一番当たると評判の六占星術で【2019年最新版】六星占術の水星人(プラス)の年運・月運・日運が知りたい方にオススメです。

こちらのページでは六星占術の水星人(プラス)の今年の運勢、今月の運勢、今日の運勢、霊合星人なのか大殺界なのかを無料鑑定すると共に、こちらのページの下のコラムでは、水星人(プラス)の特徴や性格、相性の良い運命星(各星人)と悪い運命星(各星人)を紹介します。

水星人(プラス)の年運・月運・日運を占う

女性 男性
0
https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result1,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result2,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result3,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result4,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result5,
https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result6,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result7,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result8,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result9,
5
4

水星人(プラス)について


水星人(プラス)のあなたの特徴や性格、相性や恋愛傾向などについてご紹介します。

水星人(プラス)は六占星術の中でも理知的で冷静でクールでありながら、最も金運に恵まれている性質を持っていると言われています。

六占星術による診断は自分の知らない自分に出会うかもしれません。

それを知っておくことで、これからのあなたに色々な示唆を与えてくれるでしょう。

水星人(プラス)の特徴

自分は自分、他人は他人と良い意味で割り切っている考え方ができることと、あまり人と比べることを好まず、他の星人と比べて、強烈な自己アピールをすることはありません。

あくまでも等身大の自分をよく理解していて、分相応に対応することができるという自分自身の在り方や流儀を身につけていると言えるでしょう。

必死に何か努力をするということはなく、自分自身が納得する形でできることをやるという自然の流れに逆らわずに何事も取り組むことができる人です。

それゆえに非常にスマートでクールな印象を人に与えます。

客観的に判断したり、分析することが得意で、そのものの見方には目を見張るものがあります。

どう行動すればどうなるかということが予測できるので、先行投資などをすれば金運に非常に恵まれる傾向があります。

また何か新しいことを始めたり起業すると世の中のニーズを熟知している分、社会的な成功を手に入れることができる特異な気質を持っています。

また地道にコツコツと積み重ねて行くことが嫌いではありません。

血の滲むような努力をせずとも、努力を努力と感じさせないスマートさがあり、緻密な計画を立てて、コツコツとやりこなして行くうちに大成を手に入れることができるでしょう。

それができるのは、生まれ持ったバランス感覚が非常に優れていると言えます。

人間関係でも仕事でもこのバランス感覚があるので安定した人生を送ることができるでしょう。

水星人(プラス)の性格

物事を様々な視点から見て、判断することができるのでいっときの強い感情に押し流されるということはあまりありません。

喜怒哀楽の波が少なく、安定した運気をたどることができるます。

その分周りからはクールな人という印象を持たれますが決してそうではなく、思いやりを持って誰にでも接することができる愛情深さも持っています。

しかしそれが前面に出てくるということは少ないでしょう。

相手を見て、その人が自分の力で乗り越えられそうなうちは手を貸さないということや、黙って見守るという姿勢が強くあります。

先見の明があり、世の中の動きなどを敏感に察知し、的確な判断をすることができるので、仕事運や金運では成功を収めやすい傾向もあります。

また独立心が強いので、技術をマスターすると、自分で事業を起こし、活動することにも向いていると言えるでしょう。

その分、人からは利己的で計算高いと思われることもありますが、風当たりの強さを気にせずに、自分の信じた道をまっすぐに進んで行くこともできるでしょう。

水星人(プラス)の相性の良い運命星は火星人と金星人

火星人とはとてもいい相性を形成できます。火星人は独特の感性を持っていますが、それを商売や収益に繋げる力や才能はあまりありませんが、それを水星人(プラス)が補い、現実的な部分を支えることで強力なパートナーシップやビジネスパートナーになることができます。

金星人ともお互いの馬が合い、それとなく付き合っているうちに気のおけない仲になります。

いろいろな話題で盛り上がることができ、公私ともに楽しい関係を築くことができるでしょう。

水星人(プラス)はもともと良いバランスを持っているので、どのような相手であっても無理なく付き合えることができますが、どちらかというとクールな印象があるので、星人によっては相手側から敬遠されてしまう傾向があるでしょう。

情熱的な印象が強い人ほど、水星人(プラス)の本心が見えにくいと感じ、自然と付き合いを避けてしまう傾向が見られます。

しかし、それは水星人(プラス)の問題ではなく相手の問題でもあるのでさほど気にする必要はないでしょう。

水星人(プラス)の相性の悪い運命星は土星人と木星人

土星人とは一見お互いがクールなので良く似ている部分があり、仲良くなれそうですが、本質的にはかなり違うものを持っているので、折り合いが悪いと感じることもあるかもしれません。

水星人(プラス)は現実的で利益を基準に行動しますが、土星人の場合は現実的ですが、利益を追求するよりは道徳心や精神性が強く現れるので、価値観の違いなどから違和感を感じやすい相性だと言えるでしょう。

また木星人はあまり行動的ではないので、水星人(プラス)が木星人に気を遣い、引っ張っていかなければならないということが起こりやすくなります。

水星人(プラス)は独立心が強い分、自らの道を行くことがありますが、木星人は優柔不断でなかなか決めることができない分、手を貸したり、励ましたりすることに力を注がなくてはなりません。

その分、手がかかるので、水星人(プラス)からすると木星人の気の弱さを理解することができず、イライラさせられてしまうところもあるでしょう。

安定した気持ちでいられなくなることで、運気を乱されてしまいますので自然と付き合いを遠ざけるようになる相性です。

水星人(プラス)の恋愛傾向

仕事運や金運に非常に恵まれているので、どちらかというと結婚運はあまりありません。

またクールな性格をしているので、情熱的な恋愛にも縁遠く感じたり、そもそもなぜ恋愛にそこまで情熱を注げるのかよくわからないと思ってしまうこともありそうです。

しかし、水星人(プラス)のクールな装いに心惹かれる異性も多く、モテる傾向にありますが、ダイレクトなアプローチではないので、なかなか好意があることに気づかない鈍感な部分もあります。

それでもアプローチしてくる相手との交際は良い関係を築け、結婚しても良い相性を形成することができるでしょう。

恋愛そのものの経験は少なくても、望めば密度の濃い安定した恋愛や結婚をすることができます。

占い師 聖子のワンポイントアドバイス

聖子
とにかく発言も行動もクールでスマートな印象の人が多いわね。

その分、冷たいと誤解されてしまうこともあるけど、自分の自覚としてはそうではないと思うわ?

バランス感覚に優れているから、どのような仕事でも上手にこなせるし、自分の分相応をわかっているので、無理をしないこともあるけれど、それが人生の波を上手に乗り切って行く秘訣だと言えるわね。

バランス感覚に磨きをかけることで運勢アップ

持ち前のバランス感覚の良さがありますので、人生の波風が立ちにくいのですが、それでも心を揺り動かされるような経験もあります。

その時にバランスが崩れることで、どのように対処したらいいのかわからない経験もあるでしょう。

バランスの良さは言い換えれば打たれ弱さとつながるものです。

それをきちんと意識し、柔軟に対応することで運勢がアップし安定的に人生を歩むことができるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事