占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。

今年も残り約2か月半ほどとなりました。時の流れは速いものです。

2021年も残りが少なくなり、気になるのは2022年の運勢だと思います。

あなたの2022年の運気の流れから幸せになれる方法までを恋と運命の真実で鑑定致します。

あなたの運命が今日、今この時から変わり始めます!そして2022年こそ最高の幸せを手に入れましょう!

※20歳未満はご利用できません

戊と言えば、己と並ぶ土の性質を持っている干支です。土の性質を持っているということは何となく理解していても具体的な雰囲気や様子の違いがよくわからなかったりしますよね。

その土の性質を持つ戊の性質だけでなく己との違いを見ていきましょう。また、戊の特徴や性質を見ていきましょう。

また、戊が病気などの気を付けるべき事柄を知っておくことで開運できることもあるはずです。

5番目の十干の戊(つちのえ)とは?

陽の性質を持つ

戊は、土の性質を持っています。ただ、同様に土の性質を持つ干支があります。それは己ですが、大きな違いと言えば陰か陽に分けることができるということです。

戊は陽の性質を持っているタイプです。陽と陰と聞くと、昼と夜みたいなものをイメージすることが多いかもしれません。

けど、陽だから良いという訳ではありません。ほかの四柱との組み合わせなどにより変わってくるので、陽か陰だけで判断するのはやめておきましょう。

どちらかに偏るよりは、バランスよく持っている方が良いと言えます。また、その人が人生に対して何を求めているか?ということでも良い組み合わせは変わってくるでしょう。

土を表している

戊は、土を表しています。ただ土というよりは、畑の土ではなく岩のような土を想像してみてください。

そこらへんにある岩のようにどっしりとしたイメージもあります。岩って柔らかい土と違い、どっしり動かないでしょう。

そういうこともあり、どちらかというと頑固なイメージも付きまとうかもしれません。

土の兄

戊は、「戊」という漢字で表現されています。でも「土の兄(つちのえ)」とも表現されます。この表現方法であれば、セットであることがわかりやすいですよね。ちなみに、戊と対になっている己は、「土の弟(つちのと)」と表します。

5番目という意味がある

戊は、十干の中でも5番目の干支です。基本的に1番目と2番目が順番を表すことはほとんどないですが、順番としては4番目を意味します。

スポンサーリンク

五行での戊(つちのえ)の持つ意味はとは「土」

五行とは?

十干は、五行で表すことができます。中国では古くから五行は、万物を構成する要素と考えられてきました。

四柱推命も木、火、土、金、水という5つの要素から成り立っています。人の性質や雰囲気にも当てはめることが可能です。

五行のそれぞれに流れがあり、循環しているということもよくわかるはずです。

土の性質を持つ

戊は、土の性質を持っています。戊は、岩のようにゴロゴロとしたイメージです。なので、どちらかといえば殺伐とした雰囲気はあったりもするでしょう。

土を取り入れるには

戊の性質である土を日常生活などから取り入れる方法も知っておきたいですよね。戊を取り入れるには黄色いものを取り入れてみましょう。

土を色にすると黄色を表しています。さらに、甘くて黄色い野菜を食べるということも良いでしょう。

また、五行全ての要素をバランスよく取り入れるには温泉に入ることがおすすめです。温泉には五行の全ての要素が溶け込んでいるのです。

それもあり、効率よく取り入れることができるでしょう。温泉に入浴するだけなのでリラックスついでに行くと良いでしょう。

土から金が生まれる

戊は、五行でいう土に属しています。五行の考え方においては、火から灰が出て土になり土から金が生まれると考えられています。

そういうこともあり、金には弱いので注意してください。また、木は土から生えているということもあり土にも弱いのです。

他の五行の要素と比べて、土や金の要素を取り入れない方が良いでしょう。

スポンサーリンク

戊(つちのえ)の性格や特徴

フットワークが軽い

戊は意外とフットワークが軽いタイプです。あれこれと頭の中で考えるよりも先に行動してしまうタイプです。

見切り発車で進んでしまうこともあり、失敗してしまうことも少なくはないでしょう。ただし、怖がって踏み出すことができないということはありません。

恐怖心が弱いので他の人よりも思い切ったことができるタイプです。その思い切りによって良いことを引き寄せることもあるので欠点とは言い切ることができません。

もう少しだけ思慮深さをプラスすれば鬼に金棒となるでしょう。

人生において転機が多い

戊は、人生において転機が多いタイプです。活動家なタイプということもあり、戊は行動力がかなりあります。

さらに、人を説得したりと人の心を動かす能力もあるので生涯において転機となる出来事がほかの人よりも多いはずです。

その時も石橋を叩くのでなく、直感で飛び出してしまうので失敗してしまうこともあるでしょう。

失敗も人生経験の1つです。最後に成功をつかみ取れば良いのです。

人間関係において軋轢を生み出しやすい

戊は、人間関係において軋轢を生みやすいタイプです。深く考えることなく行動をしてしまうのは人間関係においてもおなじです。

また、少し短気な面もあるので気に入らないことなどがあったときも直球で相手にぶつけてしまいがちです。

その時は、頭に血が上っているので思い切り行動をしているかもしれません。けど、後で振り返るとやり過ぎたと感じてしまうことも多いでしょう。

人間関係においても思慮深さをプラスすれば、少しは楽になると思います。

飽きっぽいタイプ

戊は、飽きっぽいタイプです。フットワークも軽く、行動力もかなりあるタイプですが熱しやすく冷めやすい一面ももっています。

昨日まで熱中していたことでも今日になると全く興味がないということも少なくはありません。

飽きっぽいというのは欠点でもあります。けど、興味がなくなったことに対しては即手を切ることができるというのは良いことでもあるでしょう。

無理なことを延々と追い続けるということもないので、良いかもしれません。また、何事においてもじっくりと向き合う姿勢が身につけば以前よりも開運することができるはずです。

戊(つちのえ)の外見や雰囲気

オシャレ好きなタイプ

戊は、外見を着飾ることが好きなタイプです。そういうこともあり、出かけるときはきちんとオシャレをして出かけることが多いでしょう。

ただ好きなだけでなく、割とセンスも良いタイプです。どちらかというと、見た目を気にするタイプでもあります。
見た目から入ろうとすることも多いタイプなので、何かを思いつくと最初に見た目を変えようとするでしょう。

会社に就職したら、資格の本を購入するよりも先に見た目を整えることに力を注ぐでしょう。

スポーツを始めるときも初心者だと続けるかわからないので安価な道具を買う場合が多いですが、このタイプの人はいきなり本格的なものをそろえる傾向にあります。

ただ、その勢いさえもない人も多いのでバランスを取ることを意識すれば欠点とは呼べなくなるはずです。

明るいタイプ

戊は、明るいタイプです。見るからに明るい雰囲気を持っている人です。何事も前向きなのですが、その考え方が見た目にも現れているでしょう。

暗い顔をしていることは少なく、普段から明るい顔をして楽しそうにしていることが多いはずです。

笑顔が素敵と言われることも少なくないでしょう。

表情がコロコロ変わる

戊は、表情がコロコロ変わるタイプです。どちらかというと、気分屋なタイプなので考え方もコロコロと変わってしまいます。

その内面が外見に出てしまうので、表情もコロコロ変わってしまうことが多いでしょう。ただし、それが魅力的だったりもします。

コロコロ変わってしまうという性質は悪いだけではありません。熱しやすく冷めやすい一面が成功の道へのカギにつながっていくこともあるでしょう。

冷めるときにスーッと手を引くのが早いというのも利点の1つです。

戊(つちのえ)が表す臓器や通変星

戊が表す臓器

戊が表す臓器は、腎臓や大腸などです。主に腎臓などの排出に関わる臓器を表しています。主な気を付けるべき病気は、胃腸の病気や糖尿病などです。また、戊のみが気を付ける病気は胃の病気です。暴飲暴食を避けたり、ストレスを避けて生活をするように心がけましょう。お酒や刺激物などを避ける食生活もおすすめです。

戊が気を付けるべき災害

戊は、病気以外にも気を付けるべきことがあると言えます。それは、土砂崩れや遭難に気を付ける方が良いでしょう。

土の要素が多いと土にまつわる事故に巻き込まれてしまう恐れがあるので注意しましょう。あまり山などへは出かけない方が良いでしょう。

戊が表す通変星

戊が表す通変星は、偏財と正財です。偏財と正財は、土の性質があります。財はお金そのものを表すこともありますが、男性では妻を表します。

戊(つちのえ)と相性の良い十干

戊と相性の良い十干は、火の性質を持つタイプです。五行においては、土が木を燃やし灰になることで土が生まれるということになっています。

そういういきさつもあり、土にとって火は相性が良いでしょう。一緒に過ごしやすい関係になると言えます。

また、戊と対になっているのは己です。戊と己は兄弟の関係なので相性は良いと言えます。また、戊が陽の性質を持っているので陰の性質を持つ干支とも相性が良いと言えるでしょう。

反対の運気を持っているものが一緒になることで吉分を上昇させることができます。

戊(つちのえ)と相性の悪い十干

戊と相性の悪い干支は金の性質を持つタイプです。燃えることで灰になり、土を生み出すのであれば逆もあるはずです。

金は土から取り出すことができる要素となっています。それもあり、金は土に弱い関係になりがちなので注意しておきましょう。

金の性質を持っている干支は、庚と辛です。また、土の場合は木との相性も良くないと言えます。

木は土から生えていますよね。だからこそ、欠かせない存在でもあります。木は、乙と甲です。

相性がそんなに良くない組み合わせとは近づかない方が良いのかもしれません。

四柱推命で戊(つちのえ)を含む干支一覧

占い師 秋桜のワンポイントアドバイス

秋桜
戊と言えば、土の性質を持つ干支よ。土と言っても畑の土でなく、岩のようなゴロゴロとした形を持っている土に分るされるわ。

頑固で自分の意見を曲げない性質を持っているわ。ただし、熱しやすく冷めやすい一面もあるので急に貫き通してきた信念を曲げてしまうこともあり周囲を驚かせてしまうこともあるのよね。

そんな戊も行動力があり、恐れを知らないので人生においてたくさんの転機を引き寄せることができるわよ。

他の十干はこちら

あなたを導く神秘のタロットカード【神秘のタロットカード】



私達を魅了し続ける占い、タロットカード。
現在、過去、未来等を占う事ができます。

神秘のタロットカードは身近な悩みから、将来の事まで、幅広く占える特別なカード。
さっそくあなただけのカードを選んで、幸せの扉を開きましょう。



※20歳未満はご利用できません。

鑑定結果や診断結果でアナタの悩みは解消しましたか?

鑑定結果や診断結果であなたの悩みは解決しましたか?

もしも、少しでも不安や悩みがあるのなら、こちらのLINE@に友達追加して頂くと、あなたの悩みの種類やオーラの色から、更に詳しい鑑定結果を悩みや不安の解消法と共にお送り致します。

あなたの不安や悩みを必ず解消致しますので、LINE@へのお友達追加お待ちしております。

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事