一番当たると評判の六占星術で【2019年最新版】六星占術の火星人(プラス)の年運・月運・日運が知りたい方にオススメです。

こちらのページでは六星占術の火星人(プラス)の今年の運勢、今月の運勢、今日の運勢、霊合星人なのか大殺界なのかを無料鑑定すると共に、こちらのページの下のコラムでは、火星人(プラス)の特徴や性格、相性の良い運命星(各星人)と悪い運命星(各星人)を紹介します。

火星人(プラス)の年運・月運・日運を占う

女性 男性
0
https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result1,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result2,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result3,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result4,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result5,
https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result6,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result7,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result8,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result9,
5
4

火星人(プラス)について

火星人(プラス)のあなたの特徴や性格、相性や恋愛傾向などについてご紹介します。

火星人(プラス)は六占星術の中でも独自のやり方で、自分の進むべき道を切り開き、必ず成功する強い意志と運気を持っていると言われています。

六占星術による診断は自分の知らない自分に出会うかもしれません。

それを知っておくことで、これからのあなたに色々な示唆を与えてくれるでしょう。

火星人(プラス)の特徴

火星人(プラス)はマイペースで自尊心が強いため、自分の進む道に強い自信を持っていると言えるでしょう。

自分の進むべき道を見出し、情熱を心から注げるものがあれば、勇敢にチャレンジして道を開いていくことができるでしょう。

そのために最初から高い意識やプライドを持ち合わせています。

また好きなことは努力を惜しみまずに集中して自分を高めていくことができますが、嫌いないこと、やらなければならないことに対しては興味を持つことができないので、総合的なバランスはあまりいい方ではありません。

一芸に秀で、それを認められることで才能を開花させていく傾向があります。

独特の世界観や価値観を持っており、それが一般的な常識や見解から離れている場合もあるので、人からみると「どこか変わっている人」という見られ方をされる場合がありますが、人は人、自分は自分という意識が強いのであまりバッシングを受けても、聞き流してしまうでしょう。

また自分の信じているものに関しては一歩も譲ることはないので、独自の理論を展開し、相手を自分のペースに巻き込んだり、感化させてしまうカリスマ的な傾向もあります。

火星人(プラス)の性格

独自の世界を持っていますが、実はあまり人に自分の心のうちをさらけ出すことはしません。

完成や感覚が研ぎ澄まされている分、自分の世界を大切にしますので、人からその世界を邪魔されたり、土足で踏み込んでくるようなことを徹底的に嫌います。

従って自分の気持ちをあまり表に出すことはないので、人からは何を考えているのかよくわからないという印象を持たれることもしばしばあるでしょう。

また基本的にマイペースで人に合わせることが苦手ですので、あれこれと支持されたり、ルールを強要されることを嫌います。

性格の裏表はあまりなく、天然気質ですが、自分を表現した時に人からからかわれたり、笑われることで自分を引っ込めてしまうところもあります。

しかしそれが魅力となり、人から愛されるキャラクターとして認められることも多いでしょう。

好みがはっきりしている分、欲しいものがあれば必ず手に入れようとします。

手に入れないと気が済まないので、手段は選びません。しかし、手に入れてしまうことで飽きてしまうことも多く、興味が他に移りやすく、衝動買いをしてしまうことも多くあるでしょう。

理性よりも感情や感覚で動く場合が多いので、ほかの人が思いもつかないことを発言したり、周りがびっくりするような行動をとりますが、豊かな個性として受け入れられるでしょう。

火星人(プラス)の相性の良い運命星は金星人と天王星人

金星人とは基本的にはとても良い相性です。

性格には違いがあるものの、お互いの違いを良い方向に向けていくことができるでしょう。

また不思議なことに金星人とはお金の運気が向上するので、どんどんお金が入り込んでくるという傾向があります。

ビジネス面でのパートナーなどでは社会的な成功を収めることも夢ではありません。

また天王星人とは、基本的なものの考え方や価値観で同意しやすいので、良い相性を形成することができるでしょう。

お互いが自分にないものを持っているのでそこに魅力を感じ、もっと一緒にいたいという感情を覚えるでしょう。

お互いが新鮮さを求め、刺激的な関係を求めるので良き友人やパートナーになれます。

火星人(プラス)の相性の悪い運命星は土星人と火星人

土星人とは、プライドが高いところが似ているのですが、その分お互いが自分を譲らない傾向が強くなるので似ているようで全く違う気質を持っている分、衝突が起こりやすい相性です。

土星人の方が頑固な分、強気で火星人にぶつかってくるので、火星人が土星人に合わせることができればそこそこの相性を保つことができますが、我慢しすぎることで関係が破綻しやすくなる傾向も見られます。

火星人同士はあまりいい相性とは言えません。

お互いを認め合うことができず、衝突をすることもあれば、またそれぞれが自分のことを好き勝手に追求するので、あまり接点がないとも言えるでしょう。

また同じ志を持っているならば、ライバル関係になりやすく、嫉妬心を覚えることで相手を潰す方向に力が働きやすい関係です。

付かず離れずにいることが身を守る術です。

火星人(プラス)の恋愛傾向

恋愛においては少し感受性が強く傷つきやすいので、失恋などをすると立ち直るのに時間がかかります。

なかなか気持ちを切り替えることができずに、過去の恋愛に執着してしまう傾向も強いでしょう。

しかし、人見知りではあるものの、異性にはとても人気が高く、告白されることも多くあります。

何を考えているのかよくわからないという火星人独特の性質が異性にはミステリアスに移り、独特のフェロモンを発しているので、ほかの星人より恋愛経験は多くあるでしょう。

自分からアプローチせずとも恋のチャンスは多く、六占星術の中で一番モテる傾向があります。

占い師 聖子のワンポイントアドバイス

聖子
何を考えているのかよくわからないと人にも思われるけれど、自分でもそう思うことが多いかもしれないわね。

でもそれこそが火星人(プラス)の何にも変えがたい魅力だと言えるわ?

また恋愛ではかなり多くの異性からモテる傾向があるわね。そ

んな自分に自信を持っていくことで、運命はどんどん良い方向に変わっていくのよ。

まずは自分をよしとすることね。

マイペースの自分を認めることで才能も運命も開花する


マイペースでありながら、どこか自分を隠してしまうことがあるのが火星人(プラス)の魅力を形作っています。

とらえどころがない魅力、また日によってイメージが違うなど、人からみると、放っておけない存在でもあるのです。

そんな火星人(プラス)は自分自身でも自分がどこにいるのかよくわからない、何を考えているのかわからないという自己認識がありますが、それをよしとすることで、さらに良い運気が流れ込んできます。

人生は川の流れのようなもので、成り行きに任せるというあり方が火星人(プラス)にはふさわしいかもしれません。

そのときどきで見せる自分のあり方も変化していくでしょう。

それを否定せず、自分を認めることで運命も良い方向に流れ、またさらに独自性が強化されることで唯一無二の存在になれるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事