占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。

4回目の緊急事態宣言…本当に辛く苦しい日が続きますが、心を一つにしてみんなで乗り越えましょう…!あなたにとっても世界にとっても運命の大きな分岐点です!!

2021年は風の時代となり、人々の運命も大きく変わりやすい転換期と言えます。

運命の転換期に未来への幸せのヒントを掴みたいのなら、恋と運命の真実を試してみてください。

あなたの運命が今日、今この時から変わり始めます!

※20歳未満はご利用できません

田植えと言えば、昔から日本人に欠かすことができない作業です。日本人の主食はお米ということもあり生活とは切り離すことはできないでしょう。

また、田植えの始まった時代だと食べるだけでなく税金の1つだったこともあり人の生活がかかっていた作業だと言えます。

今もお米を美味しく食べることができることに想いを馳せながら、田植えについて調べてみましょう。

田植えの基本的な知識!美味しいごはんやお酒はこうして作られる

縄文時代の田植え

田植えには長い歴史があります。その歴史の中で徐々に作業の方法が変化していったと言われています。

田植えは、縄文時代の頃に大陸から日本に入ってきたと言われています。今のところ、九州地方から入ってきた説が濃厚ですが複数のルートで入ってきたという説もあります。

意外と様々なルートから入ってきたのかもしれませんね。この頃から、税金を納めるというような仕組みが稲作を通じで出来上がっていったようです。

お米はほかの野菜と違い、すぐに食べるという必要もないのでちょうど良かったのかもしれません。

そして、大陸から入ってきた稲作ですが弥生時代になると東北でも稲作が行われるようになっていたみたいですよ。

北海道で稲作が広まったのは寒冷地に耐える種が生まれた最近なので、既に弥生時代には日本全域に広まっていたとも言えますね。

日本で田植えが始まった頃の農具は今と違い木でつくられていたものです。今は、金属製のものが多いので意外な気がしますよね。

当時は、木でできた鍬などを使って田んぼを耕していたようです。より力作業になりそうな気がします。

そして、肥料は干し草などが使われていました。その干し草は、田下駄や大足という器具を使って田んぼに踏み込まれていたのです。

当時は、今と違い田んぼに苗を手植えするという形でなく、モミを田んぼに直接まいていました。

種を田んぼにまいていくのです。今でこそ、キレイに苗が整列している姿を見ることが多いので、当時の様子が気になりますよね。

最後に稲が実って収穫の時が訪れても手作業でした。実った稲の稲穂の穂先だけ刈り取って収穫をしていたのです。

刈り取る際の器具は石包丁を使っていたようですが、その石包丁の形は歴史の教科書などで目にしたことがある人も多いかもしれませんね。

江戸時代は手植えが主流!

日本で稲作が始まった当初は、田んぼに直接モミをまいていました。田んぼで種からお米を育てていたのです。

でも、江戸時代頃になると現代と同じく苗を田んぼに手植えしていくようになったのです。長い歴史の中で手植えの方が効率的であるという結論になってたのでしょう。

そして、手植えをするためには先に苗を用意する必要があります。その苗は、縄文時代と同じく種から育てていきます。

最初は、田んぼそのものでなく苗代という小さな田んぼで20cmほどに成長するまで苗を育てます。

別にわけて苗を育てるとなると面倒な気もしてしまいますよね。直接、種を田んぼにまいてしまう方が手早く済むように見えるかもしれませんが、意外とそうではないのです。

最初から田んぼにまいてしまうとトラブルが起きた時に苗を移動させえることができません。

水害などが起きてしまうと田んぼごと引っ越すわけにはいきませんよね。特に若い苗だとより水害に弱いと言えるでしょう。

苗代だと動かすこともできるので雨がたくさん降ってきた場合、よけることもできます。水害での被害を最小限に抑えるために生み出された技術なのかもしれません。

税金として納めるための米の苗が一気に流されると死活問題ですよね。そして、その苗代から苗を取り手で植えていきました。

現代では、機械を使って一気に植えてしまうということも少なくないかもしれません。そして、苗代の方も最近では、苗から購入してきて植える場合も増えてきています。

特に兼業農家の場合は、植えるところから始める方が効率もよかったりするでしょう。現代の日本のスタイルにも合っていると言えます。

昔の日本のように苗代から育てられた稲は玉苗と言う呼び方で呼ばれています。

昔から美しいものには玉という名称をつけていたということもあり、素敵な呼び名だということもよくわかりますよね。

富士山の田植えのサイン

田植えを行う時期を決めるにおいても目安のサインがあります。その名残として迷信などという形で現代日本にも残っていますよね。

現代では、そんな人の感性に頼るようなことは減ってきています。天気予報も発達しているので数週間先の天気や気温も大まかであれば知ることができるようになっています。

でも、稲作が日本に入ってきた頃であればそんな科学技術はありません。それでも稲作を行い美味しいお米をたくさん収穫しないといけなかったはずです。

そこから生み出されたのが自然界の変化を読み取って田植えの時期を決めることです。田植えに限らず、迷信と言われる内容の成り立ちではよくあることかもしれませんね。

その1つに富士山を眺めた時に見える農鳥というものがあります。農鳥は、4月後半~5月中旬頃に見かけるものです。

なので、田植えの時期にぴったり合いますよね。農鳥と聞くと、自然現象などでなく鳥を想像してしまいますが、鳥のことではありません。

農鳥とは、富士山の7〜8合目あたりに見える鳥の形をした残雪のことなのです。残雪が徐々に溶けていき、田植えの時期になると鳥の形のようになるのです。

てっきり、そのタイミングでしか現れない超常現象かな?と思うような名前ですよね。この農鳥が見えると田植えをするサインということになっていました。

でも、富士山周辺の人にしか使えないサインですね。

現代の田植え

田植えは日本で長い歴史を持っている農業です。歴史が長いからこそ、徐々に人間にとって行いやすい形に変化していきました。

今は、田植えの様子を眺めていても何も違和感を覚えないかもしれません。けど、昔の人が現代の田植えを見たら驚いてしまうくらいの進化を経ています。

昔は全て手作業で行っていたことでも現代は機械が登場し、格段に楽になったと言えます。機械を使うと時間を短縮することができるでしょう。

ただ、今でも植える場所によっては手で稲を植えないといけなくて大変な場合もあります。また、天気予報も発達したので田植えの予定も立てやすくなったと思います。

ただし、昔であれば近所に住んでいた親戚や家族で田植えを行っていたかもしれません。最近は、農業以外の仕事を持ち離れてくらしている家族も多いでしょう。

そのような家族でも田植えと稲刈りの時期だけ帰省して農作業に参加するということも多いはずです。

そのような事情も踏まえて、現代ではゴールデンウイークなどの大型連休に田植えを行うことも増えていますよね。

スポンサーリンク

田植えはいつ?スケジュールを確認!

田植えの最初は荒おこし

田植えの工程の最初は荒起こしです。想像されている方もおられるかもしれませんが、荒起こしは田んぼを耕す段階です。

時期としては4月から5月の苗を植える少し前に行っていきます。ただ耕すだけでなく、土に肥料をまぜていくという工程でもあるので大切餡ことです。

耕すというと肉体労働を思い浮かべますよね。確かに昔は全て手作業や牛などの動物の力を借りて行っていたので大変でした。

でも、最近は耕すという場面においても機械を使うことができるので便利になっています。

田んぼ以外でも作物を植える前には土を耕しますよね。土を耕すことで柔らかくして作物を育てやすくなるのです。

秋の収穫も終えた田んぼは冬を越して、土が硬く固まっています。そんな土を柔らかくしていくのです。

土が固くなっていると作物の育ちが悪くなるだけでなく、その後の作業が難しくなってきます。

機械が上手く動かないということにもなりかねません。なので、まずは、機械を使って土を砕いていきます。その後に空気や水を入れると土が柔らかくなってきます。

土が柔らかくなると、保水力、排水性、通気性など作物を植える上で大切な条件が揃ってきます。

それによって、微生物の活動も活発になるので稲が育ちやすくなるという効果もあります。
しっかりと耕すと雑草が減るという効果もあります。

意外と田んぼを耕すということがのちに収穫するお米の質にも関わってくるのです。

種もみで良質な種を選別

稲作を行う上で肝となるのが種もみです。種もみとは、昨年の秋の稲刈りにおいて、良い種を取ることです。

まず、良い種とそうでない種を分けるために塩水に浸します。塩水につけることで胚乳が詰まっているか?ということがわかってきます。

胚乳は稲の生長に必要な栄養源なので多い方が良いのです。特に初期の方の成長に欠かすことができない栄養源となっています。

その胚乳が多い種は、重いので塩水に浸すと沈んでいきます。逆にあまり詰まっていないものは浮いてくるのでこの段階で取り除くことができます。

特に塩に指定はなく、家庭用の塩でも十分なのです。塩水は、舐めて濃度を確認していくそうです。

結構、原始的な方法でチェックしていますが始まったのは明治時代らしいですよ。そこから良質な種を見極めることが簡単になり一気に収穫量も増えたそうです。

塩水選をするといもち病やばか苗病などの苗の病気になる種も取り除くことができるみたいです。

その塩水選は意外と手間がかかってしまいます。自分の田んぼの稲から取る方法もあれば、よそから購入するという方法もあります。

次は、種に水を吸わせます。水分が13%以上になると種の成長が活発になります。種の呼吸が盛んになり、細胞の分裂も進んでいきます。

そして、種が水分を吸収することで胚乳にも良い効果が表れます。胚乳のデンプンが分解されてブドウ糖へと変化していくことで新しい細胞を作ったりと成長のエネルギー源になります。

水温が高い方が吸い込みも早く、種の成長も早くなりますがムラができやすいという欠点があります。

低温の場合は、水を吸い込む速度はゆっくりですがムラができにくいという利点があります。

低温をキープするために、池や川などに浸すこともありますよ。小さな池だと水面の方の水温が高いので底に沈めて行う方が良いと言われています。

塩水選によって湿ってしまった種を乾燥させるために8時間程度ゴザなどに広げます。その後、苗代と呼ばれる苗箱にまいていきます。

昔は、その種を田んぼに直接まきましたが天候などのリスクを避けるために苗が育つまで別の場所で育てるようになったのです。

苗代に種を植えるのは4月下旬までに済ませる方が良いと言われています。現代では自分で植えるのでなく、苗を取り寄せる場合も増えています。

田んぼ作りは水入れとしろかきから

しろかきは田んぼに水を入れてからの作業になります。田んぼに水を入れた後に土を砕いて田んぼの中を均一にしていく作業です。

だいたい種をまいてから30日後くらいに行っていきます。30日が経つと苗も理想的なくらい成長していきます。

なので、苗を植える前の作業としてしろかきを行います。いよいよ田植えが始まるということを実感することができるタイミングですね。

しろかきを行う数日前から田んぼに水を入れておく必要があります。素人から見ると最初に田んぼを耕しているのに再びならし作業をする必要がある?という感じではあります。

でも、このしろかきの作業が稲をしっかりと育てるための重要なポイントになってくるのです。

まずは、田んぼの水漏れを防ぐという効果があります。そして、苗を植えやすくするという効果もあり、苗の定着度も上げてくれます。

また、土の表面が均一になってくると苗の成長にもムラがなくなっていくのです。実は、しろかきをすることで肥料と土を均一に混ぜ込むということもできるのです。

それだけでなく、藁や雑草も土に混ぜていくこともできるのです。

雑草を耕して土に混ぜ込むとその後の過程で雑草が生えにくくなるという効果もあります。 雑草の種を深く埋めると発芽を抑えることができるからです。

また、混ぜ込むことで有害ガスが抜けるという効果もあります。それによって有機物の分解が進むので肥料のような効果も多少はあるようです。

田んぼをならす作業と聞くと大変な肉体労働を想像してしまうかもしれませんが、最近は機械化が進んでいます。

なので、想像しているよりは楽に作業を行うことができるかもしれません。

田植えの時期は5月前後!

田植えの時期は、5月から6月に行われることが多いです。日本は、四季の進み方が地域によって違うので場所によって時期が違うので注意しましょう。

本州の割と温暖な地域では田植えの人手を確保するためにゴールデンウイークなどに行う場合もあります。

大型連休だと普段は農業に従事していない家族や親せきでも参加しやすいですよね。こちらも最近は機械化が進んでいるので昔よりは省力化できていると思います。

稲の栽培方法は、大きく分けて2つあります。その1つが種を田んぼに直接まいて育てる「直播栽培」という方法です。

こちらは、主に日本に稲作が伝わってきた頃などに使われていた方法となっています。そして、現代で最も主流になっている方法に「移植栽培」というものがあります。

文字通り、別の場所で種から苗まで育ててから田んぼに移植するという方法になります。前述の通り移植栽培の方が様々なリスクを避けることができます。

苗は田んぼで育てるより、苗代で育てる方が品質が均一になっていきます。苗代は、田んぼよりも小さいので温度や水の管理を楽に行うことも可能です。

鳥や害虫などから苗を守るということも田んぼよりはたやすく行うことができるはずです。

人工的に管理することができるので早く苗を育てることもできるので省力化することも可能となるでしょう。

人の都合でスケジュールを動かしていくこともできます。少し前までは、手で移植していましたが最近は機械の方が主流になっています。

田植えを想像すると手で植えている人が脳裏に浮かぶ方が多いかもしれませんね。だから、田植えは辛いというイメージを持っている人も多いはずです。

機械化は機械化でまっすぐ植えるのが難しいなどの問題もあります。でも、肉体的な負担は格段に小さくなっていると思いますよ。

スポンサーリンク

田植えを始める前に必要な準備|欠かせない苗と移植栽培

現代の主流は移植栽培

田植えを始める前に重要なのが苗代で稲を育てることです。最近では花壇に植える花でさえもポットである程度育ててから移植しますよね。

それと同じようなものだと考えればわかりやすいと思います。前述においても紹介させてもらいましたが、お米は種から田んぼで育てるのでなく、苗から育てていきます。

苗から育てると育つかどうか?という点を気にする必要がなくなります。種から何かを育てたことがある人であればわかると思いますが、芽が出ない種もありますよね。

それがお米だと大変です。特に昔の人は、お米で税金を納めていたので、せっかくまいた種からお米が取れないとなると死活問題になってきます。

なので、最小限の力で最大限の成果を得たいですよね。そのために重要だったのが苗代だったのです。

苗で20cmくらい育つまで別にして大切に育てておきます。何かトラブルが起きそうな場合でも田んぼに直接植えるよりは守ることができます。

また、苗を買うことにすれば時間も節約できて楽ですよね。農業も徐々に現代的になっているといえます。

移植栽培のメリット

苗の移植栽培のメリットは、水害を避けることができるというのが最も大きなメリットでしょう。

田んぼを人間が動かすことはできません。また、天気を人間が動かすこともできないですよね。

けど、移植栽培用の苗代であれば簡単に動かすことができます。なので、洪水によって稲の苗をダメにしてしまう恐れがグッと減ります。

また、人が管理をすることができるので鳥や害虫などの被害も受けにくくなるでしょう。田んぼに蓋をすることはできないので別に育てることのメリットだと言えます。

あとは、ある程度育ってからの移植になるので収穫高を予測しやすいということもあるはずです。

種を田んぼに植えてしまうと、どの種がきちんと発芽してくれるのかわかりません。途中でダメになってしまった苗が多いことに気付いても植え直すことはできませんよね。

だから、苗まで育った稲は種よりは収穫できる数の予測もつきやすいと言えるでしょう。ほかには、どの季節でも苗を育てることができるという利点もあります。

また、移植栽培をすれば田んぼに植え直す時にキレイに植えることもできますよね。キレイに並べることができればその田んぼの大きさで最大限の成果を得ることができるでしょう。

苗の高さは?

田植えの中で重要なことの1つの苗の高さがあります。苗が20cm程度に育ったら苗代から田んぼに植えるようにしましょう。

移植するときには、ある程度の間隔を空けて苗を植えていくようにしてください。苗の背が高くなってしまうとそれぞれの苗に太陽の光が当たらなくなってしまいます。

また、苗が成長しすぎてしまうと逆に弱くなってしまうという傾向にもあるので注意した方が良いです。

苗代から田んぼに移植するときは、欲張らずにある程度の大きさで植えるようにしてください。

そして、苗代から苗を移植するときは畝間と株間の間隔を30cm程度にしましょう。あまり苗が成長しなかった場合は、株間を20から25cm くらいと少し狭く植えてみましょう。

田植え機で植える

田植えは、昔から人の手で苗を田んぼに植えてきました。でも、最近では機械化が進んでおり機械で苗を植えることができるようになりました。

機械を使えば、苗を等間隔に植えていくことができます。規則正しく植えることができるので人間が植えるよりもキレイに植わるかもしれないですね。

その苗の間隔は一般的に15~18cm間隔が多いです。そして、1つの場所に1株単位で3~4本の苗を植えることができます。

田んぼの水の深さも大切!

田んぼを管理する上で最も大切なことであると言われるのが水です。何気なく田んぼの間を歩いていても水の量が少しずつ変動していくのがよくわかりますよね。

実は、その田んぼの水加減の調整が重要なのです。稲を育てるためには、たくさんの水を必要なのです。

水は、一般的に川などから引いている水路を通して田んぼに注ぎ込みます。また、平地でなく傾斜の強い場所では田んぼ自体を階段状に作ります。

その上、上から下に向けて水を流していくという方法が取られています。そして、田んぼの水の深さですが基本として3~5cmの深さだけ水を入れます。

その上で気温や稲の様子で調整していきます。気温が低い時は水を深くして寒さから稲を守ります。

また、稲の根っこの張り方を強いものにするために水を抜いて干すことによって、土の中に空気を送ったりと臨機応変に対応します。

田んぼに臨機応変に対応するために農家の人は朝と晩に必ず田んぼの様子をチェックしています。

肥料散布を行う

田んぼに苗を植えたら最後に肥料を散布します。肥料と言えば、植物に対して栄養を与えるというイメージが強いかもしれません。

実は、肥料を散布するのは栄養を与えるということだけではないのです。土壌の環境を改善し整えてくれる作用もあり、より作物が育ちやすい環境を作ってくれるという効果もあります。

稲は夏の気温が高い時期に植えられるので、堆肥に含まれている窒素が分解されやすいと言えます。

肥料は主に2種類に分けられます。その2種類は、植物を主原料にしているものと動物の糞などを主原料にしているものです。

肥料の構成成分によって、分解速度や効能においても差があるそうです。また、こだわりの米農家さんになると独自の肥料を使われていたりと稲作と肥料の関係は深いです。

また、除草剤に関しても同じく決められた使い方を守るようにしてください。使用期間や使用量をきちんと守らないと除草剤の薬害が出てしまう恐れがあります。

まずは、除草剤の説明書きをきちんと読むことから始めることが大切です。

また、生育不足の原因にもなってしまうので注意しましょう。弱い苗になってしまうと薬害も出やすくなってしまうので強い苗を育てることができるように努めてください。

田植えのやり方を詳しく解説

苗を規則正しく植える

田植えのポイントの1つに規則正しく植えるということがあります。よく見かける田んぼの稲もキレイに並んでいることが多いですよね。

キレイに稲が植えられていると日当たりが均一になるという効果があります。さらには、最小限の面積で最大量を植えることも可能になりますよね。

また、お米が育った時に混同しないという効果もあります。キレイに稲を植えるためには苗代から植え替えるということも大切になってきます。

他の種類の野菜を植えた経験がある人であれば、わかると思います。種から植えると自分たちが思った計画通りに苗が整列してくれることなんて少ないですよね。

特に田んぼはある程度育ったら間引くということも無理なので直接植えるよりは苗代から苗を取って植える方が良いと言えます。

手植えでも均一に植えることができますが機械を入れると、さらに均一に植えていくことが可能になっていきます。

田植え機

最近では田植えを機械で行うことができるようになっています。今の日本で最も主流になっている田植え機は、植え付け爪で苗を挟んで持ってからそれを土に挿し込むという方式のものです。

人間が手で植えるより速度も速く、何より中腰になったりと体に負荷がかかる体勢を取る必要がなくなります。

人手が少なく済むというメリットもありますよね。

苗の間隔も均一になるので美しく植えることもできるでしょう。ただし、融通が利かないというデメリットもあります。

今の日本ではクボタ、ヤンマー、日本ニューホランド、井関農機などの田植え機のシェア比率が高くなっています。

マーカーでまっすぐに苗を植える

田植えにおいてはキレイにまっすぐ稲を植えていくことが重要です。でも、意外とそれが難しかったりもします。

人間もまっすぐ歩いているつもりでも意外と曲がっていたりすることもあります。また、田植え機を使う場合は、タイヤを動かしていくので余計に難しいかもしれません。

特に普段車に乗らない人だと動かすだけでやっとかもしれません。その際、手助けになるのがマーカーです。

マーカーを目印にしてまっすぐ稲の苗を植えていくことができるように心がけていきます。コツとしては近くばかり見るのでなく遠くを見つめる方が良いそうです。

ただし、人間はそんな何でも精密に行える訳でもありません。なので、ある程度は妥協しても良いのかもしれませんね。

あとは、機械のメンテナンスをしっかりしていたわっておくことも大切です。爪などのメンテナンスを怠るとまっすぐ植えることが難しくなるようです。

田んぼの苗の密度や植える苗の本数

田植えを行ったことがない人は田んぼに植える苗の本数は想像つかない人も多いと思います。

密に植えてしまうと日当たりが悪くなり、米の育ちが悪くなってしまうので注意する必要があります。

でも、田植え機を使う場合の間隔は決まっています。北海道以外が30cmで北海道では33cmです。

一般的に寒い場所では密度を低くし、温かい場所では密度を高くした方が良いと言われています。

間隔を変えると苗の密度を変えることができます。でも、田植えは一筋縄ではいきません。
気候、品種、栽培方法、土壌の環境などの要素によっても変えていかないといけません。

でも、間隔が広いと根本からの新しい茎が多くなり狭いと少なくなるという性質も持っているのでそこまで気にする必要もないのかもしれません。

最近は、省力・低コスト栽培向けに、間隔を広くする植え方が流行ってきています。なので、間隔を広く植えるための田植機の販売もあります。

けど、実は意外と間隔が18cmと33cmであれば収穫量に違いがほとんどないという実験結果もあります。

▼苗の本数について詳しく知りたい方はコチラ▼
苗の本数の計算のサイト JA浜松

田植えの注意点

田植えの最適なタイミング

田植えにも適したタイミングがあります。まずは、苗代に植わっている苗の高さが20cmほどまで育っていることです。

いくらタイミングがよくても苗の育ちがイマイチだと本末転倒ですよね。逆に苗が育ちすぎていても田んぼに定着しにくいので注意しておきましょう。

そして、いよいよ苗を田んぼに植えるタイミングになりますが天気が良い日です。

植える方としても雨が降っている日よりは、天気が良い日の方が楽であるとも言えます。風が吹いてなくて比較的暖かい日がおすすめです。

肌寒い日や風が強い日に田植えをすると苗の定着が悪くなり、上手く稲が育たなくなってしまいがちなので咲けた方が良いと思います。

稲の密度による生育影響

田んぼに稲の苗を植えていく場合、適切な密度と言うものがあります。たくさん、お米を収穫したいからと言って欲張って密度が高くなるように植えてはいけません。

安定的な収穫量を望むためには、1㎡当たり20~24株程度にしておきましょう。また、植込本数は株当たり4~5本にし、80~120本を基準としてみてください。

でも、前述させて頂きましたが18cmと33cmであれば収穫量に違いがほとんどないという報告もあります

意外と人間が思っているほど間隔の差で収穫量には差が出ないという報告もあるのであまり神経質にならないでも良いのかもしれません。

ただし、品種やその土地の気候条件などにも左右されてしまうので注意しましょう。お米を育てる場合は、植えたい品種とその土地に合っているかをチェックしておく必要があります。

苗マットを取り外す

苗を田んぼに植える際は、苗マットごと田んぼに植えていく必要があります。しっかりと育った苗は根がしっかりとしているので抜けにくいです。

根が強く張っているので、苗マットを箱から取り外して手で持っても千切れません。さらには、バラバラになってしまうこともないので扱いやすいです。

そして、苗は何よりも乾燥に弱いです。なので、苗マットを乾燥させないように注意しておいてください。

その上で、長時間直射日光や風が当たらないように上に何かをかぶせておくと良いです。

マット強度が不足してしまっている場合は逆に外れてしまったり、バラバラになってしまいやすいので注意する必要があります。

なるべく、丁寧に扱うようにしましょう。苗マットを運ぶとき、必ず平置きにするようにしてください。

マットを巻いてしまうと形状が保てなくなったり、寸法が狂ってしまう恐れがあります。なので、取扱には注意してください。

▼田植えの方法について詳しく知りたい方はコチラ▼
農林水産省HP 田植えの方法 

占い師 秋桜のワンポイントアドバイス「田植えの準備は冬から始まっている!」

秋桜
田植えと言えば、ゴールデンウイークに行われることが多いわよね。農家出身の人だとその時期に田植えを行う人も多いはずよ。

都会で暮らしていても田植えの時期だけ田舎に帰って田植えを行う人も多いかもしれないわね。

けど、実は田植えって冬から既に始まっているのよ。田んぼに苗を植える前に苗を種から育てているのはもちろん田んぼの整地も大切よね。

そんな細かい作業を冬からコツコツと行っているのが農家さんなのよ。最近は、人手が足りないこともあり苗を購入している場合も増えているかもしれないわね。

まぁ、種から自分たちで育てるのはかなり大変よ…。だから、田植えって大変というイメージが強くなってしまっているのかもしれないわ。

でも、現代の田植えは昔よりは結構マシになっているわよ。田植え自体も手植えより機械で行うことの方が増えてきているわよね。

けど、それでも田植えは肉体労働だし大変よね。だから、機械があれば田植えを手伝ってみるのも良いと思うわ。

日本人にとって一番なじみぶかい食材だからこそ大切にしてみて。昔の人も今と同じようにお米を食べ続けてきたと思うと感慨深いですよね。

お米を食べる時間というものも大切にするようにしてね。お米が育つまでの苦労を知ると今まで以上に大切にしたいと思うわよね。

お米を味わって食べるということであれば明日からできるはずよ。機会があったら、田植え体験なんかも悪くないと思うわよ。

あなたを導く神秘のタロットカード【神秘のタロットカード】



私達を魅了し続ける占い、タロットカード。
現在、過去、未来等を占う事ができます。

神秘のタロットカードは身近な悩みから、将来の事まで、幅広く占える特別なカード。
さっそくあなただけのカードを選んで、幸せの扉を開きましょう。



※20歳未満はご利用できません。

鑑定結果や診断結果でアナタの悩みは解消しましたか?

鑑定結果や診断結果であなたの悩みは解決しましたか?

もしも、少しでも不安や悩みがあるのなら、こちらのLINE@に友達追加して頂くと、あなたの悩みの種類やオーラの色から、更に詳しい鑑定結果を悩みや不安の解消法と共にお送り致します。

あなたの不安や悩みを必ず解消致しますので、LINE@へのお友達追加お待ちしております。

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事