占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。このページを訪れてくださったあなたへ、今一番必要なことについてお話するわね。

ウィズコロナになり少しずつ前に進もうとする経済や社会、世界中の人々が昔とは違う「変化」や「前進」にチャレンジしようとしています。

そんな中、私もあなたも今まででとは違う「変化」や「前進」が必要なのは言うまでもない事。

2022年になり、時代の流れの速さは過去の何倍にもなり光の速さになっています。その中で必要な

『変化』と『前進』

この2つが出来なければ、時代の流れに置いて行かれ二度と追いつけなくなってしまうかもしれません。

でも大丈夫。安心してください。

あなたに必要な「変化」と「前進」を知る為の、神の言葉を伝えるカードである『復縁の母』を試してみてください。

神の声を聞けば、時代を味方につけて真の願い、真の幸せを実現させる確かな方法がわかります。

心を開き、真実を受け入れれば、運命は必ずあなたに微笑みます!【今よりも遅い時はない!】この言葉を胸にあなたが幸せになる為の「変化」と「前進」の方法を手に入れましょう!

※20歳未満はご利用できません

オーラという個性を生かせば人生がより良くなり、なりたい自分になれます。

こちらではオーラが紫色の人のスピリチュアルな意味や、特徴や性格、恋愛観、適職・向いてる仕事や運勢をお伝えします。

オーラカラーをクリアにする方法や、なりたい自分になれる補色オーラ、相性が良い悪いオーラの色や、芸能人まで余すことなくご紹介いたします。

目次

オーラが紫色のスピリチュアルな意味

そもそもオーラとは身体から発している波動のことで実際に目に見えるものではありませんが、スピリチュアル的にはそれぞれオーラを持っていて、そのオーラの色によって特徴や性格も違うとされています。

紫のオーラには非常に珍しいカラーで「芸術性」、「美」、「カリスマ性」、「変化」、「神秘的」、「孤独」、「不安定さ」、「高貴」などの独特の意味があります。

紫は青と赤を混ざるとできるカラーで、暖色の赤と寒色の青、つまり温かさと冷たさの両方の性質を兼ね備えているカラーで、紫色のオーラを持つ人は、2つのエネルギーを持っています。

そのため両方の違う声質を持っているので、バランスを取りながら自らがエネルギーをコントロールするという課題もあります。

紫のオーラを持つ人のチャクラは第6チャクラでちょうど第三の目と言われるおでこのあたりになります。

この部分のチャクラは理解力、洞察力、精神性を意味しています。

非常に珍しいオーラですがその使命も特別なものです。

スポンサーリンク

オーラが紫色の特徴や性格

カリスマ性がある

紫のオーラを持つ人は自然と人を惹きつけてしまうような魅力を生まれながらにして持っています。

意識しなくても人の注目や視線を集めてしまうところもあり、また「人とは違う」ということを周囲も認めざるを得ない不思議な魅力があり、それは好意的に受け止められるので、教祖的に周りの人が崇めてしまうところもあるようです。

人を説得するような言葉の使い方や行動をすることができるので、カリスマ性がどんどん高まっていきます。

さらに紫色は高貴な色とされているので、一種の近寄りがたさや独特の雰囲気を持っていて、簡単に話しかけてはいけない神聖さも醸し出しています。

そのためにさらに目立ってしまい、そこに有無を言わせない貫禄も伴うので、自分では気づかなくてもカリスマ性があり、人は憧れの気持ちを持ち、紫色のオーラを持つ人に接してくることもあります。

逆に突き抜けてしまっているので、嫉妬をされたり、嫌なことをされることはめったにありません。

もしそのような悪意がある人がいたとしても、紫色のオーラを持つ人は特別なので、負のパワーをはねのけてしまうような力を持っています。

鋭い洞察力を持っている

いわゆるカンが鋭く、人の心の中を見抜いてしまうような洞察力があります。

これは紫色のオーラを持つ人の最大で最強とも言える特徴と言えるでしょう。

他のオーラを持つ人と比べると、人の真意を見抜く洞察力が顕著に高く、周りの状況を見て、判断をしたり、人の言葉だけではない仕草や表情などのノンバーバルな部分をサッと感じ取ってしまうことのできる能力があります。

そのために瞬時にどうすればいいのかという判断をして、的確に行動をすることができます。

また真意を見抜くことのできる力は自分を守るためにも有効です。

例えば、口ではいいことを言っていても、心のなかでは全く違う悪意を持っている人などは、なぜか理由はわからないけれど非常に嫌な感じがしたり、違和感を持ってしまうということもよくあります。

また他の人は「あの人はとってもいい人」という評価があったとしても、その違和感があるので人の意見をもとに判断をすることはありません。

むしろ自分がなぜそう思ったのかという直感力を元にして、あれこれと洞察を深めていくうちに、はっきりとした理由や答えを見出すこともできます。

もしどんなに上手な嘘をついたとしても紫色のオーラを持つ人はすぐにそれを見破ってしまいます。

この優れた洞察力は天からの特別なギフトとも呼ばれているほどです。

優れた美的センスを持っている

紫色のオーラを持つ人は美意識が高く、「美」に対しての感受性がとても高い特徴があります。

また何が美しいかというものを見極める目を持っていて、美術品や芸術作品、景色、花や空間演出、インテリア、人の心、所作などから美しいものを引き出すような力もあります。

他の人とは少し違う感覚を持っていますが、紫色のオーラを持つ人が「これは美しいもの」と評価をすることで、周りもそれに追従するようなところも。

美しいものは人の気持ちを感動させたり、場合によっては生き方を変化させるような大きな力を持っていて、その素晴らしさを生まれながらにして良いものとして受け取る力があります。

また紫色のオーラを持つ人自身も美しくありたいという美意識や美的センスが高いので容姿やファッションだけではなく、言葉使いや動作なども美しくあろうとしており、それがさらに高貴さを感じさせ、カリスマ性をさらに高めるようなものになっています。

変化に富み、それに対応する柔軟性がある

紫のオーラには「変化」という意味があり、人生において多くの変化や方向性が変わるという経験をします。

また暖色の赤と寒色の青という両極端の性質を併せ持つために、いろいろな出来事や変化が他のオーラ色を持つ人よりも多く経験する傾向があります。

そのためにその変化に対応するために、柔軟性を兼ね備えています。

物事はいつか終わりが来ることを理解していて、また人生は常に永遠ではないことや、一つの物事でもプラスの側面とマイナスの側面があることを生まれながらにして理解しているので、物事に執着したり無駄に固執することがありません。

柔軟性はそのような変化に対して対応する能力で、どのような状況でも自分を変化させることで対応してしまいます。

またそのようなスタンスは人に希望を与えたり、アドバイスを求められることも多くあるでしょう。

変化そのものを受け入れて、柔軟に対応する姿勢が人にも良い影響を与えることになります。

変化するものは悪いものではなく、むしろ前進しているということを受け入れるので、自分自身も変化をしていくことを好む傾向もあるでしょう。

感情が豊か

紫色のオーラを持つ人は暖色の赤と寒色の青という両側面を兼ね備えているため、非常に感情が豊かで情緒的な感性の持ち主です。

また共感能力も高いことから、何かをキャッチしたり感情そのものを揺り動かされることがとても多いでしょう。

例えば、映画やドラマなどを見ていても、主人公の気持ちがスッと自分の中に入ってきて、涙を流したり、自分のことのように感じることも。

また喜怒哀楽の様々な感情をダイレクトに経験しますが、それを無理に抑圧することがありません。

これも赤と青の両方の性質を持っているからこそ、豊かな感情を味わうことができる特徴があります。

また、それを隠すよりは前面に出てしまうので、気持ちのアップダウンはかなり激しいでしょう。

周りの人から見ると、感情がコロコロと変わるので情緒不安定のように感じさせてしまうこともありますが、ストレートに感情を表現することは非常に魅力的で、人の心を動かすような力もあるので、結果的に更にカリスマ性を高めてしまうという特徴もあります。

論理的であり合理的な判断をする

紫色のオーラを持つ人は感情豊かですが同時に非常に論理的で合理的なのでかなり理性的で知的な印象を与えます。

感情が豊かで感性も鋭いのですが、直感力やその場の気分に左右されているというわけではありません。

もちろん鋭い直感力はありますが、それだけに振り回されず、きちんと現実的に判断する力を持っていると言えるでしょう。

物事の本質を見抜き、見極め、何が正しいものかを判断できるのは論理的で合理的な客観的な側面があるからです。

自分の気持ちや感覚というものは主観的なもので自分だけが感じるものなので、根拠は特別に必要ではありませんが、きちんとキャッん的に現実を見つめ論理的かつ合理的に判断することで、強い説得力を生み出すことができます。

これも暖色の赤と寒色の青という両側面の性質を持っているからこそ、感情と理性という両極端のバランスを取ることができ、コントロールすることで生み出されていきます。

大きな目標や高い理想を持つ

他の色のオーラを持つ人は到底考えもしないような大きな目標や崇高な理想を持ち、それを現実で叶えようとする傾向が強くあります。

この性質も紫色のオーラを持つ人の顕著な特徴で、社会や世界の全体を巻き込むような大きな理想を掲げます。

その根本的な動機は単なる自己実現や自分が幸せになるためだけではなく、むしろ他者の幸せや利益などに重点を置き、幸せな人類の未来のために自分が何ができるかという壮大な目標を持ちます。

このような感覚を持っている人は現代社会ではとても珍しいもので、人が幸せになることが自分の最大の幸せであることにダイレクトにつながっています。

自分が動かなければ地球環境も社会も悪い方向に向かっていくことに大きな懸念を抱き、変化を促すことで少しでも幸せな未来が到来することを信じ、必要なことできることを行いたいという気持ちを持っています。

紫色のオーラを持つ人には特別なカリスマ性があるので、それが達成不可能なようなことでも、純粋にそれを語り、行動することでどんどん周りの人が感化されていくこともあるでしょう。

なろうと思えば宗教の教組のような働きもできるかもしれません。

深い人間関係を好む

人との付き合いは得意な方ではありません。

人は紫色のオーラを持つ人のことを崇めたり、傾倒する傾向にあるものの、至って本人は冷静で、広く浅い意味のない人間関係が広がることには無関心です。

大きな目標や完全な美などに意識が向いているので、特別に人間関係には興味を持たず、むしろ煩わしいものと感じているところもあるでしょう。

人間関係そのものも変化をするもので、常に同じ人たちとの交流が続くわけではありません。

人間関係も流れゆくものでそのときどきで変化をするものだということをよく心得ています。

また自分を理解してほしい、受け入れてほしいという承認欲求も特別に高いわけではないので、付かず離れず自分からはアピールしないことも特徴の1つです。

むしろ本当に親しい人や深い話をしたり、心の奥底で気持ちをシェアできるようなレベルの高い人間関係を好みます。

常にベタベタネチネチとした友人関係ではなく、親友と呼べる人なら何年も連絡をとっていなくても、友情関係は変わらないというような精神的なつながりの深い関係を何よりも大切にします。

霊感やスピリチュアルの能力を持つ

生まれながらにして紫色のオーラを持つ人は特別な力があります。

いわゆる「霊感」といわれるようなスピリチュアルの能力があり、通常では目に見えないような存在を見る力などがあったり、未来を予測する予知能力や透視能力、深層心理を感じ取るという超自然的な力が宿っていることも多いでしょう。

それを自覚しているかどうかが別なのですが、自分は全く意識していなくても「霊感あるでしょ?」と言われることも多いかもしれません。

また紫色はお葬式などで用いられるカラーであり「死」の世界をイメージするカラーでもあるので、死後の世界と自然とコミットするような力もあります。

しかし本人がその能力に気づいていない場合はあまりにもそれが自然なことであり、特別視をする必要がないからかもしれません。

またまだその能力が開発途上であるために、潜在的な力を持っていたとしてもそれが顕在化していない場合もあります。

しかし何かの出来事をきっかけにして一気にその能力が開花する場合もあり、大人になってから霊感が芽生えたというケースもよくあります。

自己中心的なところもある

ほとんど完璧で何一つ弱点がないように見える紫色のオーラを持つ人ですが、非常に自分の感性、洞察力、美的センスあるいは霊感などのスピリチュアルの才能など、「自分と人とは違う」という感覚を持っているので、相当に自分に対して揺るぎない自信を持っています。

そのため「わたしが考えたことがベスト」という感覚になりやすく、他の人が劣って見えてしまうこともあります。

また自分が感じたこと、考えたことが最高だというので他の人の意見を聞かなかったり、自己中心的に振る舞っているように見えてしまうこともあります。

紫色のオーラを持つ人にとっては、自分優先ではなく、他者優先であったとしても、感情が豊かですぐに顔に出てしまうところもあり、なかなかその深い本質を理解したり、見極めてくれる存在が少ないため、そのように誤解されてしまうこともあります。

そのような場合は少し人の意見を聞くようにしたり、最初は人に合わせるなどして徐々に促していくなど、コミュニケーションのテクニックなどを取り入れるといいでしょう。

人のために行動をすることを好む

一見するとカリスマ性があり、自己中心的に好き勝手に振る舞っているようにも見えてしまう紫色のオーラを持つ人ですが、行動の基本的な動機は自分優先ではなく、どこまでも他者優先の思想です。

これは大きな目標や崇高な理想を持っている部分とも共通をするのですが、自分のためであればそこまで大きな理想を持つことはしなくてもいいのです。

しかし人のため、社会のため、これからの未来というものに基準があるので、どうしても理想が大きくなります。

これは他者の幸せは自分の幸せであり、他者の利益は自分の利益でもあるという循環をよく理解しているからです。

人のために行動をすれば、やがてそれは自分にも返ってきますし、何よりも自分が豊かになることで、そこに紫色のオーラを持つ人の人生の最大の使命があるといってもいいでしょう。

またすべての生きとし生けるものには魂があることも霊感的な感性で理解しているので、人間だけではなく動植物や自然環境などにも意識を向け、博愛主義者として活動することも多くあります。

完璧主義なところもある

あらゆる才能に恵まれている紫色のオーラを持つ人ですが、自分でもいろいろな経験をするうちに何事もベストをつくすこと、完璧であろうとする傾向も生まれます。

柔軟性がある一方で、非常に自分を律する力や厳しさを自分に向けてしまう面もあります。

「自分はもっとできる」という感覚があり、それが厳しくなればなるほど、自分にどんどん課題を課し、追い込んでしまうような側面も。

また少し後悔してしまうところもあり、「もっとああすればよかった」と過去の自分を許せないところもあります。

自己コントロールをすることが紫色のオーラを持つ人の人生の課題でもあるので、過去の失敗があったとしてもそれを現在や未来に活かすというようにシフトチェンジをする必要もあります。

繊細な性格

理想が高く多少のことでは揺るがないような自信を持っていますが、実は内面は非常にソフトで柔らかく、繊細なところもあります。

これは共感能力の高さや感受性の鋭さにも共通しますが、洞察力の鋭さから、普通の人が気づかないあらゆることが見えてしまう傾向もあり、気疲れをしたり精神的に疲れやすいところもあります。

繊細な性格は悪いものではなく、それがあるからこそ自分だけではなく他者を優先するような行動倫理を生み出していて、実際に他の人に大きな影響を与えています。

しかし、繊細な性格は時として自分を責めてしまう傾向もありますが、それを逆に良いものとして受け取ること、繊細さがあるからこそ、人を理解し、癒す力があるというように前向きに捉えていくことも大切です。

繊細さは一見すると弱さとして捉えがちですが、実は素晴らしいものを与えられていると、自己コントロールのうちに思考を変化させていくこともとても大切です。

直感的に生きることで人生は開ける

あらゆることを広い視点で見つめ、論理的で合理的に行動することができますが、それを踏まえた上で何よりも自分の直感を大切にする生き方をすることでさらに世界が開かれていくでしょう。

ある面では他の人の気持ちなどを受け取ってしまい疲れてしまうところもありますが、あまり人の目や世間体を気にせずに、自分がこうしたい、こっちに進みたいという直感を優先するといいでしょう。

紫色のオーラを持つ人は生まれながらにして特別な能力を兼ね備えています。

優れた直感力もその1つで、あらゆることにそれを生かすことができ、さらにパワーアップして人生を送ることができ、その結果非常に美しくクリアな紫色のオーラを輝かせることができるようになります。

スポンサーリンク

オーラが紫色の人の恋愛観

自然と相手を振り回してしまう

感情の豊かさやそのときどきによって気分にムラが出てしまうので、恋愛では不安定になることも多く、また結果として相手を振り回してしまうということも。

お相手は紫色のオーラを持つ人の魅力にぞっこんで身も心を尽くしてしまいますが、そのときどきで優しかったり、冷たくしたりと一定ではないので、どうしたらいいのかわからなくなってしまいます。

そして最終的には「疲れた」という理由で相手が離れてしまう傾向もあるでしょう。

かなりモテる

紫色のオーラを持つ人には特別な魅力があります。

他の人では感じないような愛情深さや神秘性に触れるとき、相手は夢中になって紫色のオーラを持つ人をなんとか自分のモノにしたいということで追っかけてしまいます。

追うことよりも追われる恋愛になることが多く、また別れたとしてもすぐに次の相手が見つかります。

相当の魅力を持っているので、特定の相手と付き合っていたとしても他の人からの誘いがあったりすることも多く、ストーカーの被害に合うことも多いので、気のない相手には魅力を少しださないようにコントロールする術も身につけておく必要もあります。

気持ちが変わりやすい

変化は紫色のオーラを持つ人の特権でもあり、人生そのものが変化に満ち溢れています。

そのために恋愛でも気持ちがコロコロと変わりやすいところがあります。

非常に情熱的に愛情を交わしていても、次の日には途端に冷めてしまうことも。

これは飽きっぽいというレベルではなく、むしろ変化がつきものの紫色のオーラを持つ人の宿命といってもいいでしょう。

また恋愛の終わりにはなにかの人生の出来事と関係している場合も多く、終わりと感じたら二度とよりを戻すことはありません。

自分から別れを告げる場合も多いでしょう。

精神的な交わりを求める

肉体的な結びつきよりも精神的な結びつきを求めます。

かなり洞察力が鋭く、付き合っていても相手の本心を見抜いてしまうこともあり、孤独感を感じることもあり、「もっと理解してほしい」という気持ちが人一倍強い気持ちもあります。

しかし、精神的な安らぎや満足感が得られると、肉体的な交わりにも積極的になり、ベッドの上で相手にしか見せない格別なセクシーさを出すことも。

精神的そして肉体的に満足が得られ、安心感を得ることでさらに愛情がパワーアップしていく傾向も見られるでしょう。

結婚をすると穏やかに

心から気持ちを許せる相手と一緒になることで、気持ちに落ち着きが出てきたり、また悩みなどがあってもパートナーに相談できるので、不安定さなどがどんどん薄まります。

結婚をすると穏やかで紫色のオーラの持つよ特質が更に際立ってくるでしょう。

また考え方が違う相手だとしても、自分には思いつかないようなアイデアや物事の解決法を知ることで、さらに世界観が深まっていきます。

結婚することでさらに安定し、より良い働きができるようになるでしょう。

オーラが紫色の人の適職・向いてる仕事

俳優

生まれながらにして演技をすること、違う自分を演出することは変化そのものであり、役者としても共感能力に優れているので、俳優はまさに紫のオーラを持つ人は天職です。

どんなに困難な役でも見事にこなしてしまうでしょう。

また趣味で演劇鑑賞や小さな劇団に入ることもいいでしょう。

芸術家

制作することや自分の内面の世界を表現することに向いていて、人の深い感情に訴えかけるような作品を作ることができます。

物作りに関してもとても丁寧で時間をかけながら、作品と語り合いながら無から有を生み出す力を持っていますので芸術の世界で活躍することも夢ではありません。

作家

物語を作ること、表現すること、人の深い心理を探ることなどが結集する作家は紫のオーラを持つ人の天職です。

また「こうなればいいな」と思う理想の高さもあり、現実世界ではそれを実現するのが難しくとも仮想の小説などの世界でそれを表現し、メッセージ性をこめた作品を作ることもでき、多くの人に共感を与えるでしょう。

弁護士

論理的に物事を構築する言葉の力を持っていて、なおかつ弱い立場の人に寄り添うことができるので、弁護士にも適性があります。

またある面では競争をすることも嫌いではないので、勝利するために情熱を燃やすことも。コツコツと学びを深めることも嫌いではないので理性的な側面が強い場合には法学の道へ進むのもいいでしょう。

心理学者

人の深層心理や隠れた心の動きにとても敏感なので、心理学者として研究を積むことも向いています。

カウンセラーとして活躍することもできますが、少しカリスマ性が強いために、クライアントが依存してしまう傾向があるのでなるべく一対一の相談業務は避けたほうがいいかもしれません。

心理学者として学問そのものを構築することがふさわしいでしょう。

その他にも、講師、デザイナー、プロデューサー、ディレクター、カメラマン、芸能人、ソーシャルワーカーなどのような仕事にも適性があります。

オーラが紫色の人の運勢

総合運

人生の中で様々な出来事を経験し、それに伴う変化に対応しながら自分を輝かせていくことができます。

またどのような困難であってもそれを乗り越えることでどんどん力が増し、オーラが輝いていくでしょう。

ただ若いうちや経験が乏しい時期は自分の内面で葛藤を経験したり、感情をコントロールすることが課題になります。

また生きる意味について考え、自分の幸せだけではなく、他者の幸せのために自分が存在しているというレベルにまで深まると、どんどん統合されていき、スムーズに人生が送れるようになります。

類まれな理解力、洞察力、精神性が一致するようになるとさらに潜在能力が開花されていくでしょう。

しかしこのバランスが崩れてしまうと体調を崩したり、病気がちになってしまうこともあります。

金運

お金に執着はしていませんが、生きていくための必要なものという意識が高く、しっかりと財産をなしたり、現実的にお金を使うことが多いでしょう。

そのためにお金払に関しては相当シビアな感覚を持っているので、人から見るとケチくさいと思われてしまうことも。

また、好きなものには湯水のようにお金を使うこともありますが、不思議とお金に困ることがない運勢です。

健康運

心と身体のバランスがなによりも大切で、そのバランスが崩れてしまうと原因不明の体調不良などになりやすく、また過敏になってしまう傾向も見られます。

特に人からの気を受けやすく、それが悪いものだとすぐに自分の体調に反映されてしまうので、上手にシャットアウトすることが何よりも大切になります。

バランスを取り、しっかりとコントロールできるようになると、健康が保たれ、精力的に活動します。

オーラが紫色の人が濁りがちな自分をオーラカラーをクリアにする方法

定期的に自分の中に溜まった気を浄化する必要があります。

人からの気を受けやすいのですが、それが無意識で身体や魂の中に蓄積されてしまい、紫のオーラそのものが濁ってしまう場合があります。

そうならないためには、定期的に浄化をする必要があります。

とても簡単な方法で、疲れたなと感じたらお風呂に塩を入れて塩浴をしたり、クリスタルを身につけるなどすると効果があります。

オーラが紫色の人がなりたい自分になれる補色は「黄色」

正反対のカラーが基本的に補色になります。

紫のオーラの補色は黄色なので、少しエネルギーがほしいときなどには黄色い色を身に着けたり、黄色いお花などをインテリアに飾るなど心がけるといいでしょう。

オーラが紫色の人と相性が良いのはオーラが「白」と「赤」の人

白いオーラを持つ人は純粋無垢で天才的な性質があり、紫のオーラを持つ人に大きなインスピレーションを与えます。

両方とも直感力があるので最強のパートナーシップを結ぶことができ、また敵対関係やライバル関係に成りにくく、深いところで紫のオーラを持つ人のことを理解してくれて心のつながりを感じられます。

赤いオーラを持つ人は情熱的で行動力に優れています。

もともと紫のオーラを持つ人は社交的ではなく、少し引っ込み思案なところがありますが、そこを赤いオーラを持つ人がガンガン押し切っていき、道を開いてくれるでしょう。

オーラが紫色の人と相性が悪いのはオーラが「青」の人

冷静で客観的な青色のオーラを持つ人は、いろいろな面での違いが目立ってしまいます。

紫を形成するのに青は欠かせないのですが、調和にはならない相性で、あまりにも現実的すぎるので、紫のオーラを持つ人の繊細で神秘的な側面を全く理解することができません。

オーラが紫色の芸能人

綾戸智絵

太田光代

友近

遠野なぎこ

押切もえ

道端アンジェリカ

細川茂樹

杉田かおる

高橋みなみ

北斗晶

渡辺美奈代

杉本彩

照栄

川崎麻世

大西結花

占い師 聖子のワンポイントアドバイス

聖子
紫色のオーラを持つ人はすごく珍しいの。

また多くの芸能人やアーティストが紫のオーラを持っているけれど、特別に選ばれた人だからこそ、芸能人として活躍しているということもあるわ。

良い方向にエネルギーを使えば、それに共鳴してくれる人もどんどんついてきてくれて幸せな人生を送ることができるはず。

あなたの生まれ持ったあなたが不思議なオーラ診断はこちら【真実のオーラカラーがわかります】

オーラの色の意味14種類の性質や特徴はこちら

【期間限定】全ての人を幸せに導く運勢診断


こちらを最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

もしも仕事や恋愛やお金は健康の事などで少しでも悩んでいるのなら【運勢診断】の占いを初回無料でプレゼントします!

運勢診断では今、あなたが抱えている悩みが近いうちに解決するのか占います。

仕事、恋愛、人生…など、あなたが抱えている悩みを解決し、充実したライフスタイルを送りましょう!

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【運勢診断】を初回無料でプレゼントします! 片思いのあの人や、彼氏や夫との事も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

鑑定結果や診断結果でアナタの悩みは解消しましたか?

鑑定結果や診断結果であなたの悩みは解決しましたか?

もしも、少しでも不安や悩みがあるのなら、こちらのLINE@に友達追加して頂くと、あなたの悩みの種類やオーラの色から、更に詳しい鑑定結果を悩みや不安の解消法と共にお送り致します。

あなたの不安や悩みを必ず解消致しますので、LINE@へのお友達追加お待ちしております。

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事