占い師 聖子
占い師 聖子
micaneで占いをしている聖子と申します。

4月になりましたね…!ついこの前までは今年もはじまったばかりだと思ってましたが…時がたつのは早いものです…!

2021年は風の時代となり、人々の運命も大きく変わりやすい転換期と言えます。

運命の転換期に未来への幸せのヒントを掴みたいのなら、オラクルカードを試してみてください。

あなたの運命が今日、今この時から変わり始めます!

※20歳未満はご利用できません

丁と言えば、丙と並ぶ火の性質を持っている干支です。火の性質を持っているということは何となく理解していても丁と丙の違いがよくわからなかったりしますよね。

その火の性質を持つ丁の性質だけでなく丙との違いを見ていきましょう。また、丁の特徴や性質を見ていきましょう。

十支だけでも性格や雰囲気を掴むことができます。また、病気などの気を付けるべき事柄を知っておくことで海運できることもあるはずです。

4番目の十干の丁(ひのと)とは?

陰の性質を持つ

丁は、火の性質を持っています。ただ、同様に丙も火の性質を持っています。大きく違うのは、丁は陰の性質を持っているタイプで丙が陽の性質を持っているタイプであると言えます。

陰と聞くと陽よりイマイチなイメージを持ってしまう人も少なくないかもしれません。けど、陰は陰で良い部分もあります。

どちらかに偏るよりは、バランスよく持っている方が良い誕生日と言えます。また、その人が何を求めているか?ということでも変わってくるので気にしないようにしましょう。

火を表している

丁は、火を表しています。でも、太陽を表している丙と違い控えめな灯りになります。どちらかというと、ともしびです。

なので、同じ火であっても丙よりは地味で大人しいイメージがつきまとうでしょう。そこまで華やかではなく、温かい灯りをイメージしてみると良いと思います。

燃え盛る炎だけが火ではありません。

火の弟

丁は、「丁」という漢字で表現されています。でも「火の弟(ひのと)」とも表現されます。弟と兄という形で表現すると陰と陽がついになっていることがよりわかりやすくなりますよね。ちなみに丙は、「火の兄(ひのえ)」と表します。

4番目という意味がある

丁は、十干の中でも4番目の干支です。十干によって、順番を表すことがあれば4番目を意味するので覚えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

五行での丁(ひのと)の持つ意味はとは「火」

五行とは?

五行とは、中国では古くから万物を構成する要素とされてきました。四柱推命の基礎となる考え方でもあります。

木、火、土、金、水という5つの要素から万物は成り立っていると考えられており、人の性質でさえも当てはめることができるのです。

この五行を使っているのが十干になります。五行のそれぞれが常に循環しているということもよくわかるはずです。

火の性質を持つ

丁は、火の性質を持っています。ただし、丙ほどの華やかさはありません。こじんまりとした明るさをイメージするとわかりやすいでしょう。

火を取り入れるには

丁の性質である火を取り入れる方法を知りたいですよね。丁を取り入れるには、丙、丁の方角である南へ吉方旅行をすれば良いと言えます。

また、火の要素を高めるために水を温めて飲んでみたりということでも補うことができるでしょう。

ただし、五行のうちどれかに偏ってしまうことは良くないので他とのバランスを見ながら取り入れてみる方が良いと思います。

そして、五行のパワーを取り入れる方法として1番手軽なのは、温泉へ行くことです。温泉は木、火、土、金、水の五行の要素の全てを含んでいると言われています。

温泉に入浴するだけなので何よりも簡単であると言えます。

水をかけてはいけない

丁は、五行でいう火に属しているので、かなり水に弱いと言えます。なので、なるべく水と接しない方が良いと言えるでしょう。

水を避けた方が良い運気になると言えます。火が1番弱いのは水ですよね。なので、水をかけてはいけません。

他の五行の要素と比べて、あまり水の要素を取り入れない方が良いでしょう。

スポンサーリンク

丁(ひのと)の性格や特徴

用意周到なタイプ

丁は意外と用意周到なタイプです。どちらかというと警戒心が強く、石橋を叩いて渡るタイプでもあります。

そういったこともあり、何通りもの未来を想像してすべてに対応することができるように準備をしていることが多いです。

用心深く何事も進めていくので大失敗してしまうことも少ないでしょう。

斬新な発想ができるタイプ

丁は、地味で大人しいタイプなので進歩的ではないと思われがちかもしれません。けど、実は新しい発想で色々なことに取り組むタイプです。

自分で考えて前例をぶっ潰してより良いものに変えていくということを自然に行うことができるでしょう。

それによって、評価されることも少なくはありません。ただし、その行動を行ってからしばらく経ってからの方が認められることが多いです。

人徳があるタイプ

丁は、人徳があるタイプです。仕事においては上司からも部下からも慕われるのでやりやすいと言えます。

上司に可愛がられ、部下にも慕われるので仕事が忙しくなってしまうこともありがちです。けど、その分誰かが手助けをしてくれるので乗り越えることができると言えます。

上司が引き立ててくれるので出世も早いタイプであると言えます。

色恋でトラブルを起こしやすい

丁は、色恋でトラブルを起こしやすいタイプでもあります。あまり恋愛のイメージが強くないかもしれませんが、良く見ると美人や男前が多いのもこのタイプだったりします。

そんなこともあり、人より恋の機会は多いと言えるでしょう。割と自分のことを律することができるタイプではありますが、極端に情に弱い一面も持っています。

特に異性との関係においては、雷が落ちたような感覚に陥ってしまい強烈な恋愛感情に支配されてしまうこともあります。

恋に溺れぬように自分を律する方が良いでしょう。

丁(ひのと)の外見や雰囲気

地味なタイプ

丁は、丙と比べるとかなり地味なタイプです。火の性質を持っているタイプとしては残念ですよね。

華やかさに欠けるタイプなので、目立つことも少ないと言えます。少しジメっとした雰囲気を持っているのも特徴の1つです。

その分、物腰も柔らかく人当たりは良いタイプでもあると言えます。

美人や男前が多い

丁は、地味な雰囲気の人が多いこともありそこまで美人や男前が多いイメージはないかもしれません。

けど、良く見ると顔立ちが整っているというタイプもあると言えます。なので、意外とキレイという人が多い傾向にあるでしょう。

その美貌をあまり使わないからこそ堅実な生き方をすることができているのかもしれません。

年齢を重ねた方が魅力アップする

丁は、年齢を重ねる方が魅力的になるタイプです。若いときは、ぼんやりとしたともしびでも年を重ねると明るい灯りになっていくでしょう。

そういうこともあり、年齢を重ねてからの方が魅力的な人が多いです。年を重ねるとどうしても女性としての魅力や男性としての魅力が落ちてしまったと感じてしまいがちです。

でも、年齢を重ねれば重ねるほどに魅力が増すと思えば生きていくことも楽しみになりませんか?

丁(ひのと)が表す臓器や通変星

丁が表す臓器

丁が表す臓器は、心臓です。主に心臓や血管などの循環器系統を表します。主に気を付けるべき病気は、心臓病、高血圧、目の病気などです。また、病気ではありませんが丙と同様に火が関わってくる事件に関しては注意してください。火が関係する事故に遭いやすいということもあるので、火の始末に関しては誰よりも注意しておく方が良いでしょう。また、丁のみが気を付ける病気はありません。意外なことに割と丈夫なタイプなのです。ただし、無理は禁物です。注意すべき項目がないと言っても好き勝手にしても良いということにはなりません。

丁が表す通変星

丁が表す通変星は、傷官と食神です。食神と傷官は、火の性質があります。主に芸術方面を司る星です。

丁が表す季節

丁が表す季節は丙と同様に夏です。暑い夏は火の性質を持つ丁らしいとも言えますよね。その夏の中でも月を詳しく見ると旧暦で5月、6月、7月を指します。旧暦なので現代の季節とは少し違っています。季節も四柱推命のように循環しています。そのことから十干を季節に当てはめることができるのです。

丁(ひのと)と相性の良い十干

丁と相性の良い十干は、木の性質を持つタイプです。相性が良いというよりは、丁自身が一緒に過ごすことに楽さを感じやすい相性です。

五行における考え方に当てはめて考えるとなぜ木と一緒にいることが過ごしやすいのかということがわかりやすいでしょう。

木は火に燃やされてしまいますよね。そういうこともあり、火である丁の方が力関係としては強いと言えます。

なので、一緒に過ごすことで卑屈になったりすることもなく過ごしやすい関係を築くことができると言えるでしょう。

また、木と言えば甲と乙です。なので、甲と乙とは相性が良いと思っておくと良いと思います。

ほかには、同じ火の性質を持つ丙との相性もおすすめです。陰と陽の関係なので会わないように思えますがそんなことはありません。

また、陽の干支とも相性が良いです。

丁(ひのと)と相性の悪い十干

丁と相性の悪い干支は水の性質を持つタイプです。火が木を燃やしてしまうのであれば逆もあるはずです。

その逆の立場が水なのです。火に水をかけると簡単に消えてしまいますよね。そういった事柄から水の性質を持つ干支とは非常に相性が良くないと言えます。

水と言えば、癸と壬です。この2つの組み合わせとは相性が良くないので、必要以上に近づくことがない方が良いかもしれません。

また、ほかには己や戊との関係も怪しいです。水ほどではありませんが、付き合いを続けることで丁が割を食ってしまうことが増えてくるかもしれません。

どちらかというと迷惑をかけられてしまうことも多い関係です。母のような大きな心で接することができるのであれば気にしなくても良いと思います。

四柱推命で丁(ひのと)を含む干支一覧

占い師 秋桜のワンポイントアドバイス

秋桜
丁と言えば、火よ。でも、丙ほどの華やかさは持ち合わせていないわ。どちらかというとともしびのような灯りよ。

でも、その灯りは弱い灯りであっても誰かの目印になったり心を温めたりすることができるので悲観することはないでしょう。

また、年齢を重ねていくと問題ないくらいに輝くことができるようになるわ。そう考えると大器晩成とも言えるわね。

水の性質を持つタイプに関しては天敵となるので注意してください。

他の十干はこちら

あなたに訪れる衝撃の運命とは?過去も未来も見抜く【アカシックタロット】



アカシックタロットとは?

宇宙が誕生したときかれあの全ての記憶が眠っているとされる、アカシックレコード。
「集合意識」や「宇宙の塊」とも呼ばれる存在で、この世界の過去の歴史・未来までもが全て記されているのです。

アカシックタロットは。タロットカードを用いてアカシックレコードにアクセスするリーディング方法
誰もが知りたかった真実を、今読み解きます。

※20歳以下はご利用できません。
鑑定結果や診断結果でアナタの悩みは解消しましたか?

鑑定結果や診断結果であなたの悩みは解決しましたか?

もしも、少しでも不安や悩みがあるのなら、こちらのLINE@に友達追加して頂くと、あなたの悩みの種類やオーラの色から、更に詳しい鑑定結果を悩みや不安の解消法と共にお送り致します。

あなたの不安や悩みを必ず解消致しますので、LINE@へのお友達追加お待ちしております。

友だち追加

※20才以下はご利用不可
※ご利用は女性限定です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事