です。

ポイントは他に何か体を動かしているということで、意識が体の方に向かっているので、ダイレクトクエスチョンをしても「なんでそんなことを聞いてきたんだろう?」と深く相手に思わせないことができるのです。

質問する側にとってはドキドキしますが、「〜しながら」という状況で質問することで彼の彼女の有無を聞くことができます。

その答えが、「いる」にしても「いない」にしても、次に「その人のどんなところが好き?」とか「芸能人だったらどんな人が好みなの?」というようにダイレクトクエスチョンを続けて行くことができ、また彼の恋愛観をはっきりと知ることができます。

一般的に恋人の有無を聞くことは相手に好意があるからこそ聞くことでもあるので、「もしかしたら俺のこと好きなのかな」と彼もなんとなく感じることもあるでしょう。

「将来はどんな風になりたいの?」と彼の目標や夢などに焦点を当てる

誰しも未来への希望があったり夢があります。

叶う叶わないは別として、彼がどのような夢を持っているのかということに耳を傾けることで、実はたくさんの情報を得ることができるのです。

例えば、「こんな家に住んで、子どもは何人で・・」というような答えならば、家庭を大切にしている子煩悩な父親を目指していることがわかりますし、「バリバリ働いて外国で暮らしたい」という答えなら、仕事でチャレンジする傾向が高いということがわかります。

どのような価値観を持っているのか、あるいは理想を持っているのかということを知ることができるでしょう。

また男性は自分の夢や理想を語る時、かなり真剣に情熱的に語ることをしますので、一生懸命聞く姿勢を持つことや、相槌をうったり、「すごい!」と時々感嘆詞を入れるなど、聞き上手のテクニックを利用してみると、彼は「この子は本当に自分を理解してくれている」「応援してくれている」と思い、かなり親密な関係になることができるでしょう。

注意しなければならないのは、彼の夢が現実的ではなくてかなり理想論に近い場合でも、「それはちょっと・・」というように否定したり、自分の意見を言ってはなりません。

「でもね」ということは自己規制して、大げさな馬鹿げた夢だと思っていてもその時は肯定し、認めるということを心がけるといいでしょう。

占い師 聖子のワンポイントアドバイス

聖子
これからどうなっていきたいか、自分との関係をどう考えるかというのは、基本的に恋愛をスタートさせたい時の質問と同様でかなりの効果があげられるのよ。

すでに恋人同士だったら、逆にもっとストレートに、2人の将来を語り合うこともできるけれど、まだ片思いの段階であれば、率直に質問はできないからなるべく彼の考えや情報を知ることである程度、理解することができると思うわ?

それから男性は聞かれたことに対してストレートに答えてしまうという傾向が強いということも覚えておくといいわね。

「こんなこと聞いて嫌われたらどうしよう・・」と悩んでしまうのは女性側の方だけど、質問されたらシンプルに応答するのが男性なの。

だから、どんどんあなたから質問することで彼の情報を集めることが1番彼の気持ちを知ったり、今後の2人の関係を進展させるためには効果的なのよ。

言葉で「好き」と言わなくても、質問で気持ちを伝えることができる

好きな人にいきなり告白をするのはかなり勇気がいります。

またかなりダイレクトなので相手に驚きを与えてしまい、相手が引いてしまう場合もあります。

その場合はいろいろな質問を投げかけるというのがやんわりと自分の気持ちを相手に伝えるのに非常に効果的な方法です。

人間は好意を持っている人には質問し、逆にどうでもいい人間に対してはスルーしてしまうものです。

このことを理解し、彼に敢えて質問することで「この子、もしかしたら俺のことを好きなのかも・・」と感じさせ、彼にあなたのことを印象付け、意識させるということができるのです。

彼にその気づきがなければ彼の本音を知ることもできませんし、関係が進展することもないのです。

でもはっきりと「好き」という言葉を伝えているわけではないので、いきなり引いてしまうという事態も避けられます。

恋愛上手な女性はこのテクニックを理解して実践していますので、あなたも彼とのこれからを進展させたい場合は、小さなことから彼にいろいろな質問をしてみましょう。

「甘いものは好き?」とか「犬と猫どっちが好き?」という何気無い質問が2人のコミュニケーションを進展させ、その結果2人の距離がさらに進展するのです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事