占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。いよいよ2022年ですね!

ついに2022年がやってきましたが、少し先の事を考えると恋愛の事、結婚の事、相手の気持ちや人間関係の事…恋愛や仕事でもさまざな悩みはつきませんよね…。

でも、もう大丈夫!あなたの運命は今日から大きく変わります!

私たちが過ごす今この時は、この先約200年続いていく『風の時代』の入り口です。

これまで当然だと思われていた固定概念や常識・価値観…それらは徐々に崩れ去り、世の中のあらゆるものが次々と多様化をはじめています。

「時代についていけるのかな…」「私は幸せになれるのかな…」そんな不安があるかもしれません。

でも、あなたがこの風の時代を生きることには必ず意味があります!

神の言葉を伝えるカードである『オラクルカード』を試してみてください。

神の声を聞けば、風の時代を味方につけて願いを実現させる確かな方法がわかります。

今年2022年は運命は必ずあなたに微笑みます!このカードとの出会いで幸せを掴みましょう!!

※20歳未満はご利用できません

2022年9月10日はハーベストムーンです。

ハーベストムーンとはいわゆるハーブの収穫を意味しています。

こちらのページでは、ハーベストムーンの意味や由来、西洋占星術からみるハーベストムーンが運命の及ぼす影響、ハーベストムーンに願い事をし願いを叶える方法や2022年9月10日にハーベストムーンが見れる時間帯や場所や上手な見方まで完全紹介いたします。

ハーベストムーンの意味や由来とは?2022年はいつ見れるの?

ハーベストムーンとは?

毎年9月の満月のことを「ハーベストムーン」と言います。

満月は約ひと月に一度起こりますが、かつてのアメリカの先住民だったネイティブアメリカンは月の満ち欠けによって暦を判断し、狩りや農業などを行っていて、大自然と共存するライフスタイルに満月の暦を使用していました。

その月の特徴的な作物や動物、行事の名前が満月につけられています。

9月の満月のことを「ハーベストムーン (Harvest Moon:収穫月)」と言います。

この名前の由来は、ちょうど9月は夏に生い茂った草7や果実の収穫のシーズンで、冬に備えての準備をする月です。

日没後に現れた満月は農作物の収穫を行う人たちを照らしていたことが由来になっています。

9月はだんだん日没も早くなりますが、ネイティブアメリカンたちは農作物を収穫し、冬に備えて忙しくしなければならない時期なので、月明かりの元でも作業をしていた様が伺えます。

他の呼び名としては、ちょうどトウモロコシの収穫の時期なので「コーンムーン(Corn Moon:トウモロコシ月)」、同様に大麦の収穫の時期でもあるので「バーリームーン (Barley Moon:大麦月)」、菊の花が開花するので「クリサンサマムムーン (Chrysanthemum Moon:菊月)、木の実がなるので「ナットムーン (Nut Moon:木の実月)」、「マルベリームーン (Mulberry Moon:桑の実月)」、「シンギングムーン (Singing Moon:歌う月)」などと呼ばれています。

日本では秋の夜長という言葉もあり、日が短く夜が長くなるために「長月(あるいは夜長月」という呼び方をしています。

ハーベストムーンのキーワードには、「許容」、「受容」、「優しさ」、「安心感」、「多様性」、「芸術」、「神秘」、「無償の愛」、「浄化」という意味があり、これらに関することで願い事をするのに適しているとされています。

2022年のハーベストムーンはいつ?

2022年のハーベストムーンは910日(土)に見られます。

月の出は9月10日(土)1811分で月の入りは911日(日)の437分で、天気が良ければ一晩中ハーベストムーンを見ることができるでしょう。

満月の1番大きな時間帯は1910分で、ちょうど満月が昇って1時間もしないうちに完全な満月を迎えます。

写真を撮ったり、お願い事をする場合にはこの時間帯をオススメします。

西の方角の低い空にかなり大きな満月を見ることができ、また高度も低いので大きく赤く見えて、秋の訪れを感じさせる満月の夜になるでしょう。

スポンサーリンク

ハーベストムーンが運命の及ぼす影響【西洋占星術】

9月の満月は「中秋の名月」とも呼ばれ、空気が澄んでいればとても綺麗に満月を見ることができるでしょう。

秋の夜をお月見をしながら楽しむというあり方は古来の日本でもとても大切にされていました。

この満月は「ハーベストムーン」と呼ばれ、この満月の明かりの中で収穫の作業を進めていた様子を知ることができます。

長く過酷な冬に向けての準備をするために、寝る間も惜しんで収穫作業を続けている人々を明るく照らし、優しい光で包んでいました。

人々もどんなに月の明かりに感謝したでしょう。

大自然との交わりは、実際に自然の中で暮らしているからこそ、その恩恵を十分に感じることができます。

ハーベストムーンのキーワードも、「許容」、「受容」、「優しさ」、「安心感」、「多様性」、「芸術」、「神秘」、「無償の愛」、「浄化」というように、温かさを感じさせ、優しく包み込むような感覚を与えます。

そっと見守り、寄り添い続ける満月と言ってもいいでしょう。

このキーワードに関する願い事であれば、ハーベストムーンの力をチャージすることをお勧めします。

特に芸術関係でスキルアップをしたりチャンスを得たい場合や、心に癒しが欲しい場合、また、ゆるしを得たい場合、ゆるしたくてもゆるせない気持ちにとらわれてしまっている場合に効果があるとされています。

また多様性を認めたくても認められずに狭い世界に閉じこもっている場合、何かに依存して抜け出せないような悩みを抱えている場合にも悩みから解放する力そのものを与えてくれるとされています。

「収穫」とスピリチュアル

「収穫」とは成熟した農作物を収集することを意味します。

一般的には農作物に使う言葉ですが、漁業や林業に関しても稀に使われることがあります。

同じ意味を持っているものでは「刈り入れ」という言葉もあり、こちらは穀物の収穫に使われます。

収穫は作物の生育の一周期で最後の部分を示すと言われています。

タネから芽を出し、葉をつけ、花を咲かせ、実をならせ、そして人間に手によって刈り取られることでその命を全うします。

その後はあらゆる形で人間の食物あるいは家畜などの食物になり、形を変えて行き続けます。

人間や動物たちはこの収穫のサイクルによって命を生きさせていただいているということも言えるでしょう。

植物が命を捧げてくれることにより、私たちはそれを食することでエネルギーを得ているからです。

このような食の哲学は、あまりにも当たり前になってしまっていること、また収穫から関わるという体験が欠如していることが多いため、私たちはそんな植物に対しての感謝の気持ちも忘れてしまっているかもしれません。

もっと大きくスピリチュアル的に受け止めるのなら、「収穫」は何も植物だけではありません。

私たちの人生も、生まれ、成長し、年老い、死を迎えます。人間の人生の収穫の段階はいつなのかというと「死」の時期です。

日本語では老いの手前の時期を「実年」とも呼ぶこともあり、やがて死を受け入れる時期にこの名前がつけられています。

しかし収穫をされ、死を迎えて私たちの人生がそれで終わりかというとそうではありません。

有名な聖書の言葉に「一粒の麦が地に落ちて死ななければ、それはただ一粒のままである。

しかし、だが、死ねば、多くの実を結ぶ」というものがあり、これはキリスト教の神であるイエス・キリスト自身の言葉です。

人間の人生も収穫として捉えるなら、自分の生き方が誰かに影響を与え、たとえ自分が死んだとしても、その意志などを引き継いでくれる存在がいれば、自分の肉体は存在しなくても生き続けるということが言えます。

このようなことで収穫、あるいは死は他者を生かすことと密接につながっているのです。

「収穫」と神話

さらに収穫月を深く理解するために神話とのつながりを知っておくのも良いでしょう。

日本ではこの時期の満月(9月中旬〜10月上旬)を中秋の名月と呼び、あらゆる祭り事も行われていて平安朝以降に貴族の間で盛んに行われており、江戸時代には一般庶民の間にも広がり、お月見を楽しむようになりました。

またこの中秋の名月を見るときに「ススキ」を飾りますが、これはなぜかというと、満月は豊穣の象徴であり、収穫の感謝を込めて芋や作物を月に向かって備える習慣がありました。

本来なら稲穂を飾るのですが、この時期はまだ稲穂は実る前の時期なので、稲穂の代わりに穂の出たススキを飾るならわしがあります。

またススキは神様の依り代と考えられています。

ススキの茎は内部が空洞になっているためにそこに神様が宿ると考えられていて、ススキの鋭い切り口は魔除けにもなると考えられており、悪霊や災いなどから収穫物を守り、翌年の豊作を願うという意味も込められています。

海外でも収穫に関する神話は数多く存在し、ギリシャ神話における富と収穫の神プルートスはゼウスから善悪の判断が見えないように盲目にされてしまうものや、古代ギリシャ・ローマ世界でた食べ物と豊かさの象徴として用いられた角のことをコルヌコピア(豊穣の角)と呼ばれ、ローマ神話に登場する女神がコルヌコピアを手に持っているコインなども発見されていて、世界各国に収穫に関する神話があります。

スポンサーリンク

ハーベストムーンのインスタ画像

2022年9月10日のハーベストムーンに願い事をし願いを叶える方法

心の癒しと豊かさを与え、ゆるしの気持ちに満たし、浄化を促すハーベストムーンは心や魂の変革を促します。

また芸術関係で成長をしたりチャンスを求めている場合にもハーベストムーンにお願いをすることでより良い効果に期待できるでしょう。

どのような願いであっても、ハーベストムーンの月明かりを感じる場所でお月見をすることが何よりですが、月を見ながら静かに自分の心と向き合います。

なるべく無の気持ちであることを心がけますが、あらゆる心の中の思いが自然に湧き上がってくるでしょう。

もしそこでマイナスな気持ちが生まれたり、自分の好きではない人が思い浮かんでくるようであれば、まずそれを受け止め次のように言いましょう。

「ありのままを受け入れます」あるいは「あなたを受け入れます」と丸ごとその気持ちを受け入れる言葉を発します。

さらに「私は他の誰でもない存在で、価値があります」とプラスの言葉を口に出しましょう。

口に出すことで、自然とマイナスの気持ちが流れていくことを感じられるでしょう。

ハーベストムーンの力が充満し、心の中が幸せで満ち足りたと感じたら終了です。

もう一度月に感謝し「見守っていてください」とお祈りをして終わりましょう。

2022年9月10日にハーベストムーンが見れる時間帯や場所や上手な見方

月の出は9月10日(土)1811分で月の入りは911日(日)の437分です。

2022年のハーベストムーンが一番大きく見られるのは10日(土)1911分です。

秋の始まりを感じさせるこの満月は、夕方になり東の空にかなり大きく見える満月になるので、どこか神秘的でまた強いエネルギーを感じることもあるかもしれません。

またこの満月はその大きさや美しさからSNSなどに写真をアップする人も多くいます。

特にSNS映えを狙うのであれば、海や湖、川などの水面に月明かりが美しく照らし出されている様子や、逆に都会の真ん中でもビルとビルの間に満月が大きく見えるような場所を探して撮影するのもいいでしょう。

またお月見の楽しみ方としては季節的にまだレストランの屋外スペースなどで食事やお酒などを楽しめるので、お月見を楽しみながらディナーを楽しむのも秋を感じさせ、季節を十分に楽しむ1つの方法です。

季節感をしっかりと感じることは心身のバランスを整えたり、気持ち的にも準備をすることができるので、旬の食材なども食べながらのお月見をすると大きな効果が期待できるでしょう。

2022年のその他の満月の名前や見れる時間帯

時間 名称 見える場所
1月18日(火) 8:49 ウルフムーン 西の空
2月17日(木) 1:57 スノームーン 東の空
3月18日(金) 16:18 ワームムーン 西の空
4月18日(日) 3:55 ピンクムーン 東北東の空
5月16日(月) 13:14 フラワームーン 南東の空
6月14日(火) 20:52 ストロベリームーン 東南東の空
7月15日(金) 3:38 バックムーン 南西の空
8月12日(金) 10:36 スタージョンムーン 東の空
9月10日(土) 19:11 ハーベストムーン 東の空
10月10日(月) 5:55 ハンターズムーン 東の空
11月8日(火) 16:32 ビーバームーン 東の空
12月8日(木) 13:09 コールドムーン 南の空

占い師 聖子のワンポイントアドバイス

聖子

格別に美しさを感じるハーベストムーンは日本でも中秋の名月として有名ね。

なかなかお団子やススキを用意して、昔の人のようにお月見を味わうことは少ないけれど、お花見を企画するように、お月見も習慣化すると秋の楽しさが増えると思うわ?

ホームパーティーを企画してだれかを招いて一緒に食事をしても楽しい時間が過ごせるはず!

あなたを導く神秘のタロットカード【神秘のタロットカード】



私達を魅了し続ける占い、タロットカード。
現在、過去、未来等を占う事ができます。

神秘のタロットカードは身近な悩みから、将来の事まで、幅広く占える特別なカード。
さっそくあなただけのカードを選んで、幸せの扉を開きましょう。



※20歳未満はご利用できません。

鑑定結果や診断結果でアナタの悩みは解消しましたか?

鑑定結果や診断結果であなたの悩みは解決しましたか?

もしも、少しでも不安や悩みがあるのなら、こちらのLINE@に友達追加して頂くと、あなたの悩みの種類やオーラの色から、更に詳しい鑑定結果を悩みや不安の解消法と共にお送り致します。

あなたの不安や悩みを必ず解消致しますので、LINE@へのお友達追加お待ちしております。

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事