チェイサーがランナーを手放した時にステージが進化!ツインレイ覚醒の必須ステップ
占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。このページを訪れてくださったあなたへ、今一番必要なことについてお話するわね。

争いに自然災害…円安に物価高騰…。そんな中で前に進もうとする経済や社会、世界中の人々が昔とは違う「変化」や「前進」にチャレンジしようとしています。

そんな中、私もあなたも今まででとは違う「変化」や「前進」が必要なのは言うまでもない事。

いよいよ2024年になり、時代の流れの速さは過去の何倍にもなり光の速さになっています。その中で必要な

『変化』と『前進』

この2つが出来なければ、時代の流れに置いて行かれ二度と追いつけなくなってしまうかもしれません。

でも大丈夫。安心してください。

あなたに必要な「変化」と「前進」を知る為の、神の言葉を伝える『オラクルカード』を試してみてください。

神の声を聞けば、時代を味方につけて真の願い、真の幸せを実現させる確かな方法がわかります。

心を開き、真実を受け入れれば、運命は必ずあなたに微笑みます!【今よりも遅い時はない!】この言葉を胸にあなたが幸せになる為の「変化」と「前進」の方法を手に入れましょう!

※20歳未満はご利用できません

ツインレイにはチェイサーとランナーという2つの役割があります。

それぞれが必ずチェイサーかランナーのどちらかの役目を担い、ツインレイの統合に向けて各々やるべきことを為していくのですが、このチェイサーがランナーを手放すとき、ツインレイにとって大切なことが起こると言われているのです。

今回は、チェイサーがランナーを手放したときにどんなことが起きるのか、その時のチェイサーの感情、チェイサーがランナーを正しく手放す方法について紹介していきます。

チェイサーがランナーを手放した時ツインレイに何が起きる?

チェイサーの覚醒が完了する

ツインレイにおけるチェイサーとランナーというのは、名前のまま、“追う側”と“逃げる側”という役割を担っており、特にこの役割の影響は、ツインレイの出会いの時期やサイレント期に顕著に表れます。

ツインレイの出会いにおいても、先にチェイサーがツインレイを見つけ、距離を縮めていくと言われており、サイレント期を招くきっかけを作り、ツインレイから一度逃げるように離れていくのがランナーであり、そんなランナーを一生懸命追いかけるのがチェイサーだとされているのです。

ランナーは、自身の魂の成長が必要な時期を潜在意識で察することなどで、一時期チェイサーから逃亡したい気持ちが強くなることがあります。

そんなときに必死に追いかけるのがチェイサーの役目でもあるのですが、ここでふとランナーから手を放し、追いかけることをやめることで、ツインレイの関係上大きな変化が起こるのです。

そのひとつが、チェイサーの覚醒の完了です。

ツインレイとして覚醒することで、まずが自分がツインレイであり、誰かの魂の片割れであることをはっきりと自覚します。

すでにツインレイという認識を持っているのであれば、覚醒と同時にこれまで抱えていた不安や心配事を完全に手放したり、自身の中で理解し受け入れて消化することができるようになります。

また、ツインレイとして自分がしなければならないこと、使命を理解できるようになるので、魂の成長に正面から向き合うことができるようになるのです。

覚醒前などは体調不良が起こるなど、変化の予兆もいくつか起こりますが、それを乗り越えてしまえば明らかにこれまでの自分とは違うことを実感できるでしょう。

しかしその変化の中にも覚醒のサインははっきりと表れています。

そしてこれらの症状が落ち着いたとき、チェイサーはツインレイとして完全に覚醒した状態となっているのです。

これは、魂の統合を迎え入れる準備が完全に整っていることを示しています。

ランナーの覚醒も促す

チェイサーがランナーを手放し、覚醒することで、その魂に引き寄せられるように、ランナーも覚醒を迎えるようになります。

このタイミングで二人が立て続けに覚醒を迎えることができたのであれば、それはチェイサーがランナーを手放したことがきっかけと考えて間違いありません。

二人が一度出会えば、その魂は常にお互いがどこにいるのかを共鳴し合い、確認し合っています。

魂の持ち主当人は、時に相手が何をしているのかわからず不安になったり、サイレント期には音信不通になり絶望的な気持ちになったりするわけですが、魂同士はそんな時期でもちゃんとお互いがいる場所を知っているのです。

そして、それぞれの魂の成長度合いに応じて自らも成長しようとする特徴があります。

その結果、片方が覚醒すればそれを感じ取ったもう片方の魂も、覚醒に向かって進んでいくのです。

ランナーは、チェイサーに対して不安を感じたり、時には「怖い」と感じることで逃げて距離を置こうとしてしまうのですが、そんな逃げている最中でも「好き」という感情を抱くことがあります。

これはお互いの魂が常に引き合い、相手の状態をテレパシーを通じて知っているからに他ならないのです。

新たなステージに進化!サイレント期間の終わりと再会が近づく

チェイサーがランナーを手放すことで、まず先にチェイサーが覚醒し、そしてそれに引き寄せられるかのようにランナーも覚醒する…そうなると、サイレント期にあったツインレイの場合には、これまで逃げていたランナー側の心境にも変化が訪れます。

これまでは怖いと感じたり、うっとうしいと感じてしまってツインレイから逃げていたランナーですが、ふとした瞬間に「チェイサーに会いたい」
と感じるようになるのです。

この感情をランナーが抱くようになると、サイレント期はほとんど終わりに近づいていると判断できます。

そして、徐々に再開の時期へと近づいていくのです。

覚醒し、またひとつ魂が成長したことで、ツインレイとして新たな試練を乗り越え、そして統合に向けて再び並んで成長していくことが求められる時期となったため、二人の関係に変化が訪れます。

スポンサーリンク

チェイサーがランナーを手放した時の変化【チェイサーの感情】

ランナーへの執着から解放される

ツインレイはチェイサーとランナーという役割が最初から決まっています。

ランナーはその名の通り逃げる側なので、比較的最初のうちにはツインレイに対する執着や依存を抱きにくい傾向にあります。

しかし、チェイサーはそもそも追いかけるのが役割なので、ランナーに比べるとツインレイに執着しやすい性質を持っているのです。

しかし、チェイサーがランナーを手放すことができると、それまで抱いていた執着心や相手に依存する気持ちというものが忘れてしまったかのようにどこかにいってしまいます。

ツインレイに対して抱く不安や心配というのは、基本的にはこの執着心とセットになっているようなものなので、ランナーを手放すことで日々抱いていた不安なども自分から消え去り、とても気持ちが軽くなったように感じることでしょう。

ランナーに期待しなくなる

相手に期待する気持ち、何かを求める気持ちは、募りすぎたり、あれこれ条件をつけすぎて自分の思い通りにならなくなってくることで、執着に変わる特徴があります。

つまり、相手に期待して「こうしてくれないかな」「こんなことをしてほしいのに」とあれこれ考えている気持ちはやがて執着に変わってしまうということになるのです。

その期待する気持ちは、チェイサーがランナーを手放したときに一緒に手放される感情の中に入っています。

相手に期待する気持ちを抱かなくなるので、当然相手にがっかりすることもなくなり、相手に何かを求める気持ちも薄れていきます。

ツインレイとは自分の思い通りに動いてくれなくても、自分が会いたいときに会えなかったとしても、愛しい存在であり、自分にとって唯一無二の存在であることに変わりはない…その事実に気づくことができるようになります。

期待を手放すことで、ツインレイに対する執着も手放すことができ、覚醒やツインレイの再会を引き寄せられるようになるのです。

精神的に安定して不安がなくなる

精神的に安定して、不安を手放すことができるのも、チェイサーがランナーを手放すことで得られるメリットのひとつといえるでしょう。

精神的に不安定な状態であれば、当然次から次に気になっていることが心配の種となり、不安となり、芽を出したかと思ったら急激に成長し、自分を包み込んでしまいます。

その不安はなかなか消えることはなく、しぶとい雑草のように心に居座り続けます。

しかし、チェイサーがランナーを手放すことができれば、その心配や不安も不思議と消えていくのです。

それは、ランナーを手放したことで精神的に安定することができたから。

手放すまでは不安でいっぱいでも、潜在意識的にツインレイであるから手放しても決して完全に関係が消えてしまうわけではないことを理解できているのも、手放すことができる理由のひとつとなるでしょう。

心が安定し、魂の成長にだけ目を向けて自分と向き合えるようになっていくはずです。

純粋にランサーの幸せを願う

チェイサーがランナーを手放すと、相手の幸せを純粋に願うことができるようになります。

チェイサーの場合、必死にランナーを追いかけるので、なかなか気持ちが安定せず、相手の幸せをゆっくり願うような時間を取ることができません。

しかし手を放すことができると、心にゆとりができて自分と離れているときでも相手が幸せでありますように…と願うことができるようになるのです。

見返りを求めず、自分のところに戻ってくることを切に願うこともなく、ただただ、離れている場所でも幸せでありますように…と思うことができていれば、それはランナーを手放すことができたというはっきりとした証拠になるでしょう。

相手の幸せを願っている際に胸がどこか苦しかったり、落ち着かない気持ちや寂しい気持ちになるのであれば、それはまだ上辺だけだということ。

自然に相手の幸せだけを祈ることができているかどうか、自身を客観的に見つめてみましょう。

ツインレイへのこだわりがなくなる

ツインレイに対して、こだわりを持たなくなるのもチェイサーがランナーを手放すことができたサインのひとつとなります。

ツインレイなのだからこうあるべきとか、近くにいないといけないとか、常に通じ合っていないといけないなど、ツインレイについての知識があればあるほど、自分の中で理想のツインレイ像を作り出し、それにのっとった関係でないと満足できなくなっていってしまうことがあります。

これはまさに追いかける役を担っているチェイサーによくある状態です。

しかし、チェイサーがランナーを手放すことができると、自分が想像していたツインレイというものが、現実と理想のようにずれていること、そして本来のツインレイがどんなものなのかを知ることができるため、ツインレイの理想像というものを持たなくなっていきます。

これによって、チェイサーにツインレイに対するこだわりがなくなるのです。

ランナーもランナーで、チェイサーの理想像に追いかけまわされていた部分もあるので、チェイサーが理想像を捨てればランナーもすんなりとチェイサーの元に戻ってくるなんていうこともあります。

一人で楽しむ気持ちが湧いてくる

チェイサーがランナーを手放すことができるようになると、チェイサーは自分軸をベースに日々を過ごすことができるようになっていきます。

ツインレイの関係に対して不安を抱いていたり、ツインレイに執着していたりすると、気づいたときには自分軸での生活ができなくなっていて、ツインレイ相手の軸…いわば他人軸での生活を余儀なくされているなんていうこともあります。

これでは、どんなに意識して執着を手放そうとしてもできることではありません。

ランナーを手放すことができると、執着がなくなるので、相手の軸に合わせて生活することがなくなり、自然と心地良さを感じることもあるでしょう。

自分の好きなことを好きなように、人を気にする前に自分が楽しいと思えるかどうかを重視して…。

文字にすると、自分勝手さを感じるかもしれませんが、そうして日々の生活を送っていくことは自分らしさを取り戻すことにもつながり、もっと視野を広げ、魂を磨き、成長させることができる生き方となるのです。

ツインレイの使命に目覚める

チェイサーがランナーを手放した段階で、ツインレイの使命に気づけるようになります。

特に、自分がどのようにツインレイとして成長すれば良いのか、そして、ランナーがどのようにしてツインレイと成長すべきなのか、自身や相手の弱点や改善すべき点などもはっきりと理解できるので、余計に相手に対する執着を手放すことができ、手を放すことができるのです。

ツインレイとしての使命に目覚めると、ツインレイ相手に対しては若干興味が薄れたような状態となり、「どうでもいい」とすら思えるようになります。

そうなれば、ツインレイとしての使命をちゃんと自分の中に落とし込み、達成させようとする気持ちが生まれてきているということです。

スポンサーリンク

チェイサーがランナーを手放した時の変化【身の回りの出来事】

大切な物を失くしたり壊してしまう

チェイサーがランナーを手放すといっても、チェイサー自身がちゃんと手放すことができているのかどうか、自分で確認できないこともあります。

しかし、チェイサーがランナーを手放すと、チェイサーの身の回りでいろいろな変化がや出来事が起こるため、それで気づくことは可能だとされているのです。

そのひとつが、大切にしている物を失くしたり、壊してしまうということ。

普段から身に着けているアクセサリーや、小物、よく使っているバッグなど、お気に入りと呼べるものが突然壊れてしまったり、どこかで落としてしまったりするようなことが起こると、チェイサーとしてランナーを手放すことができているサインとして認識できます。

失くしたことに気づいたときにはショックだったり、落ち込んだりするのですが、大切にしていた割にはその悲しみは長く続かず、比較的早い段階で諦めて受け入れることができるのも、手放したことを教えてくれるサインとなるので、失くしてしまった、壊してしまった事実だけでなく、その後の自分の感情の変化にも注目してみましょう。

ランナーの存在をいたるところで感じる

チェイサーがランナーを手放すことができてくると、普段の生活の中でランナーのことを考える頻度は間違いなく減っていきます。

しかし、それと反比例するように、普段の生活の中でツインレイと同じ名前を耳にしたり、目にしたりすることが増えてくるのです。

近くにいるわけではないのに、ツインレイの香りがしたり、気配がするなんていうこともあります。

このように、忘れてしまっているかと思いきや、ふとした瞬間にランナーの存在を思い出させるような出来事に頻繁に遭遇するのも、チェイサーがランナーを手放すことができているサインなのです。

ツインレイは同じ魂を分け合っている存在であり、どんなにチェイサーがランナーのことを忘れてしまっていても、二人が本物のツインレイである限りは、決してその絆が切れることはありません。

チェイサーがランナーを無理やりに忘れようとしたり、間違った忘れ方をしようとしていると、「それは違う」というようにツインレイを思い出させる現象が起こることもあります。

無理に自分に忘れることを強いていないか、確認してみる必要があるでしょう。

スピリチュアルな感覚が研ぎ澄まされる

チェイサーがランナーを手放すことができるようになってくると、スピリチュアルな感性が研ぎ澄まされ、不思議な現象が多々起こることがあります。

ツインレイの存在を身近に感じることももちろんですし、相手とテレパシーによって気持ちの確認ができるようになることももちろんなのですが、ツインレイと関係なく、スピリチュアルな現象が起こるのです。

例えば、既視感を感じる頻度が高くなることが挙げられます。

初めて交わした会話、初めて来た場所などにも関わらず、どこに何があるか分かったり、この後どのような内容で会話が展開していくのかが分かっていたりして、自分でも驚いてしまうことがあるでしょう。

また、「あれが欲しいな」とか「これが食べたいな」と思っていると、その希望を口に出していないのに、その願いが叶ってしまうなんて言うこともあるかもしれません。

ひとつひとつの出来事自体はそこまで大きな出来事ではないのですが、魂がランナーを手放すことで成長を遂げていく過程で、このようなスピリチュアルな出来事に遭遇するようになるのが原因です。

不思議な出来事、スピリチュアルな出来事が起こると感じるのであれば、それはチェイサーとしてランナーを手放すことができていると認識できます。

チェイサーの手放しでランナーを忘れるなら偽ツインレイを疑おう

チェイサーがランナーを“手放す”ということは、執着しなくなり、お互いが自由な環境に置かれていることを前向きに捉えられる気持ちになることを指しています。

“手放す”というと、どうしても忘れる、どうでもよくなる、嫌いになる、諦めてしまうなどといった、完全に別離を感じさせるような感情や、ツインレイに対する愛情を失うような感情を連想してしまうかもしれません。

しかし、チェイサーがランナーを正しい意味で手放すというのは、決してそういった別離を感じさせる感情ではないのです。

そしてもうひとつ。

二人が本物のツインレイであるなら、チェイサーがランナーを手放すという状態になっても、決して嫌いになる、諦める、どうでもよくなるなどといった感情を抱くことはないということも、理解しておかなければなりません。

本物のツインレイであれば、執着しなくなり、ある程度相手から気持ちを切り離すことができても、常に相手の幸せを願い、気遣い、愛情が消えることはないのです。

もし、そのようなマイナスの感情が膨らみ、相手に対して嫌う、憎しみを持つなどといった感情が出てくるのであれば、それは偽のツインレイである可能性が高いとも言えます。

手放すことができたと実感したときに、ツインレイの関係の終わり、永遠の別れを意識してしまうのであれば、それも偽ツインレイの可能性があります。

手放しても、サイレント期で別離して完全に連絡が取れなくなってしまうことがあっても、ツインレイという関係が本物であれば、不安は必要最小限にとどめられ、必ず再会できるという気持ちの方が強くなるはずです。

チェイサーがランナーを嫌いになる、またはランナーを諦めるという感情が出るなら、それは正しく手放せていないか、相手が偽のツインレイであるかだと考えるようにしましょう。

ツインレイのチェイサーがランナーを手放す方法

ランナーや手放しのことを考えるのをやめる

ツインレイの関係が一歩前進するのにチェイサーが一度ランナーから手を放すことは必要なことと言えます。

しかし、それを意識しすぎてしまうと、正しく手放しができなくなってしまうことも覚えておかなければなりません。

「これで正しいんだろうか?」「どのタイミングで手放しすれば良いのだろうか?」など、ツインレイの手放しのことばかり考えていると、いつまで経っても相手を意識してしまい、手を放すこと自体ができなくなっていくものです。

押してダメなら引いてみる…追いかけてダメなら逃げてみる…そんな感覚は、ツインレイの関係においても有効なので、一度手放しすることから頭を離してみれば良いでしょう。

ツインレイは離れようとするとひかれあうもの。

そして魂の成長に伴って、離れるべき時にはどんなに逆らおうとも別離してしまうものでもあります。

その性質をうまく利用して、余計なことは考えず、ただツインレイの統合のことについて考えたり、相手の幸せを願ったりして過ごせばよいのです。

自分自身を見つめ直す

チェイサーが正しくランナーを手放すことができないのであれば、そこに自らのエゴが絡んでしまっているのかもしれません。

チェイサーがランナーに対して執着を捨てきることができていない中で、自分の勝手な焦りや感情でランナーを手放そうとしているのであれば、それは本来の正しい手放しではないので、やはりエゴが関係してくるといえるでしょう。

自分を見つめなおして、ツインレイに対して自身の自分勝手な部分を押し付けてしまっていないか、心当たりがあるならそれを解消しなければ、正しい状態での手放しはいつまでもできなくなります。

新しい環境に身を投じる

新しい環境に身を投じることは、自分の周りに流れる気の巡りを変えることもできるので、気持ちをリフレッシュさせるだけでなくスピリチュアル的にも良い効果があると言えます。

ツインレイにおいて、チェイサーがなかなかランナーを手放すことができず、二人の関係が停滞してしまっているのであれば、新しい趣味を始めたり、仕事を変える、付き合う友達を変える、人脈を広げるなどして、自分のこれまでの環境に新しいスパイスを加えてみるとよいでしょう。

これによってこれまでと人付き合いが変われば、それで新しいエネルギーを得られるようになり、新しい趣味などを始めて知識を増やせば、新しい視野を手に入れ、アイデアやこれまでと違った視点を手に入れることができ、ツインレイの関係に関しても考え方が変わるようになっていきます。

これによって、スムーズにランナーに対する執着を捨てることができ、手を放すことができるのです。

占い師CRISSのワンポイントアドバイス「チェイサーがランナーを手放した時に新しいステージが始まる!」

CRISS
一見、ツインレイにおいて追う側より逃げる側であるランナーの方が二人の関係のカギを握っていると思うんじゃないかしら?でも、実際にツインレイの関係を前に進めるための扉を開く鍵を持っているのは追いかける側のチェイサーなの。

もちろん、ランナーがアクションを起こして、そこにチェイサーがついていく形で手放しのきっかけが生まれるのは間違いないわ。

でもそこでチェイサーがいかに正しく動くことができるかで、お互いの覚醒の時期を迎えることができるのよ。

チェイサーがランナーを手放したときに、その二人のツインレイという関係において、新しいステージが始まるのだから、手放しという出来事はとても大切なの。

悲しいことでも辛いことでも、当然お別れでもないから、前向きな気持ちで手放しの瞬間を迎えてみて。

✨女神の星読み:あなたの運命を照らす神秘の光✨

「女神の星読み」では、星々が紡ぐ運命の物語を解き明かしあなたの内に秘めた可能性、未来の輝きを、星々の知恵と女神の洞察で導き出します。

✨ あなたの本質を映す星の導き - 生まれた瞬間の星々の位置から、あなたの本質と潜在的な才能を読み解きます。

✨ 未来への扉を開く予言 - 恋愛、仕事、人間関係など、あなたの人生における重要な局面について、星々が示す道標をご案内します。

✨ 運勢ガイド - 運勢を詳細に分析し、その日を最良に過ごすためのアドバイスをお届けします。

女神が織りなす星座の物語を通じて、あなたの人生に新たな光をもたらしましょう。今、星々があなたに語りかけています。女神の星読みで、未来への一歩を踏み出しませんか?



※20歳未満はご利用できません。
鑑定結果や診断結果でアナタの悩みは解消しましたか?

鑑定結果や診断結果であなたの悩みは解決しましたか?

もしも、少しでも不安や悩みがあるのなら、こちらのLINE@に友達追加して頂くと、あなたの悩みの種類やオーラの色から、更に詳しい鑑定結果を悩みや不安の解消法と共にお送り致します。

あなたの不安や悩みを必ず解消致しますので、LINE@へのお友達追加お待ちしております。

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事