一番当たると評判の六占星術で【2019年最新版】六星占術の金星人(プラス)の年運・月運・日運が知りたい方にオススメです。

こちらのページでは六星占術の金星人(プラス)の今年の運勢、今月の運勢、今日の運勢、霊合星人なのか大殺界なのかを無料鑑定すると共に、こちらのページの下のコラムでは、金星人(プラス)の特徴や性格、相性の良い運命星(各星人)と悪い運命星(各星人)を紹介します。

金星人(プラス)の年運・月運・日運を占う

女性 男性
0
https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result1,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result2,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result3,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result4,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result5,
https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result6,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result7,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result8,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result9,
5
4

金星人(プラス)について

金星人プラスのあなたの特徴や性格、相性や恋愛傾向などについてご紹介します。

金星人(プラス)は六占星術の中でもとにかく明るく、社交的で好奇心豊か、向上心があり、どんなことにもポジティブ思考という前に進んでいく性質を持っていると言われています。

六占星術による診断は自分の知らない自分に出会うかもしれません。

それを知っておくことで、これからのあなたに色々な示唆を与えてくれるでしょう。

金星人(プラス)の特徴

金星人(プラス)はとにかく明るく、どんな場面でも人目を惹くという特徴を持っています。

どんなことがあっても悲観的なるのではなく、常にポジティブ思考で前向きに進んでいくという向上心とチャレンジ精神を持ち合わせているので、人から見ると「楽観的」にも感じられるところがあります。

たとえ落ち込んでいたとしても、周りにはそのように見えないところもあり、自分が感じている自分と、周りからの印象が大幅にずれてしまうところもあるでしょう。

しかし、とても社交性があり、どのようなタイプの人でもコミュニケーションを取り、仲良くしていこうという性質があり、人と人とを繋いでいく働きに長所があります。

また束縛を嫌い、自由を求める気質が強く現れるので、社会的なルールが厳しい場では、息苦しさを感じたり、規範を破ろうとする傾向もあります。

厳しいルールがある場所では持ち前の良さを発揮することができず、エネルギーが滞ってしまう場合もあるでしょう。

自由が認められてこそ、持ち前のポジティブ思考を発揮し、輝いていくことができる性質を持っています。

金星人(プラス)の性格

とにかく明るく、ポジティブ思考なので、結果的に人の前に立つということが多くなり、目立つ場面で活躍することもあります。

それゆえにリーダーシップを取り、仕切りたがる傾向も強いので、何かみんなのまとめ役になったり、同窓会や忘年会などでは幹事を務めることも多くあります。

逆に自分がそのような立場に立ちたいのにほかの人が抜擢された場合には不機嫌になってしまうところもありそうです。

また華やかな雰囲気があり、派手なイメージがあると同時に、ファッションや持ち物もキラキラと目立つものやはっきりとした色合いを好みます。

また流行を取り入れて、オリジナルの着こなしをすることができるので、とてもオシャレな人が多いでしょう。華やかなパーティーなどを好み、そこで社交性を発揮し、人間関係の輪を広げていくことが得意です。

しかし、お金に関してはかなりシビアなので、衝動買いをしたり、金遣いが荒くなるということがあまりありません。

基本的に金銭に関してはしっかりとした感覚を持っています。

インドアで過ごすよりも外に出て活発に活動することに向いているので、家でじっとしていることでエネルギーがたまりすぎてしまい、その結果不健康になる場合もあるので、適度な運動などをしてエネルギーを発散することがとても大切です。

どちらかというとその場のノリや雰囲気を重視するので、人間関係は広く浅い付き合いが多くなります。

すぐに友達ができるので、人付き合いには困ることがありません。

しかし、自分を中心に話をすることが多く、友人が去ってしまうこともありますが、次から次に新しい友人を作ることができるでしょう。

また努力を積み重ねることがあまり好きではないので、単調な仕事には向かない傾向もあります。

自分を思いのまま表現できる芸能の場や、独特の感性を生かせる仕事だとうまくいくでしょう。

金星人(プラス)の相性の良い運命星は水星人と土星人

水星人とは基本的に相性のバランスが取れていて、お互いの個性を認め合うことができるでしょう。

水星人は冷静でクールなので一見すると全く性格が違うのですが、違うからこそ、お互いの良さを引き出し、それをプラスの方向に持っていくことができる相性です。

水星人は金星人の自由性を束縛せず、自然にそれを生かすことができますので、仕事のパートナーとしても抜群の相性の良さを持っています。

土星人との相性もとても良いでしょう。

土星人が金星人の個性を優しく包みこみ、お互いが自分が持っていないものを求めあう傾向にあります。

土星人は現実派でしっかりと地に足がついた印象ですが、金星人の弱点を見事にフォローし、心地よい関係を築いてくれるでしょう。

そんな土星人に対しては、金星人も心を許し、最高のパートナーになれるでしょう。

金星人(プラス)の相性の悪い運命星は火星人と木星人

火星人は自分のペースを大切にし、物事をゆっくりと計画的に進めたいのに対し、金星人はその場のノリやこれと思ったことには考えずに行動するので、何か一緒に行動をする場合は衝突が起こりやすくなってしまうでしょう。

上手な距離感を保ち、付かず離れずの関係でいるのが一番でしょう。

距離が近すぎてしまうと相手の弱点が自分に悪い影響を及ぼしていると感じ、お互いが不利益に感じてしまう場合が多くなります。

木星人は金星人の性質に対して「自分勝手」としか映らない傾向があります。

コツコツと努力を重ね、堅実に物事を進めたい木星人には金星人の持っている自由な感覚を否定してしまう傾向があります。

しかし、お互いの違いを認め合うことや話し合いをすることで、仲間意識が強くなったり、足りないところを補える関係になるでしょう。

金星人(プラス)の恋愛傾向

持ち前の行動力と積極性を生かすことで、恋愛相手には事欠きません。

しかし一人の相手を一途に愛するよりは、多くの相手と知り合いたいという気持ちが強いので、付き合っていても興味がある場合はほかの相手とのデートを楽しむ傾向も。

もともとの自由性があるので、恋愛に対しても奔放な傾向がありますが、このことに対しては罪悪感はほとんど持ちません。純粋な愛情を求め、いろいろな人との恋愛を通して様々な愛情を経験するでしょう。

そのため肉体関係も積極性があり、喜びを得ようとするので、肉体関係と割り切った関係になることもしばしばあります。

かといって愛情に飢えているわけではなく、むしろ愛情そのものが大きいがゆえに、たくさんの恋愛を経験するでしょう。

占い師 聖子のワンポイントアドバイス

聖子
星人(プラス)はまるで太陽のような存在で、自分が輝きながら周りをも明るく照らし出してしまう、そんな存在なのよ。

とても自由で、解放されているから、周りからみるととても羨ましいと感じさせてしまうけれど、どんどん輝くことで、たくさんの人に希望や勇気を与えることができる。

生きる力そのものがみなぎっているのよ。

輝きを分け与えていくこと


金星人(プラス)は存分に自分を光り輝かせることができますが、さらに運気を向上させたいと願う場合は、その輝きを自分だけのものとはせず、人を照らし出す役割をすることで、さらに自分に徳が返ってくる傾向があります。

時には人に華やかな場面を譲ったり、人を立てることで良いバランスが取れるようになり、人からの好意と信頼がさらに得やすくなります。

輝きを分配することで、それは確実になるでしょう。

自分も人も輝かせることが運気向上のカギです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事