一番当たると評判の六占星術で【2019年最新版】六星占術の土星人(プラス)の年運・月運・日運が知りたい方にオススメです。

こちらのページでは六星占術の土星人(プラス)の今年の運勢、今月の運勢、今日の運勢、霊合星人なのか大殺界なのかを無料鑑定すると共に、こちらのページの下のコラムでは、土星人(プラス)の特徴や性格、相性の良い運命星(各星人)と悪い運命星(各星人)を紹介します。

土星人(プラス)の年運・月運・日運を占う

女性 男性
0
https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result1,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result2,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result3,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result4,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result5,
https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result6,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result7,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result8,https://micane.jp/fortune-rokusei-unmeiboshi-result9,
5
4

土星人(プラス)について


土星人(プラス)のあなたの特徴や性格、相性や恋愛傾向などについてご紹介します。

土星人(プラス)は六占星術の中でも崇高な理想を高く持ち、何があってもやり遂げることのできるひたむきな力と、誰をも愛する平和主義な精神を持っていると言われています。

六占星術による診断は自分の知らない自分に出会うかもしれません。

それを知っておくことで、これからのあなたに色々な示唆を与えてくれるでしょう。

土星人(プラス)の特徴

土星人(プラス)の周りから見た印象は、サバサバしていて竹を割ったようなハッキリとした印象があると言われています。

女性は男勝りでかっこよさが表面に出たり、男性の場合は自分をきちんと持っていて、遠慮せずにはっきりと意見をいうので、「できる人」というイメージが強く出るでしょう。

表面だけで判断すると、土星人(プラス)の人は、自我が強く、自分に関心があるように思われるところもあるでしょう。

しかし、良いことは良い、悪いことは悪いということを日常の多くの場面においてきちんとうやむやにせず、白黒はっきりとさせたいとう意識がとても高いのです。

その姿勢はどのような時も一貫していると言えるでしょう。そのために人から見ると、少しとっつきにくかったり、怖いという印象を与えることもあります。

しかし、一度引き受けたことは最後まできちんとやり遂げる責任感の強さを持っています。

「自分がこう決めた」ということに対しては妥協することがありません。

また自分を信頼してくれたからこそ、頼まれたということに対しては誠実にその要求に応えようとするでしょう。

精神的に強く、くじけるという経験はあまりありません。

挫折するくらいなら、自分の努力や練習が足りなかったと思い、さらに頑張るという精神的に前向きな強さを持っています。

人生の経験を経るうちに、個性が良い意味で円熟し、面白みも出てくるので、人から愛される経験が多くなるでしょう。

土星人(プラス)の性格

自分の我が強いのですが、社交性にも富み、ユーモア溢れるコミュニケーションを取ることができる人です。

また自分が社会的に、誰かの役に立っているということで喜びが大きくなります。

社会の常識ということに重きをおき、その筋道に則った正統的な生き方をしたいと思うので、道徳心がとても強く、自分を厳しく律することもできる人です。

またそれは他者に対しても良い意味で信念を伝えるということに繋がって行くでしょう。

そのような自分を律する姿勢や、他人をも諭し、感化させる力、そして時にユーモアに溢れる温厚な人柄は、「どこか崇高な人」と尊敬され、慕われる傾向にあります。

プライドは高い方で、人になかなか自分の本心を見せることがなく、だれかとワイワイするよりも、寡黙でコツコツと仕事や作業を続けることが好きです。

誰かの悪口や、自分のぐちをこぼすのは嫌いで、そう思うくらいなら、自分がもっと成長すればいいと自分のことに置き換えて力に変えて行くことができる強さを持っています。

行動するよりは、一つの場所でじっくりと根を広げながら、成長して行くことが出来る、いぶし銀のようなシブさとカッコよさが合わさった魅力を持っている人です。

土星人(プラス)の相性の良い運命星は水星人と木星人

水星人はクールで物静かながら淡々と仕事をこなしていくことのできる人で、土星人(プラス)からするとどことなく自分と同じ匂いがするということでお気に入りの存在です。

またすぐに意気投合してしまうような肌合いの良さを感じるでしょう。

一度気があうとどこまでも付き合うことが出来るので良い友人やパートナーにするのはベストです。

木星人ともお互い努力家ということで馬が合います。

ただ、二人だけの関係にだれか違う人が入ってくると、相性がごちゃ混ぜになってしまうので、あくまでも二人の関係を大切にすると良いでしょう。

土星人(プラス)の相性の悪い運命星は火星人と金星人

火星人は奇想天外でマイペース、思いつきな言動をするので土星人(プラス)からすると我慢がならない存在かもしれません。

またお互いに心を開こうとしない傾向にあり、警戒心が強いので心が通いあうという経験はあまりないでしょう。

信頼関係も築けず、折り合いが悪いと感じる相手です。

金星人とはほぼ真逆の性格をしているので土星人(プラス)から見ると、幼稚で幼く身勝手な印象を持つでしょう。

しかし真逆だからといっても、可愛らしさを感じたり、金星人の持つ天然の魅力ん触れることで手助けをしたくなるようなこともあります。

土星人は六占星術の中でも、相性そのものにとらわれるより、その人の個人を見抜き、判断する力を持っているので、自分から関係を構築していける人柄でもあります。

土星人(プラス)の恋愛傾向

恋愛そのものに関しては経験が少ないかもしれませんが、一度おつきあいした相手を非常に大切にし、尊敬心を持って愛情を注ぎます。

しかし物事を慎重に考えるので、恋愛に関しては最初からあれこれと気にしすぎてしまったりすることが多く、せっかくのチャンスをみすみす逃してしまうということもあります。

好きな人ができたときはなるべく悩まずにストレートにアプローチをすることでチャンスをつかむことが出来るでしょう。

また恋愛に関しても理想が高く、相手選びにもその理想を追求しがちです。

外見だけではなく、内面性も重視するので、基準が高い分、なかなか理想の相手が現れないと感じる傾向も強いでしょう。

どちらかというと結婚向きの気質を持っています。

家庭を大切にし、子育てなどを通して、自分自身が大きく成長するということもあります。

占い師 聖子のワンポイントアドバイス

聖子
とても芯があって、どこかありがたい言葉をいただけるような土星人(プラス)の人は、人から見ると尊敬の対象になりやすいと思うわ?

まるでお寺の住職のような温かさと崇高なものを感じさせるのよね。

でもそれだけ、人に愛されるし、また必要とされる存在でもあるの。

また人からの要望に応えていくことで、本当の自分の進む道がどこにあるのか、またその真理をはっきりと知ることが出来ると思うわ?

自分自身の歩む方向性をきちんと見定めることで運気アップ


土星人(プラス)は非常に高い崇高な理想と目的があります。

人生の中で数々の出会いがあり、またそれにより自分自身が良い意味で変えられていく経験もするでしょう。

その人間関係の中で自分が本当に歩むべき道を見出していくことこそが土星人(プラス)の使命だと言っても過言ではありません。

しっかりと自分の示された道を見出すことが運気アップにつながります。

世のため、人のために自分は何が出来るのかということを基準にすると、面白いように人生が開けてくるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事