今の仕事に色々と思う所があって辞めるかどうか悩んでいませんか?仕事の内容や人間関係など悩む点は多いかと思います。

転職をする時の注意点や成功のポイントを無料診断すると共に、仕事を辞めるべきか悩んだ時の判断基準を紹介しますのでじっくりと読んでくださいね。

あなたにぴったりの良い仕事が見つかります様に!

今の仕事を辞めるべきなのか占う

nvt:カードにタッチすると占いがはじまります。:お好きなところでカードを止めてください。:カード展開中...:お好きなカードをタッチしてください。:結果ページを表示します。
結果1
結果2
結果3
タロット占い

仕事を辞めるべきか悩んだ時の判断基準

人間関係の問題

一番仕事を辞めるかどうしようかで悩む時の原因となるのは人間関係と言えるでしょう、直属の上司と上手く行かない、同僚との仕事の連携が上手く取れない等悩んでいるのではないでしょうか。

上司のパワハラやセクハラなど自分の働き方で変える事の出来ない原因もあります、この様なハラスメント問題を人事に相談しても上手く行かない場合、専門機関に相談しても取り除けない場合は転職を視野に入れても良いでしょう。

また同僚との意識の差も仕事に対するモチベーションに大きく関わってきます、周囲が不満ばかりを言って馴れ合っている状況ではあなたの仕事に対するモチベーションは下がる一方です。

仕事に対する意識の差を強く感じた時、自分だけ仕事や人間関係でおいて行かれていると劣等感を感じた際も判断基準に入れても良いでしょう。

勿論、あなたの意識次第で変えることの出来る事もあるかもしれませんが、どうしても変える事ができない場合という状態もあります、その時は迷わずに新天地を求めても良いのではないでしょうか。

日々の業務が苦痛であり、ルーティンワークとなっているのが辛い

日々の労働がルーティンワークとなって、目新しさを失っている場合、その仕事に価値を見いだせない時は特に転職を意識するのではないでしょうか、毎日の積み重ねが仕事だとは解っていても、どうしても今の仕事内容に自分としての存在定義を見いだせない時「自分にしか出来ない仕事がしたい」と願うのは当然の事です。

もしもそれがストレスとなりあなたの身体にまで影響を及ぼすならば、これも判断基準として考えても良いでしょう、またストレス以外で人体に影響を及ぼす様な業務内容や働かせ方は法律で禁止されているので、それを強要するのは法律で禁止されています。

過酷な労働環境にあり、毎日の残業が深夜近くまであったり、休みが殆ど無い会社ではあなたの仕事に対するモチベーションが高くても、時を待たずして身体を壊す場合があるので、一刻も早くその労働環境を改善出来ない様であれば身体を大切にすべきです。

会社の方針と自分が合わない

会社の方針が自分のポリシーと合わない場合も転職を考える場合が多くあるのではないでしょうか、顧客を食い物にしていたり、職場全体が体育会系気質だったりする場合、それが自分とのポリシーに合わないと感じる場合も多くあるのではないでしょうか。

どうしても性格的についていけない場合の会社というのもあります、入社後に違和感を感じ続けて居て、居心地が悪い場合も考えた方が良いでしょう、フィーリングが合わない会社に所属し続ける事自体があなたのストレス源となっている可能性があります。

給料が低い、思ったよりも貯金が貯まらない

労働に見合わない基本賃金の場合も考えたほうが良いでしょう、サービス残業は論外ですが、残業する事でやっと自分の目標とする賃金になる場合はもれなく身体を壊しかねません「このままでは生活するのにいっぱいいっぱいで結婚資金を貯める事も、普通の貯金をする事もままならない」と感じる様でしたら、正規の賃金を見直し、給料明細や家計簿と見直す要因となるでしょう。

またボーナスや手当てが低い場合も考える要因となります、残業手当てだけではなく、スキルに見合った資格手当てが低いという場合もあるでしょう、残業代と残業時間が一致していない場合は尚更考えるべき要素となります。

その結果どうしても生活レベルが上がらない、貯金が出来ないと感じる様でしたらやはりこれも転職を考える要因となります。

何時まで経っても希望する部署に配属されない

頑張ってスキルアップの勉強をし、資格も手に入れたのに希望する部署に配属希望を出してもいつまでも受理されない場合も転職を考える要因となります。

本当に自分のやりたい仕事に就けない場合、スキルも生かせず、飼い殺しとなっている自分に嫌気がさす事もあるでしょう、特に自分の持っているスキルに特化したい仕事をしたい場合は尚更そう感じる事でしょう。例えば技術職に移れるスキルを持っているのに一般事務職から異動出来ない場合尚更苦痛と感じるのではないでしょうか。

また逆に激務過ぎる部署から異動を申し出ているのに異動出来ない場合も判断基準となります、人事があなたの希望をいつまでも受け入れてくれない場合は十分な転職理由となるでしょう。

有給休暇などの法律的に保証された休みが取りづらい・労働組合が無い

有給休暇を取るのは甘えだ、仕事に身を捧げるのが当然だという雰囲気の職場で働いてはいませんか?休みたい時に休めないのでは有給休暇の意味がありません。

周囲が激務の時に有給休暇を取るのは考えものですが、基本的に有給休暇などは法律で保証された正当な権利です、その権利が保証されない職場環境はブラック企業と変わりありません、健全とは言い難い職場環境と言えるでしょう。

また労働組合が無い会社も問題です、あなたの労働環境を守る為の必要な組織が無い会社に所属していては、労働環境を健全に守る事が出来ません。

もしも労働組合が無い場合、あなたが個人で会社と労働環境に関して交渉する事となり、大抵は泣き寝入りとなります。

社会的に守ってくれる労働組合が無い会社というのも転職するのには十分な判断基準と言えるでしょう。

そんな職場とは離れた方があなたの健康の為にも良い事かもしれません。

結婚・妊娠を機会に考える時

結婚する事によって、生活サイクルが変わってきます、妊娠となれば尚更です。

今の職場よりも賃金が下がっても生活サイクルに合わせた職場に就きたいと思う事は不自然な事ではありません。生活スタイルに合わせる事が出来ない部署に転属出来ない場合、その生活スタイルに合わせてスキルを生かせるパートや派遣社員に転職しようと思うのは自然流れと言えるでしょう。

ヘッドハンティングの話がやって来た時・希望とする求人を見かけた時

あなたの持つスキルや人間性が認められ、ヘッドハンティングされる可能性も有り得ます、今の会社よりも自分を必要とされていると実感出来る会社ならば条件さえ合えば、それは十分に転職する機会と言えるでしょう。

また、たまたま見かけた求人広告を見て、これなら自分が生かせると思う求人と出会ったならばそれは運命と言っても良いでしょう、そのチャンスを逃さない様にする必要があります、思う様にあなたのスキルを生かし活躍出来る時がやって来たのです。

占い師 風守 涼のワンポイントアドバイス

風守 涼

あなたがどうやって頑張っても職場環境が改善されない場合や賃金が上がらない場合、その時は転職を考えるには十分な時が来たと言えるでしょう。

しかし安易に転職をしてもどうして辞めたいのか、どうしたいのかをしっかりと考える必要があります。そうしなければ転職ジプシーとなってしまう可能性が高くなります。

あなたが仕事を辞めたい・転職したいと思っている事は逆に言えば、自分のやるべき仕事に対して真面目に考えているからです。

最善の方法が見つかるでしょうから、諦めずに自問自答する事が大切です。

自分がなりたい自分である為に


将来自分がどんな大人になりたいか、子供の頃に夢見た事はありますよね?そんな自分になれているでしょうか「こうありたい自分」という目標に近付く為の手段の一つがお金であり、労働です。

働く事に夢中になることは悪い事ではありませんが、本来なりたかった自分の姿に近い職場環境ですか?その為の改善を行ってダメな時は転職、退職、そして起業とあなたの前には道が広がっています。

なりたかった自分、なりたい自分を見失わない様に仕事を選ぶ必要があるのです、仕事ありきのあなたではありません、一度きりの人生で仕事の為になりたかった自分になれない様では本末転倒と言った具合になってしまいます。

なりたい自分になる為に働くという原則を忘れない様、悔いの無い職場選びが出来る様祈っています、本当に輝くあなたらしく働ける職場に巡り会えます様に。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事