「彼とわたしの相性はいいのかな?悪いのかな?」と彼との相性が気になったり、「今の彼との結婚はいつなんだろう?」とお付き合いをしている彼との結婚する時期などがいつなのか知りたいと思っていませんか?

こちらでは二人の相性・結婚時期・結婚運をアナタと彼の生年月日から四柱推命で無料で占います。

こっそり二人の相性や結婚時期、また結婚運を占っておけば、いざという時に安心ですね!

そしてコラムでは、お付き合いしている彼がアナタとの結婚を意識しはじめたら時の行動やサイン、彼との相性が良いか悪いかのチェックポイントと、彼との相性が良くないかも…と思った時に相性をグッと良くするテクニックを紹介します。

心の準備をしておけば、いきなりのプロポーズにも笑顔で応えることができますよ!

ズバリ!二人の相性と結婚時期・結婚運をを占う

女性 男性
女性 男性
1
https://micane.jp/renai-shichusuimei-marriagetime-result1,https://micane.jp/renai-shichusuimei-marriagetime-result2,https://micane.jp/renai-shichusuimei-marriagetime-result9,https://micane.jp/renai-shichusuimei-marriagetime-result3,https://micane.jp/renai-shichusuimei-marriagetime-result5,https://micane.jp/renai-shichusuimei-marriagetime-result4,https://micane.jp/renai-shichusuimei-marriagetime-result8,https://micane.jp/renai-shichusuimei-marriagetime-result7,
https://micane.jp/renai-shichusuimei-marriagetime-result6,https://micane.jp/renai-shichusuimei-marriagetime-result6,https://micane.jp/renai-shichusuimei-marriagetime-result6,
8
3

彼がこんな言動をしてきたら・・それは結婚を考えているサイン!

「今の彼はわたしとの結婚を考えてくれているのかな?それともこのまま付き合うだけ?」

と二人のお付き合いの期間が長くなれば、女性は誰でもこんな悩みを抱えます。

実は結婚の時期について悩んでいるのはあなただけではありません!

彼がいつプロポーズしてくれるのかヤキモキしてしまいますよね。

でも、彼の言葉や行動にちょっと目を向けてみることで、知らないうちに「結婚したい」という気持ちが現れているかもしれません!

男性が結婚を意識しているときに自然と出てしまうkと叔母や行動についてご紹介します。

付き合っている期間を口に出す

「僕たち、もう付き合って◯◯年だよね」など、最近彼が付き合っている期間を口にすることがありませんか?

この言葉を聞いたら、かなりあなたとの結婚を意識していると考えていいでしょう。

というのも、もともと男性は女性のように付き合ってどれくらい経つかという「期間」をあまり気にすることはありません。

男性は付き合っている期間よりも、二人の親密度の方を大切にしているからです。

でもあえて彼から、付き合った期間を確認するような言葉を聞いたとしたら、これは結婚を考えている前兆でもあるのです。

そして期間が長ければ長いほど、二人の間の時間はいろいろな時を経験していますので、ハッピーな時だけではなく、辛い時や苦しい時に一緒にいてくれたり支え合う歴史を前提にこの発言がなされているのです。

「え?なんでいきなりそんなことを聞くの?」という前に、「そうだね、随分長くなったし、いろいろなことがあったけど、二人で乗り越えてきたよね」とあなたが彼に言葉を返してあげることで、彼は「オレにはこいつしかいない!」と思わせることで、さらにプロポーズへの道のりが近くなると言えるでしょう。

記念日を大切にしてくれる

付き合っていると「記念日」というものがあります。

二人が初めて出会った日や付き合い始めた日、あるいは出会った場所などを大切にするというのも、結婚を意識しているサインとして受け取ることができるでしょう。

なぜなら、男性はもともと面倒なことが嫌いですし、改めて記念日を祝うというような大げさなことはあまり好きではありません。

また出会った場所なども、それは単に出会った場所として認識するので、そこに深い思い入れはあまり感じないことが多くあります。

しかし、彼から「二人が◯◯した日」を覚えていたり、「今度、俺たちが初めて会ったところに行ってみない?」というような提案があれば、それはかなり結婚を意識してることだと考えていいでしょう。

もともと日にちを覚えるのが苦手で、場所などにも深い思い入れがない分、このようなことがあればプロポーズも秒読みかもしれません。

将来の夢などを話し合う

どんな風に将来を過ごしたいなど、お互いの夢を語り合うことができれば、二人の仲はかなり進展をしています。

「こんな仕事につきたい」とか「こんな夢がある」ということを語り合うのは、実は男性同士ではあまりしないことでもあります。

ましてや好きではない女性にこんなことを語ることはしません。

あなたにならわかってもらえるという深くて強い信頼があるからこそ、将来や夢の話ができるのです。

そこにはいつもあなたが隣にいて、これからもずっと自分のことを応援して支えてくれているという安心があるからこそ、話すことができるのです。

もし彼が将来や夢の話をしてきたら、それが例え絵空事のような壮大なものでも、笑顔で話に耳を傾けましょう。

誰しも自分の話を喜んで、真剣に聞いてくれる人には心をゆるすものです。

こどもが好きということを言う

デートをしているときに、家族連れで小さなこどもとすれ違う時に、「こどもって、可愛いよね〜」と不意に彼が言ったり、子供に向けて笑顔を見せるということも結婚を意識している大きなサインです。

よほどの子ども好きではない限り、男性はこどもに目をむけるということはしないものです。

またある程度、歳を重ねれば男性も結婚適齢期を迎え、「家族」というものを意識するようになります。

自分が一家の主人として、どのようにするのかということを想像の中で考えるようになります。

つまり将来設計などを考え、子どもは何人いて、家の大きさはこのくらいで、家を購入すればローンはこのくらいで・・というように現実的に考えるようになります。

子どもに目が行くということは、まさしくそのような家族の設計を考えている途中だということにもなります。

あなたと結婚し、家族になった時の自分の姿を思い描いているので、かなり結婚を意識しているということができるでしょう。

この場合は、すぐにプロポーズという場合ではなく、経済面でしっかりとした基盤を作ってから結婚を申し込みたいという気持ちも同時にありますので、すぐにプロポーズをされないからといって焦ることは禁物です。

あなたの家族の話や過去の話をしてくる

あなたが小さい頃にどんな幼少時代を過ごしていたのか、とか家族の構成や仕事や性格などを聞いてくる場合は結婚を意識していると考えていいでしょう。

結婚は愛し合う二人が結ばれるだけではなく、社会的な単位としての機能があります。

またお互いの家族が家族となることでもありますので、あなたの家族のことを聞いてくるのはとても意味があることなのです。

またあなたが聞いてもいないのに自分の家族の話をしてくる場合も同様だと言えるでしょう。

特にあなたの父親の話を念入りに聞いてくる場合は、近々にご両親にご挨拶にいかなければならないということを意識しています。

結婚を反対される場合、男性が最も高い壁を感じるのは女性側の父親だからです。

そして結婚して家族になる場合には、あなたのお父さんと話を合わせなければなりません。

ですからあなたのお父さんの仕事や趣味や好きなものを知ることは、家族として会う機会がある時に、話題に事欠かなくなりますし、あなたのお父さんに気に入ってもらいたいというサインでもあるのです。

もし彼があなたのご家族のことを聞いてきたら、昔のいろいろなエピソードや、人間的な温かさや面白さを交えてたくさん語ることをオススメします。

きっと彼も安心してあなたの家族に会いたくなることになるでしょう。

彼との相性が良いか悪いかのチェックポイント【結婚して上手くいく?!】

「恋愛と結婚は違うもの」と良く言われますが、これは本当なのでしょうか?

結婚は勢いとタイミングが大切と言われていますが、またそれだけでは本当に相性がいいかどうかは判断しにくいものです。

実際に仲よさそうな夫婦がいきなり別居したり、「え、こんな美人なのに?」と思う人でも離婚してしまうケースは良くあるものです。

このようなことは結婚の相性と深く関わっていると言えるでしょう。

恋愛の相性は良くても結婚の相性はいまいちよくないという場合もあります。

必ずしも素晴らしい恋愛=結婚生活も素晴らしいというわけではないということを念頭に置いておきましょう。

結婚の相性を調べるためのいくつかのチェックポイントをお伝えします。

金銭感覚の違い

一番結婚において大切なのは、金銭感覚だといってもいいでしょう。

また金銭感覚は恋人同士の時はあまり気にならないものです。

しかし結婚をすればお財布は一つになることが多く、2人の稼ぎが2人の生活を支えるといってもいいでしょう。

例えば、一緒に暮らすことは家賃がかかったり、光熱費、食費、交際費、電話代、税金など目に見えないお金がたくさんかかるものです。

そんな時に金銭感覚が違ってしまうと、亀裂が生じてしまう場合もあります。また結婚するとお財布は女性側が握っている場合が多いでしょう。

その理由は、女性の方がきちんとしているからということや、実際に食事を作るのは女性側だったり、振込なども時間が作りやすいという理由もあるでしょう。

つまり女性の方がモノに対して出費を多く行うということがわかります。

それに比べて男性側は何か自分の趣味に関しては惜しみなくお金を使ってしまうという特徴があります。

例えば何かのコレクターで、ほかの人から見ればなんの価値もないようなものを数万円かけて集めたり、高級車やレアものなどの高額な商品を欲しがったりすることもあります。

そのため、結婚後に自分の趣味ばかりにお金を使い、食費や生活費などを省みてくれない」ということが大きな問題になってしまうのです。

もちろん逆の場合もあります。女性の側がブランド志向だったりすればいくらお金があっても足りないでしょう。

そこでお互いが趣味や欲しいものなどにどれくらいお金を使うのかということや、事前に生活費などがどれくらいかかり、どのように負担するのかということをきちんと話し合うことが大切です。

また意外にも、相手の収入をよく知らないという夫婦がいますが、これもきちんと明確にしておく必要があるでしょう。

家事をどれくらい分担するか

今の時代は男女平等の時代です。家事は奥さんだけがやるというのではありません。

また赤ちゃんが生まれるときになると、女性の身体は休んだりゆっくりすることが何よりも大切になります。

また男性側も料理が得意だったり、家事が好きという男性もいます。「家事を女性がやっているのは当たり前」という時代ではなくなっています。

しかし、お互いの年収を見比べて、「自分の方が稼いでいるのだから、奥さんが家事をやるのが当たり前」という男性は割と多くいます。

家事が苦手でも、「奥さんを休ませなきゃ」と頑張ってくれる男性もいます。

家事については「どちらがどれだけ分担するのか」ということをはっきりと決めておく必要があります。

また、相手がどれだけ家事をするのかということを見極めるためには、男性側のお母さん(妻にとっては義理の母)がどういう考えの人かというのが意外に影響しています。

家事を分担するのが当たり前という人は、自分の子供が結婚してもたとえ独身でも生きていけるように小さい頃から家事を自分でできるように訓練をしていますが、なんでも家事をやってしまうタイプや専業主婦だった場合には、なんでもお母さんがしているので、全く家事のできない男性になっている場合が多いでしょう。

「ご飯が出てきて当たり前、掃除も洗濯もやってもらって当たり前」になってしまうと女性側の負担は大きくなります。

どれくらい家事ができるのかを結婚前に見極めておく必要があります。

最近は「家事ハラ」というハラスメントがあり、家事を手伝った旦那さんが奥さんから洗濯物を畳み直されたり、お皿を洗い直されたりしてショックを受けるなど、家事の完成度の違いから生まれるハラスメントもあります。

家事の分担はきちんとしておきましょう。

相手の家族との相性

いわゆる嫁・姑問題といってもいいでしょう。

これは古今東西、どのような時代でも、文化でも国境をこえて常にある問題です。

特に相性の悪い姑を同居する場合があれば、問題は悪化し、ストレスがたまります。

いつもバチバチになってしまうことで、男性側もいらぬ苦労をしてしまうこともあります。

結婚前に相性が良くないとわかれば、絶対に同居はしたくないということを条件にするなど、ある程度決めておきましょう。

またどんなに相性が悪くても、相手にとっては大切な家族ですので、できる限りの配慮も大切です。

彼との相性が良くないかも…と思った時に相性をグッと良くするテクニック


結婚した後で、「もしかして相性が良くないかも」と感じても、努力をすることで改善する場合も多くあります。

せっかくご縁があって結婚したのだから、乗り越えていきたい気持ちもあるでしょう。

いわゆる長続きする夫婦の特徴から見て、結婚の相性をさらによくするとっておきのテクニックをご紹介します。

相手の趣味を褒める

結婚しているからといって趣味までも同じになる必要はありません。

個人的な趣味や活動は自分自身の感覚を保つ大切なものです。

これは相手と一緒に行動しないということではありません。

なんでも一緒に行動しなければいけないという義務が2人の関係を悪化させてしまう場合もあります。

趣味などは大切な自分の時間と受け止める必要がありますが、相性をよくするには、相手の趣味に関することを聞いてみたり、褒めるということをすると喜んでくれること間違いなしです。

それがきっかけで相性が良くなる可能性が高い方法です。

いつもとは違う迫り方をする

いわゆる、夜の営みの部分ですが、結婚すると自然に回数が減ったり、マンネリ化してしまうこともあるかもしれません。

結婚の相性を考える上で、セックスはかなり重要な意味を持ちます。

普段は仲がいいけれど、セックスが合わないということで離婚になってしまうケースもあります。

もし、相性をよくしたいと思うなら、いつもとは違うセックスを心がけたり、大胆に自分から迫ってみることをおすすめします。

また結婚してもエッチな動画などを見てしまうのが男性の性というものです。

もし彼の性的趣向がわかれば、それを真似てみるのもいいでしょう。

また一緒にエッチな動画を見るのも気分が盛り上がるでしょう。

男性の性を満足させることで相性はアップします。それだけ男性は単純な生き物なのです。

自分が話すよりも相手の話を聴く

話し上手であることは悪いことではありませんが、いつも自分ばかりが話していては相手もうんざりしてしまうものです。

実際に相性をよくするには話し上手になるよりは聞き上手になることが重要です。

さらに相性をよくするためには、お互いが良い聞き手になることが関係をさらによくするための秘訣でもあります。

相手の言うことに耳を傾け、自分とはもし違う意見でも最初から否定せず、じっくりと相手の話を聞いてから自分の意見を言うようにしましょう。

また感情的にならずに冷静に話を聞けるならば、相手も安心していろいろな話をしてくれるでしょう。

上手でバランスのとれたコミュニケーションができれば、さらに結婚の相性はアップします。

何を聞いたらわからない場合は、軽い質問などをしながら話を聞くなど、話を聞く技術を実践で高めていくこともおすすめです。

占い師 聖子のワンポイントアドバイス

聖子
言葉には出さずとも、男性は結婚を意識する時にはたくさんのサインを出すものです。

つまり言語化された部分に目を向けるのではなく、非言語化、言葉ではないサインに目を向けて見れば、あなたとの結婚をすごく意識しているということがわかるのではないでしょうか?

男性にとって「結婚したい」とプロポーズするのは、最後の砦のようなものです。

その言葉をいう前に、多くの探りを入れているのです。

つまりプロポーズしてもし断られたら・・と考えると、男性はもともとプライドが高いので、かなりショックを受けてしまいます。

ですからその前には言語化しなくても結婚を意識しているというサインはあなたが思っているよりは多くあるのです。

彼の非言語の言葉、つまり行動や、言った言葉の裏にある彼の真意を考えて、分析することでかなり多くのサインを受け取ることができると思います。

あなたがそれをちょっと意識するだけで実はたくさんの結婚を意識しているサインがありますよ!

これはやってはダメ!結婚を意識している男性が引いてしまうこと

なかなかプロポーズをしてくれない彼についつい苛立ってしまうこともあるかもしれません。

そんな時に多くの女性がしがちなのは、女性の側から結婚を意識していることを匂わせることです。

やはりプロポーズは男性がするもので、その言葉を心待ちにしているけれども、なかなかその機会に恵まれない時についついやってしまうのが、結婚情報誌をさりげなく部屋に置いておくことです。

彼があなたの部屋に遊びに来た時に、わざとさりげなく置いたりしていませんか?

・・男性にとってこれはかなり引いてしまうことでもあります。

結婚を意識していたけれども、その気がなくなってしまうということもあります。

なぜかというと「結婚情報誌」は「結婚式」の情報です。

かなりお金がかかるもので、神経も使うものです。

結婚は「式」だけでなく生涯を共にするものです。

結婚情報誌はそのお披露目の式の部分を強調していますので、あなたがそれを読んでいることで、「うわ、自分にはこんな豪華な式を挙げられる予算はないわ」と考えたり、「なんか結婚に対して夢を見てるのかな・・」としらけてしまう場合も数多くあるのです。

ですから、早くプロポーズして欲しいからといって結婚情報誌を彼の見えるところに置いておくのは絶対にやめましょう。

彼が部屋に遊びにくるときは、絶対にわからないところに隠すべきでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事