不倫している彼との子供を妊娠してしまい、産むべきか、中絶すべきか悩んでいませんか?

こちらでは、無料の不倫タロット占いで、不倫相手の子供を妊娠してしまった時に産むか中絶すべきかを鑑定すると共に、不倫相手の子供を妊娠してしまった時にどのように対処したら良いのかをご紹介します。

それでは、不倫相手の子供を産むべきか中絶すべきかを問う占いと、不倫相手の子供を妊娠してしまった時の対処法を見ていきましょう。

不倫タロット占いで、不倫相手の子供を産むべきか中絶すべきかを占う

nvt:カードにタッチすると占いがはじまります。:お好きなところでカードを止めてください。:カード展開中...:お好きなカードをタッチしてください。:結果ページを表示します。
結果1
結果2
結果3
タロット占い

不倫相手の子供を妊娠してしまった時の対処法

まずは医師の検査を受けて

普通のパートナー同士なら、子供を妊娠すれば喜び、親戚や周囲に祝福されて出産を迎えるはずです。

しかし、結婚している彼との不倫で妊娠してしまった場合、今後のことを考えると生む前にも産んだ跡にも様々な困難が待ち受けているもの。

あなた自身の胎内に宿した子なのですから、最終的には、困難があっても産むのか、中絶するのかをあなたが決断しなくてはなりません。

しかし、今後のことを悩む前に、まずすべきことは、産婦人科にかかることです。

例えば、危険日に不倫してしまったことから、その日に悩んでいる段階なら、一刻も早く産婦人科に行き、診察を受けましょう。

産婦人科で処方されるアフターピル(緊急避妊薬)を飲めば、早ければ早いほど妊娠を抑えられる可能性が上がります。

通常24時間以内、遅くとも72時間以内に服用することで避妊できると言われるアフターピルですが、専門医の判断なしには、必ず安心とは言い切れません。

一刻も早く受診し、服用することが大切です。

また、生理が遅れている場合や妊娠検査薬で知った場合も同様です。

本当に自分が妊娠してしまったということを確認するのは恐ろしいかもしれません。

そして、その後やがて出産するのかどうか決めなければならない日が来るのが恐ろしいかもしれません。

しかし、一刻も早く受診して専門医の指導を受けることによって、いつまでに産むか中絶するかを決めなければならないのか、という正確なリミットを知ることが出来ます。

そして、そのことを知らなくては、自分で判断することも、誰かに相談することもできません。

まずは産婦人科に行き、自分の、そして子宮の状態を確認することが大切です。

今後は中絶するのかどうか、早く判断しなくてはなりません。

慎重さは必要ですが、遅くなればなるほど母体へのリスクは増し、痛みを伴います。

そして、今後不妊症になるリスクもないとは言えないのです。

自分の気持ちを明確に

専門医にかかったら、次は自分が産みたいのか、産みたくないのかを決めなくてはなりません。

自分の心が混乱し、どうしようか悩んでいるうちから彼や周囲に相談してしまうと、バラバラのことを言われてかえって混乱してしまい、決められないまま中絶のタイミングを逃してしまう恐れがあります。

まずは、自分自身が子供を産みたかったのか、子供は好きではなく産みたくないのかを突き詰めて考えなくてはなりません。

その時には、産まれてくる子供は不倫相手との子供であり、現時点で世間的には認められない関係の中で産まれてくること、その後もシングルマザーとして育てていかなければならない可能性が高いことなどを考えなくてはなりません。

周囲にあなたと彼との不倫がばれてしまえば、不倫の子だと言われる可能性もあります。

子供の将来を考えた時に、そうした苦難が待っている可能性があることをあなた自身が許せるかどうか、よく考える必要があります。

また、経済的、身体的に、あなたが産み、育てていけるだけの余裕があるのか、考えなくてはなりません。

いくら産みたいと思っても、収入が少なすぎて子供を育てきれない、あるいは身体が弱く、自分以外の人間の面倒を見ることができないと判断するなら、あなたの置かれた環境は産むのに適していない可能性があります。

また、もし妊娠がわかった場合、周囲に助けを求められるかどうかも判断すべきポイントです。

経済的、身体的に難しいと思っても、家族や親戚、支援があれば産み、育てられる可能性もあります。

こうしたあなた自身の気持ち、そしてあなた自身の環境と、もう一つ、あなたがよく考えなくてはならないことがあります。

それは、あなたのお腹の中には小さくとも、すでに命が宿っているということです。

妊娠するつもりはなく、意図せずしてできてしまったかもしれません。

あなたと彼の無責任によってできてしまったのかもしれません。

中絶しようと思えばすぐにできるような小ささかもしれません。

しかし、どんなに小さくてもあなたのお子さんは既にお腹の中で生きていて、少しずつ育ち、産まれる日を待っているのです。

そのことを考えるなら、きちんと避妊すべきだったこと、避妊しないならいつこのような事態になってもおかしくないという覚悟を持つべきだった、とよく考えなければなりません。

不倫で産まれる子だったとしても、この先の人生困難ばかりが待ち受けていて不幸な未来が待っているとは言えません。

この先お子さんが自らの力で、そしてあなたの努力によって幸せな人生を送る可能性はあるのです。

子供を産むのか、中絶するのかは、あなたがお腹の中に宿っている子供に対して希望があると考えるのか、希望がないと考えるのかも、判断の決め手になるはずです。

自分だけのこととは考えず、2人のこととして考えなければならないのです。

不倫相手の彼に相談して

あなたが産むのか中絶するのかを決めたら、次に不倫相手である彼に相談しましょう。

あなたの妊娠を知って離れていく可能性もあります。

あなたが中絶すると言えば、あなたとの関係を続ける男性もいるかも知れません。

しかし、その男性は今後も無責任に避妊せずに行為を繰り返し、あなたを精神的にも肉体的にも痛めつける可能性があります。

あるいは自分に子供がなくて喜んでくれる場合もあるでしょう。

その場合は、産むことに積極的になってくれ、奥さんと離婚してあなたと再婚することを決めてくれる可能性が高くなります。

また、認知してもらえるのかどうかは重要な話し合いになるでしょう。

そして、彼には養育費を払ってもらう権利があります。

彼が奥さんにあなたとの子供を内緒にしながら育てることを選択した場合は、養育費だけ受け取り、認知はしないという選択もありえます。

産むと決めた場合、どこまで認めるのか、今後どのように育てていくのかを十分に話し合う必要があります。

もし彼と意志が対立してしまったら、養育費などの経済的理由や育て方、認知の面で産むかどうかを判断する必要があります。

彼に反対されたとしても、あなた自身が責任をもって生み育てることを決めたなら、彼とは別れてシングルマザーとして育てるという選択肢もあります。

親と話し合って

彼と相談する一方で、親との関係が良好であれば、妊娠を相談すれば、出産後に協力してくれる場合もあります。

もちろん、不倫の後に妊娠した子供であり、あなたがもしシングルマザーになる場合は、親から出産を反対されるケースはありえます。

逆に、どんな境遇であっても孫であることに変わりなく、産むように説得される場合もあります。

妊娠を告げるのは非常に勇気がいることですが、これまで親との関係が良ければ、妊娠を隠し通すことはできないでしょう。

あなたが出産後、経済的、身体的に一人で育てるのが困難なほど、親の協力は欠かせないものになります。

また、親だけでなく、周囲にあなたのことを理解して子育てを支援してくれる人がいれば、十分相談して、出産後の体制を整える為に相談すると良いでしょう。

占い師 愛のワンポイントアドバイス

不倫している彼との間に子供ができてしまったら、予期せぬ事が起きたために、酷く悩まれることでしょう。そして、これから先、産んで育てていけるのか、彼からの認知はあるのか、彼は離婚して夫婦になってくれるのか、世間からどのように見られるのか……様々なことが頭をよぎり、産むのか中絶するのかという究極の答えを出すために悩み抜かなくてはならなくなります。今後のことを考えると恐ろしさが襲ってくるかもしれませんが、まずは一刻も早く産婦人科医にかかって診察してもらうこと、そして自分の意志を固めることが大切です。もちろん産むためには彼の意志も尊重しなくてはなりませんが、あなたに本気でなかった場合には、あなたに辛い選択を迫り、悪びれない可能性もあります。よく相談し、彼との今後も考える必要があるでしょう。産むことにしても中絶することにしても、すでにあなたのお腹の中には小さな命が宿っています。一人のこととは考えず、産まれてくるはずの命のことをよく考えて決断することをおすすめします。

不倫の彼との子供を妊娠してしまったら、まずは自分自身が産むかどうかを考えて

もし、不倫相手である彼と関係を持った結果妊娠してしまったら、今後待ち受けている困難について悩む前に、まずはかかりつけの産婦人科にかかることです。

例えば、危険日に不倫してしまったことからその日に悩んでいる場合には、一刻も早く産婦人科に行き、診察を受けることで、アフターピル(緊急避妊薬)を処方され、緊急避妊できる可能性があります。

妊娠を確信している場合にも、一刻も早く受診して専門医の指導を受けることによって、今後いつまでに産むか中絶するかをきめなければならないのか、などを正確に知ることができます。

次に、自分が産みたいのか、産みたくないのかを決めなくてはなりません。

自分の心が混乱し、どうしようか悩んでいるうちから彼や周囲に相談してしまうと、バラバラのことを言われてかえって混乱してしまい、決められないまま中絶のタイミングを逃してしまう恐れがあります。

自分が子供が欲しかったのか、そして子供がこれからどんな境遇に置かれるのか、経済的、身体的にあなたが産み育てられる余裕はあるのかを考えなければなりません。

また、親や周囲からの援助が受けられるのかも考えてみる必要があります。

そして、何よりも、あなたのお腹の中には小さくとも、すでに命が宿っているということを忘れてはいけません。

自分だけのこととは考えず、2人のこととして考えなければならないのです。

あなたが産むのか中絶するのかを決めたら、次に彼に相談しましょう。

あなたの妊娠を知って離れていく可能性もあります。

あるいは自分に子供がなくて喜んでくれる場合もあるでしょう。

その場合は、奥さんと離婚してあなたと再婚することを決めてくれる可能性が高くなります。

また、認知してもらえるのかどうかは今後産み、育てる場合に非常に重要です。

また、養育費を払ってもらう権利もあります。

産むと決めた場合、どこまで認めるのか、今後どのように育てていくのかを十分に話し合う必要があります。

彼に出産を反対されたとしても、あなた自身が責任をもって生み育てることを決めたなら、彼とは別れてシングルマザーとして育てるという選択肢もあります。

最後に、もし産むことを決めた場合は、親や周囲に相談することで手助けして貰える可能性もあります。

あなたが仮にシングルマザーになる場合、誰の力も借りずに一人だけで育てていくのは大変なことです。

もし助けてくれる人がいるならば、初めは相談しづらいでしょうが、後々大いに助けになります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事