タロット占いで女教皇のカードを引いた時に、いったいどんな意味を持っているのか、知りたいという方は多いと思います。

特に相手の気持ちをあらわす位置や恋愛占いでこのカードが出てきた場合、相手はどういう気持ちで、恋愛ではどんな事が起こるのでしょうか?

また、タロットカードは正位置か逆位置かによっても意味が変わり、複雑な読み方をすることができます。

占い師にリーディングしてもらう時に、自分も意味がわかっていると、占い結果への理解が深まります。

そこで今回は、タロット占いで女教皇のカードを引いた時の意味や相手の気持ち、恋愛面の意味、そして未来で起こることを順に解説いたします。

それでは、女教皇のカードが持つ意味を見ていきましょう。

女教皇の意味

女教皇正位置の意味

純潔さを表す白い衣に身を包んだ女性が、凪いだ海を背に、静かに腰掛けています。

白と黒の真逆の性質をあらわす柱の間で、真逆の性質が共にある状態を清らかで落ち着いた心で受けとめています。

彼女は神聖さを帯びた高潔な女教皇であり、「TORA」と書かれた秘密の巻物を大事そうに抱えながら、直観に耳を傾け、静謐な時を過ごしています。

そんな女教皇の正位置が意味するのは、「高潔な叡智の受け取り方」です。

女教皇が人里離れた場所で、静かに自分の直観に耳を傾けているように、このカードが出てきたら、性急に行動するのではなく、今は感覚を研ぎ澄まして直観に耳を傾け、深遠なる叡智を受け入れるように、という暗示です。

積極的な行動よりも、時としてあなたの直観や高度な知識に耳を傾ける時間を持つことが正しい答えにたどり着くきっかけになることがあるのです。

また、女教皇が大切そうに守っている巻物のように、あなたに大切な秘め事や神秘に感じる物事があるなら、その事に目を向けるのも良いでしょう。

神聖で高潔な状態で心の声を受け入れることが必要だという意味を持っています。

女教皇逆位置の意味

純潔さを表す白い衣に身を包んだ女性は、さざなみが立ち始めた海の音に過敏になって、イライラと今しも攻撃性をあらわにしそうです。

白と黒の真逆の性質をあらわす柱の間で、心が激しく揺れ動き、今の状態を受け入れられずにいます。

潔癖過ぎる女教皇は、「TORA」と書かれた秘密の巻物を誰かに見られはしないかと、神経を尖らせ、ピリピリして人を寄せつけません。

そんな女教皇の逆位置が意味するのは、「潔癖で神経質過ぎる状態」です。

逆位置で出てきた女教皇が、人里離れた場所でいちいち神経質に喚き立てて誰も寄せ付けようとしないように、このカードが出てきたら、神経過敏になって他者を受け入れようとせず、閉鎖的になってしまう暗示です。

周囲は手を差し伸べたくても、あなた自身が心を開かなければ人はますます離れていき、このままだと完全に孤立してしまう恐れがあります。

今後起こる展開に対して、傷つくことを恐れるあまり内に閉じこもっていると感じさせる、ネガティブな意味を持っています。

女教皇の相手の気持ち

女教皇正位置の相手の気持ち

相手の気持ちをあらわす位置に女教皇の正位置が出てくると、あなたに対して受身の姿勢をとっており、積極的に関わらないつもりだという事をあらわします。

まさに相手は「高潔な叡智の受け取り方」を心がけていて、人間関係を深めるよりも、今は独りで直観を研ぎ澄まし、感受性を大切にしたいと感じています。

そんな高潔で受け身な感情を読み取ることができます。

女教皇逆位置の相手の気持ち

相手の気持ちをあらわす位置に女教皇の逆位置が出てくると、相手はあなたを拒絶する姿勢をとっており、踏み込もうとすると、まるで神経を尖らせた猫のようにキーキー喚き立てる状態であることをあらわします。

まさに相手は「神経質で潔癖すぎる状態」で、集団から距離をおき、孤立しがちです。

そして、自分の感覚ばかりに集中するあまり、他人から攻撃を受けるのではないか、と神経質になり、あなたに対し警戒心を顕にすることもあるでしょう。

そんな孤立する傾向を感じさせる、ネガティブな感情を読み取ることができます。

女教皇の恋愛面の意味

女教皇正位置の恋愛面の意味

女教皇の正位置が恋愛占いで出てくると、プラトニックな恋愛であり、愛情はあるけれど恋人関係には発展しにくい状態だということを意味します。

積極的にアプローチしてお付き合いしようという考えからは遠いため、好きな相手をただ遠くから眺めているだけになりがちです。

また、相手からは物静かで清純なタイプの女性だけれども、女性的魅力には欠けており、恋愛対象にはなれなさそう。

今のままでは、お付き合いには至らず、片思いのまま終わりそうだ、とタロットカードは伝えています。

女教皇逆位置の恋愛面の意味

女教皇の逆位置が恋愛占いで出てくると、恋愛に対して潔癖になり、恋の話題を神経質に拒否して、恋する機会を自分から捨てている状態だ、ということを意味します。

過去の実らなかった恋愛を今も引きずって傷つくことを恐れているため、恋愛の可能性のある人間関係にあってもあなたの方から突き放してしまい、ギスギスした関係になります。

もはや、相手はあなたを恋愛対象どころか女性として見ることはできず、人格的にもきつい女性だと感じてしまう恐れもあります。

結婚についての占いなら独身を暗示します。

相手を傷つけて独りになる前に、いったん心を落ち着けて、相手を受け入れようとしてみることが大切だと、タロットカードは伝えています。

女教皇の未来で起こる事

女教皇正位置の未来で起こる事

女教皇の正位置が未来をあらわす位置に出てくると、物事を積極的に進めるのではなく、直観に耳を済ませることで、良い気づきがあることをあらわします。

また、高度な知識を求めれば理解が深まり、役に立つことをあらわします。

物事に積極的にトライしても、なかなかうまく行かずに八方塞がりになっている人は、いったん立ち止まって一人になることで、結果的に良い答えにたどり着きます。

また、頑固になって他人の意見を拒みがちになっている人は、心静かに受け入れる心を持ちましょう。

高潔な叡智を受け取ろうとする姿勢が、あなたにより良い直観や知識を授けます。

その結果、ポジティブな未来が待っていると、タロットカードは伝えています。

女教皇逆位置の未来で起こる事

女教皇の逆位置が未来をあらわす位置に出てくると、あまりにも神経過敏になっており、他者を受け入れず孤立してしまうことをあらわします。

今、物事に積極的にトライしても、なかなか物事がうまく行かずに八方塞がりになっている人は、自分の直観や先人の深淵で高度な知識、そして他人の意見に耳を傾かないで、ただがむしゃらになってしまうと、余計にうまく行かず、孤立する危険を示しています。

また、自分の直観に従って物事を進めるタイプの人は、「神経質で潔癖すぎる状態」になりがちなので、頑固に他人の意見を拒む傾向があります。

心穏やかに、受け入れる姿勢を持ちましょう。

受け取り方に注意しないと、結果として、ネガティブな未来が待っていると、タロットカードは伝えています。

占い師 愛のワンポイントアドバイス

女教皇はタロットカードでは2番目にあたるカード。白と黒の柱が描かれているように、2元的なものが同時に存在している状態を受け入れる静かな心の状態をあらわします。女教皇の、まるで静かな海のように凪いだ心の有り様にならって、自分の直観や高度な知識、そして他人の意見を素直に受け入れれば、何か今まで見えていなかったことに突如気づくことができますよ!でも、逆位置で出た時は気持ちが逆だっているから注意して。物事に対し極端に潔癖で神経質になっている暗示です。頑なに他人を拒み、自分の殻に閉じこもっては、孤立してますます立ち行かなくなりますから、逆位置で出てしまったら特に自分がそんな状態に陥っていないか気をつけて、慎重になって、「高潔な叡智の受け取り方」を心がけることが大切ですよ。

まとめ

女教皇のカードは、「高潔な叡智の受け取り方」を意味しており、性急に行動するのではなく、今は感覚を研ぎ澄まして直観に耳を傾け、深遠なる叡智を受け入れる、素直な心の有り様をあらわしています。

自分の直観や高度な知識、そして他人の意見を素直に受け入れましょう!
きっと良い結果が待っています。

しかし、女教皇が逆位置で出てしまうと、「神経質で潔癖すぎる状態」を意味し、物事に対し極度に潔癖で神経質になって、内向きになる危険がある、と警鐘を鳴らします。

人の意見に過敏に反応して拒絶すれば、悪い結果が待っている恐れがあります。

頑固に凝り固まった気持ちをリセットし、心の受け入れ体制を整えましょう。

いずれにしろ、タロット占いで女教皇が出てきたら、そのテーマに対しては動ではなく静。

静かに受け止めるべき状態だということを伝えています。

物事を捉える時の参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事