占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。このページを訪れてくださったあなたへ、今一番必要なことについてお話するわね。

ウィズコロナになり少しずつ前に進もうとする経済や社会、世界中の人々が昔とは違う「変化」や「前進」にチャレンジしようとしています。

そんな中、私もあなたも今まででとは違う「変化」や「前進」が必要なのは言うまでもない事。

2022年になり、時代の流れの速さは過去の何倍にもなり光の速さになっています。その中で必要な

『変化』と『前進』

この2つが出来なければ、時代の流れに置いて行かれ二度と追いつけなくなってしまうかもしれません。

でも大丈夫。安心してください。

あなたに必要な「変化」と「前進」を知る為の、神の言葉を伝えるカードである『オラクルカード』を試してみてください。

神の声を聞けば、時代を味方につけて真の願い、真の幸せを実現させる確かな方法がわかります。

心を開き、真実を受け入れれば、運命は必ずあなたに微笑みます!【今よりも遅い時はない!】この言葉を胸にあなたが幸せになる為の「変化」と「前進」の方法を手に入れましょう!

※20歳未満はご利用できません

オーラという個性を生かせば人生がより良くなり、なりたい自分になれます。

こちらではオーラが赤色の人のスピリチュアルな意味や、特徴や性格、恋愛観、適職・向いてる仕事や運勢をお伝えします。

オーラカラーをクリアにする方法や、なりたい自分になれる補色オーラ、相性が良い悪いオーラの色や、芸能人まで余すことなくご紹介致します。

目次

オーラが赤色のスピリチュアルな意味

大きな火事

赤色は、情熱の色、火の色でとても激しいものというイメージがありますが、オーラでも同様のことが言えます。

赤色のオーラが持つ意味は、自分の道を切り開いていく力があり、またそれが誰かに生きる意欲や励ましを与えるエネルギーがある一方で、激しすぎてしまい破壊するようなパワーもあり、非常に強力な力を持つものです。

また肉体も精神もダイナミックで、強靭な強い肉体を持ち、感情の起伏も激しいという傾向があります。

オーラとは身体から発している波動のことで実際に目に見えるものではありませんが、スピリチュアル的にはそれぞれオーラを持っていて、そのオーラの色によって特徴や性格も違うとされています。

赤色のオーラには「怒り」、「熱意」、「力」、「行動」、「衝動」、「決断」、「生命力」、「性欲」などの意味があります。

赤色のオーラは第1チャクラ、第3チャクラと深く関わるエネルギーで、神経系と血液系を司っており、身体の中に流れる血液が赤い色であること、また血液と神経そのものが体中に行き渡ることで強いエネルギーを発します。

スポンサーリンク

オーラが赤色の特徴や性格

何事も思い立ったら即行動

赤色のオーラの人はエネルギーと情熱そのもの。

周りにいる人を圧倒してしまうほどの大きな力を持っています。

その力の根源的なものは行動力。

なんでも思い立ったらすぐに行動するという力があり、どんどん前へ突き進んでいきます。

そのときの行動の決め手になるのは特に理論的な理由があるというよりは、「自分がこう思ったから」ということにつきます。

「こう思ったからこうしたまで」というシンプルな行動理論を持っていますが、周りから見るとそれは危なっかしくなかなか理解されないこともあるでしょう。

また実際に後先考えないで行動するパターンもあるので、トラブルやアクシデントに巻き込まれてしまい、何かとお騒がせな存在になってしまうことも。

しかし立場が悪いような状況でも、他の人に頼ったり甘えたりすることなく、何事も他人を頼らずに自分の力で解決しようとする力もあり、責任感もとても強く、見ている人にそれだけで励ましを与えてしまうところもあります。

また一度こうすると決めたものに対しては最後までやり遂げる意思の強さを持っていて、それが好きなことや情熱を注げるようなものであれば、天才的な力を発揮し、どんどん前へ進んでいくことができます。

逆風が吹いてもそれを逆手に取り、自分のパワーに変えてしまうことができます。

とにかくポジティブ

前向き、ポジティブという言葉はまるで赤色のオーラの人のためにあるような言葉で、どんな事が起きても、落ち込むよりは未来に向かって気持ちを切り替えていくことができます。

失敗も赤色のオーラを持つ人にとっては大きな経験で、成功につながるためには必要なこととして受け止めてしまいます。

ここに恥じらいや挫折感というものはありません。

むしろ失敗したから成功に近づいたので良かったとどのようなこともポジティブにとらえることができ、基本的には自己肯定感がとても高いと言えるでしょう。

自己肯定感は育ってきた環境や生育歴に関係しますが、たとえ良い環境に恵まれなかったとしても、自分でそれを得る力があります。

失敗は成功への近道ということに揺るぎない信念を持ち、それを実践で行うことができます。

また自分の考えていることが一番なので、あまり人の意見を聞かなかったり、人の顔色を見たり、惑わされるということはほとんどなく、マイペースを貫きます。

抜群のリーダーシップ力がある

赤色のオーラの人は、普通にしていてもかなり目立ってしまう存在で、自分は普通なのに「アツい人」、「情熱的」と言われることが多いでしょう。

エネルギーレベルが高いからこそ、そのように思われますが、実際は自然体でいることも多くあります。

そのような資質から自然とリーダーとして周囲の人を引っ張っていくような役割をすることも多いでしょう。

また気質的に空気を読んで、周りと合わせてダラダラやるというのは好きではありません。

かなりせっかちで、決めるものを早く決めて、次に進もうと思ったり、時間を有効的に使いたいので「じゃあ、わたしがやります」と立候補することもあります。

実際にそのほうが話が早く、何事も優位に進ませることができるということもあります。

ただ、目立ちたいからリーダーシップを取るという理由ではないものの、人から見ると、かなり目立つ存在なので、何かと目立ちたいからそうしていると勘違いされてしまう場合もあります。

しかし、目立つことは嫌いではないので、あながち周囲の人がそのように判断するのは間違ってもいません。

褒められるのが大好きで、おだてに弱い

赤色のオーラの人は見たまんまの性格で、とても素直で物事をまっすぐに受け止めるところがあります。

また称賛されることが大好きで、それをプラスのエネルギーに変えることができます。

たとえそれがおだてだとしても赤色のオーラの人はそれをまっすぐに受け止めて、自分のパワーにしてしまうのでイヤミなども通用しません。

何事も前向きに解釈するような脳の構造になっていると言ってもいいかもしれません。

また褒められればどんどん持ち前のサービス精神を発揮し、素晴らしい結果を残すような働きをすることもできます。

しかし逆に褒められるとその気になってしまうので、断ることができなかったり、自分の脳力を超えたことも簡単に引き受けてしまうなど、わざわざ自分を大変にさせてしまうこともありますが、目の前に壁があれば、それを乗り越えることに情熱を注ぎますので、ポジティブに変えてしまう強さもあり、集中力を発揮し、最後には乗り越えてしまうことも多いでしょう。

また赤色のオーラの人が最も弱いのはその逆で、周囲から何も評価がないこと、注目されないことは、自分が認められていないと感じてしまうので、すねてしまったり、極端に引っ込み思案になったり、人を信用しなくなってしまうこともあるでしょう。

かなり現実的

情熱がありますが決して夢想家ではありません。

もちろん自分の目標に向かって突き進んではいきますが、夢や理想だけに溺れてしまったり、根拠のないことを語るということはありません。

赤色のオーラの人は、とことん現実主義で、しっかりと地に足をつけています。

ふわふわしたところがほとんどなく、何事も行動ありきで、実際に頭の中で考えたことはすぐに行動する実行力を持っています。

また肉体感覚というものが極端に鋭いので、自分の体の感覚で感じることがすべてです。

なので想像だけして満足ということはありません。実際に体を使って動かしてみて、どう感じるかというのが基本的なスタンスです。

そのために、現実的にならざるを得ないという関係があります。

しかし逆に綿密に計画を立てて実行するということよりも、まずはやってみる、やりながら考えるという直感派なので、その分、やってみると時間がかかったり、遠回りしてしまうこともありますが、それも含めて、経験の糧になるのが赤色のオーラの人の特徴です。

社交的で人が大好き

人が大勢集まるような場所はワクワクしてしまうので、人混みや都会が大好きということも。

にぎやかな場所には最初から強いエネルギーがありますが、そのエネルギーと赤い色のオーラを持つ人は呼応する関係にあります。

また非日常的なパーティーや飲み会などは特に大好きで、サービス精神を発揮し、どんどん初対面の人とも仲良くなり、人間関係の輪を広げていきます。

いわゆる「パリピ」的な感覚を持っていて、キラキラと輝くには欠かせないものになります。

しかしその反面、じっくりと深い話をしたり、自分の内面を開示するような付き合いは苦手なところもあります。

深刻な話は、その影響を受けてしまい、暗い気持ちになってしまうところも。その人のためになりたいという気持ちはあるものの、感受性の強さからその人と自分を切り離せなくなってしまうこともあるでしょう。

心のどこかでは他人に自分の本心を察知されたくない、ココロの中に入ってきてほしくないというガードの強さもあります。

正義感が強い

まっすぐな考え方を持っているので、必然的に正義感が強く、不正を嫌い、弱い立場の人を助けたいという気持ちが強いでしょう。

特に相手が大きければ大きいほど、その正義感がとても強くなっていきます。

「良いものは良い、悪いものは悪い」と竹を割ったようなストレートな考え方をするので、とてもわかり易いのですが、正義感をこじらせてしまうと、こだわりが強くなってしまい、相手の立場を認めようとせず、自分が一番正しいという論理になってしまうことも。

また相手が負けるまでは徹底的に執拗に攻める姿勢もあるので、逃げ道を用意しないので、相手を追い込んでしまいます。

正義の味方である自分を誇らしく思いますが、実は勢いだけ、単なる感情だけで後先考えずに行動してしまっていることもあります。

正義感を持つことは素晴らしいのですが、物事をきちんと見つめ、正しい行動を起こしていかないと、やがてすべてのことは自分に帰ってきてしまいます。

情熱的

赤は燃え盛る火のイメージですが、赤色のオーラを持つ人はまさしく火のような情熱を兼ね備えています。

また赤色のイメージそのままの性格を持っていて、何事も熱く、情熱的に取り組むこと、感情を偽ることが苦手ですが正直で率直、考えていることもすぐ顔に出てしまうこと、単純明快な考えで豪快に見えること、何事も100%の全力で取り組むなど、赤そのもののもつカラーイメージがそのまま性格に現れています。

特に情熱に関してはとても大きく、気持ちの熱さは負けません。

そのためにその情熱に惹かれて近づいてくる人もいますが、時と場合によっては火傷させてしまうほど。

でもそんな情熱的な自分は赤色のオーラを持つ人は、よく理解していて、自分のすばらしい魅力の1つだということを信じています。

それが揺るぎない自信として現れ、周囲の人を魅了するような働きにもつながっています。

プライドが高く、負けず嫌い

自分に自信があるので、プライドもかなり高い特徴があります。

また同時に負けず嫌いで、自分の負けを認めることを嫌います。

この性質が人に向けられ、弱い立場の人を助けたり、面倒を見るというような良い方向に働くと、素晴らしい働きをしますが、一方でこのプライドの高さと負けず嫌いの性質が裏目に出てしまうと、何かに固執しすぎてしまい、非常に頑固になってしまうところもあります。

主張も強いので周りから見ると、自分勝手で感情的というようにマイナスとして受け取られてしまうこともあります。

プライドの高さを良い方向に生かすように自分でしっかりとコントロールすることを心がける必要もあるでしょう。

また、そのような自分を「理解してほしい」とか「理解できない周りがダメ」というように承認欲求とつながっているので、理性的に考えて行動をするというように感情と理性のバランスを取ることを心がけなければなりません。

競争ごとが大好き

基本的に赤色のオーラを持つ人は競争したり、争うことが大好きです。

そして勝負では「勝つ」ことにかなりのこだわりがあるでしょう。

「勝負をするなら勝たなければ意味がない」と思うので、なんとしても勝つために、正攻法ではないやり方を使うこともあります。

勝負をしている自分は特別で刺激的でアドレナリンが放出されることによって格別な快感を得ようとします。

例えばこれがスポーツやオーディションなどの前向きな方向でその資質を使うのは非常によく、また好成績もおさめることができますが、ギャンブルなどのリスクの高い勝負事になってしまうと、負けを認めることができないので、お金をたくさんすってしまっても勝つまでやり続けるという悪循環を引き起こしてしまう可能性もあります。

何に対して勝負するのかということを事前に明確にしておく必要もあるでしょう。

刺激とスリルを求める

赤いオーラを活性化させるための起爆剤が刺激とスリルです。

同じことを繰り返す日常は赤色のオーラが淀んでしまうため、変化を求め、自らが刺激とスリルを求めて行動します。

刺激的であればあるほど高揚感が増し、またどんどん情熱も大きくなっていくという相乗効果になります。

また肉体的な刺激を求めることも大好きで、スピードのある乗り物に乗ることや、命の危険などもあるようなスポーツや遊びに夢中になることも。

音楽なども苦手な人によっては騒音にしか聞こえないような激しいものを好むことも。

そのような刺激やスリルは赤いオーラの人によっては生きがいや人生を表現するためにはなくてはならないものなのです。

その一方で刺激がない日常だとエネルギーが溜まってしまい鬱屈としてしまう場合もあります。

威圧的になってしまう場合も

赤いオーラを持つ人は、どこか有無を言わせないような存在感と、見る人を威圧するような攻撃的なものを持っています。

人を抑圧するつもりはなくても、どこか従えてしまうようなところがあり、また怒られたら手のつけようがないほどの怖さなども秘めています。

猪突猛進でストレートに行動する分、自分をコントロールすることが難しいという側面もあるでしょう。

威圧感が増すと、凄みが出てきますが、人から恐れられてしまうこともあります。

またオラオラ感が出てしまうと、人から攻撃対象にもなりやすく、トラブルにもつながってしまう場合もあるので気をつけなければなりません。

自己愛が強くナルシスト的になる傾向も

赤色のオーラを持っている人は、自信があり、基本的に自分のことが大好きです。

また人から注目を集めたり、特別視されることでさらに自分のプライドが強くなっていく傾向もあるでしょう。

また根拠のない自信を持っているので、スキルなどが伴っていなくても、「自分はやればできる」ということを疑っていません。

いかなる時にも自分は素晴らしいという意識を持っているので、たとえ内実が伴っていないとしても、自己愛が強いので、自分にはできないことはないというくらいの前向きな姿勢と自己肯定感の高さを持っています。

またそれがあるからこそ、根本的に赤色のオーラの持ち主の揺るぎなさにつながっています。

性欲が強い

エネルギッシュで情熱的で類まれなエネルギーを持っていて、それは生命力の強さに比例をします。

また生命力の強さは性欲の強さに比例しているので、実はエッチなことが大好き。

また人よりもエッチなことに対しての欲望が深く、また場合によってはひとりエッチなどの回数もかなり多いでしょう。

また赤いオーラの人はムッツリスケベではないので、「エッチなことに興味があって何が悪いの?」というようにあっけんからんとしてそれを受容しているので、ある面では健全で健康的なエッチさを持っています。

またそんな自分を抑圧することはほとんどないので、かなりいさぎよさがあります。

ギラギラ感を隠さず、丸出しにするのも赤い色のオーラを持つ人の特徴です。

セックスは生命力をさらに強くし、エネルギーを活性化させるために欠かせない要素です。

長生きする

赤い色のオーラの人は他の色のオーラの人と比べて生命力が強く、好奇心旺盛で、健康的にも恵まれています。

なので基本的には強靭な肉体と内臓を持っているので長生きすることになります。

また年老いてもそのエネルギーは枯渇することなく、次から次へと興味を持ち、チャレンジしていくので、ただ年老いて弱くなってしまうことはなく、若い人から見てもカッコいい老人になるでしょう。

ただどちらかというと病気よりも怪我に気をつけなければなりません。

つい気持ちの若さから、これくらいなら大丈夫ということで、無理をしてしまい、怪我をすることには注意が必要です。

スポンサーリンク

オーラが赤色の人の恋愛観

意外と落ち着いた恋愛を求める

情熱的でドラマティックな恋愛をする傾向が強いのですが、赤色のオーラの人は意外と恋愛に落ち着きや癒やしを求める傾向もあります。

見かけや行動の大胆さから派手な恋愛を好むように思われますが、実は何よりも本当の自分を好きな人には見てもらいたい、情熱的で元気な側面だけではない自分を知ってほしいという気持ちも強く持っているので、落ち着きを求めたいという気持ちもあります。

華やかで派手な恋愛になりやすい

赤色のオーラを持つ人は恋愛に安定を求めて入るものの、やはりそこは赤色のオーラなので、情熱的でドラマティック、派手な恋愛になりやすい傾向を持っています。

またそのようなものも刺激心や好奇心を触発され、「生きている」という実感を持ちやすいでしょう。

ただドラマティックを求めるあまりに、ケンカなどをすると取り返しにならないような状況や恋愛でのトラブルになってしまうことも。

数度か痛い目を見つつ、程よいスタンスを見つけることになります。

支配欲・征服欲がある

赤い色のオーラの人は自分を優位に立たせようとする傾向があるので、それが恋愛関係でも支配的になったり、相手を征服することも。またナルシスト的な傾向があり、プライドも高く、自分に自信を持っているので、「わたしに従ってくれて当たり前」と思い込んでいることもあるでしょう。

そのために恋愛関係になると相手を自分の思うようにコントロールしようとすることもあり、相手の自由を奪うことも。

恋愛では繊細な一面が出る

情熱的でアグレッシブな印象を与える赤いオーラの人ですが、実は中身はとても繊細な一面もあり、特に好きな人ができるとそれが強く現れる傾向も。

自分がこのように見られているだろうなと言うことに関して、「あの人はドラマティックな恋愛は好きではないかも」ということで引け目を感じてしまうところもあります。

振り向いてほしいからこそ、自分に猫をかぶるということもあるでしょう。

衝動を抑えることが苦手

もともとかなりモテる傾向もある赤い色のオーラの人ですが、恋愛でも勝負強さを発揮します。

また「好き」と感じると後先考えずに行動し、すぐに告白してしまうことも。

愛情と衝動が結びついているので、じっくりと計画を立てて恋愛を成就させることが苦手で、「当たって砕けろ」の精神で相手に向かっていきます。

オーラが赤色の人の適職・向いている仕事

スポーツ選手

類まれな肉体バランス、筋肉などに恵まれているので、プロのスポーツ選手やダンサーなどの仕事をすることも夢ではありません。

消防士

火事を消す仕事ですが、コントロールが効かなくなった火を抑えること、また正義感と情熱を持って取り組め、人の命を救うことができるので、すべての赤い色のオーラを持つ人の欲求を満たしてくれるでしょう。

警察官

世の悪を退治し、正義感を持ち、仕事ができ、何よりも使命感を持って世の中の役に立てる仕事です。

またいろいろな事件などに関わることで刺激心を大いに満足させられます。

他にも技術関係、弁護士、営業、セールスマン、バーテンダー、外科医などにも向いています。

オーラが赤色の人の運勢

総合運

アップダウンが激しい人生を送ります。

いいときは他の人がめったに経験できないような世界にも関わりますが、悪いときはどんなこともとことんダメになってしまうことや、また良きせぬトラブルやアクシデントに巻き込まれることも。

ただ運気そのものは強力なのでどんなことがあっても持ち前の生命力の強さで乗り切っていくことができます。

また好奇心が強いので、あらゆることに興味を広げ、そこから人脈もどんどん広がるので、満足の行く人生を送ることができます。

最終的には敵の自分のうちにあることを知り、自分自身をコントロールさせることに課題があります。

金運

物質的な豊かさに恵まれていて、お金などが集まりやすい傾向もあるでしょう。

大きなお金を手にすることもありますが、物質的な欲望も強いので、あれこれと衝動買いをしたり、どんどん湯水のようにお金を使ってしまう傾向もあります。

またかなりどんぶり勘定で気前もいいので、人におごることも大好きなので、気づけばお金がないということも。

ただまた使う分入ってくるところもあるのであまり気にする必要はないでしょう。

健康運

強靭な肉体と筋肉、内蔵、そして精神力を持ち、人並み外れたエネルギーを持っていて、健康に気をつけていれば問題ありません。

むしろ身体に悪い習慣でも持ち前の強さで乗り切ってしまうほど。

お酒なども強いので底なしでアルコールを摂取することもできます。

それよりば怪我やアクシデントなど、自分の不注意や過信から招いてしまうようなトラブルに気をつけなければなりません。

オーラが赤色の人が濁りがちな自分をオーラカラーをクリアにする方法

何事もアグレッシブな印象の赤色のオーラの人ですが、赤黒くオーラが淀んでしまうと、短期になりかなり怒りっぽくなってしまい、一言で瞬間湯沸かし器のように激怒することも。

またエネルギーを抑圧させてしまうと自罰的な行動に出てしまい、爪をむしるなどの自分を傷つける行動になりやすいでしょう。

赤色のオーラカラーをクリアにする方法は、水を多く飲むこと。

これは血液なども濁っているようなときにも効果的で、サラサラの血液にするためには水を多く飲むことが有効です。

これと同じでキレイな赤い色を輝かせるためにはまず水を多くのみ、水分代謝を良くすること、汗をかくことでデトックスすることなどを意識するといいでしょう。

オーラが赤色の人がなりたい自分になれる補色は「青」

少し赤色のオーラが強すぎると感じる場合、補色である青を取り入れることで鎮静させることができます。

少しアグレッシブ過ぎてしまう時、周りが自分についてこれないと感じるときは、なるべく青い色を身に着けたり、下着などもブルー系のものを使用するといいでしょう。

また目にも青いものは良い休息を与えます。

海の写真を見たりすることもいいでしょう。

オーラが赤色の人と相性が良いのはオーラが「黄色」、「緑」の人

黄色

オーラが赤色の人と黄色の人の相性は最高の相性とも言われています。

黄色いオーラを持つ人のポジティブなエネルギーや赤い色のオーラを持つ人と呼応し、どこまでも盛り上がることができるカラーです。

またユーモアのセンスなども合うので、すばらしい関係を築けます。

穏やかな緑色のオーラを持つ人は、赤い色のオーラを持つ人を穏やかにさせ、癒やしを与えてくれる存在です。

緑にはもともと癒やしの力があり、赤く燃えたぎる赤いオーラの人を冷静にさせたり、正しい方向に導いてくれるでしょう。

オーラが赤色の人と相性が悪いのはオーラが「赤」、「紫」の人

同じ赤い色のオーラは基本的にライバルや敵対関係になりやすいでしょう。

お互いのプライドや我の強さが邪魔をし、何かと張り合い続けてしまうような関係です。

またケンカなどになるとエスカレートしすぎてしまい、誰もとめることができません。

まるで正反対の声質を持っているので、共通点がほとんどありません。

紫のオーラの人からすると赤いオーラの人は深みがなく騒がしいと感じ、赤いオーラの人からすれば、なにか裏があるように感じたり、本心を見せないことでイライラさせられます。

オーラが赤色の芸能人

六角精児

竹内力

清野菜名

ムロツヨシ

中川翔子

坂口憲二

市川海老蔵

トリンドル玲奈

亀梨和也

木村祐一

松坂大輔

田中将大

占い師 聖子のワンポイントアドバイス

聖子
赤いオーラを持つ人は情熱的で、まるでフラメンコダンサーのような激しさと魅力を持っているわ!

まさしくドラマティックという言葉が当てはまるわ。

ただそれも赤いオーラを持つ人の一面で、繊細で傷つきやすい心も持っている。

そんな自分を上手にコントロールして良い方向に向かうこと、正しい方向に自分のエネルギーを使うことが課題になるわ!

あなたの生まれ持ったあなたが不思議なオーラ診断はこちら【真実のオーラカラーがわかります】

オーラの色の意味14種類の性質や特徴はこちら

【期間限定】恋愛の事で悩んでいるアナタへ!

こちらを最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

もしも恋愛の事で少しでも悩んでいるのなら【 恋愛診断】の占いを初回無料でプレゼントします!

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋愛診断】を初回無料でプレゼントします! 片思いのあの人や、彼氏や夫との事も初回無料で診断できます♪



※20歳未満はご利用できません。

鑑定結果や診断結果でアナタの悩みは解消しましたか?

鑑定結果や診断結果であなたの悩みは解決しましたか?

もしも、少しでも不安や悩みがあるのなら、こちらのLINE@に友達追加して頂くと、あなたの悩みの種類やオーラの色から、更に詳しい鑑定結果を悩みや不安の解消法と共にお送り致します。

あなたの不安や悩みを必ず解消致しますので、LINE@へのお友達追加お待ちしております。

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事