結婚して年月が経ち、旦那と馬が合わなくなってきたように感じて、人知れず悩んでいませんか?

夫婦の相性が悪かったのでは?このままだと離婚になるんじゃ?!と不安に思われることもあるかもしれません。

そんな場合には、日々の言動に気をつけることで、夫婦の相性を良くしていくことができますよ!

そこで今回は、旦那との相性を二人の生年月日と血液型で占うと共に、夫婦の相性を改善する方法をご紹介いたします。

それでは、夫婦の相性をお伝えする占いと、最近夫婦仲が心配になってきた旦那との相性を良くする方法を見ていきましょう。

二人の生年月日と血液型で夫婦の相性を占う

女性 男性
A型 B型 O型 AB型
女性 男性
A型 B型 O型 AB型
1
https://micane.jp/divorce-birthday-huuhuaishou-result1,https://micane.jp/divorce-birthday-huuhuaishou-result2,https://micane.jp/divorce-birthday-huuhuaishou-result3,https://micane.jp/divorce-birthday-huuhuaishou-result4,https://micane.jp/divorce-birthday-huuhuaishou-result5,
https://micane.jp/divorce-birthday-huuhuaishou-result6,https://micane.jp/divorce-birthday-huuhuaishou-result7,https://micane.jp/divorce-birthday-huuhuaishou-result8,https://micane.jp/divorce-birthday-huuhuaishou-result9,
5
4

夫婦の相性を良くする方法

夫の日頃の頑張りを褒め、ねぎらう

結婚して月日が経つと、旦那とあなたの役割分担が自然とできてきます。

役割分担は夫婦の生活を便利にしますが、一度決めてしまった役割は「やって当たり前」のことになってしまいます。

すると、相手への感謝の気持ちを忘れて、恋人同士だった時には自然と出ていた感謝やねぎらいの言葉を口にしなくなってしまうのです。

感謝やねぎらいの言葉を最後に旦那から言われたのはいつですか?

また、前ならもっと言ってくれていたのに、回数がかなり減ったと感じはしませんか?

もしあなた自身も、感謝やねぎらいの言葉を言う回数が減っている、と感じたら、「夫婦」だから、「役割分担している」から、してもらって当然なのだ、と考えてしまっているかもしれません。

日頃からちょっとした感謝やねぎらいの言葉があるだけで、相手がいつも自分の頑張りを見てくれている、そして認めてくれているのだ、と相手はいつも感じてくれるようになります。

すると、注意して見てくれていることへ感謝し、逆に自分に対してしてくれている事にも敏感になり、感謝してくれるようになります。

はじめは気づかれないかもしれませんが、ずっと言い続けているうちに気づいて、なぜこんなに感謝してくれるのだろう、と旦那は考えてくれるようになります。

すると、夫婦になって自然と当たり前になっていたことに対して、ありがたい気持ちを思い出し、あなたにも感謝を返すようになってくれます。

感謝のラリーを続けることで、次第に夫婦の相性が改善されていきます。

一緒に打ち込めるものを作る

夫婦の相性を良くするためには、あなたが旦那を思いやるだけでなく、旦那に関心を持ってもらうことも大切です。

しかし、長い月日を夫婦として連れ添ってしまうと、今更関心を持ってもらう方法が見つからない、と悩まれるかもしれません。

そこで、おすすめなのが、一緒に打ち込めるものを作るという方法です。

夫婦が夫婦共通の事柄について一緒に考えることで、自然と同じ目的を持ち、一緒のことを考えたり喋ったりする時間が増えていきます。

すると、その物事を通して、旦那の関心が自然とあなたや夫婦へと向けられていくのです。

お互いに家族の一員として問題意識を持つことで、自然と一体となることができ、夫婦の中は改善されていくでしょう。

そして、お互いに大変な思いをしている時には、一緒に取り組んでいることを共に労うことができます。

旦那は自然とあなたのことを心配し、感謝してくれるようになって、関心を持ってくれるようになります。

夫婦という形を思い出す

夫婦になると、家族としての共有財産が増えていきます。

それは文字通りの経済的な事柄だけでなく、夫婦としての生活や経験、子ども、お互いの家族など、夫婦が関わる全てです。

一つ一つの事柄が夫婦にならないと得られないものばかりですが、長年連れ添っているうちに、当たり前になってしまいます。

そして、中でも辛いことや面倒なことは相手に押し付けてしまいがちに。

それが夫婦の暗黙の了解になってしまうと、自分だけで何とかしようとして旦那の知らないところで悩んだり、相手に任せようとして大変そうなのに知らんふりしてしまったりするようになります。

どんどん嫌なことを相手に押し付け、手放そうとしてしまうのです。

手放すと楽にはなりますが、夫婦の共有物が自然と減っていき、夫婦同士がわかり合っていることも減ってしまいます。

すると、何かあった時に、責任をなすりつけるようになり、夫婦の相性が悪くなっていくのです。

悪くなってしまった相性を改善するためには、夫婦という形を改めて思い出してみてください。

夫婦になると、何でも他人事ではなくなり、家族に起こったことになります。

特に相手が辛かったり落ち込んだりしているときこそ、そのマイナスの体験を一緒に共有して、家族として乗り越えていくことができます。

良いことも悪いことも共有し、助け合うのが夫婦でいるために大切なことです。

面倒事や嫌なことから目をそむけず、相手が苦しんでいるときこそ一緒になって頑張れば、夫婦として山を乗り越えることができます。

その経験がまた一つ夫婦の共有財産となり、夫婦の歴史が刻まれていきます。

夫婦の形を思い出し、山を共に一つ一つ乗り越えていくことで、夫婦の相性が良くなっていきます。

占い師 愛のワンポイントアドバイス

夫婦が長い月日を連れ添っていると、最初はこんなはずじゃなかったのに、と思うことがありますよね。特に最初はアツアツだった夫婦の相性が、このところ悪くなってしまった気がするとなれば、今後のことや離婚まで心配になってきて、悩みも深刻になってしまいますよね!そんな夫婦の相性を改善するには、あなたが旦那に対して関心を持つこと、逆に旦那の関心を引きつけること、そして夫婦共通の関心事を作ることがポイントです。夫婦が向き合うことによって自然と会話が増えていきます。相手への理解が深まれば、認めて感謝する気持ちも生まれます。特に夫婦同士での感謝やねぎらいの言葉は、当たり前に感じられたり、気恥ずかしくなったりして言わなくなることが多いので、ちょっとしたタイミングでも口にするようにすると、夫婦の相性も良くなっていきますよ!夫婦になってから当然になってしまったことこそが、相性を悪化させている原因です。新婚時代を思い出して、その頃のあなたが自然と旦那にしていたことを実行しましょう。ちょっとしたことでも、相性改善に大きな効果がありますよ!

夫婦の相性を良くするためには、夫婦の関心事を作って

夫婦の相性が悪くなってきたと感じられた時、相性を良くする方法として、夫の日頃の頑張りを褒め、ねぎらうという方法があります。

結婚して月日が経つと、役割分担が自然とできていきます。

役割分担は夫婦の生活を便利にしますが、相手への感謝の気持ちを忘れて、感謝やねぎらいの言葉を口にしなくなってしまいます。

感謝とねぎらいの言葉をどんな些細なことでも、ささいなタイミングでも言うように心がければ、夫婦としていつの間にか当たり前になっていたことに対して、ありがたい気持ちを思い出すようになり、感謝を返すようになります。

感謝のラリーを続けることで、次第に夫婦の相性が改善されていきます。

また、一緒に打ち込めるものを作ることで、夫婦の相性を良くする方法もあります。

夫婦が夫婦共通の事柄について一緒に考えることで、自然と同じ目的を持ち、一緒のことを考えたり喋ったりする時間が増えていきます。

すると、その物事を通して、旦那の関心が自然とあなたや夫婦へと向けられていき、相性が良くなっていきます。

夫婦になると、何でも他人事ではなくなり、家族に起こったことになります。

良いことも悪いことも共有できるのが夫婦というものです。

面倒だな、と思うことや嫌なことがあっても、目をそむけて押し付けずに、一緒に乗り越えましょう。

相手が苦しんでいるときこそ一緒になって頑張れば、夫婦の絆が深まり、相性が良くなっていきます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事