占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。このページを訪れてくださったあなたへ、今一番必要なことについてお話するわね。

ウィズコロナになり少しずつ前に進もうとする経済や社会、世界中の人々が昔とは違う「変化」や「前進」にチャレンジしようとしています。

そんな中、私もあなたも今まででとは違う「変化」や「前進」が必要なのは言うまでもない事。

2022年になり、時代の流れの速さは過去の何倍にもなり光の速さになっています。その中で必要な

『変化』と『前進』

この2つが出来なければ、時代の流れに置いて行かれ二度と追いつけなくなってしまうかもしれません。

でも大丈夫。安心してください。

あなたに必要な「変化」と「前進」を知る為の、神の言葉を伝えるカードである『復縁の母』を試してみてください。

神の声を聞けば、時代を味方につけて真の願い、真の幸せを実現させる確かな方法がわかります。

心を開き、真実を受け入れれば、運命は必ずあなたに微笑みます!【今よりも遅い時はない!】この言葉を胸にあなたが幸せになる為の「変化」と「前進」の方法を手に入れましょう!

※20歳未満はご利用できません

オーラという個性を生かせば人生がより良くなり、なりたい自分になれます。

こちらのページでは、オーラが白色の人のスピリチュアルな意味や、特徴や性格、恋愛観、適職・向いてる仕事や運勢を知りたい人は必見です。

さらにオーラカラーをクリアにする方法や、なりたい自分になれる補色オーラ、相性が良い悪いオーラの色や、芸能人まで余すことなくご紹介致します。

目次

オーラが白色のスピリチュアルな意味


白いオーラを持つ人はとても少なく、珍しいと言われています。

白色のオーラは基本8色(赤・オレンジ、黄色、緑、青、藍、紫、白)の中で最も徳が高いオーラだと言われています。

オーラとは身体から発している波動のことで実際に目に見えるものではありませんが、スピリチュアル的にはそれぞれオーラを持っていて、そのオーラの色によって特徴や性格も違うとされています。

その中でも白色のオーラを持つ人はとても希少で、白いオーラには特別な意味があります。

白いオーラには「清潔」、「純粋」、「浄化」、「崇高」、「信頼」などの意味があります。

白はすべての色の中でもっとも強力なエネルギーを持ち、すべての色に影響を与え、さらに他の色の良さを引き出す能力があるので、最も神聖で霊的レベルが高いオーラだと言われています。

スピリチュアルの世界では白い色は神様を意味するものです。

したがってそれはとても珍しく、そのオーラを纏っている人は、神様から特別な使命が与えられて、選ばれていることを意味します。

しかしそれはただ祝福として与えられるものではなく、様々な苦労や経験をし、特別な使命が与えられている人だけはそのオーラを身にまとうとされています。

一方で純白、素直というイメージの白ですが、白は他の色に染まりやすく、どんな色とも混ざり合うことができるという特質を持っています。

そのために人間関係では付き合う人によって、全く性格などが変わってしまうということも起こりえます。

実は白いオーラが保つ意味は警戒心や見られたくないという思いが表されています。

例えば、人間関係が怖いと思っていたり、衝動的に自分を守ろうとする傾向があると無意識に白いオーラをまとい自己防衛することも。

また劣等感や自己否定感が強い場合もスピリチュアル的な観点で見ると白いオーラを纏っています。

しかし白色のオーラを持つ人は与えられている能力や人生においての使命が他の人よりも大きいため、様々な能力も与えられています。

それを生かし、他のオーラ色を持つ人にもその人が成長したり、幸せになるために良い影響を与える使命もあります。

また全身が完全に白いオーラで覆われているというのではなく、その時どきぼ心の持ち方や体調などで白色の占める割合や部分が変わるということもあります。

スポンサーリンク

オーラが白色の特徴や性格

高い波動を持っている

波動はオーラそのものの持つエネルギーレベルのことを意味しますが、特に白色のオーラの人はそのレベルがもともと高い傾向を示します。

反対にエネルギーレベルが低い状態とは、オーラそのものがどんより曇っているように見え、また人に対して基本的に悪い印象を持ったり、人を陥れたり、悪口を言うような特徴がありますが、白い色を持つオーラの人は常に高い波動を持っているので、もともとそのような悪い観点を持ちづらく、素直に人の良いところを見つめたり、敬意を持って接することができます。

純粋で清潔、さらに潔癖

高いエネルギーレベルを持っているため、汚れていない心、純粋無垢な心を持っています。

それは白く透明で透き通っているイメージで、心の中を探られても隠し事などが存在しないほどの潔癖さも持ち合わせています。

人間は様々な欲望を心のなかに秘めていますが、そのような欲をほとんど持たない清らかさがあり、それが見た目や雰囲気にも清潔感をもたらす特徴があります。

またそのために不潔なことや不透明なことを嫌う潔癖症なところも特徴的です。

その潔癖症な面が前面に出てしまうと、ズルをしていたりだらけている人、口ばかりで努力をしない人を見ると、ゆるせないと感じたり、怒りを覚えてしまうこともあるでしょう。

物事を寛容に受け入れ、協調性がある

白いオーラを持つ人は、何事も「受け入れる」という受容と寛容の心を持っています。

ある面では無条件ですべてを良しとすることができ、どんな人や状況でもありのままを受け入れ、たとえ嫌なことをされたとしてもそれを許すという心の広さを持っています。

また広く大きな心を持つので、競争心が少なく、また感情的に起こるということも滅多なことでなければしません。

人間関係では協調性が優れているので、どのような人でも仲良く付き合い、その人に好印象を与えることができます。

その人のペースたあり方を否定せず、スッと懐に入ってしまうような働きが自然とできてしまいます。

そのためにとても聞き上手で、人からの相談を受けたりアドバイスするということも多くあります。

しかし寛容さは時として、自分よりも他者を尊重しすぎたり、相手に強い個性などがある場合にはそれに無意識で感化されてしまうということも。

また白はすべての色に染まることができる色ですので、周囲の影響によって自分が変化してしまうという特徴もあります。

順応性がある

白はどのような色とも協調し、それを引き立てるような役割をします。

また色の特徴としてすべての色に染まることもできる特徴もあります。

だからこそ、オーラが白い人は何事に対しても順応してしまうことができます。

どのような場面でも、すっとその場に馴染むことができ、転職や引っ越しなどで生活環境がガラリと変わっても、その環境に適応し、また自然と空気を読むことができる能力があるので、人間関係でもすぐに打ち解けることができ、前からずっといたような感覚を人に与えることができます。

なにごともそつなくこなしてしまう能力がある

白い色のオーラを持つ人は、何事もスマートにそつなくこなししてしまうという能力の高さがあります。

本質をぱっと捉えてしまう感覚の鋭さがあるので、直感的に物事を理解し、的確に行動につなげることができます。

持ち前の順応性の高さも比例して、勉強、仕事、スポーツ、芸術など、どのようなことでも習得が早く、どのようなことでも器用にこなすことができます。

また直感力も優れているので、頭の回転が早く、一度理解をすれば自分なりに適応したり、肉体的な運動神経の良さもあるので、トライすれば不得意なことはほとんどないでしょう。

聡明で賢く、独自のアイデアを生み出す

記憶力や知識を吸収する力がありますが、単に頭がよいというだけではなく、自らがそれをさらに応用し、高いレベルに引き上げることができます。

頭のキレがよく、やればやるほどアイデアが生まれたり、オリジナリティを出していくので、相当の知性を持っています。

また「これ」と決まれば意思も固く、どんどん自分で進むべきを見つけ、切り開いていくことに優れているので、やりたい仕事などがあれば、実際にプロフェッショナルとして活躍することも夢ではありません。

自分自身の生き方や方向性などをしっかりと把握し、その中で大いなる存在からの使命も確認し、最終的には自己実現だけではなく、世のため人のために自分の力と才能を使うことで喜びを感じるようになります。

繊細でデリケートな心を持つ

白いオーラを持つ人は、周囲の人達に染まりやしい傾向や影響されるところがあり、無意識で相手に合わせてしまうところもあります。

さらにとても周りの空気を読むことが得意で、敏感で繊細な変化を感じ取る能力に優れています。

ある意味では非常に霊感が強いところがあるので、少しでも場の空気や変化があれば違和感として感じたり、人の顔色、表情、声のトーンなどでその人の気持ちがどのようなものであるかを感じ取ってしまうエンパス志向が高いところもあります。その分、人からの気を良くも悪くも受けやすく、知らずのうちにストレスを抱えてしまうことも多くあるでしょう。

しかし、コミュニケーション能力が高く、人と接する機会も多くありますがとても繊細でデリケートな性格なので、良い影響を与えてくれる人たちと一緒にいても、「さらに自分が良いものを与える」ということをしてしまい、どんどん関わるううちに疲れてしまい、自分が空っぽになってしまうような感覚を得る場合もあります。

必然的に自分の心をコントロールしながら、人と関わること、すべて人に与え尽くさないことなどを実際の関わりの中で学び、自分を上手に守る術を習得しなければなりません。

周囲から非常に愛される

白いオーラを持つ人はその適応能力の高さやスッと人の懐に入ってしまうことができるため、自然と周りから愛される素質を持っています。

また素直さや純粋さがあり、聞き上手ですべてを受け入れる寛大さがあるので誰からでも好意を持ちやすい存在です。

そのためにモテることが多く、恋愛では相手を選ばないほどですが、ひっきりなしに恋愛をしていることで疲れてしまうことも。

また人間関係では広く浅い付き合いよりも、ゆっくりと深い話ができるような穏やかな関係を好みます。

そのために同年齢の友人より、年上の友人など年齢差がある人達との交流のほうが自然と心を開示できるようなところもあります。

精神世界や宗教、スピリチュアルの世界を信じる

白いオーラを持つ人は、神のような大いなる存在とのつながりをダイレクトに感じることができますので、宇宙のエネルギーや神的な存在、スピリチュアル的なものを信じ、そして実際にその恩恵を受けたり、才能を生かした仕事をすることが多いでしょう。

無意識でも様々な意識や場所から特定の波動やメッセージをキャッチする能力を持っており、また命の危険などがあるような状況でも助けられるという経験をすることも。

神秘的な体験や超常現象などの超越的な力を経験し、またその力を自分自身のものとすることもできます。

小さな頃から「自分は人とはどこか違う」という思いを持つ場合もありますが、否定するよりはそれを肯定的に受け入れ、世の中や人に対して幸せになる方向で使用することでどんどんその能力は開花し、また大きな恩恵を受けます。

特にこの部分での使命が大きいと言えるでしょう。

精神的に成熟している

白いオーラを持つ人は、他の色のオーラの人と比べると非常に精神的に成熟し、自立した大人としての自覚や能力を兼ね備えています。

他の人がワイワイと騒ぎ立てていても「何が面白いんだろう?」と心のなかでは冷ややかに構えているところもありますが、それはどっしりとしているので、人から見れば安心感や安定感、さらに癒やしを与えます。

またすべてのことには意味があり、流れがあるということを理解しているので、無理矢理に自分に有利に働くように引きつけることもなければ、ある面では流れに沿って、なすがままにしています。

しかしそれが逆にチャンスや出会いなどを引き寄せることになります。

自分の努力だけではどうにもならないことをよく理解しているので、やたら滅多なことでは騒がず、冷静な視点を持っています。

自分を癒すのに時間がかかることもある

白いオーラの人は自分主体よりも相手主体でどちらかというと相手に合わせながら自分を順応させていくことを得意とします。

しかしその分、予想しないことで心が傷ついてしまうこともありますが。かなり深いところまでそれは影響を及ぼします。

もし誰かから何か嫌なことを言われたとすると、表面的には何もなかったようにして振る舞うことができますが、内心は相当傷つき、またその言葉を発した人の深いところので本心も悟ってしまうので、簡単に気持ちを切り替えることができません。

そのために自分を癒すには時間がかかることもあるでしょう。

しかし人に対しては癒やす言葉をスッと伝えたり、存在そのものが癒やしなので、良いエネルギーを人に与えることができます。

自然を愛する

白いオーラの人の愛の対象は自分自身や人間関係だけではとどまらず、動植物や自然環境などもその対象になります。

実際にペットを飼っていたり、愛情を持って植物を育てたり、地球環境を守るためにビーチクリーンなどの奉仕活動をすることも多くあります。

また不思議な力があるので特に動物にやたら好かれる傾向もあり、野良猫などがついてきてしまったり、小鳥などが寄ってくるということもあります。

また自然からエネルギーを受けるので、高いレベルになれば、樹木に触れると、その樹木の気持ちが伝わってきたり、会話をすることもできます。

前世が宇宙人

白いオーラを持つ人の中には前世で宇宙人だった人もいます。

宇宙にはまだ人間が知らない世界があり、宇宙には地球外生命体もいます。

過去には相当の文明社会を築いていた宇宙人もいますが、白いオーラを持つ人の中には、前世が他の銀河系出身ということも。

罪意識が強くなる場合もある

白いオーラの人は無意識でも「人と自分が違う」ことを理解しています。

そのために無意識にそんな自分を普通に見せようとしたり、自分を隠してしまう傾向も強く働きます。

その方が生きやすいと感じるのですが、どこか自分が悪いのではないか、おかしいのではないかという自己肯定感が低く、こんな自分はダメだと罪意識を強く持っている場合もあります。

特別な使命や力があることを自分で否定してしまうこともあるでしょう。

特にこれまでの人間関係の中で深く傷ついてきたことのある場合にはそのような罪意識が強くなり、自分を抑圧する傾向も高くなるでしょう。

スポンサーリンク

オーラが白色の人の恋愛観

受け身&保守的な傾向

白い色のオーラの人の恋愛は、かなり保守的で自分から人に対してアプローチする積極性は皆無と言ってもいいほどです。

もともと受容的で人を寛大に受け止める力があり、癒す力があるので、それが自分自身の雰囲気になっていることもあり、かなりモテます。

そのために気持ちがないのに相手に誤解されてしまったり、かなり持つ列にアタックされて言い寄られてしまうことも。

そして断りきれずに流されてしまうことも受け身と保守的な傾向があるからこそです。

また好きでもない人と付き合うと相当疲れたり、物事の流れが悪くなるように感じるので、気持ちがないときにはきっぱりと断ることも大切です。

精神的なつながりを求める

肉体的なつながりや性的なスキンシップはあまり好みません。

どこか悪いことをしているように感じることもあるでしょう。

それよりも精神的なつながりを恋愛では求めます。

心のつながりがしっかりと感じられると愛されているという幸福度や満足感を強く得られるでしょう。

また自分と同じように相手にも嘘がなく、誠実であること、性的で潔癖であることを求めます。

もし相手が浮気症の場合は深く傷ついてしまい、そこから執着心が強くなる場合や、恋愛そのものに対して嫌悪感を抱いてしまう場合もあるでしょう。

誠実に相手を愛する力がある

白いオーラを持つ人の恋愛は直球勝負で、ストレートに相手を愛します。

相手の気を引くために恋愛ゲームをしたり駆け引きをするのは大の苦手です。

また相手に尽くし、自分のことを差し置いても、相手のためになるたいという奉仕精神があるので、行き過ぎてしまうと相手の自立心や成長を拒んでしまう場合もあるので、そのコントロールはとても重要で、経験などを通して学んでいく必要もあります。

ストレートな愛情は同時に相手の度量や感受性のレベルも大切で、相手にその力がない場合は相手が困惑してしまうほど深く強く愛してしまい、一種の重たさを与えてしまうこともあります。

相手のレベルをアップさせる「あげまんタイプ」

真っ直ぐに相手を愛し、お互いが恋愛を通してより良い成長をするのが白い色のオーラの人の基本的な恋愛の特徴です。

上手に自分の気持地をコントロールし的確に愛情を与えることにより、相手は愛されている喜びを感じ、また自分の才能や力をどんどん発揮していくことになります。

その結果、どんどん出世したり、お相手の才能が高く評価されるなど、俗に言う「あげまん」としての働きをすることも多いでしょう。

相手の喜びを自分の喜びとして受け入れることができるので、白い色のオーラのを持つ人に愛された人は、大きく成長し、また愛されることから愛する喜びへと変化していきます。

愛していても適度な距離感が大切

白い色のオーラを持つ人は、自分一人の時間がとても大切です。

その時間で無意識でも自分を癒やしたり、浄化したり、自分自身を整えるためには欠かせません。

どんなに愛している人でもベタベタイチャイチャいつも一緒にいるというのは、そんな癒やしと浄化の時間が取れなくなってしまうので少しバランスを崩してしまうこともあるかもしれません。

特に付き合い始めたとき、同棲し始めたとき、新婚生活当初などは生活のスタイルが大きく変化するので、ここで無理をしてしまうともろに体調を崩してしまうこともあります。

無理をせず適度に距離を取ることも愛情を長続きさせる秘訣です。

お互いが自由で自立し、適度な距離感を大切にすることを重点に置くことが大切です。

オーラが白色の人の適職・向いている仕事

宗教関係

白いオーラの人に向いている仕事は、神職(神道の神主や巫女)、僧侶(仏教のお坊さん)、牧師(キリスト教の聖職者)などの宗教の教を伝えたり、人々を正しい方向に向かわせるような魂に関わる仕事です。

聖職者は人の心や魂を浄化したり、幸せそのものを願う働きをし、実際に社会活動などを通して、様々な関わりをする仕事です。

またダイレクトに神と通じ、そのメッセージを人に伝えるという役割もし、その活動は多岐にわたります。

その分、いろいろな人の悩みを聞いたり、苦しみを自分のことのように感じますが、決してお金ではない大きなやりがいと喜びを感じるでしょう。

スピリチュアル関係

人の悩みを聞いて一緒に悩みを解決するカウンセラーや、人の運勢を占う占い師にも適しています。

少し宗教家は課題も大きく、「そこまでは」という場合や、さらにいろいろな人との関わりで、小さな幸せを作り出したいというときに、多くの人にコミットしながら関わることができるでしょう。

また白いオーラの人には人をハッとさせるような癒やしや励ましの言葉などを伝えるのが得意です。

生まれ持った言葉の力があるのでそれを生かしていくのもおすすめです。

医師や施術師として人を癒す働きをする仕事

生まれ持ったヒーリングの才能があり、その人に接すれば、どこに原因があるのかをパッと感じ取ってしまうことができます。

また聞き上手で相手の心理や感情の動きなども敏感に捉えることができるので医師や医療関係者、マッサージ師などの施術師になるとクライアントから大きな信頼を受け、非常に人気も高くなり、どんどん口コミで噂が広まっていくでしょう。

また独立して開業する際には、事務面や経理などは信頼できる専門家に任せて、施術することだけに集中すると余計なものに気を取られなくて良いでしょう。

芸術に関する仕事

感性も鋭く、また神の領域にも踏み込むことができるので、それを芸術的な世界で表すことも夢ではありません。

そのためにはどの分野の芸術が好きかということや、それに取り組むのが早ければ早いほど道も開かれていきます。

また自分自身が芸術家として活躍するだけではなく、古美術を取り扱ったり、人に作品を紹介するような働きをするのも才能があります。

オーラが白色の人の運勢

総合運

良くも悪くも人によって運気を左右されるところがありますが、上手に自分をコントロールしたり、一との距離感を取ること、人の真意をしっかりと見極めて、自分の行動を決断することなど自分主体でいるようにすれば特にトラブルなどは避けることができます。

また人徳に恵まれるので、チャンスも巡ってきやすいでしょう。

自然にしていると消極的に成りやすいのですが、運気を良くしたいのであれば積極的に動くこと、責任やリーダー湿布を取ることで運気により良い影響を与えます。

また大いなる存在からの恩恵も受けやすいので、助けられた、救われたという特別な体験をする場合もあるでしょう。

金運

もともと欲が少ないのでお金にも執着がないのが、白いオーラの人の特徴です。

かといって金銭感覚がルーズというわけではありません。

むしろ、お金そのものに興味がないといってもいいでしょう。

しかし、不思議とお金に苦労することはありません。

必要なものはきちんと手にすることができますし、極端にリッチに成ることもなければ、貧乏になることも避けられます。

また逆にお金に対して欲が出てしまったり、自分の才能をお金儲けのために使うと、最初のうちには儲けにはなるものの、後々もともと持っている才能がどんどん劣化してしまうということも起こり、最終的には才能がすべて欠落してしまうという結果にもなります。

それに気づいてお金儲けをやめたとしても、才能がもとに戻るわけではありません。

仕事をする際は自分のためではなく、人の為を優先するといいでしょう。

健康運

人からの影響を受けやすいので、それが体調やマインドに出てしまうことがあります。

バランスが崩れてしまうと感情的になったり、風邪を引いたり、どこか不具合を感じることもあります。

もし、いつもと違う場合などは一度現在の人間関係を見つめ直したり、客観的に自分を見つめるということが大切になります。

人生のうちにいろいろな経験をするうちに適度な距離感や自分なりのスタンスを見出すこともできるので、あまり無理をしないことも大切です。

もともととても頑丈な体や心を持っているわけではないので、良い状態を見つけることが何よりも大切です。

オーラが白色の人が濁りがちな自分をオーラカラーをクリアにする方法

神の力を受け、神聖な選ばれし人のみが白いオーラを持つことができるので、特別なオーラです。

しかし人からの影響も受けやすいので、完全な白色になるには時間がかかったり、その過程で他の色と複合することもあります。

オフホワイト、明るめのクリーム色、ベージュ、アイボリーなど少し白に近いカラーに変質することも。

完璧な白は聖者の色でイエス・キリストがまとっていたものです。

特に白色のオーラは第6チャクラ、第7チャクラになります。

第6チャクラは目、神経系、ホルモン系、直感などに対応し、第7チャクラは脳、霊性、宇宙意識などに対応します。

白いオーラを整えるためには脈拍、体温、血液を整えることでしっかりと睡眠時間を取り、ネガティブなエネルギーを寝る前にきちんと浄化すること、ヨガや瞑想などを習慣化することでよりクリアなオーラカラーを創り出すことができます。

オーラが白色の人がなりたい自分になれる補色は「白は変幻自在でオールマイティー」

白い色は基本的にどのような色にも変幻自在に変化することのできるオールマイティーな色です。

なのでもし成りたい自分がある場合、成りたい要素のある他のオーラの色を意識してそれを行動に取り入れるといいでしょう。

大切なのは自分に自信を持つことで、他者に自分の勝ちを求めないことです。

もともと影響を受けやすい白いオーラの人は自分を否定したり、落ち込んでしまうとより傷つきやすくなってしまい、さらにそれが悪化すると自分で物事を判断することをやめてしまい、人に依存してしまう傾向もあります。

そのときに個性の強いオーラカラーだと、その色に支配されてしまう傾向もあるので気をつけなければなりません。

オーラが白色の人と相性が良いのはオーラが「紫」、「水色」の人

紫のオーラを持つ人はカリスマ性があり、白いオーラを持つ人同様に神秘的で精神的にも成熟をしています。

そのために深い話をしたり、お互いがスッと理解し合えるような関係で、なんでも話し合える気のおけない友人になるでしょう。

水色

思いやりと温かな心遣いができる水色のオーラの人とは、少し用心深く消極的な白いオーラの人の心にスッと寄り添い、一番乗り会社でいてくれながら、いろいろなところでサポートしてくれる人です。

オーラが白色の人と相性が悪いのはオーラが「赤」、「オレンジ」の人

エネルギッシュで何事も情熱的な赤いオーラを持つ人は、白いオーラと対局の位置にいます。

何かとイライラさせられたり、時間感覚や感受性も異なるため、理解しづらいと感じるでしょう。

無理をせず、距離を置くことを大切に。

近い距離感だと、赤いオーラの人に侵食されてしまいます。

オレンジ

ストレートでありのままの自分が魅力のオレンジ色は、白いオーラの人から見ると自信を失ってしまうような存在です。

「自分にはああすることはできない」とか「率直だから愛されているんだな」と思いますが、真似をしたとしてもそれは白いオーラの人が自分探しをしているようなもの。

またオレンジのオーラの人の悪意のない言葉で傷つけられてしまうこともあるかもしれません。

オーラが白色の芸能人

美輪明宏

綾瀬はるか

櫻井翔

宮崎あおい

新垣結衣

占い師 聖子のワンポイントアドバイス

聖子
白いオーラを持っている人は本当に神聖で特別な使命に選ばれている人だけが持つもの。

イエス・キリストも白いオーラだったと言われているわ?

だけど、キリストの生涯のように決して幸せではないし、人からの誤解を受けることも多くあるの。

だからこそ魂が磨かれていくし、本当に他者のために自分を尽くしていくことができるのよ。

あなたの生まれ持ったあなたが不思議なオーラ診断はこちら【真実のオーラカラーがわかります】

オーラの色の意味14種類の性質や特徴はこちら

【期間限定】全ての人を幸せに導く運勢診断


こちらを最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

もしも仕事や恋愛やお金は健康の事などで少しでも悩んでいるのなら【運勢診断】の占いを初回無料でプレゼントします!

運勢診断では今、あなたが抱えている悩みが近いうちに解決するのか占います。

仕事、恋愛、人生…など、あなたが抱えている悩みを解決し、充実したライフスタイルを送りましょう!

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【運勢診断】を初回無料でプレゼントします! 片思いのあの人や、彼氏や夫との事も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

鑑定結果や診断結果でアナタの悩みは解消しましたか?

鑑定結果や診断結果であなたの悩みは解決しましたか?

もしも、少しでも不安や悩みがあるのなら、こちらのLINE@に友達追加して頂くと、あなたの悩みの種類やオーラの色から、更に詳しい鑑定結果を悩みや不安の解消法と共にお送り致します。

あなたの不安や悩みを必ず解消致しますので、LINE@へのお友達追加お待ちしております。

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事