タロット占いで死神のカードを引いた時に、いったいどんな意味を持っているのか、知りたいという方は多いと思います。

特に相手の気持ちをあらわす位置や恋愛占いでこのカードが出てきた場合、相手はどういう気持ちで、恋愛ではどんな事が起こるのでしょうか?

また、タロットカードは正位置か逆位置かによっても意味が変わり、複雑な読み方をすることができます。

占い師にリーディングしてもらう時に、自分も意味がわかっていると、占い結果への理解が深まります。

そこで今回は、タロット占いで死神のカードを引いた時の意味や相手の気持ち、恋愛面の意味、そして未来で起こることを順に解説いたします。

それでは、死神のカードが持つ意味を見ていきましょう。

死神の意味

死神正位置の意味

黒い甲冑を身につけた死神が、死をもたらすべく、王国へやってきました。

恐れおののく民に、死神は大鎌をふるい、息の根を止めてしまいます。

多くの犠牲がありましたが、死神が去ると、そこには新たな夜明けが訪れようとしています。

そんな死神の正位置が意味するのは、「死から生まれる変化」です。

大鎌をふるい、次々人々を殺していくように、このカードが出てきたら、これまで続いてきた物事が突然終りを迎える、という暗示です。

それが良いことでも悪いことでも、死神は終了させて、否応なしに次の段階へ進むことを迫ります。

確かに物事の終わりは辛さを伴います。

しかし、その先には新たな展開が待っているという、ポジティブな一面も持っています。

死神逆位置の意味

黒い甲冑を身につけた死神が、王国を行進し、民にも王族にも死を与えていきます。

恐ろしい死神の大鎌は女子供にも躊躇いなく振り下ろされ、死神の殺戮は繰り返されました。

死神が去った後、民の死を伝え聞いた人々は、悲しみに暮れ、立ち直ることができないでいます。

そんな死神の逆位置が意味するのは、「死から立ち直れない心」です。

逆位置で出てきた死神が、殺戮を繰り返した後も、為す術もなく見ているしかなかった人々に長い苦しみを与えるように、このカードが出てきたら、終わりが訪れた後もなおも苦しみが続く、という暗示です。

癒えない傷がいつまでも残り、前に進まなくてはならないとはわかっていても、なかなか前向きになれません。

終わりを迎えた後もつらい思いを抱えたまま先に進まなくてはならないという、ネガティブな意味を持っています。

死神の相手の気持ち

死神正位置の相手の気持ち

相手の気持ちをあらわす位置に死神の正位置が出てくると、あなたとはもう縁をすっぱりと断ち切って、ステップアップしたいと考えています。

相手はまさに「死から生まれる変化」を望んでおり、これまでなかなかうまく行かなくても我慢していた関係を、ここで思い切って終わらせることで、新たな風を吹き込みたいと感じているようです。

そのため、あなたとは後腐れなくさっぱりと縁を立つことを望んでいます。

そんな相手の吹っ切れた感情を読み取ることができます。

死神逆位置の相手の気持ち

相手の気持ちをあらわす位置に死神の逆位置が出てくると、あなたとは長らく上手く行っておらず、縁を断ち切りたいとは感じているのですが、これまで築き上げてきた物を考えると、なかなか縁を断つことができないと考えています。

相手はまさにあなたと縁を断つことで、物事が突然終わりを迎えてしまう事を恐れており、終わらせたいとは思っても、これまでうまく行かなくても我慢していのだから、もう少しこのままでいた方が良いのでは、と感じています。

そんな相手の踏ん切りがつかない感情を読み取ることができます。

死神の恋愛面の意味

死神正位置の恋愛面の意味

死神の正位置が恋愛占いで出てくると、その恋はすっぱりと諦めて、前へと進むべきだということを意味します。

別れは一時的な辛さをもたらしますが、あなたはすぐに立ち直ることができ、綺麗さっぱり相手を忘れることができるでしょう。

というのも、この別れの先には、新たな出会いの可能性があるからです。

自然と相手と会わなくなっていき、告白は失敗し、付き合いは解消されるでしょう。

終わらせるべき恋はすぱっと終わらせて、次の恋へ向かうことをタロットカードは伝えています。

死神逆位置の恋愛面の意味

死神の逆位置が恋愛占いで出てくると、その恋は上手く行かず、発展性も無いとわかっているのですが、ひょっとしたら今度はうまくいくのではないか、と思えてしまい、終わらせるのが難しい状態を意味します。

別れたいのに相手がうんと言わず、激しく傷つけ合い、泥沼化する恐れがあります。

また、突然別れを切り出されて、失恋の痛手からなかなか次の恋へ迎えない可能性があります。

辛い思いをするとしても、きちんと終わらせて前を向いて歩かなければ、いつまでも辛い気持ちから脱することはできないと、タロットカードは伝えています。

死神の未来で起こる事

死神正位置の未来で起こる事

死神の正位置が未来をあらわす位置に出てくると、これまで続いてきた物事が突然終りを迎えることをあらわします。

今、物事が順調に進んでいたのに、突然の状況の変化によって終りを迎え、辛くても次の段階に進まなくてはならなくなる可能性があります。

また、物事が上手く行っておらず悩んでいる場合には、突然の終わりから新たな局面に向かう可能性をあらわします。

つらい経験をし、傷つくこともありますが、終わりの先には変化が待っていますので、「死」を受け入れて、次の段階へと進む心構えをしましょう。

終わりの後にしっかりと取り組めば、結果、ポジティブな未来が待っていると、タロットカードは伝えています。

死神逆位置の未来で起こる事

死神の逆位置が未来をあらわす位置に出てくると、終わりが訪れた後もなおも苦しみは続くことをあらわします。

物事が順調に進んでいたのに、突然の状況の変化によって終りを迎え、そのショックでいつまでも前に進めなくなる可能性があります。

また、物事が上手く行っておらず悩んでいる場合には、終わりを迎えたらそれを一つの区切りとして、気持ちを切り替えて進むべきだと伝えています。

つらい経験をすると、なかなか心の傷が癒えないものですが、終わりの先にはあなたの気が進まなくても、次の物事が待ちうけています。

しっかりと「死」を受け止めて、前を向かなければ、新たな局面に向き合うことはできません。

結果として、ネガティブな未来が待っていると、タロットカードは伝えています。

占い師 愛のワンポイントアドバイス

今回は死神の正位置と逆位置の意味を解説しました。
死神のカードは黒々とした恐ろしい死神がやってきて、人々に死をもたらす不吉なカードです。文字通りこのカードを引いた場合は、死ぬことを意味するの?!と不安に思う必要はありません。しかし、物事が突然の終わりを迎え、その事によって深く傷つく可能性を暗示しています。死神は物事の終わりだけでなく、その先の変化をもたらします。物事が終わった先にある物事は、これからいくらでも良くしていくことができますが、いつまでも終わったことを引きずっていてはその準備はできませんよね。終わりをポジティブに受け止めて、気持ちを切り替えるべきだとカードは教えてくれていますよ。占ってもらう時や自分で占う時にもし死神のカードが出てきたら、ぜひ参考にしてみてくださいね!!

まとめ

死神のカードは、「死から生まれる変化」を意味しており、物事の終わりは辛さを伴うが、その先には新たな展開が待っていると伝えています。

いつまでも後ろを振り返るのではなく、しっかりと次の展開に備えましょう!

きっと良い結果が待っています。

しかし、死神が逆位置で出てしまうと、「死から立ち直れない心」を意味し、終わりを迎えた後も傷ついたまま先に進まなくてはならないという、辛い展開をあらわしています。

そのまま辛い気持ちに浸り、悲観的になっていては、あなたの人生は良い方向に向かいません。

割り切って、新たな気持ちで過ごすように心がけましょう。

いずれにしろ、タロット占いで死神が出てきたら、そのテーマに対して終わりが訪れ、変化があることを伝えています。

物事の展開を捉えるための参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事