タロット占いで愚者のカードを引いた時に、いったいどんな意味を持っているのか、知りたいという方は多いと思います。

特に相手の気持ちをあらわす位置や恋愛占いでこのカードが出てきた場合、相手はどういう気持ちで、恋愛ではどんな事が起こるのでしょうか?

また、タロットカードは正位置か逆位置かによっても意味が変わり、複雑な読み方をすることができます。

占い師にリーディングしてもらう時に、自分も意味がわかっていると、占い結果への理解が深まります。

そこで今回は、タロット占いで愚者のカードを引いた時の意味や相手の気持ち、恋愛面の意味、そして未来で起こることを順に解説いたします。

それでは、愚者のカードが持つ意味を見ていきましょう。

愚者の意味

愚者正位置の意味

一人の若い青年が、日の当たる道なき道を意気揚々と歩いていきます。

彼が持っているのは小包と結わえた棒と花一輪だけ。

お供に白い犬だけを連れて、彼は崖の向こうへと歩き出そうとしています。

そんな愚者の正位置が意味するのは、「ゼロからのスタート」です。

愚者が何も持たず、経験にも縛られずに、心晴れやかに新しい道へと歩みだそうとしているように、このカードが出てきたら、何も持たなくとも、やったことのないことでも、まずは始めてみるように、という暗示です。

まだ何にも縛られていないので、身軽に試行錯誤していける自由さがあります。

歩む先は見えなくとも、思いもよらない素晴らしい展開が待ち受けているだろうという、ポジティブな意味を持っています。

愚者逆位置の意味

何も持たず、ボロボロの服を身にまとった若い青年が、一人きりで道なき道を歩いています。

何も準備ができていないのに無謀にも村を飛び出して、どこへ行く当てもない様子。

お供の白い犬も、彼が崖へとフラフラ歩き出すのを見て、不安そうに吠え立てています。

そんな愚者の逆位置が意味するのは、「無謀な挑戦」です。

逆位置で出てきた愚者が、物事を始める準備が何も整っておらず、経験も足りないのにただ新しい道へと無謀にも歩みだそうとしているように、このカードが出てきたら、物事を始めるにはまだ準備も経験も足りず、見切り発車で始めるのは危険だ、という暗示です。

何か困ったことがあっても対処する道具も経験もなく、また責任感もないので、失敗して取り返しの付かないことになる恐れがあります。

今後起こる展開に対して、あまりにも無計画で準備が足りないと感じさせる、ネガティブな意味を持っています。


愚者の相手の気持ち

愚者正位置の相手の気持ち

相手の気持ちをあらわす位置に愚者の正位置が出てくると、まだお互いにまっさらでなんのしがらみもない白紙の状態であり、お互いを知って関係を築いていくのはこれからだと相手が感じていることをあらわします。

まさに相手は「ゼロからのスタート」を自由で心地よく感じており、その人間関係も、自由で束縛しない気楽な間柄でいたいと感じています。

そんな楽観的でポジティブな感情を読み取ることができます。

愚者逆位置の相手の気持ち

相手の気持ちをあらわす位置に愚者の逆位置が出てくると、相手はまだお互いに関係を築いていくには準備も経験も足らず、心もとない状態であり、お互いを知って建設的な関係を築いていける責任感も足りない状態だと感じています。

まさに相手は「無謀な挑戦」を始めることに慎重になっており、その人間関係も、無計画で無責任なものになって迷惑を被ることになるだろうと感じています。

あるいは逆に危険だとわかっているのに「無謀な挑戦」にのってしまうような、軽率で暴走気味な気分になっている場合もあります。

そんな不安、あるいは無謀さを感じさせる、ネガティブな感情を読み取ることができます。

愚者の恋愛面の意味

愚者正位置の恋愛面の意味

愚者の正位置が恋愛占いで出てくると、その恋はまだ何も始まっておらず、いくらでも発展していけるような可能性を秘めていることを意味します。

何にも束縛されておらず、自由な関係なので、結婚を前提とするようなしっかりとしたお付き合いではありません。

どちらかというと、会える時にだけ会って、あとは自分の時間を自由に使うような自由恋愛です。

ただ、まずは一歩踏み出してみて、恋を初めてみること、そしてお互いのことを知り合う新鮮さを感じ取ることをタロットカードは伝えています。

愚者逆位置の恋愛面の意味

愚者の逆位置が恋愛占いで出てくると、その恋を始めるには準備も責任も足らず、見切り発車で振り回される可能性を秘めていることを意味します。

何にも束縛されておらず、自由な関係なのを良いことに、好き勝手し、約束を破っては迷惑をかけるような、無責任さが際立つお付き合いになります。

もはや、付き合っているのかもわからないような、尻拭いだけさせられる関係になる恐れもあります。

この無謀な恋愛を始める前に、いったん冷静かつ慎重になること、そしてもっと地に足の着いた恋愛ができる相手を探す選択肢を考えてみるようにと、タロットカードは伝えています。

愚者の未来で起こる事

愚者正位置の未来で起こる事

愚者の正位置が未来をあらわす位置に出てくると、自由で開放的な新しいスタートがきれ、それが成功することをあらわします。

今、四面楚歌な状況で、束縛や閉塞感に悩まされている人も、結果的にはうまくいかない状況から開放され、自由で身軽になることができます。

また、物事を始めようか迷っていて、まだ準備が整っていないと感じている人も、このカードが出てきたら、まずは飛び込んでみれば意外と良い展開になっていきます。

準備が足りずに心もとない状況でも、思いもよらない発想によって良い結果を生み出すことができるので、まずは「ゼロからのスタート」を切ってみましょう。

その結果、ポジティブな未来が待っていると、タロットカードは伝えています。

愚者逆位置の未来で起こる事

愚者の逆位置が未来をあらわす位置に出てくると、準備不足で見切り発車で初めたことが、やがてあえなく失敗してしまうことをあらわします。

今、四面楚歌な状況にあり、束縛や閉塞感に悩まされている人は、焦って目先のプランに飛びついてしまうと、空回りして転落する危険を示しています。

また、物事を始めようか迷っていて、まだ準備が整っていないけれども思い切ってチャレンジしようかと思っている人なら、まだ始めるには時期尚早で、うまくいかずに失敗する展開が待っていることを示しています。

準備や経験がなくてもまずは挑戦してみるタイプの人でも、踏みとどまってみてください。

「無謀な挑戦」による失敗は、思わぬダメージとなってあなたにのしかかるでしょう。

結果として、ネガティブな未来が待っていると、タロットカードは伝えています。

占い師 愛のワンポイントアドバイス

今回は愚者の正位置と逆位置の意味を解説しました。
愚者のカードはタロットカードの一番初めである0番ということもあり、何もまだ始まっていないまっさらでポジティブな雰囲気に包まれていますよね!物事を始めるという時は、いつもわくわくするものです。準備不足と思われるときでも、まずはエイヤッと始めてみれば、思わぬ発想や力技でなんとか成功してしまうことってありますよね。愚者が正位置で出てきたら、まずはスタートしてみましょう。良い結果が待っていますよ!でも、逆位置で出た時は注意が必要。準備不足や無計画のせいで失敗してしまう暗示です。何もまだ始まっていない状態って、スタートさせるかどうかが第一の重要な決断となりますから、逆位置で出てしまったら特に慎重になって、「始めない勇気」を持つことも大切ですよ。占ってもらう時や自分で占う時にもし愚者のカードが出てきたら、ぜひ参考にしてみてくださいね!

まとめ

今回は、タロット占いで愚者のカードを引いた時の意味や相手の気持ち、恋愛面の意味、そして未来で起こることをご紹介しました。

愚者のカードは、「ゼロからのスタート」を意味しており、準備や経験がなくとも、まずは始めてみるようにという、ポジティブな行動や感情をあらわしています。

やったことがないことでも、まずはチャレンジしてみましょう!

きっと良い結果が待っています。

しかし、愚者が逆位置で出てしまうと、「無謀な挑戦」を意味し、物事を始めるにはまだ準備も経験も足りず、見切り発車で始めるのは危険だ、と警鐘を鳴らします。

後先考えずに始めると、悪い結果が待っている恐れがあります。

なんとかなるという甘い考えは捨てて、下準備と計画を入念に行いましょう。

いずれにしろ、タロット占いで愚者が出てきたら、そのテーマに対しては自由気ままでなにもない0の状態だということを伝えています。

物事を始めるのか否かを決める参考にしてみてください。

micane公式LINE@で占い師がアナタを個別鑑定!

micaneの占いは楽しんで頂けましたか?

「micaneのあの占い師に個別鑑定をしてもらいたい…。」

「もっと無料の占いを試して見たい…。」

「鑑定結果で悩みをなくして幸せになる方法を知りたい…。」

こんな方は、micane公式LINE@に是非ご登録下さい!

micane公式LINE@ではmicaneで活躍する占い師の中から選抜された5名の先生に個別鑑定依頼ができると共に、定期的におすすめの占いを配信致します!

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事