一番当たると評判の六占星術で【2019年最新版】の六星占術の天王星人(プラス)の年運・月運・日運が知りたい方にオススメです!

こちらのページでは六星占術の天王星人(プラス)の今年の運勢、今月の運勢、今日の運勢、霊合星人なのか大殺界なのかを無料鑑定すると共に、こちらのページの下のコラムでは、天王星人(プラス)の特徴や性格、相性の良い運命星(各星人)と悪い運命星(各星人)を紹介します。

ズバリ!天王星人(プラス)の年運・月運・日運を占う

女性 男性
0
https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result1,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result2,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result3,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result4,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result5,
https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result6,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result7,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result8,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result9,
5
4

天王星人(プラス)について


天王星人プラスのあなたの特徴や性格、相性や恋愛傾向などについてご紹介します。

天王星人は六占星術の中でも神秘的で変わった雰囲気を持っていると言われています。

六占星術による診断は自分の知らない自分に出会うかもしれません。

それを知っておくことで、これからのあなたに色々な示唆を与えてくれるでしょう。

天王星人(プラス)の特徴

天王星人(プラス)の特徴はとても現実的というところに大きなポイントがあると言えるでしょう。

自分なりの考えはありますが、それに強いこだわりを持つというよりは、周りの社会に上手に身をおきながら関係性を築いていったり、社会の基準と合わせて人間関係を形成し、人と仲良く過ごして行くことができる特徴があります。

自分自身そのものより、自分の周りに重点をおき、生活が順当に進んでいくことが自然にできるでしょう。

しかし物事をキッチリと現実的にこなしていく姿勢はどこか真面目で完璧な印象がありますが、天王星人(プラス)の大きな特徴としては、緩さがあり、「なんとなく」という良い意味での緩さがあり、人からは良い印象て受け取られることが多いでしょう。

根っからの平和主義者なので、争いごとや対立を無意識に避ける特徴もあります。

それゆえに、「立場がはっきりしない」という印象を人に与えたり、「事なかれ主義」と勘違いされてしまう場合もありますが、天王星人(プラス)の大きな特徴としてはあまりネガティブなことに関わりたくないという姿勢が出るからです。

争うことは現実主義者の天王星人(プラス)だからこそ、無意味だと感じるがゆえなのです。

論理的、理知的に机上の空論で争うよりも、愛情や人情などの面を大切に行動したいと考えていることがその理由でしょう。

実際にはそのような態度が多くの人に好印象を与えるでしょう。

天王星人(プラス)の性格

現実主義者の天王星人(プラス)ですが、その性格は心優しく、ロマンティストです。

特には緩さが強めになると優柔不断な一面もあるでしょう。

心の優しさは誰かに対してさりげなく気遣ったり、ふとした優しさが垣間見える時があります。

これといって大げさにおせっかいするよりは、ちょっとした優しさを小出しにしていくような面があります。

実は、とてもシャイな面もあり、これ見よがしに優しさを押し売りすることを避ける傾向にありますが、人が気づかないようなところまで目を配ることができます。

小さなつながりから愛情関係や絆を形成し、それを大切にしていくことができるでしょう。

また特に困っている人をみると、放っておけないという博愛精神に溢れています。

これはただ善い行いをするというよりは、天王星人(プラス)が持っている性格そのものから見過ごすことを許さないことがあるので、正義感と優しさから愛情深い行動に出る場合もあります。

人から見ると時として「損をしている」、「益にならない」と感じられることであっても、深い愛情から行動をする場合もあるでしょう。

天王星人(プラス)の相性の良い運命星は金星人

せっかちで頑固、自分自身の考えに押しが強い印象の金星人とは意外にも相性が良いと言えます。

どちらかというと、自分の意見を主張しすぎない天王星人(プラス)は金星人がリードして適度にコントロールすることでスムーズな関係性を築くことができるでしょう。

また基本的な考え方が違う分、天王星人のスタンスは金星人にとって新しい視点や考え方を知ることもでき、心が癒されたり、励まされたりするので視野が広がると同時に、良いパートナーシップを築くことができるでしょう。

天王星人(プラス)の相性の悪い運命星は土星人

どのようなことにもはっきりと白黒をつけたがる土星人と、どちらかというと事なかれ主義で行動する天王星人(プラス)とは相性そのもの自体が悪く、なかなか理解し合うことが難しかったり、また話していてもお互いに「噛み合わないな」と感じることが多く、会話も長続きしない傾向にあります。

天王星人(プラス)の恋愛傾向

愛情そのものがとても深いので、恋愛そのものより結婚することで安定し、豊かで幸せな家庭を築くことができる運勢を持っています。

大らかな性格が家庭を形成する上でとてもイキイキとし、温かく穏やかな愛情深い家族関係を築くことができるでしょう。

恋愛においては、優柔不断な面が強くなってしまうと異性関係の線引きが難しく、ルーズになりがちで、相手の好意に対してはっきりとものをいうことができずに、ズルズルとした関係や、時として複数の関係を進めてしまうこともありそうです。

そのため、いつの間にか自分が望まない展開になってしまう場合もあります。

また愛情を注ぐ相手を間違ってしまうと、相当傷ついてしまうこともあり、また本気で好きになってしまうと、相手にパートナーがいても略奪愛に走るという隠れた情熱を秘めている場合があります。

占い師 聖子のワンポイントアドバイス

聖子
現実主義なんだけど、どこか緩やかで、人の気持ちを温かくさせるような二面性を持っていると言えるわね。

普通は現実主義っていうとどこか冷たい印象があって論理的に物事を進めてしまう印象があるけれど天王星人(プラス)の人の場合、それは表には出ない傾向があるの。

またどこかでは現実主義である自分を無意識で隠してしまう傾向もあるのよね。

また争いとか理論武装することが根っから好きではないし、そういう対立の場にいると心が苦しくなってしまうのよ。

だからこそ、最初からその場にいないとか、逃げてしまうこともあるけれど、それは人の心の痛みを同じように感じられるからこその傾向だと言えるわ?

白黒つけたい人からは、日和見的な傾向に見られるけれど、だからこそ世知辛い世の中を渡り歩いていくことができる気質を持っているの。

結局は人から愛される


天王星人(プラス)の傾向として、結局のところ、人から嫌われることは少ないと言えるでしょう。

現実主義でありながら、どこか緩やかでソフトな印象を与え、またそんな優しさが全面に出るとき、誰しも天王星人(プラス)の言葉や態度に心癒されるという経験をするでしょう。

そんな魂の癒しを与えられる特別な運命を持っていると言えるでしょう。

優柔不断も言い換えれば、人に共感し、その心が分かるからこそ自分では答えを決めることができないという立場を望んでいるのでしょう。

なんでもズバズバと主張するより、和を持って現実的に話を進めていくことができる愛情があるので、社会的な立場でもやがては天王星人(プラス)が思い描いているビジョンや、人間関係のあり方などに注目が集まるようになります。

どのようなことがあってもやがて人に理解され、愛される特別な立場と役割を担っているのです。

micane公式LINE@で占い師がアナタを個別鑑定!

micaneの占いは楽しんで頂けましたか?

「micaneのあの占い師に個別鑑定をしてもらいたい…。」

「もっと無料の占いを試して見たい…。」

「鑑定結果で悩みをなくして幸せになる方法を知りたい…。」

こんな方は、micane公式LINE@に是非ご登録下さい!

micane公式LINE@ではmicaneで活躍する占い師の中から選抜された5名の先生に個別鑑定依頼ができると共に、定期的におすすめの占いを配信致します!

友だち追加

※20才以下はご利用不可

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事