占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。このページを訪れてくださったあなたへ、今一番必要なことについてお話するわね。

ウィズコロナになり少しずつ前に進もうとする経済や社会、世界中の人々が昔とは違う「変化」や「前進」にチャレンジしようとしています。

そんな中、私もあなたも今まででとは違う「変化」や「前進」が必要なのは言うまでもない事。

2022年になり、時代の流れの速さは過去の何倍にもなり光の速さになっています。その中で必要な

『変化』と『前進』

この2つが出来なければ、時代の流れに置いて行かれ二度と追いつけなくなってしまうかもしれません。

でも大丈夫。安心してください。

あなたに必要な「変化」と「前進」を知る為の、神の言葉を伝えるカードである『オラクルカード』を試してみてください。

神の声を聞けば、時代を味方につけて真の願い、真の幸せを実現させる確かな方法がわかります。

心を開き、真実を受け入れれば、運命は必ずあなたに微笑みます!【今よりも遅い時はない!】この言葉を胸にあなたが幸せになる為の「変化」と「前進」の方法を手に入れましょう!

※20歳未満はご利用できません

オーラという個性を生かせば人生がより良くなり、なりたい自分になれます。

こちらのページでは、オーラがパール色の人のスピリチュアルな意味や、特徴や性格、恋愛観、適職・向いてる仕事や運勢を知りたい人必見です。

オーラカラーをクリアにする方法や、なりたい自分になれる補色オーラ、相性が良い悪いオーラの色や、芸能人まで余すことなくご紹介致します。

目次

オーラがパール色のスピリチュアルな意味

パール色のオーラは、白く明るく、またベージュのような色合いが発光しているように見られ、エネルギーがとても高いと言われいていて、非常に珍しいオーラで、明るいグレーや白系、ベージュ系など変化し、基本的にはオーラに高いエネルギーやレベルになったときに見られます。

オーラとは身体から発している波動のことで実際に目に見えるものではありませんが、スピリチュアル的にはそれぞれオーラを持っていて、そのオーラの色によって特徴や性格も違うとされています。

パール色のオーラは白系や金色系のオーラとは輝きが似ていますが、全く質が違います。

その違いは霊的なレベルによって異なるとされています。

細かい粒子のネイルのラメのように薄く七色がかったものもあれば、キラキラとフラッシュしているかのように輝く場合もあります。

パール色のオーラには「超越」、「芸術」、「知恵」、「調和」、「霊的」、「学び」、「超常」、「理知」などの意味があります。

占星術的には月、天王星、海王星、冥王星の影響力と関わりを持っています。

身体のチャクラでは第5チャクラから第7チャクラに深く関わるエネルギーの色です。

またパール系のオーラは単一で存在するというよりも組み合わせでもう一色強いオーラカラーを持っている特徴もあります。

その場合は紫系や紺など濃い青との結びつきが強いカラーです。

とても愛情深く、素直でまっすぐな性格ですが、白色のオーラと違うのは周囲の人に流されたり惑わされたりすることなく、自分の軸が強く、意志と決断により前に進んでいくことができます。

またとても哲学的な考えをすることも多く、フッと「自分は何のために生まれてきたんだろう?」、「自分の存在は世界の中でどういう位置づけなんだろう?」と真面目に考えてしまうこともありますが、その奥深い探究心や真理を追求すうる傾向こそがパール色のオーラを持つ人の役割と言ってもいいかもしれません。

考えることはパール色のオーラの人にとっては、「自分自身がいまここに存在している」ことの証明で、かの有名なフランスの哲学者ルネ・デカルトが「我思うゆえに我あり」という言葉にも通じています。

これは「わたしは考える、ゆえにわたしは存在している」という意味で、この世に自分が存在していることは、考えたり悩んだり右往左往しながらも何かを見出していくという人生そのものを体現しているとも言えるでしょう。

またパール色もオーラを持つ人は、考えることで世界を閉ざしてしまうことはありません。

むしろ考えるのは自分が利己的になることではなく、他者の幸せのために自分が何ができるかという利他的なことと深く結びついているのです。

面白いのは流されることなくしっかりと自分がありながらも、その方向性は他者に向かっているというところです。

流されずにいるということは何よりもの強みで決してブレることがないために、ある面では人からの影響を受けにくく、何かを言われたとしてもあまりに気にしないこと、あるいは気づかないことで自分の世界をしっかりと構築し、守っていることもあります。

また非常に勉強熱心で貪欲に知識を蓄えていき、そこに喜びを感じます。

霊的な力も持っていますが、それを感情に支配されることなく、きちんと理性でとらえ、的確に使用することもできるので、現実から浮いてしまうことも少ないでしょう。

その力も自分のためだけではなく、人のために用いる特徴があります。

誰かの幸せのために自分が存在する。

またその輝きは失われることなく、永遠に輝き続けます。

自らも光り、その光は他者を輝かすために存在します。

そんな大きなテーマを持っているのがオーラがパール色の人のスピリチュアル的な意味です。

スポンサーリンク

オーラがパール色の特徴や性格

霊的なエネルギーレベルが高い

霊的なエネルギーレベルの性質は白い色のオーラを持つ人とよく似ています。

またそこに金色のオーラを持つ人のように大いなる存在から特別な恩恵を受けいている場合もあり、サイキックな力を持っている人もたまにいます。

人間の力を遥かに超えた力を持っていて、霊的なエネルギーレベルが高く、それも低次の霊ではなく、神のような高次の霊との結びつきがとても強いとされています。

しかし、その力を持っていてもひけらかしたり、それを使ってお金儲けをすることはしません。

それをすれば途端に特別な力が消失してしまうことをよく理解しています。

高次の霊と自分の特別な関係は誰にも知らせることなく、自分の中に秘めています。

慈悲深く、愛情に満ち溢れている

パール色のオーラを持つ人はもともとすごく大きな愛情を内面に秘めています。

ただ単に思いやりがあるとか優しいというレベルではなく、さらに大きな人類や地球に存在するすべてを愛し、またその集合体としての意識とつながることができ、そこから満ち溢れている愛情というものがなにかということを理解しています。

そのために人と接していても、好き嫌いや自分と合う合わないという感覚を超えて、命そのものを愛するという深い視点で人と関わるので、それが雰囲気に現れていて、まるでマザーテレザのようなそこにいるだけでじんわりとした温かさを感じさせることができます。

しかしパール系のオーラを持つ人は自分自身でそれを自覚していないこともあるので、周りの反応を不思議に思うこともあります。

創造性が高い

無から有を創り出す発想力があり、例えばダンボールを渡されて何かお題を与えられて「これで何かを作りなさい」というようなとき、人が発想もしないような独特で個性的、かつ素晴らしいセンスで芸術性も高いようなものを創り出すことができます。

これは何も工作だけではなく、人生のあらゆるシチュエーションでそれを発揮することができます。

才能というレベルを超えて、神のような大いなる存在からの知恵をそのままダウンロードして表現しているようなところもあり、意識がはっきりとしていながらも、高次の存在が憑依し、それを自分の体を通して表現するというところもあります。

そのために非常に新しくダイナミックで、人々の感性にダイレクトに訴えるような素晴らしい何かを表現することができます。

現実味がある

高次の霊と通じながらも決して現実世界とは切り離されていないのがパール系のオーラを持つ人の特徴です。

これはもう一つオーラを併せ持っている場合、もう一つのオーラの色との関連もありますが、単体で見ても、決して現実世界から離れていてどこか不思議ちゃんのような印象は与えません。

むしろ、パール系のオーラの人は「この現実世界をいかに良くするか」という大きなテーマを持ち、しっかりと現実を見据え、その中で自分がどうするかということに視座を置いているので、ふわふわしたスピリチュアル系ではないのです。

むしろどちらかというと理性的できちんとした理論をもとに自分の行動を決定しているのでブレることはほとんどありません。

またそのような現実世界のために自分の使命を果たそうとするので、高次の世界の存在も必然的にパール系のオーラを持つ人の道を整えたり、応援するような結果になります。

勉強熱心

この現実世界をいかに良くするかという使命があるので、あらゆることに知識を増やし、それを活用することに着眼点があるので、いろいろなことに興味を持ったり、気になることはかなる突っ込んで勉強をし、自然と博学になります。

また特に天文学などの宇宙についてや量子力学、スピリチュアルでも宇宙意識や集合意識などの心理学にも通じるようなことに興味を持ち、難しい専門的な分野も学ぶことでさらに世界が広がっていくでしょう。

相対的に宇宙や世界を理解し、その中で自分の使命や働きを再確認するので、学べば学ぶほど、理性と知性が磨かれ、この世に役立つスキルを得ることになります。

勉強したことが即応用するという機会にも恵まれ、これからの世界の中で必要になるものに目をつけ、第一人者として活躍することも夢ではありません。

哲学的に考える傾向がある

哲学はどこか難しい学問と思われるかもしれませんが、その問いは非常にシンプルです。

例えば「人はなぜこの世に生まれたのか?」、「何の使命のために生まれたのか?」、「幸せとはどういうことか?」、「生きる意味とはなにか?」、「死ぬとはどういうことなのか?」というように誰しも一度は真剣に考えたことのあるもので、これを考えることを哲学するといいます。

パール系のオーラを持つ人はこのようなシンプルな問いながらも、決して答えを見出すのは簡単ではないものをじっくりと考えることを好みます。

また自分なりにその答えを見出すこともしながら、有名な歴史的な哲学者や神学者と言われる人が存在や生きること、あるいは神などの存在をどのように理解していたのかという理論を知ることも大好きです。

そして究極の問いとして「真理とはなにか?」というものに突き当たります。

真理は永遠で変わることのない答えはなにかということですが、自分なりにその心理と向き合い探求することを人生のライフワークにします。

人を指導したり導く力がある

パール系のオーラを持つ人は決して「自分が自分が」という目立ちたがり屋ではありません。

むしろそのようなことはあまり好きではない傾向にありますが、自然と人徳やその人格者としての働きが評価され、人の上に立っていることが多くあります。

「自分には人の上に立つ適性はない」と思いながらも、実際にリーダーシップを取る立場になると素晴らしい力を発揮し、組織が根本的にどんどん良い方向に向かったり、また関わる人々がパール系のオーラを持つ人に触発され、どんどん持っている力を発揮していくようになります。

正しいことにその力を使うことで、大いなる存在からのサポートも得られますが、ひとたびお金儲けや権力などに目をくらんでしまうととたんにその素晴らしい力が悪い方向に働き、力を失い失墜してしまうこともあります。

自分は自分、人は人との考えを持っている

基本的にパール系のオーラを持つ人は自分をしっかりと持っているので人に流されたり影響を受けることは少ないでしょう。このあたりは白い色のオーラを持つ人との明確な違いがあります。

白いオーラを持つ人は何かと人の影響を受けやすく、左右されやすいのですが、パール系のオーラを持つ人は、「自分と人とは違っていて当たり前」という感覚を持っています。

だからこそ、「意見が違って当たり前」という視点で、さらにたとえ意見が違っていても対話することによって理解することができるという非常に前向きな考えを持っていて、対立することを悪いとは思いません。

むしろ、ぶつかり合うからこそ良いものになるという考えですが、これはなかなか他の人には理解されないこともあります。

至って本人はありのままの自然体なのですが、「どこかこの人は裏があるのではないか」と誤解されたり、構えられてしまうところもありますが、パール系のオーラを持つ人はそれも気にせず、マイペースでいる強さがあります。

孤独を感じることもある

無敵でオールマイティーな印象を与えるパール系のオーラを持つ人も、人と自分とは違うということに関して少し孤独感を感じることもあります。

例えば大きな理想を持っていてもなかなかそれは他の人に理解されなかったり、素晴らしいアイデアがあってもストップを掛けられたり、ともするとそのアイデアを人によっては横取りする経験もあります。

素晴らしい使命があるからこそあらゆる経験をしますが、うまくいかないとき、孤独感を感じます。

しかしその孤独は決して嫌いではなく、むしろ自分を高めてくれるために存在する乗り越えるべき課題として前向きに受け止めます。

人間的な感情としては虚しさ、寂しさ、悲しさなども経験しますが、それを糧にして前に進む原動力に変化させることもできます。

しかし、あまりにも傷ついたりショックを受けると否定や混乱から美しいパール色のオーラがなくなってしまい、落ち込みが深く自己否定してしまうことも。

予知夢をよく見る

パール系のオーラを持つ人は夢で暗示を受けることが多くあります。

夢は大いなる存在からのメッセージを受け取る場になっていて、特に予知夢として、現実で未来に起こる出来事を夢で体験することも多くあります。

またデジャブと言われる体験をすることも多く、現実でなにかのできごとに遭遇した際「これは前に夢に見たことと同じだ!」と感じる体験が多くあります。

生まれながらにそのような霊的な力を持っていますが、それを活用させるには訓練も必要になります。

苦労を経験することも多い

パール系のオーラを持つ人は、人とは違う人生を歩むことが多くあります。

特に、大きな使命を担う分、それに耐えうるあらゆる経験をすることもあり、苦労や悲しみなどを早い段階で経験したり、大きな出来事を経験する場合もあります。

例えば命の危険を感じるような出来事、近しい人の死の経験、離別、人災や天災で人生の方向性が突然変わってしまうなど、非常に大きな経験をすることも。

ただこれは不幸や運命のめぐり合わせの悪さというものではなく、乗り越えることにより、魂のレベルがどんどんアップしていくことになります。

もちろん悲しみや苦しみは和らいだり小さくなるものではありません。

むしろ悲しむべき、苦しむべきときにはそこから逃げずにしっかりと向き合うことで、新しい道が開けていきます。

あらゆることを習得するペースが早い

初めてのこと、新しいチャレンジであったとしても臆することなく、前向きに取り組むことができ、好奇心も旺盛なので、すぐにそれをマスターする力があります。

人から見るととても器用でスマートに見えます。

また物事の本質を見極める目を持っているので、コツをつかんでしまうとすぐにそれを応用して適応して活かすことができます。

またそこに知識量の深さや経験値なども重なるものの、やってみるとすぐにできてしまい、またほとんどのことに興味を持ち、好き嫌いで判断することや、向き不向きで考えることもありません。

学習能力に優れているので、何事も習得が早いでしょう。

ただ継続するにはやはりそこに情熱を感じるかどうかが最大のポイントです。

芸術的なセンスが抜群

適応能力と学習能力の高さ、そして創造力の豊かさがプラスされることにより、必然的に芸術的戦士が高くなります。

また何が美しいものかという黄金率に関しては生まれながらにしてそれを見極める目を持っています。

さらに、空間認識能力の高さや色のセンスなどもあり、それを芸術面に活かすことで類稀な才能を発揮することも。

現代的に代表するアートの先駆者になるなどの活躍も夢ではありません。

しかしこだわりがあまり強くないので、若干、人を説得させたり、感動させるような表現には至らない可能性もあります。

そこそこのできで満足してしまうこともパール系のオーラを持つ人の特徴です。

他者のために自分の力を使う

基本的にはパール系のオーラを持つ人は他者の幸せを実現することにその使命がありますが、あまりベタベタとした人間関係や感情を優先するような情緒深い人間関係は好みません。

むしろわりとさっぱりとしていてドライな関係、お互いが自立した人間関係を好みます。

「自分は自分、人は人」という感覚が主たるものだということと、「基本的にはそれぞれが依存せず、自分でできることは自分でやること」、「何事も自分で考えて、自分で結論を出し、主体的に行動すること」をすれば良いと思っています。

しかしそんな理想の世の中にするためには、まず自分がそれを示さなければならないということや、他者のために動くことで人を良い方向へと変えていくためにコミットする傾向があります。

ただ依存してくる人や攻撃してくる人、利用をしてこようとする人は瞬間的に見抜く力もあるので、直感力を大切に人と関わること、ある程度、心の距離感を大切にするといいでしょう。

衣食住にあまりこだわらない

物質的なものに最初からあまり価値を置かないことや、基本自分が生きていればどこでも幸せになることができるという考えなので、積極的に消費をすることを好みません。

ファッションなども流行に流されることなく、自分が好きなものを着ることを好みます。

また値段的なものは少し高級なものを選びますが、それは長い期間着ることができ、着れば着るほど味わいが出るようなものです。

また食に関しても特にこだわりがありません。

出されたものは何でも美味しく食べることができます。

住まいも、どこでも寝るスペースさえあれば構わないという大陸的な思考を持っています。

スポンサーリンク

オーラがパール色の人の恋愛観

愛情深く誰でも合わせられる

パール系のオーラを持つ人はこれといったタイプや恋愛傾向にあまり囚われません。

それは本気になれば誰でも恋愛対象になるという大きく高次の愛情を持っていますが、それがこだわりのなさにもなっています。

また好きになっても、「本当の自分は出せないかも」という思いを抱えていて、表面的に付き合ったり、あるいは相手がわざと嫌いになるような行動を気まぐれですることも。

そうすることにより相手の愛情を確かめようとすることもあります。

実は理解されたい

自分には特別な使命があることを理解していて、人とは違う人生を送っていることを少し引け目に感じてしまうこともあり、恋愛ではそれがダイレクトに出やすい特徴もあります。

そのため「本当はもっと甘えたい」と思ってもなかなか相手に自分をさらけ出すことができないこともあります。

「本当の自分を見せたら誤解されてしまう」ことを何よりも恐れていますが、実はそれほど理解してほしいという気持ちの裏返しでもあります。

ただ恋愛ではあえて多くを求めようとしないところもあり、理性的に自分で解決してしまうこともあります。

断ることが苦手

深い愛情と温かさを持っていて、それが雰囲気にも現れているのでパール系のオーラを持つ人はかなりモテる傾向にあります。

また孤独感を感じていたり、理解されたいという気持ちが強いときには言い寄られるとすぐに恋愛関係になったり、複数の人を同時に愛せてしまい、恋愛のトラブルに発展することも。

性格的に断るということが苦手だったり、人の良いところを見てしまうので、「この人のこんな所が良いな」ということで、難癖があっても受け止めてしまう度量があるのです。

そのために断れずに、なんだかよくわからないまま恋愛が信仰してしまうことも。

自然な流れでパートナーと出会う

少し恋愛ベタなところもありますが、人生のパートナーになるべく人とは高次の存在から出会いを与えられます。

心配せずともパール系のオーラを持つ人は、最終的に自分を理解し、応援し、さらに互いに成長し合えるような素晴らしいパートナーに出会います。

またその人がいるからこそ、潜在的に眠っている能力も開発されて、どんどん人生が素晴らしいものになっていくでしょう。

また逆に、どんなに愛している人でも高次の存在から却下されると結びつきは得られません。

その宿命に逆らうことができず、悲しい結末を迎える恋愛もあります。

精神的にも経済的にも自立した関係を好む

最愛の人生のパートナーを得たあともお互いが依存せずに、また自分自身をのやるべきことを何よりも優先する間柄になります。

これはある面では日本の結婚制度とは違うかもしれませんし、実際に籍を入れる入れないにもあまりこだわりがありません。

また子どもに関してもそこまでほしいという感覚は得られなかったり、子宝に恵まれないこともあるかもしれませんが、最愛のパートナーと寄り添っていけることが何よりで、精神的にも経済的にも協力しつつも、自立した関係になります。

オーラがパール色の人の適職・向いてる仕事

海外に関する仕事全般

日本でちまちまと活躍するより、海外で自分のスキルや能力を生かした仕事で勝負することに向いています。

また欧米などの感覚はよりパール系のオーラを持つ人の個性を受け入れ、喜ばれるでしょう。

違う言語感覚でも新しい自分を知るきっかけにもなり一石二鳥です。

NPOなど社会のために役立つ仕事

大きなプロジェクトのため、崇高な理想を実現するために人に関わる仕事に適性があります。

また海外で貧困地域のために活動したり、飲水を得るために井戸を掘ること、教育を授けることなどあらゆることで自分の力を発揮し、人のためになることでさらにパール系のオーラがキラキラと輝きだします。

ヒーラーとして人を癒す仕事

人に温かさと優しさを伝えることができるので、心の傷を癒やしたり、整えたりする仕事にも適性があります。

マッサージなど直接人の体に触れて癒す仕事もいいでしょう。

またカウンセラーのように言葉を通して人の心を癒やすことなどにも向いています。

オーラがパール色の人の運勢

自分の人生を見つめなおして

総合運

人生で大きな使命があるので、若いうちはありとあらゆる困難や苦労を経験します。

「どうして自分にこんなことが?」と感じてもそれは魂を成長させるのには欠かせないプロセスです。

また中盤に入るとかなり安定し、若い頃に経験した様々なことが意味があり、現在の自分に密接につながっていることを理解することができます。

人間関係でもトラブルなどに巻き込まれることもありますが、どんなに苦労をしても一との関係から離れることはできません。

またパール系のオーラを持つ人の存在そのものが誰かの人生に深く影響を与えることも多く、結果的に精神的に非常に豊かで満足のいく人生になります。

金運

特にお金儲けをせずとも必要なものは与えられ、なんとかなる運勢です。

また苦労の多い時期には経済的な悩みもつきものですが、チャンスそのものに恵まれ、破綻してしまうことなどはありません。

また人のために有意義にお金を使うことで、きちんと巡り巡って入ってくる運勢です。

健康運

エネルギッシュで良いバランスが取れているので、良好な健康運です。

生まれ持っている体質はかなり恵まれていますが、健康な分、無理をしたり食生活が乱れてしまうことも。

また運動不足になると大きなエネルギーが滞るので、循環させるためにも日々の運動を欠かさないようにするといいでしょう。

オーラがパール色の人が濁りがちな自分をオーラカラーをクリアにする方法

エネルギーレベルが強いのですが、それを適度に循環させないと自分を否定的に捉えたり、自分を攻撃するような働きをする場合があります。

自分で自分を許せなくなったり、否定的なことを考えるときにはこのオーラの循環が悪くなっている可能性があります。

そのようなときに効果的なのは体を動かして汗をかくこと、またダンスなどの表現とつながっている運動方法を選ぶことです。

気持ちよく汗をかきながら自己肯定感を強め、オーラの循環もバランスが取れることで、素晴らしい輝きを取り戻せるでしょう。

オーラがパール色の人がなりたい自分になれる補色は「光沢感のあるカラー」

パールはキラキラとした輝きがあります。

これを強めることでさらに成りたい自分を強めることができます。

またそれぞれのオーラの特質で「これは自分に取り入れたい」と思うものがあれば、その色にパールの光沢をふりかけた色をイメージするといいでしょう。

それがパール系の人にとっての大きな補色の効果として働きます。

オーラがパール色の人と相性が良いのはオーラが「白」、「金」の人

白系のオーラもパール系のオーラと同じく、第5〜第7チャクラと関連していて、いろいろな面で類似性があり、また神聖さや高次の存在ともつながることができ、感じ方や考え方なども似ているので一緒にいて居心地の良い存在です。

金色のオーラを持つ人も高次の存在から守られていて、独特の輝きを持っています。

金色オーラの人がパール系オーラの人にどこか安心感を感じます。

オーラがパール色の人と相性が悪いのはオーラは「特になし」

パール系のオーラの人はオールマイティーで、基本的にどんな色でも呼応してしまいますので特に相性が悪い色はありません。

むしろそのカラーの人を輝かせるような働きをします。

オーラがパール色の芸能人

パール系のオーラの人はとてもまれなので芸能人でも適応する人はまだ確認されていません。

占い師 聖子のワンポイントアドバイス

聖子
この色のオーラの人はめったにいないの。

だからこそ特別な使命があったり人生を送ることになるのね。

あなたの生まれ持ったあなたが不思議なオーラ診断はこちら【真実のオーラカラーがわかります】

オーラの色の意味14種類の性質や特徴はこちら

【期間限定】恋愛の事で悩んでいるアナタへ!

こちらの鑑定結果、診断結果を最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

もしも恋愛の事で少しでも悩んでいるのなら【 恋愛診断】の占いを初回無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋愛診断】を初回無料でプレゼントします! 片思いのあの人や、彼氏や夫との事も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

鑑定結果や診断結果でアナタの悩みは解消しましたか?

鑑定結果や診断結果であなたの悩みは解決しましたか?

もしも、少しでも不安や悩みがあるのなら、こちらのLINE@に友達追加して頂くと、あなたの悩みの種類やオーラの色から、更に詳しい鑑定結果を悩みや不安の解消法と共にお送り致します。

あなたの不安や悩みを必ず解消致しますので、LINE@へのお友達追加お待ちしております。

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事