「どうしても明日、雨が降ってほしい」「天気予報、雨に変わらないかな」と思っているあなた。

こちらでは100%雨が降るおまじない方法をご紹介します。

突然雨を降らすのは、天変地異を起こすのと同等のパワーを操ること。

雨が降る効果絶大なおまじないとなるので、使い方を間違えると大変なことになります。

きちんとした正しい使い方をして必ず雨を降らせましょう。

雨が降ると憂鬱と感じる人もいますが、その反対に「雨が降ってほしい」と願っている人もいます。

そんな時は100%効果絶大な雨が降るおまじない方法で、あなたの望みを叶えてください。

雨がおまじないで本当に降るの?雨乞いは古くから本当に存在する方法です

水の神に祈って雨乞い

おまじないで雨を降らせることが出来るのか不安に感じている人に、古くから行われている水の神に祈ることで雨乞いが存在するのかをお伝えします。

水の神は、池や川などといった水のある場所に住んでいる神様で人との関りが深くあるのです。

古くは江戸時代あたりから、人間の飲み水や稲作に水が不足し,生命の危機を感じた時、水の神に太鼓や踊りなどで雨乞いを行ってきた歴史があります。

生活に欠かせなく、命を絶やさないための水であるため、人々は水の神に祈り続けてきた信仰があるのです。

古くから豊作、飲み水に必要な量の雨を水の神に祈願してきたのです。

山頂で火を焚き、その煙が天へと届き、雨雲を引き寄せてくれます。

火を焚いている周りで「雨乞い踊り」を踊りながら、女神が瓶に入れられた水の神の元で汲んできた水を振りまくのです。

雨乞い踊りを火を焚いている周りで踊る人々に水をかけることで、踊っている人にも雨が降っている感覚を抱かせ、雨神にも雨だと伝えていくことが重要視されたと言われています。

その様子が本当に雨を降らせているように見えることで、水をさらに引き寄せ地に雨の神が舞い降り、人々の生活を守ってきたのです。

午前中に儀式を行うことが古くから守られています。

水は人間・生物・食物・植物どの分野でも必要不可欠です。

古くから信仰され行われ続けてきた雨乞いの儀式は、今も世界中で水に苦しんでいる地域で行われ続けています。

神社で祈り続ける

雨を降らせるおまじないに効果はあるのか、本当に雨乞いは存在するのか信じられない方は、神社で祈り続ける方法をお伝えします。

神社は、神様が集まっている神聖な場所です。

だから、鳥居をくぐると空気が一変して感じられます。

雨を降らせるには、龍神様が祀られている神社が雨乞いに効果のある場所です。

神社でのルールが多くあるのは、神様が見渡しやすく、人々の心の中を見るためでもあるのです。

昔から神社の参拝を適当に行う者に、自然災害などといったゲリラ豪雨などの罰が与えられてきています。

ゲリラ豪雨が起これば、甚大な被害が及び、生活を維持出来ません。

そのため、古くから神社で神に祈りを捧げる際には、正装と正しい参拝の仕方が行われてきているのです。

昔から参拝する際には、自分の名前と住所を神様に伝えることでその情報を与えた人の願いが叶えられています。

毎日神様に祈り続け、その行動が神様の心を打ち、龍が天に昇り「雨が降る」という願いが叶えられていたのです。

古くから龍神の祀られている神社で、毎日祈願し続ける方法が伝えられています。

雨が降ると出現する生き物

本当に雨が降るおまじないの効果はあるのか、古くから伝わる雨乞いの方法があるのか知りたい方には、降った時の状況でないと現れないものを使った方法をお伝えします。

昔は現代のように色々なものがあるわけではありません。

その中でも、身近にある雨を感じさせられるものが使われてきています。

雨を呼ぶには、その環境を自分で作り上げ、天に届けていくのです。

だから、雨がふるおまじないには、カエルやかたつむり、水が多く使われます。

昔、地面にかたつむりの絵を描き、天に拝み続けてきたのです。

特に子供の命を守ろうとする母親たちが、起きてすぐの陽が指すまでの時間帯に行われています。

水不足から十分な水分を取らせてあげられない我が子を守るために、雨乞いをしてきたのです。

陽が指すまでの時間に行うことで、太陽が顔を出さなくなり雨を降らせてくれたと伝えられています。

かたつむりの絵を描いて雨乞いを行ったことで、生活に支障が出ないほど3日間に渡り雨を降らせたのです。

古くからの雨乞いの方法が現代まで継がれているのは、効果の高さから人々に伝わり続けています。


100%雨が降る方法、雨が降るおまじないをする時の注意点

強い意志を持つ

100%雨を降らせるおまじない方法の注意点は、強い意志を見せることです。

天気を急変させたり、予報を変え雨雲を呼び寄せることは簡単ではありません。

強力な力を使っているから、雨を降らせていけます。

その強力な力を呼び寄せるためには、あなたの意思が強くないとパワーが働きません。

水を使って行うおまじないにも神社同様に神様があなたの行動を見ているのです。

神様はあなたからの強い意志が感じられると、天気をひっくり返す強力なパワーを発揮します。

そのパワーはたくさんの人を巻き込んでいるのです。

だから、あなたの意思が弱いと、パワーを使うことが出来ません。

「雨が降ってほしい」と誰もが思っているわけではないので、強い意志を神様に見せてあなたの本気で願っている様を見せてください。

行いが良い人には、必ず神様は味方してくれます。

いつも見てくれている神様だから、あなたが強い意志を持った時に強力な力で願いを叶えてくれるのです。

100%雨が降るおまじないの注意点は、自分に強い意志を持ち、きちんと取り組むことが重要となります。

おまじないの決まりを守る

100%雨を降らせるおまじないの注意点は、必ずその雨乞いを望む方法の決まりを守ることです。

人間の力だけでは雨を降らせることは出来ません。

天の状態を変え、風向きを変えるには強いパワーとエネルギーが必要となります。

パワーやエネルギーを持たせるには、順序や注意点も数多くあるのです。

唱える言葉も重要で、何度口に出すのかも注意しなければなりません。

実は、おまじないの順番を間違えてしまうと、効果が発揮されないのです。

いつ、どのようにして気持ちを込めるのか。

いつ、どのタイミングでその物を動かすのかで効果は変わります。

これは、強力なおまじないのパワーを持っているからです。

力を強く発揮するものには、そこにそれぞれ意味がしっかりとあり、関係のない手順はありません。

それだけ、おまじないの一つ一つの行動が大切となります。

決められた通りに行うことで、強力に発揮され効果絶大となるのです。

おまじないを実行する時には、本当に叶えたい願いと、実践するための手順のことだけに集中してください。

あなたの願いを必ず叶えるために、大事なことです。

一つ一つの意味があることを確認し、時には手順や呪文などを全てを覚えるくらいでと取り組みましょう。

自身を清める

効果絶大で100%雨を降らせるおまじないをする時の注意点は、まずは自身を清めてから行うこと。

「自身を清める」といっても、そう難しくは考えなくても問題ありません。

まず、自分の中にある想いをハッキリさせることも大切になります。

しかし、当然ですが効果絶大なおまじないには、強力なパワーを秘めている方法しかありません。

だから、あなた自身が綺麗な心と体でいなければならないのです。

なぜ雨を降らせたいのかということに、素直になってください。

「なんとなく雨を降らせたい」と思っていても、そこに辿り着くまでには必ず何かが潜んでいます。

その答えを出して、おまじないで伝えなければ効果は半減してしまうのです。

あなた自身の心や体を清めることで、自分の気持ちに素直なり、整理して言葉に変え、想いを伝えて、邪心を払えます。

自分の中で整理しきれていないと、邪念と共に願いが伝わっていくのです。

例えば、「なんとなく明日のバーべキューは行きたくないな」と思っているのは、「この人が苦手」「あの人がいるから、ちょっと着いて行けないかもしれない」「今は何の楽しみも感じない」など、必ずハッキリとした原因があります。

それはおまじないの際には、隠さない方がいいのです。

素直な人ほど、パワーを受けやすくもなります。

自身の心と体を清める方法は、お風呂に入浴したり塩を舐めたりと簡単なもので構いません。

当日にどうしても雨を降らしたい時の効果絶大なおまじない【雨乞い・魔法】

あじさいの雨乞い

当日にどうしても雨を降らしたい時には、あじさいの雨乞いが効果絶大です。

あじさいは梅雨の時期に綺麗に開花する花。

雨を降らせるためには、絶大なパワーを秘めています。

用意するものは、あじさいの花(なければ造花でも対応できます)・紫色の折り紙1枚。

やり方は、あじさいの花びらを一枚ずつ取りながら、「雨を降らせてください」と唱え、床に落とします。

必ず立った状態で花びらが床までに散っていくようにしてください。

全ての花びらが無くなったら、床に散っている花を集め折り紙の紫色とは逆の面に残さず乗せます。

花びらを挟みながら、必ず紫色の折り鶴になるように鶴を折ってください。

折り終えたら、あなたの部屋の窓際に置きます。

最後に、「一秒でも早く、雨を降らせてください」と唱えてください。

雨を喜ぶ紫陽花を使って、100%雨を降らせます。

あじさいの持つ特徴を折り鶴に込めて、あなたの想いを神へと届けてください。

造花やドライフラワーでも出来るおまじないなので、梅雨の時期以外でも試せます。

「雨降って」と願う気持ちは人それぞれに違うことです。

どんな気持ちを抱いていても出来る方法なので、あなたの雨が降ってほしいという想いを紫陽花と折り鶴に込めて100%叶えてください。

コップと水を使用した魔法

当日に雨を降らせたいと強く願っている人は、コップと水を使用したおまじないを実践してください。

どうしても「今日、雨を降らせたい」と急に送っても、この方法ならあなたの思いに応えられます。

用意するものは、コップ・水。

やり方は、コップに水を汲み、外に出ます。

外の土にコップに入れている水を少しずつ流してください。

ゆっくりと水を土に流している時に、

「西の方角にいる神に私からお願いがあります。

どうか私の願いをお聞きください。

叶えたい願いが私にはあります。

空を覆い切り、土地を鎮めてここに雨を呼んでください。

私からはこの水を奉仕致します。」

と声に出して唱えてください。

神様に願いを聞いてもらい、あなたからもしっかりと奉仕をすることで、雨を与えてくれます。

真剣に神様に唱えてください。

落ち着いた口調で、あなたの気持ちを伝えて、今日雨を降らせてもらいます。

決められた通りにおまじないをかけて、天気を操ってください。

100%当日に雨を降らせるおまじないは、コップと水を使って神様に奉仕する方法が効果絶大です。

紙とペンで行う雨乞い

「今日雨降ってほしい」と願っている人には、紙とペンだけで出来るおまじないがオススメです。

「気持ち的に雨が降ってほしい気分だなあ」って感じている人も中にはいます。

雨が降ってほしい理由が大切なわけではありません。

「今日雨が降ったら、私にチャンスが巡っているかもしれない」と期待を抱いている人は実践してください。

用意するものは、紙・青色のペン。

やり方は、紙に星マークを大きく書きながら、「雨よ、私の願いを聞いてください。そしてもっともっと私の周りを雨で囲んでください」と5回唱えてください。

星のマークを書く時には、必ず五芒星で書きます。

星の中に出来る、五角形を綺麗に作り上げることが大切です。

その星の中心に強いパワーが集められていきます。

普通に星を描くよりも、強力なパワーになるのが五芒星です。

五芒星は、五つの星の集まりなので強力な力を発揮できます。

五芒星の水が持つ意味は、魂の望み・感情のエネルギー。

あなたが雨を降らせることへの感情的な部分も、想いの強さから起こる望みも叶えられるのです。

このおまじないに使用するには最適な、五芒星を利用してあなたの「雨を降らせたい」という感情を伝えて、100%当日雨が降るおまじないを成功させてください。

アマガエルの魔法

当日100%雨を降らせるには、アマガエルの魔法のおまじないをしてください。

寝る前になって急に、「明日やっぱり雨がいいな」と思ったことがある人は少なくありません。

気持ちが乗らなくなったり、急に不安が押し寄せたり、就寝前の一番心が落ち着き冷静に考え事をする時間だから「やっぱり雨がいいな」と考えてしまいます。

そんな人には、このおまじないがオススメです。

用意するものは、カエルの置物。

やり方は、就寝前の「雨が降ってほしい」と思った時に、すぐに行動してください。

カエルを枕元に置き、「カエル、あなたの美しい声が明日綺麗に響き渡りますように」と3回唱えます。

唱え終わったら、カエルの頭を5回撫でてあげてください。

赤ちゃんを撫でるように優しく心を込めて頭に触れます。

そして当日、起きたらカエルに「カエル、あなたの声が響き渡るように、雨雲を導いて」と3回唱えてください。

唱え終わったらカエルの頭を3回撫でます。

唱える時には、カエルに語り掛けるように声をかけてください。

効果絶大で当日100%雨を降らせるためには、アマガエルの魔法を使用し、カエルの声が響き渡るように願っていきます。

雨の神様の雨乞い

当日効果絶大で100%雨を降らせる方法は、雨の神様への雨乞いのおまじないです。

急に天気が変わってほしいと感じた経験をした人は少なくありません。

「今、雨が降ってくれたら彼ともっと距離を詰められる」「楽しみにしていたけど、やっぱり今日は雨が降って中止になってほしいな」など様々。

そんな方には、このおまじないをおススメします。

「雨が降ってほしい」と思った時に、どこでもすぐに出来るのです。

「ウンディーネ、ガンジ ガンジ ガンガンジ」と唱えてください。

空を見上げながら行うようにしましょう。

声に出すことも必要なので、小さな声でもいいので必ず発してください。

声量よりも、ハッキリと強い気持ちで水の神様であるウンディーネに伝えます。

よりあなたのイメージ通りに雨を降らせたいのであれば、水辺で行ってください。

水の神様ウンディーネは、水辺に住んでいます。

近い場所から想いを伝えた方が、神にあなたの気持ちが届きやすいもの。

あなたの願いを丁寧に伝えてください。

当日100%雨を降らせる効果絶大なおまじない方法は、雨の神様にあなたの気持ちを届けて叶えてもらう雨乞いとなります。

明日に必ず雨が降ってほしい時の効果絶大なおまじない【雨乞い・魔法】

てるてる坊主の魔法

明日、必ず雨を降らせたい人は、効果絶大なてるてる坊主の魔法をかけてください。

てるてる坊主で有名なのは、雨の予報の時に降らせないことを願って行うことが日本では古くから伝わっています。

しかし、てるてる坊主は天気を良くするためだけではありません。

てるてる坊主で雨を明日必ず降らせるおまじないを紹介していきます。

用意するものは、顔を書いていないてるてる坊主・黒色の布か紙・水。

やり方は、まず普通のてるてる坊主をつくります。

この時に、顔などは書かないでください。

作ったてるてる坊主の上から、黒色の布を被せます。

白い部分が見えないように綺麗に布を覆わせてください。

そして黒いてるてる坊主を水に浸けて濡らし、取り出し窓際に逆さにして吊るします。

「トフックアンテ」と3回唱え、最後に「雨よ降れ」と声に出して想いを込めて終了です。

てるてる坊主を真っ黒にして、水で濡らし逆さに吊るすことで雨を降らせていきます。

逆さで雨を降らせることも有名なので知っている人は少なくありません。

もっと確実に効果絶大であり明日必ず雨を降らせるには、真っ黒なてるてる坊主に水を浸けて逆さ吊りにしてパワーアップさせて願いを叶えてください。

神社で雨乞い

「明日、絶対に雨が降ってほしい」と願っている人は、神社で参拝して神様に祈るおまじないを実践してください。

願い事を叶えたい人がよく行く神社は、とても強力な力を持っています。

しかし、天気を急変させるにはとても強い力と願う人の気持ちが重要となるのです。

本当に願う気持ちがなければ、叶わないということ。

ここで紹介する方法の注意点や順序をきちんと守れば、あなたの願いも叶えられます。

やり方は、まず神社に向かう際は服装や身だしなみを整えてから参拝に行くようにしてください。

きちんとした正装や綺麗で清潔感のある服装を出来るだけ心掛け、大きなステージに立つイメージで緊張感を持たせます。

それは、姿勢や他のことを考えない集中力に繋がるのです。

神社に入ってからは、雨を降らせることだけ考えるようにします。

まず鳥居の前で一礼し、手水で清め、神前で二拝二拍手一拝の作法をし、神社を出る前に拝殿に向き直り一礼してください。

そして鳥居をくぐり神社を出ます。

神前に行って雨を降らせることだけをお願いしてきてください。

注意点は、神様の通り道は絶対に歩いてはいけません。

明日100%雨を降らせるためには、神様への正しい参拝の仕方を行って、失礼のないように集中し、あなたの願い事を聞いてもらいます。

自分の体を触って行う魔法

明日、100%雨を降らせる効果絶大なおまじない方法、自分の身体を触って行う魔法のやり方をおおすすめします。

行事を延期させるためなどに「明日は雨が降ってほしい」と願っている人は、このおまじない方法を実践してください。

自分の体だけで出来るので、簡単で用意するものもありません。

やり方は、雨が降ってほしい事を願い、唱えながら、右肩・左肩・額・胸・鼻の順番に自分の体を触ります。

優しく、包み込むように行ってください。

目を閉じて気持ちを集中させることで効果絶大となります。

目から余計な情報を入れない為にも、瞼を閉じてください。

自分の体に触れて、あなたの気持ちの強さのエネルギーを溜めます。

それは自分の身体からしか発せられないからです。

今、あなたが「明日、雨を降らせたい」と思っている感情を、自分の手で包み込んでパワーに変えていきます。

絶対に自分の手で体を触っていく順番だけは間違えないでください。

順序が違うと効果は発揮されません。

おまじないは、順序という決まり事は必ず守り、伝えていくことが最も大切となります。

あなたのやり方で結果が全て変わるのです。

100%の確率で明日雨を降らせるおまじない方法は、自分の体を触って気持ちを感じる魔法であなたの想いを届けて叶えていきます。

水たまりの魔法

効果絶大で100%明日雨を降らせるおまじない方法は、水たまりの魔法があります。

「野外行事だけど、明日は延期させたい」「好きな人が来られなくなったから、行く気になれないから雨を降らせて中止にしたい」と雨を口実にイベントを無くしたい人にはこのおまじないの方法がオススメです。

用意するものは、水だけなので自宅でも簡単に行えます。

土のある所に、自分で水たまりを作ってください。

その際に少しだけ地面を掘っておきます。

ここでの注意点は、必ず乾ききっている土で行うようにして下さい。

しっかり土に水を吸収させ、水蒸気を発生させます。

化学的な方法で行い、必ず雨を降らせるのです。

実際に雨が降った時の状況を作り出すことで、土にも伝えていきます。

自然の力は強力なので、まず土を湿らせて水蒸気を発生させることで、あなたの望んでいる雨を降らせる効果が期待出来るのです。

科学的にも根拠のあるこのおまじない方法の効果は、絶大だと言われています。

水の持っているパワーを乾ききっている土に感じさせ、そのあなたの想いが水蒸気となり、天に届けていくのです。

誰でも簡単に出来るこの方法はおススメなおまじないであり、家の庭でも確実に行えるので、実践している人も多くいます。

明日、確実の雨を降らせたい人は、手作りの水たまりであなたの気持ちをどんどん伝えていくおまじない方法を実践してください。

窓に雨の形跡を作る魔法

100%明日雨を降らせるには、窓に雨が降ったという形跡を作る魔法のおまじない方法を行ってください。

「明日は休みたい」「ゆっくり家で過ごしたい」と思っている人は、この方法をおススメします。

用意するものは、水色の折り紙・セロハンテープ。

やり方は、折り紙を雫の形に切って、窓に張り付けていきます。

貼り付ける作業を行う時に、「明日、この窓が本当の雫に変わりますように」と唱えてください。

水で簡単に雫を作ることは出来ますが、雨がする頃には乾いてしまうので紙を使って行います。

雨が降るまでに乾いてしまったら意味が無くなってしまうのです。

小雨ではなく、ザンザン降りを望んでいる人は、雫の形を大きくしてください。

雫の大きさも関わってきます。

もし、水色の折り紙や紙がない人は、白い紙を水色や青色に塗りつぶしても構いません。

水の色を表現して、雨の降った雫の形を表していれば効果は発揮されます。

明日、雨を降らせたいと願っている人は、窓に雨が降った形跡を作るおまじないを使って、本当にあなたの望んでいる願いを叶えてください。

日本酒の雨乞い

明日確実に100%雨を降らせたいと願っている人は、日本酒の雨乞いのおまじない方法を実践してください。

「疲れているから、雨が降れば楽だな」と思っている人には、この方法が効果絶大です。

用意するものは、日本酒・コップ。

やり方は、日本酒をコップに注ぎます。

そして西の方角にある窓に、日本酒を注いだコップを置いてください。

西に窓がない場合は、一番近くの窓でも構いません。

西寄りにコップを置いてください。

コップを置いたら「レフメアンサクタ」と5回唱え、雨が降っている様子をあなたが目を閉じ想像していきます。

雨が降ったら、コップに注いだ日本酒を飲み干してください。

日本酒を飲み干すことは、おまじないの効果に感謝を表す行動となります。

天気は、西の方角から変わってくるので、日本酒を西の窓に置くことが重要となるのです。

天気の変化を感じさせる西の方角を意識しておまじないを実行します。

そして、効果があった時には必ず、そのパワーを使いあなたの想いを叶えるために働いたものへの感謝を忘れないでください。

おまじないの効果は、人の行動にも必ず影響します。

感謝を終えて、全てのおまじないの終了となるのです。

明日100%雨を降らせる方法は、西の方角に日本酒を注ぐおまじないで効果は絶大と言えます。

指定した日に絶対に雨が降ってほしい時の効果絶大なおまじない【雨乞い・魔法】

かたつむりの雨乞い

指定した日に絶対雨を降らせるおまじないは、カタツムリの雨乞いです。

カタツムリは、雨が降っている日によく見かけます。

だから、雨に関連していると思っている人は少なくありません。

しかし、実はかたつむりは水分を欲している状態であっても、雨を嫌っているのです。

雨を避けるために、行動が活発になっている状態を目撃されることは少なくありません。

カタツムリを利用して、雨を降らせてください。

用意するものは、手帳・黒色ペン・青色ペン。

やり方は、まず雨が降ってほしい日に自分がいつ見ても分かるように印をつけてください。

印をつけた日付を指さし、「私たちの恵みの雨、この日に力を与えてください」と唱えます。

次に、空いているページにかたつむりの絵を描いてください。

かたつむりの上に青色のペンで傘を描きます。

その手帳を毎日、指定している日付まで持ち歩いてください。

毎日、日付の変わる時間にかたつむりの絵をなぞります。

どんどん引き寄せていってください。

かたつむりの絵の上手さが重要なのではなく、あなたが本当に「この日に雨を降らせたい」という強い想いで心を込めることが大切です。

指定した日に雨を降らせたいのであれば、かたつむりのおまじないを実践して、あなたの想いを叶えてください。

火で騒ぐ雨乞い

指定した日に100%効果絶大に雨を降らせていくおまじないは、火の回りで騒ぐ雨乞いの方法です。

日本では昔から、雨を降らせたい時には、焚き火をしてその周りで大きな声で歌ったり、踊ったりして雨乞いを行ってきています。

焚き火が出来る環境がある人には、オススメのおまじない方法です。

木の枝、草などで焚き火をして、「〇月〇〇日に雨を降らせてください」と火が燃え上っている時に唱えてください。

踊ったり、歌ったり、叫んだりすることも想いを届ける一つの方法です。

焚き火によって出てくる煙で天まであなたの願いを送り届けていきます。

煙を発生させて勢いの強い時にあなたの想いを寄せることで、その願いが空に昇っていき天へと届くのです。

直接あなたからの願いが届くこのおまじない方法は効果絶大。

この雨乞いの方法は、超強力なおまじないとなるので、「雨を降らせたい」と強く思っている人だけ行うようにしてください。

途中で止めることも、覆すことも出来ません。

指定した日に100%雨を降らせたいのであれば、焚き火の周りを囲んで騒ぎ、天まであなたの想いを届けて確実に願いを叶えてください。

雨神に参拝する雨乞い

指定した日に100%雨を確実に降らせたい人は、神社の祀られている雨神に参拝する雨乞いの方法を実践してください。

神社で直接神様にあなたの想いを伝えることはとても大切で、強い力を発揮します。

しかし、やり方次第ではあなたの願いも叶わなくなるので気を付けてください。

まず、雨の神様を祀っている神社に正装で参拝します。

神社に出向くことは、本気で願いを叶えるために本格的に行う場所です。

身だしなみを整えることもしっかり意識してください。

鳥居をくぐる前の一礼に始まり、神様の通り道を歩かないように端を通ります。

神前では二礼二拍手一礼を行い、日頃あなたが環境に恵まれて生活できていることの感謝をまずは伝えてください。

そのあとに、あなたの名前、住所を伝えいつ雨を降らせてほしいのかという願いを伝えていきます。

神社を出る際も一礼を忘れずにしてください。

雨神の神社が近くにある場合には、毎日欠かさずに参拝に行くとより良いです。

無理な方は、毎日足を運ばなくても構いません。

必ず願いが叶った時には、お礼参りに必ず足を運んでください。

神様が働いてあなたの願いを叶えてくれています。

感謝の気持ちを持って、お礼参りに訪れてください。

指定した日にちに雨を100%降らせたい方は、雨神に参拝する方法で願いを叶えられます。

雨男雨女の力を借りる雨乞い

100%指定した日に雨を降らせたい方は、雨男雨女の力を借りて願いを叶えてください。

雨女や雨男は本当に存在するのか、不思議に感じている人は少なくありません。

しかし、楽しみにしていたイベントや約束の日に「この子と会う時、雨の確率高いな」と感じる人は、あなたの近くに何人もいるはずです。

今までは意識を向けていなかったから、そうは感じられなかったと言えます。

あなたが雨を降らせたい日を雨女雨男に伝えてください。

「この日は雨を降らせたい」とハッキリ伝えてはいけません。

「〇月○○日にこういうことがあるんだよね」という報告で構わないです。

彼らに伝えて、雨男と雨女にその日にちを自然と意識させるように持って行くことが重要となります。

そして、その前日に彼らと会う約束を立ててください。

約束の日に、再度「明日がこの日だ」ということを更に植え付けます。

あなたがやることは、雨を降らせたい日を雨女雨男に意識させていくことです。

雨男と雨女の人数が多ければそれだけ効果は上がります。

指定した日を雨にしたい場合は、雨男と雨女に意識させていきながら力を借り、必ずあなたの願いを叶えてもらってください。

神と龍の雨乞い

指定した日に雨を降らせたいのであれば、神と龍の雨乞いの強力なおまじない方法を実践してください。

日本では、雨が降ると「神様が泣いている」「神様がおしっこしている」と小さい頃から言われてご存知の方が多くいます。

それは、神様も人間と同様で喜怒哀楽があり、人と同じことをするからなのです。

その神様の使いが龍と言われています。

人間と神様を繋いでいく大切な役割を担っているのです。

架空の動物である龍は、神様のために働きます。

用意するものは、龍の置物か画像。

やり方は、龍の置物を安定した場所に置いてください。

そして、あなたが指定する日にちまで、毎日「〇月○○日に雨を降らせてください」と唱えます。

毎日欠かさずに続けることで、龍が神様にあなたの想いを伝えてくれるのです。

本気で願い続けないと、龍は簡単には神様に伝えてくれません。

神の使いである龍は、人間の行動をしっかり見ています。

あなたが本気で雨を降らせたいのかも、感じ取ってくれるのです。

このおまじないは強力な方法なので、中途半端に行わないようにしてください。

指定した日に100%確実に雨を降らせるには、効果絶大で強力なパワーを持つ神と龍の雨乞いのおまじないであなたの想いを伝えていき叶えてもらいます。

占い師 深雪のワンポイントアドバイス

深雪

「雨が降ってほしい」と感じた時に、なかなかおまじないにまで頭が回らない人は少なくありません。

そう思う時が、ふとした瞬間だったり、感情的なことで起こる場合が多いため、実践にまで辿り着けないのです。

天気を変えることは、物凄い大変なことであり、強力なパワーも必要となります。

そのパワーであなたの願いを聞いてもらっても罰は当たりません。

守られたことを行っていれば、あなたの願いが叶えられます。

自分の気持ちに不安を抱えて雨を待っている人は、もっとあなたのどんなに小さくてもいいから「幸せ」を感じられる瞬間をこのおまじないで叶えてください。

micane公式LINE@で占い師がアナタを個別鑑定!

micaneの占いは楽しんで頂けましたか?

「micaneのあの占い師に個別鑑定をしてもらいたい…。」

「もっと無料の占いを試して見たい…。」

「鑑定結果で悩みをなくして幸せになる方法を知りたい…。」

こんな方は、micane公式LINE@に是非ご登録下さい!

micane公式LINE@ではmicaneで活躍する占い師の中から選抜された5名の先生に個別鑑定依頼ができると共に、定期的におすすめの占いを配信致します!

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事