一番当たると評判の六占星術で【2019年最新版】六星占術の木星人(マイナス)の年運・月運・日運が知りたい方にオススメです。

こちらのページでは六星占術の木星人(マイナス)の今年の運勢、今月の運勢、今日の運勢、霊合星人なのか大殺界なのかを無料鑑定すると共に、こちらのページの下のコラムでは、木星人(マイナス)の特徴や性格、相性の良い運命星(各星人)と悪い運命星(各星人)を紹介します。

木星人(マイナス)の年運・月運・日運を占う

女性 男性
0
https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result1,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result2,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result3,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result4,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result5,
https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result6,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result7,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result8,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result9,
5
4

木星人(マイナス)について


木星人(マイナス)のあなたの特徴や性格、相性や恋愛傾向などについてご紹介します。

木星人(マイナス)は六占星術の中でも基本に忠実で、着実に目標とするものを手に入れる粘り強さと真の心の強さを持っていると言われています。

六占星術による診断は自分の知らない自分に出会うかもしれません。

それを知っておくことで、これからのあなたに色々な示唆を与えてくれるでしょう。

木星人(マイナス)の特徴

木星人(マイナス)の人から見る第一印象は、「地に足のついている人」という落ち着いた印象を誰にも与えることができるでしょう。

対人関係は物静かで自分からコミュニケーションを積極的に取ろうとはせず、周りの輪の中にいても、みんなの話に興味深く耳を傾けています。

それでいて存在感は大きく、みんなが木星人(マイナス)の発言に注目するような信頼を集めることができるでしょう。

見た目やファッションも派手な服装、あるいはメイクや装飾品は好まず、地味な印象ですが、だからこそ「できる人」というイメージも同時に持たれる傾向が強くあります。

真が強く、自分の好き嫌いもはっきりと持っているので自尊心が強いのですが、その分、どこか人を見下しているような印象を持たれる場合もあります。

本人はいたってナチュラルですが、存在感の大きさから人が木星人(マイナス)の人のことを勝手に判断することも多くあるでしょう。

生活面でも変化を好まず、一つの場所で腰を据えてじっくりと何かを取り組む職人気質があります。

全てに置いて安定感を求め、また守られた環境の中で実力を発揮することができるでしょう。

基本的には絶え間無い努力により全てを積み上げることができるので、年齢や経験を重ねるうちに実力と信頼を着実に得ることができるでしょう。

木星人(マイナス)の性格

木星人(マイナス)の人は変化を好みませんが、一度決めたことは最後までやり遂げる誠実さと粘り強さを持っています。

中途半端に物事を投げ出してしまうことはなく、目標を達成するまで諦めずにコツコツと取り組むことができるでしょう。

しかしそれは決して自分の利益追求のためだけではなく、世のため、人のためになるような社会的な活動やボランティアの精神が溢れているので、奉仕することによりさらに才能が開花していきます。

基本的な性格は、几帳面で真面目です。若い頃は遊んでいるように見えても、将来のことを真剣に考え、いまそのために何ができるのかということを見つめ、密かな努力を重ねることができるでしょう。

以外と世間体や人の意見を気にするところもあり、人からちょっとしたことを言われると気に留めてしまいますが、それをバネにして頑張る力を持ち合わせています。

頑固な気質がありながらも、ゆっくりと変化を遂げる柔軟な姿勢も持ち合わせているので、努力を重ねていくうちにより良い人生を積み重ねていくことができるでしょう。

自分が信じたものに対して一貫した姿勢を貫くことで自らの運命を着実に良い方向へと導いていくことができるようになります。

木星人(マイナス)の相性の良い運命星は天王星人と土星人

天王星人とはかなり相性が良く、出会った瞬間に意気投合したり、運命を感じることも多いでしょう。

天王星人の大らかさや柔軟な考えが木星人(マイナス)に大きな影響を与え、まだ気づいていない自分を引き出す役割を買ってくれます。

天王星人と出会うことにより、木星人(マイナス)は少しづつ冒険心が発揮され、未開発の部分に光が当たるようになります。

土星人とはどちらもキホ的に根が真面目なので考え方や価値観も良く似ているので一緒にいて無理がなく、安心して過ごせる間柄になります。

話も弾み、良い友人やパートナーになることができるでしょう。

ただ、マイナスの面で作用してしまうとお互いがマイナスの運気に引きずられてしまうので、注意が必要です。

木星人(マイナス)の相性の悪い運命星は木星人と金星人

同じ木星人同士は相性があまり良くなく、お互いが一緒に過ごすことでさらにマイナスの面を引き出しやすい相性です。

どちらも真面目でネクラだとどうしても暗い雰囲気になり、次第に会話することも億劫になってしまったり、気分が落ち込んでしまうところがあります。

金星人とはまるで性格が違うので、お互いに理解し合うのに時間がかかりますが、金星人の持つ持ち前のエネルギーの強さに翻弄され、疲れすぎてしまうでしょう。

木星人が金星人に合わせることで、自分の中に無理が生じ、次第に関係が縁遠くなります。

ただ、自分の主張をはっきりと言ったり、自分の話もきちんと聞いてもらうことで時間をかけながら理解することができるようになるでしょう。

木星人(マイナス)の恋愛傾向

恋愛に安定を求める傾向があります。

癒しと安らぎを第一に求め、心が安定することを第一にしますので、一緒にいて心がざわつく相手とは恋愛しても長続きしないでしょう。

また外に出てデートするよりは家にいる方を好みますので、同じ傾向がある異性なら、良い関係を築くことができるでしょう。

なかなか自分からアプローチすることができずにいるので恋愛が成就するのに時間がかかりますが、一度付き合うようになると相手を懸命に愛し、結婚までつながる場合も多くあります。

浮気や不倫などもしないので、結婚相手にはベストな星人だと言えるでしょう。

喧嘩を好まず、話し合いできちんと解決するので、大きな亀裂が入ることもないでしょう。

しかし、恋愛相手に刺激を求める対応だと面白みがないと思われてしまうこともしばしばありそうです。

占い師 聖子のワンポイントアドバイス

聖子
真面目でおとなしいけれど、どこか存在感が大きい人っているわよね?

それが木星人(マイナス)の大きな特徴だと言ってもいいわ?

だからこそ発言一つ一つに重みがあるし、人に影響を与える力もあるのよ。

コツコツと努力をしながら自分の世界を構築していくので、オリジナリティーに溢れているし、とてもユニークな存在だとも言えるわ?

これからの時代はそんな自分を持っている人に注目が集まるはず!

個性を伸ばしていくことで才能が開花する


一見すると地味で目立たない存在ですが、コツコツと地道な努力を続けることにより成功を手に入れることができるので、周りから見ると「すごい人」というイメージを持たれることも多いでしょう。

自分がやりたいことを見出し、そこに集中することで、個性がどんどん花開いていき、才能がゆっくりと花開いていきます。

木星人(マイナス)には「あきらめ」という文字はありません。

自分が信じたことに対して誠実に努力を積み重ねることで、夢を叶えることができるのです。

自分の個性を磨き、自信を持つことでさらに運気は向上していくでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事