お盆には自分の運気も左右されると言われています。

なぜなら、お盆は死んでしまった祖先が帰ってくるときなので、霊界との距離が近づくために、運気の上げるのも逆に下げてしまうのも簡単に出来てしまう不思議な時期です。

今回は、あなたの生年月日と血液型からお盆休みのアナタの運気と恋愛運や仕事運をアップさせる方法について無料鑑定します!

またこちらのページの下のコラムでは、お盆の迎え火、送り火、墓参りの先祖供養の正しい方法も紹介します。

ご先祖様に礼儀正しくすることや感謝することそのもので良い運気を取り入れることができますよ!

あなたの生年月日と血液型からお盆休みのアナタの運気と恋愛運や仕事運をアップさせる方法について占う

女性 男性
A型 B型 O型 AB型
https://micane.jp/fortune-birthday-obon-result1,https://micane.jp/fortune-birthday-obon-result2,https://micane.jp/fortune-birthday-obon-result3,https://micane.jp/fortune-birthday-obon-result4,https://micane.jp/fortune-birthday-obon-result5,
https://micane.jp/fortune-birthday-obon-result6,https://micane.jp/fortune-birthday-obon-result7,https://micane.jp/fortune-birthday-obon-result8,https://micane.jp/fortune-birthday-obon-result9,
5
4

日本人なら知っておきたい!お盆の迎え火、送り火、墓参りの先祖供養の正しいお作法について

「お盆」とは、正式名称を「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といい、亡くなった人の霊魂が、あの世と言われている浄土からこの世に戻ってくることができる期間のことを言います。

生きている人たちが、お盆の時期にはすでに亡くなった家族や親戚などのご先祖さまの精霊(しょうりょう)をお迎えして、供養をします。

地域によっても異なりますが一般的には8月15日を中心とした一定期間、故人をお迎えし、一緒に過ごした後、再びあの世へと送り出します。

あの世からお迎えするため、また再び送り出すためにいろいろな準備が必要となります。

そんな知っているようで知らない「お盆」のお作用について今回はまとめてみました。

いつやるの?お盆の送り火と迎え火

お盆の風物詩でもある迎え火と送り火。一体どんな意味があり、どのように行なっているのでしょうか?

「迎え火」について

「迎え火」というのは、戻ってくる祖先の霊が迷うことのないように、目印として玄関や門口に火を焚いておくお盆特有の風習です。

個人やご先祖さまたちはその焚いた日の煙に乗って家の中に入ってくると言われています。

一般的には盆入りの7月または8月13日の夕方に行われます。

そのやり方は、お盆を迎えるにあたりまず仏壇屋仏具を清め、盆棚(精霊棚)を設置します。設置した盆棚に位牌やお供え物、キュウリやナスで作った精霊馬や盆提灯を置き、故人やご先祖様の霊を迎える準備を8月13日の午前中までに済ませます。

その後、お墓参りをし、お寺から火種をいただき、オガラと呼ばれる麻の茎を、焙烙(ほうろく)と呼ばれるお皿の上で燃やして、迎え火を焚きます。

この時間は夕方とされていて、迎え火の場合は日が暮れかかり、若干明るさが残っている頃に行う場合が多いでしょう。

戻ってくる故人やご先祖さまの霊をできるだけ早くお迎えして、少しでも一緒の時間を長くするためでもあります。

マンションなどに住まわれている場合は、屋内外で火を焚くことが禁止されていますが、その場合はぼん提灯が迎え火の代わりの目印となります。

盆提灯は盆棚や仏壇の前、初盆用の白提灯は玄関あ部屋の窓側に飾り、夕方以降に灯すようにしましょう。

お盆期間の正しいお墓参りについて

お盆の4日間のうち、初日である13日がお墓参りにふさわしいと言われています。

この理由は、13日は「盆の入り」や「迎え盆」と言われていて、故人やご先祖様がこの日に地上へとやってくるからです。

お墓参りの時につけたロウソクの火を提灯に灯し、迎え火にします。

どうしても13日に行わなければならないというわけではなく、大切なのは、ご先祖さまを供養し、敬う気持ちです。

特に決められた服装はなく、普段着でも問題はありませんが、お盆の時期でもお寺では他の方の葬儀が行われている場合もあります。

心遣いとして落ち着いた服装を心がけると良いでしょう。

また、新盆のためにお寺で法要があったり、お盆期間中に知人や供養のため、ご家庭を訪問する場合には喪服などを着用すると良いでしょう。

喪服を着ることで、故人を敬う気持ちを表すことができます。

カジュアルすぎる服装は控え、肌の露出も少なくすることを心がけましょう。

特にお盆の期間は気温が高く虫なども多く、熱中症や虫刺されなども心に留めて置きたいものです。

また指輪などのアクセサリー類や腕時計などで墓石を傷つけてしまう恐れがあるので、シンプルな服装を心がけましょう。

お墓参りに持って行くべきものとしては、供花やお線香、ろうそくなどがあります。

また故人が好きだった食べ物、飲み物などのお供えものも供養になります。

暑い時期なので、前に訪問された方の供花が悪くなっていることもありますが、その場合にはしおれてしまったものを取り除き、新鮮な花を加えましょう。

お線香には香りで故人を供養するという役目があります。

お線香に火を灯し、お参りする方の気持ちも香りにより鎮めることで、心おだやかにお墓参りすることができます。

着火のためにろうそく、マッチ、ライターなども忘れないようにしておきましょう。

またお供え前にはお墓の掃除をすることも大切です。

この時に必要なのが、手桶や柄杓、掃除用具、ゴミ袋です。

手桶や柄杓はお墓の入り口で貸し出してくれるところもありますが、そうでない場合は持参し、お水も持っていきましょう。

お墓を傷つけることのないように柔らかなスポンジやタオルで優しく磨きましょう。

またお墓は自然に恵まれた場所にあることが多いので、雑草や落ち葉なども綺麗に掃除することが先祖への供養に繋がります。

やってはいけないことのタブーとしては、お線香やろうそくを口でフーと息を吹きかけて消すことは先祖に対して失礼な行為にあたります。

丁寧に手で火を消しましょう。

墓石にお酒をかけることもダメです。

故人が生前にお酒が好きだったとしても、墓石が痛む原因になってしまうのでやめましょう。

お酒による糖分で墓石が酸化し、シミや変色はおきやすくなります。

またお供えしたお花は置いていってもいいですが食べ物や飲み物は必ず持ち帰りましょう。

カラスや野良猫などにより食い散らかされてしまいます。

お供えの食べ物はその場で食べることもできますので、お供えが終わったら故人と過ごしたときのことを思い出し、飲食しても構いません。

三つのタブーは意識しなければ何気無くやってしまうので注意が必要です。

夏の暑い時期ですので、自身の健康管理にも気をつけながらマナーを守ってお墓参りをしましょう。

「送り火」について

盆明けには、迎え火を焚いたときと同じ門口や玄関で送り火を焚きます。

このとき、家の内から外へ出るように火をまたぎます。

これには厄除けなどの意味が込められています。

時間帯は陽が落ちてどっぷりと暗くなってから行います。

火が完全に消えたのを確認してからオガラなどを処分します。

オガラはとても燃えやすいので火の扱いには気をつけましょう。

スポンサーリンク

占い師 聖子のワンポイントアドバイス

聖子
お盆の風習には地域によって様々な風習があるから、ご自分の地域ややり方などが違う場合もあるわ?

祖先がいてくれたからこそ、今のあなたがあるわけだから、感謝の気持ちを忘れずにいることが何よりも大切ね。

感謝の気持ちを忘れずにお盆を過ごそう

お盆の過ごし方や期間は宗派や地域、またそれぞれのご家族によって様々なやり方がありますが、ご先祖さまのことを思い出し、語り合いながら見えない魂と一緒に過ごす期間です。

また普段なかなか会えない親族が一同に揃うこともありますので、故人を語り合いながら、ゆっくりとした時を過ごされるのもいいでしょう。

決して怖いものではなく、大切にしたい日本の行事です。

スポンサーリンク
micane公式LINE@で占い師がアナタを個別鑑定!

micaneの占いは楽しんで頂けましたか?

「micaneのあの占い師に個別鑑定をしてもらいたい…。」

「もっと無料の占いを試して見たい…。」

「鑑定結果で悩みをなくして幸せになる方法を知りたい…。」

こんな方は、micane公式LINE@に是非ご登録下さい!

micane公式LINE@ではmicaneで活躍する占い師の中から選抜された5名の先生に個別鑑定依頼ができると共に、定期的におすすめの占いを配信致します!

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事